menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

滝 知則(たき とものり)教授

滝 知則

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

国際政治経済学

研究テーマ

1.観光ならびに国際文化交流と地域アイデンティティ形成との関係。2.現代のナショナリズムの歴史性。3.国内の外国人への安全の提供。

担当科目

〔学部〕教養セミナーA・B、国際関係論、政治学、国際交流研究、異文化コミュニケーション論、比較文化論、ビジネス文書、専門演習ⅠA~ⅢB、卒業研究
〔大学院修士課程〕人的資源管理特講、事例研究(人的資源管理)

所属学会

長崎国際大学国際観光学会、移民政策学会、日本国際政治学会、日本平和学会

研究室

研究棟408号室

連絡先

TEL/FAX:0956-20-5544(研究室) TEL:0956-39-2020㈹

E-mail

ttaki

URL

プロフィール

1986年 横浜国立大学経済学部卒業
1986~98年 メーカー勤務を経て
2004年 ウォーリック大学大学院政治国際学研究科博士課程修了 博士(国際学)
2004年4月 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 講師
2010年4月 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 准教授

研究活動

科研費、競争的資金

「移住労働者と言葉の壁-『法の下の平等』から見た日本の国際関係論」
トヨタ財団 研究助成A(個人研究)助成番号D02-A-604

社会活動

社会貢献・地域連携

<タイで活動する日本人ボランティアの支援>
「暁の家」(チェンマイ県ウィエンパパオ): 山岳民族の小・中学生ならびに高校生のための寄宿寮。中野穂積氏が運営。

TV・ラジオ番組出演

(2006年6月)「異文化コミュニケーション論」. 日本メキシコ学院(メキシコ・メキシコ市)の高校生2名が本学を来訪した際に行った授業の一部. NHK長崎放送局
(2005年6月)「イギリス留学で学んだこと」(長崎短期大学市民公開講座). テレビ佐世保
(2004年4月)インタビュー「海外旅行トラブル対策」. 長崎文化放送

各種委員・役員等

福岡アジア文化賞選考委員(2005年1月~)
佐世保市男女共同参画推進センター運営協議会委員(2005年1月~2006年12月)

教育活動

講演会等

(2010年度)
高校での出張講義
・長崎県立松浦高校、「地域で学ぶ、地域を学ぶ」(2010年7月2日)
・瓊浦高校、「観光を学ぶ、観光で学ぶ」(2010年11月9日)
・長崎県立佐世保商業高校国際コミュニケーション科(2年生)、「異文化コミュニケーション:佐世保とシアトルは違う?似ている?」(2011年3月11日)
・久留米市立久留米商業高校(2年生)、「観光を学ぶのは楽しい!?役に立つ!?」(2011年3月15日)
・久留米市立久留米商業高校(1年生)、「観光を学ぶのは楽しい!?役に立つ!?」(2011年3月16日)
NIU異文化理解教室のコーディネート
・佐世保市立広田小学校、6月28日 「仲良しになろう」
・広田小学校、10月21日 「留学生の国の文化を学ぶ」
・広田小学校、12月13日 総合劇「~われら地球人~ 日・中・韓ふれあい万博へようこそ」

研究実績

著書

・長崎国際大学人間社会学部国際観光学科編 (2011) 観光の地平 学文社 (共著)(第24章 国際交流と観光, pp. 215~223))
・中野はるみ、田渕幸親、滝知則、谷口佳菜子 (2011) 留学生と日本社会の研究―異文化理解教室をめぐって―(平成22年度), NIU異文化理解教室、長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 (pp. 7~15, 49~50)
・中野はるみ、田渕幸親、滝知則、谷口佳菜子 (2010) 留学生と日本社会の研究―異文化理解教室をめぐって―(平成21年度), NIU異文化理解教室、長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 (pp. 18~25)
・中野はるみ、田渕幸親、末松信子、滝知則、城前奈美 (2009) 異文化理解教育を支援するプログラムの開発 ―平成20年度― NIU異文化理解教室、長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 (pp. 40-48, 63-64, 86-89, 91-94)
・中野はるみ・田渕幸親・末松信子・滝知則・伊藤リナ・城前奈美 (2008) 異文化理解教育を支援するプログラムの開発 -平成19年度- NIU異文化理解研究室, 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 (pp. 14-5; 38-9)
・田渕幸親・中野はるみ・滝知則 (2008) 海外ホテルスタッフのための日本語トレーナー養成プログラムの開発 (平成18~20年・3カ年計画)中間報告書 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 日本語教員養成課程 (pp. 28-33; 50-1)
・滝知則・立平進(2007)長崎をめぐる国際観光と国際人口移動の近代史に関する基礎的研究, 長崎国際大学国際観光学科 (同学科共同研究費(平成17~18年度)研究成果報告書)
・中野はるみ・田渕幸親・末松信子・滝知則・伊藤リナ・城前奈美 (2007) 異文化理解教育を支援するプログラムの開発 -平成18年度- NIU異文化理解研究室, 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 (pp. 28-9; 54-5; 85)

原著論文

・(2010) Redefining its self image and redefining its role as a regional power: Contemporary Japan and international population movement. CSGR Working Paper 273/10, Centre for the Study of Globalisation and Regionalisation, Department of Politics and International Studies, University of Warwick. (31ページ)(単著)
・(2010) 「観光客のいる観光地」の異文化コミュニケーター-カンボジアの日本語観光ガイドがホスト-ゲスト関係に果たす役割 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科 (pp.7-28)
・(2009) タイの歴史と文化遺産の関係についての基礎的考察―文化遺産に映し出される国際政治―観光学論集 4: 1-12. (単著)
・(2008) Reconstruting a State’s Responsibility to Provide Safety to Its Constituent Population: Globalization, International Population Movements and Transterritorial Public. CSGR Working Paper 251/08, Centre for the Study of Globalisation and Regionalisation, University of Warwick. (単著)
・(2007a) 九州をめぐる国際観光と国際人口移動の現代史に関する基礎的研究 長崎国際大学論叢 7: 99-103. (単著)
・(2007b) 今日の西九州における内発的発展としての観光開発と日本風景街道の可能性 観光学論集 2: 1-16. (単著)
・(2006) 現代日本における犯罪被害者の国際化と人間の安全保障 長崎国際大学論叢 6: 35-44. (単著)
・(2005a) Globalisation and Emergence of State’s New Constituent Population: An Overlooked Aspect of ‘Internationalisation of Crime’ in Contemporary Japan. 長崎国際大学論叢 5: 37-35. (単著)
・(2005b) Labour migration and the language barrier in contemporary Japan: the formation of a domestic language regime of a globalizing state. International Journal of the Sociology of Language, 175/176: 55-81. (単著)
・(2004) Globalisation, Labour Migration and State Transformation in Contemporary Japan. CSGR Working paper 129/04, Centre for the Study of Globalisation and Regionalisation, University of Warwick. (単著)
・(2003) Globalisation, Labour Migration and State Transformation in Japan: the Language Barrier and Resilience of the Japanese State in the 1990s. PhD Dissertation, University of Warwick.
・(1999) Japans Responses to the ‘Comfort Women’ Issue from 1990s: Implications for the International Relations of East Asia. MA Dissertation, University of Warwick. (Passed with distinction)

報告書等

・(2007年12月)チェンマイと佐世保の地域文化交流:タイ文化と日本文化の出会い(日タイ修好120周年記念事業)報告書. (チェンマイ大学人文学部日本語学科と長崎国際大学人間社会学部国際観光学科の共著)
・(2006年3月)観光情報ポータルサイト構築の意義:異文化コミュニケーションの観点から. (平成17年度留学生との連携によるインバウンド受入れ体制整備事業報告書、佐世保観光コンベンション協会から受託. 尾場均講師との共著)

学会発表

・(2010年12月) ポスト冷戦期の国際関係認識と国内に滞在する移住者への安全提供の可能性 移民政策学会冬季研究大会(於愛知県立大学).(単著)
・(2006年10月) 今日の長崎と日本風景街道:政治経済学的意義の考察. 長崎国際大学国際観光学会. (単著)
・(August 2006) Building a global care chain from Japan to Thailand: The case of Baan Sabaay. Annual International Conference 2006, Roygal Geographical Society (with IBG), London. (単著)
・(2006年2月) 現代日本における犯罪被害者の国際化と人間の安全保障. 長崎国際大学学術研究報告会. (単著)
・(April 2004) Labour Migration and the Language Barrier in Contemporary Japan: International Relations of Interpreting Justice. Changing Language Regimes in Globalizing Environments, Europe and Japan. Institute for East Asian Studies, Duisburg-Essen University, Germany.  (単著)
・(August 2003) International labour migration in East Asia and regional cooperation towards security of individual migrants. Third International Convention for Asia Scholars, Singapore. (単著)
・(April 2003) Globalization, International Labour Migration and the Language Barrier in Contemporary Japan. British Association for Japanese Studies Annual Conference 2003, University of Sheffield, UK. (単著)
・(February 2003) Labour Migration and the Language Barrier in Contemporary Japan: International Relations of Interpreting Justice. 44th Annual Convention, International Studies Association, Portland, Oregon, USA. (単著)
・(September 2002) Migrant workers and the language barrier in Japan’s criminal justice administration. 10th Annual Japan Politics Colloquium, University of Oxford, UK. (単著)
・(February 2002) Language Barrier and Migrant Workers in Japanese Courts. DIJ Social Science Study Group, German Institute for Japanese Studies, Tokyo. (単著)
・(December 2001) Towards the Politics of Immigration Control and Foreign Workers in Contemporary Japan. 26th Annual Conference, British International Studies Association, University of Edinburgh, UK. (単著)
≪訪問研究員≫
Centre for the Study of Globalisation and Regionalisation, Department of Politics and International Studies, University of Warwick, 2010年8月

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading