menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

柴田 哲雄(しばた てつお)教授

柴田 哲雄

所属

健康管理学部 健康栄養学科

専門分野

内科学 腎臓病学

研究テーマ

医学(内科腎臓病学)

担当科目

〔学部〕医学概論、発達と老化の理解Ⅰ・Ⅱ、介護基礎学ⅠA、認知症の理解Ⅰ・Ⅱ、障害の理解Ⅰ、加齢と障害に関する理解、臨床医学入門Ⅱ、専門基礎演習A・B、専門演習A・B、卒業研究、スポーツ医学
〔大学院修士課程〕地域医療・保健特講、事例研究(地域医療・保健)、特別研究
〔大学院博士後期課程〕地域マネジメント論特別演習、福祉と医療特別演習、特別研究指導Ⅰ~Ⅲ

所属学会

日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本血栓止血学会

研究室

連絡先

TEL:0956-20-5518(研究室)

E-mail

shibata

URL

プロフィール

1976年長崎大学医学部医学科卒業
1995年英国ロンドン大学ガイズホスピタル留学 
2000年大分医科大学医学部内科学第二助教授
2002年長崎国際大学人間社会学部社会福祉学科教授
2015年長崎国際大学健康管理学部健康栄養学科教授

研究紹介

医学一般から栄養との関係まで

私の授業の中には、医学一般という講義がありますが、これは、社会福祉士の国家試験をめざす皆さんたちにとって必要な基礎的な医学の知識を学ぶものです。皆さんが習った高校の生物にかなり近いと言えます。人体の構造や機能(解剖・生理)に始まって、色々な病気のことについて、その診断、検査法、治療法について学びます。これらは、将来人とかかわる職業に就く場合に必要となりますし、皆さんがこれから生活していく上でも必ず大切であると信じています。この他医療を取り巻く種々の制度、法律のことについても勉強し、幅広い知識が得られるように努めています。健康栄養学科についても、臨床医学入門という講義の中で、管理栄養士に必要な医学の講義を、主に臨床的な面から、栄養と関係の深い糖尿病、高血圧、腎臓病などの疾患を中心に講義しています。いずれも教室での講義形式ですが、特に視覚に訴えるよう、パワーポイント、スライド、ビデオなどをフル活用しています。

研究活動

共同(受託)研究

平成17年度、平成18年度地域新生コンソーシアム研究開発事業「血栓形成マーカー:血中可溶性FG-FNの迅速測定キットの開発」経済産業省

社会活動

各種委員・役員等

日本腎臓学会学術評議員
日本腎臓学会専門医制度委員会・症例評価委員

教育活動

教育活動概要

社会福祉学科においては国家試験の科目である「医学一般」に沿った内容の医学の基礎・概論を講義している。健康栄養学科の「臨床医学入門」も同様である。

研究実績

著書

1. 細菌感染症と化学療法 特殊状況下における化学療法
p197~201 永井書店 1991
2. 医学のあゆみ 腎疾患 State of Art2 腎疾患と血液凝固系
p40~42 医歯薬出版 1997

原著論文

1. Shibata T,Kamberi P,Sumie A, Ishii T,Tomo T,Tashiro T,Nasu M,Yasumori R: A case report of allergic granulomatosis and angitis with a review of the literature.
Japanese Journal of Nephrology 35:p83-88,1993
2. Shibata T,Okabe E,Sumie A,Ishii T, Tomo T, Yasumori R,Nasu M: A case of nephrotic syndrome associated with traumatic chronic osteomyelitis.
Japanese Journal of Nephrology 36:p947-950,1994
3.  Shibata T,Magari Y,Kamberi P,Sumie A,Ishii T,Tomo T,Sato J,Yasumori R,Nasu M: Significance of urinary fibrin/fibrinogen degradation products in renal disease measured by a highly sensitive ELISA.
Nephron 69:p54-58,1995
4. Shibata T,Magari Y,Kamberi P,Ishii T,Tomo T,Yasumori R,Nasu M: Significance of urinary fibrin/fibrinogen degradation products(FDP) D-dimer measured by a highly sensitive ELISA method with a new monoclonal antibody (D-D E72)in various renal diseases.
Clinical Nephrology 44:p91-95,1995
5. Yasumori R,Shibata T,Nasu M,Ohzono Y,Harada T,Hara K: A case of nephrotic syndorome associated with ischemic colitis exhibiting thickening of the colon wall.
Japanese Journal of Nephrology 37:p348-352,1995
6.  Shibata T,Magari Y,Pamberi P,Yasumori R,Masu M: Significance of serum fibrin-fibrinogen degradation products measured by a highly sensitive ELISA method in renal disease.
Nephron 72:p717-718,1996
7. Shibata T,Magari Y,Mizunaga S,Ishii T,Tomo T,Yasumori R,Nasu M,Taguchi T: Urinary fibrin/fibrinogen degradation product E(FDP-E) measured by a highly sensitive ELISA method in renal diseases.
Nephron 79:p494-495,1998
8. Tomo T,Shibata T,Nasu M: Maillard reaction and AGE formation in glucose and polyglucose dialysis solutions.
Peritoneal Dialysis International 19:p274-277,1999
9. Magari Y,Ogawa Z,Mizunaga S,Shibata T,Itoh H,Nagai T:Measuring concentrationof soluble fibriogen and fibronectin complexes (FG-FN) in patients plasma with various diseases using two-step sandwich ELISA method and its formation mechanism.
Journal of Analytical Bio-Science 23:p431-442,2000
10. Tomo T,Shibata T,Nasu M,Shibata K,Izumi G,SofueK:Evaluation of several saccharides as osmotic agent for peritoneal dialysis.
Peritoneal Dialysis International 20:p727-733,2000

総説

1. 柴田哲雄:腎疾患診療の実際-とくに糸球体疾患の診断と治療-
大分県医学雑誌 15:p83-90 1997
2. 柴田哲雄、那須勝:破傷風
Medical Practice 14:p510-511 1997
3. 柴田哲雄、那須勝:在宅ケアとMRSA感染症
生涯教育 41:p64-67 1997
4. 友雅司、柴田哲雄、那須勝:透析液に含有されるアルミニウムと透析合併症
透析ケア 4:p150-154 1998
5. 野村芳雄、柴田哲雄:透析患者の動脈硬化症 脳血管障害
臨床透析 18:p73-77 2002
6. 柴田哲雄、曲泰男、田口尚:特集 急速に腎機能低下をきたす疾患の診かた 播種性血管内凝固症候群
腎と透析 56:p372-376 2004
7. 柴田哲雄:広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査-その数値をどう読むか-「第6版」(1)Ⅲ生化学検査「1」C.酸化ストレス関連マーカー 尿中ペントシジン
日本臨床 62(増刊号11):p533-534 2004
8. 友雅司、柴田哲雄、那須勝:HDF療法は循環器合併症を防ぎうるか、ラジカルストレスとHDF
胃と透析 53巻別冊 HDF療法'02:p17-21 2002
9. 柴田哲雄:広範囲血液・尿化学検査 免疫学的検査-その数値をどう読むか-(1)Ⅲ生化学検査[1]C.酸化ストレス関連マーカー ペントシジン
日本臨床 67巻 増刊号8:p585-587 2009

学会発表

1. Tomo T,Okabe E,Sumie A,Ishii T,Shibata T,Nasu M.
Evaluation of filtration fraction specificity of high performance membrane dialyzer.
The Xth World Congress of the International Society for Artificial Organs
Taipei,Taiwan,1995
2. Shibata T,Ishii T,Tomo T,Mizunaga S,Magari Y,Nasu
M.Abnormalities of fibrinolysis in various renal disease -detection of FDP D-dimer by a highly sensitive ELISA with a new monoclonal antibody-
The 29th Annual Meeting of the American Society of Nephrology
New Orleans,USA,1996
3. Shibata T,Ishii T,Tomo T,Mizunaga S,Magari Y,Nasu m.
Significance of serum fibrin-fibrinogen degradation products(FDP) D-dimer measured by a highly sensitive ELISA with a new monoclonal antibody in various renal disease.
The 11th Asian Colloquium in nephrology
Singapole,1996
4. Tomo T,Shibata T,Nasu M,Shibata K,Izumi G,Wang H.
The difference in the Maillard reaction between glucose and icodextrin.
The 18th Annual Conference on Peritoneal Dialysis
Tennesse,USA,1998
5. Shibata T,Tomo T,Magari Y,Nasu M,Taguchi T.
Abnormalities of coagulation and fibrinolysis in various renal disease -detection of urinary FDP and its fraction by a highly sensitive ELISA method.
The 12th Asian Colloquium in Nephrology
Kuara Lumpur,Malaysia,1998
6. Tomo T,Shibata T,Nasu M.
Nitose as a candidate for osmotic agent peritoneal dialysates.
The 36th European Dialysis and Transplant Association
Madrid,Spain,1999
7. Nazneen A,Razzaque M,S Liu D,Miyazaki M,Tadocoro M,Shibata T,Yorioka N,Taguchi T.
Immuno-expression of heat shock protein 47 in human glomerulonephritis.
The 23th International Congress of the International Academy of Pathology
Nagoya,Japan,2000
8. Shibata T,Magari,Y,Yasumori R,Saikawa T,Nasu M.
Purification and characterization of soluble fibrinogen and fibronectin complexes (FG-FN) in normal adaults plasma and diabetic nephropathy patients plasma.
The 18th Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis
Paris,France,2001
9. Magari Y,Shibata T.
A novel Elisa method for soluble fibrinogen and fibronectin complexes (FG-FN) in normal adults and patients plasma.
The 19th Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis
Bermingum,UK,2003
10. Magari Y,Shibata T.
Usefulness of a D-dimer kit newly developed for standardization.
The 20th Congress of the International Society on Thrombosis and Haemostasis
Sydney,Australia,2007

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading