menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

坂本 雅俊(さかもと まさとし)教授

坂本 雅俊

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

福祉支援学、ソーシャルワーク論、福祉教育学、福祉権利擁護、スーパービジョン、ボランティア論、福祉学習支援論

研究テーマ

福祉教育、高齢者福祉、社会福祉援助技術、成年後見、福祉相談職員のスーパービジョン、看護と福祉分野におけるワーク・ライフ・バランス研究、ソーシャルワーカーに係る調査研究、不登校、ボランティア活動、福祉学習支援

担当科目

〔学部〕ボランティア論、学際連携研究、社会福祉原論A・B、相談援助の基盤と専門職A・B、権利養護と成年後見論、相談援助演習Ⅰ、健康・生きがいづくり総論、相談援助実習指導Ⅰ、生きがい情報士実習、専門演習A・B、卒業研究
〔大学院修士課程〕高齢者福祉特講、事例研究(高齢者福祉)、特別研究
〔大学院博士後期課程〕地域福祉政策特別演習

所属学会

日本社会福祉学会、日本地域福祉学会、日本看護福祉学会、日本仏教福祉学会、日本福祉図書文献学会、日本社会福祉士会、日本医療福祉学会、日本ボランティア・学習学会、環境福祉学会

研究室

研究棟212号室

連絡先

TEL:0956-20-5519(研究室)

E-mail

masatoshi

URL

プロフィール

 本学の社会福祉学科長。学生時代は、原子力発電所誘致で揺れる某X町に泊り込み、当該住民の意識調査に関する勉強等に熱中していました。社会福祉学修士(龍谷大学)。新聞記者やソーシャルワーカー、佛教大学総合研究所研究員、YMCA教務主任などを経て、2000年4月から長崎国際大学の教員となりました。現在は、大学の授業と並行して日本看護福祉学会評議員、日本福祉図書文献学会理事等、学術学会の推進など地域の福祉推進を担当しております。
 2000年1月文部科学省大学設置審 教員適格審査合格(合格科目:高齢者福祉論、社会福祉援助技術論)、2004年1月文部科学省(大学院設置)教員適格審査合格(合格科目:高齢者福祉特講、高齢者福祉事例研究)。全学共通科目「ボランティア論」を担当。最近は、ワーク・ライフ・バランス関連の研究、社会人の大学院生リカレント教育などに力を入れています。社会活動では(一社)日本福祉学習支援学会理事長として活躍している。

研究紹介

「放っておけない」という視点から支援を考える

担当科目は「ボランティア論や保健医療サービス論」です。そこでのキーワードは「共生」や「アドボカシー(代弁)」です。
ソーシャルワークでは、援助者と利用者と社会環境における共感し合う「人間の関係」を大切に扱います。また、大学院では、実践的な論争を題材として、フィールドワークを行います。「NPO活動への参画」や「スーパービジョン」、「福祉施設サービスの質の向上調査」といった素材を用いての研究をすすめています。現在は日本看護福祉学会の研究助成を受けて「すくーるソーシャルワーカーの現状と課題―介入プロセスの実態から―」の研究をすすめています。前年度の「ワーク・ライフ・バランス」をテーマとした研究は、同学会誌に掲載さいれています。









研究活動

①福祉機関と契約し、年単位で職員のスーパービジョンを実施。効果測定と評価研究。
②福祉教育 ・全国の小中高を対象とした福祉教育研究、・長崎県福祉教育セミナーの巡回指導・研究、・高等学校福祉科教育研究。
③「長崎県北相談員の集い」を主催、福祉職員の事例研究及び事例検討。 
④演劇講演ボランティア研修を通した、経年的記録を基にした効果測定と評価研究。(福祉ボランティア研究)
⑤高齢者の生涯教育研究。

社会活動

各種委員・役員等

<学術学会運営>
日本福祉図書文献学会理事、日本看護福祉学会評議員
<行政関連委員>
・長崎県高齢者大学校運営委員会/委員/2010年度/長崎県
・佐世保市地域包括ケア委員会/委員長/2010年度/佐世保市
・佐世保市地域福祉計画推進委員会/委員/2011年度/佐世保市
・長崎県福祉教育セミナー担当/2011年度/長崎県社会福祉協議会

社会貢献・地域連携

ボランティア:活動名・学生と福祉施設職員の協働による「演劇公演ボランティア研修」

教育活動

活動概要

①大学ボランティアセンター副委員長を担当。学生ボランティア支援。
②学科の海外社会福祉研修を担当。学生の海外研修支援。
③学科の実習委員長を担当。学生の福祉関連実習支援。
④部活動顧問「演劇サークル九文座」。学生の部活支援。
→波佐見町研修

最近の講演会

日本福祉図書文献学会において「社会福祉の課題と研究動向」編著者としての出版記念講演。平成20年10月19日(日)開催場所 長崎ウエスレヤン大学

研究実績

最近の学会発表

●国際学会
共著「福祉分野における情報技術の移入応用に関する研究-高齢者や障がい者のニーズと関連させて-」2007年3月 第3回国際社会福祉学術討論会誌 38-39頁  (参加大学 国立台北大学 輔仁カトリック大学(台湾)、遼寧師範大学(中国)他)
口頭学会発表 高齢者が参加する余暇活動の実践研究-在宅で暮らす高齢者のいきがいづくりの視点から-(共同研究)2010年3月10日 第7回アジア社会学・社会福祉院生国際セミナー 会場 長崎国際大学
●国内学会
共同「演劇研修プログラムにおける福祉グループワークの評価と点検」2008年12月14日、日本社会福祉学会九州部会第49回大会 長崎大会
口頭学会発表 高齢者と施設職員の抱く暮らしのイメージに関する一考察-福祉座談会における聞き取り調査の結果から-(共同発表)2009年12月19日 第50回日本社会福祉学会九州部会研究大会 会場:沖縄国際大学

最近の論文

題名:「介護職者のワーク・ライフ・バランスを実現するための一考察 副題:本学で開催の第7回アジア社会学・社会福祉院生国際セミナーを記念して」/2011年3月31日/長崎国際大学論叢/単著
題名:「介護福祉士養成教育についての検討/2011年3月13日/長崎国際大学社会福祉学会研究紀要:26~46頁/共著:山崎久子、柳詰慎一

最近の著書

編著「社会福祉の課題と研究動向」中央法規出版2005年
共著「社会福祉学」学文社2007年

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading