menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

川内 美樹(かわち みき)講師

川内 美樹

所属

健康管理学部 健康栄養学科

専門分野

生化学(栄養の代謝)

研究テーマ

・食物アレルゲン候補タンパク質の抽出とアレルギー原因の解析について
・糖尿病モデルマウスにおける末梢血ATP測定の有用性の検討

担当科目

〔学部〕教養セミナーA・B、生化学、栄養代謝学、生化学実習、総合演習Ⅱ、栄養の化学演習、栄養学専門演習、管理栄養士演習、専門研究指導
〔大学院〕健康科学演習

所属学会

日本生化学会、日本栄養・食糧学会、日本栄養改善学会、日本栄養士会

研究室

5号館H22号室

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹

E-mail

URL

プロフィール

2002年4月~ 健康管理学部健康栄養学科 助手
2005年4月~ 健康管理学部健康栄養学科 講師

研究紹介

「生化学」について

私は、生化学の授業を中心に担当しています。「生化学」は、高校の授業にはない科目なので今一歩何の授業か分からないと思いますので、ここに簡単に説明します。私たちは誰でも生きていくためには食べ物を食べなくてはいけません。食べ物といってもいろんな種類があります。米、大豆、肉、魚、野菜などなど。私たちが普段口にしている食品は大きく5種類の栄養素に分けられます。そして、栄養素別で体内での働きが全く異なっています。この栄養素がどのような役割を持っているのかを学んでいくのが「生化学」です。例えば、主に体を動かすエネルギー源となるのは米や砂糖に多く含まれている糖質です。糖質がエネルギーに変わるまでには、体内での規則的な働きと条件が必要で、それらの働きや条件が狂うと、「糖尿病」といった病気になります。ですから、病気の仕組みを習う前に、まず「生化学」といった基礎科目で人間の体の仕組みと栄養素の関係について理解しなくてはいけません。

社会活動

社会貢献・地域連携

(委託研究)
佐世保市「食育に関するアンケート調査」集計・分析・報告書作成(期間:2010年10月20日~2011日3月31日)

研究実績

学会発表

①マウスでの食物の経口投与によるIgE応答誘導/2010年9月/第57回日本栄養改善学会学術総会
②佐世保市の食育に関するアンケート調査報告(小児)/2010年2月/第9回長崎県栄養改善学会
③佐世保市の食育に関するアンケート調査報告(成人)/2010年2月/第9回長崎県栄養改善学会

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading