menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

仮屋薗 博子(かりやぞの ひろこ)教授

仮屋薗 博子

所属

薬学部 薬学科

専門分野

医療薬学、実務薬学、調剤学

研究テーマ

安全で効果的な薬物療法の推進を目指した医薬品の薬効・副作用と相互作用の解析

担当科目

教養セミナーA・B、在宅医療概論、調剤学、実務実習事前学習、治験コーディネート論、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究、処方設計学特論、薬物治療設計学演習、プライマリ・ケア演習、特別研究
(大学院を含む)

所属学会

日本薬学会、日本薬理学会(学術評議員)、日本臨床薬理学会、日本医療薬学会(認定薬剤師・指導薬剤師)、日本静脈経腸栄養学会、日本薬剤疫学会

研究室

薬学棟P309号室(医療薬学)

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹

E-mail

karihiro

URL

プロフィール

鹿児島県生まれ
熊本大学薬学部卒業
1987年から2007年3月まで鹿児島大学病院薬剤部勤務、この間に博士(薬学)取得
2007年4月 長崎国際大学薬学部着任

研究紹介

研究紹介

摂食亢進作用を有するペプチドホルモンの活性制御による肥満予防ならびに生活習慣病予防に関する研究を行っています。遺伝子改変によって作製したグレリン安定発現細胞を用いて構築した活性型グレリン産生の評価実験系を利用し、活性型グレリン産生抑制物質の探索やその機序の解明ならびに肥満制御の実現を目指しています。また、抗がん剤感受性のがん細胞と抗がん剤シスプラチンに高度耐性となった耐性がん細胞の遺伝子およびタンパク質を解析し、耐性獲得に関与する分子の検索ならびに耐性を克服する化合物の検索を行っています。さらに、薬物療法中にみられた副作用情報を集積した大規模データベースから必要な情報を抽出し、医薬品の副作用発現傾向などを統計学的に解析する研究や医薬品の適正使用に関する研究を薬局勤務の薬剤師の方々と共同で行っています。

研究活動

科研費・競争的資金

1. 日本学術振興会 平成28-30年度 科学研究費補助金(基盤研究C)代表
2. 日本学術振興会 平成25-27年度 科学研究費補助金(基盤研究C)代表
3. 日本学術振興会 平成22-24年度 科学研究費補助金(基盤研究C)代表
4. 日本学術振興会 平成17年度 科学研究補助金(奨励研究)

社会活動

各種委員・役員等

〔学外〕
公益社団法人日本薬学会 代議員
長崎県薬剤師研修協議会 委員

〔学内〕
ボランティアセンター運営委員会 委員長
同窓会薬学部門支援委員会 委員長
薬学部研究等倫理委員会 委員
薬学部図書選定委員会 委員
薬学部実務実習運営委員会 委員
薬学部OSCE実施委員会 委員

研究実績

原著論文

Bioactive Triterpenes from the Root of Salvia miltiorrhiza Bunge. Tung NH, Nakajima K, Uto T, Hai NT, Long DD, Ohta T, Oiso S, Kariyazono H, Shoyama Y. Phytother Res. 2017 Aug 2. doi: 10.1002/ptr.5877.

Triterpenes suppress octanoylated ghrelin production in ghrelin-expressing human gastric carcinoma cells. Nakajima K, Oiso S, Uto T, Morinaga O, Shoyama Y, Kariyazono H. Biomed Res. 2016;37(6):343-349. doi: 10.2220/biomedres.37.343.

Inhibitory Effect of Oleic Acid on Octanoylated Ghrelin Production. Oiso S, Nobe M, Iwasaki S, Nii W, Goto N, Seki Y, Nakajima K, Nakamura K, Kariyazono H. J Oleo Sci. 2015;64(11):1185-92. doi: 10.5650/jos.ess15137.

Generation of an anti-dabigatran monoclonal antibody and its employment in a highly sensitive and specific enzyme-linked immunosorbent assay for serum dabigatran. Oiso S, Morinaga O, Goroku T, Uto T, Shoyama Y, Kariyazono H. Ther Drug Monit. 2015 Oct;37(5):594-9. doi: 10.1097/FTD.0000000000000184

Nutritional Effect of Oral Supplement Enriched in ω-3 Fatty Acids, Arginine, RNA on Immune Response and Leukocyte-platelet Aggregate Formation in Patients Undergoing Cardiac Surgery. Iwase H, Kariyazono H, Arima J, Yamamoto H, Nakamura K. Nutr Metab Insights. 2014 May 25;7:39-46.

Biological Effects of the Plasticizer Tris (2-Ethylhexyl) Trimellitate. Iwase H, Oiso S, Kariyazono H, Nakamura K. Clin Pharmacol Biopharm., 2014 Mar S2:004. doi: 10.4172/2167-065X.S2-004.

Factors involved in the cisplatin resistance of KCP‑4 human epidermoid carcinoma cells. Oiso S, Takayama Y, Nakazaki R, Matsunaga N, Motooka C, Yamamura A, Ikeda R, Nakamura K, Takeda Y, Kariyazono H. Oncol Rep. 2014 Feb;31(2):719-26

Establishment of a gastric cell-based assay system for exploring inhibitors of octanoylated ghrelin production. Oiso S, Nobe M, Yamaguchi Y, Umemoto S, Nakamura K, Kariyazono H. J Biomol Screen. 2013 Oct;18(9):1035-42.

Anti-Proliferative Activities and Apoptosis Induction by Triterpenes Derived from Eriobotrya japonica in Human Leukemia Cell Lines. Uto T, Sakamoto A, Tung NH, Fujiki T, Kishihara K, Oiso S, Kariyazono H, Morinaga O, Shoyama Y. Int J Mol Sci. 2013 Feb;14(2):4106-20.

Involvement of NF-κB activation in the cisplatin resistance of human epidermoid carcinoma KCP-4 cells. Oiso S, Ikeda R, Nakamura K, Takeda Y, Akiyama S, Kariyazono H. Oncol Rep. 2012 Jul;28(1):27-32.

Eriobotryae folium extract suppresses LPS-induced iNOS and COX-2 expression by inhibition of NF-kappaB and MAPK activation in murine macrophages. Uto T, Suangkaew N, Morinaga O, Kariyazono H, Oiso S, Shoyama Y. Am J Chin Med. 2010;38(5):985-94.

学会発表

In vitroおよびin vivoにおけるドコサヘキサエン酸のオクタノイルグレリン産生・分泌抑制効果,大磯茂,永瀬翔子,中島健輔,仮屋薗博子,日本薬学会第137年会,仙台,2017.

エピガロカテキン没食子酸のオクタノイルグレリン産生抑制効果とその抑制機序の検討,中島健輔,大磯茂,仮屋薗博子,日本薬学会第137年会,仙台,2017.

抗ダビガトランモノクローナル抗体を用いたダビガトランELISAにおける発色基質の比較,尾形真帆,大磯茂,森永紀,宇都拓洋,正山征洋,仮屋薗博子,日本薬学会第137年会,仙台,2017.

ELISAによる血清中レボフロキサシン濃度測定条件の検討,下宮園彩,大磯茂,吉村美沙希,森永紀,宇都拓洋,正山征洋,仮屋薗博子,日本薬学会第137年会,仙台,2017.

抗レボフロキサシンモノクローナル抗体の作製およびレボフロキサシンELISAの開発,大磯茂,吉村美沙希,下宮園彩,森永紀,宇都拓洋,正山征洋,仮屋薗博子,第26回日本医療薬学会年会,京都,2016.

食欲・肥満制御を目指した活性型グレリン分泌抑制物質探索におけるAGS-GHRL8細胞の有用性,仮屋薗博子,大磯茂,野邉みゆき,山口祐平,岩崎集平,後藤夏美,関夕佳里,中島健輔,第26回日本医療薬学会年会,京都,2016.

オクタノイル化グレリン産生に及ぼす脂肪酸の影響,大磯茂,野邉みゆき,岩崎集平,後藤夏美,関夕佳里,中島健輔,中村和男,仮屋薗博子,日本薬学会第136年会,横浜,2016.

レボフロキサシン濃度モニタリングを目指したELISAの開発,吉村美沙希,大磯茂,森永 紀,宇都拓洋,正山征洋,仮屋薗博子,日本薬学会第136年会,横浜,2016.

医薬品副作用データベースを用いた急性膵炎発症のリスク解析,平雄文,大磯茂,仮屋薗 博子,日本薬学会第136年会,横浜,2016.

Effect of acetic acid, oleic acid, linoleic acid, and α-linolenic acid on octanoylated ghrelin production. Oiso S, Nobe M, Iwasaki S, Nii W, Goto N, Seki Y, Nakajima K, Nakamura K, Kariyazono H. The 6th Asian Conference on Colloid and Interface Science (ACCIS 2015 Japan) (Sasebo Nagasaki) November 24-27, 2015, Sasebo (Japan).

AGS-GHRL8細胞の活性型グレリン産生に及ぼすウルソール酸およびコロソリン酸の影響, 中島健輔, 大磯茂, 宇都拓洋, 森永紀, 正山征洋, 中村和男, 仮屋薗博子. 日本薬学会第135年会, 神戸, 2015.

エピガロカテキン没食子酸は食道がん細胞KYSE140およびKYSE180のシスプラチン感受性を低下させる, 大磯茂, 緒方梨生, 松本美悠, 池田和也, 仮屋薗博子. 日本薬学会第135年会, 神戸, 2015.

抗ダビガトランモノクローナル抗体の交差反応性の検討, 合六貴昭, 大磯茂, 森永紀, 宇都拓洋, 正山征洋, 仮屋薗博子. 日本薬学会第134年会, 熊本, 2014.

ヘプタン酸は活性型グレリンの産生を抑制する. 仁位和加奈、山口祐平, 大磯茂, 中村和男,仮屋薗博子. 日本薬学会第134年会, 熊本, 2014.

カデュエット®配合錠4番の簡易懸濁法による経管投与可否の検討. 小坪秀輔, 辻智幸, 大磯茂, 仮屋薗博子. 日本薬学会第134年会, 熊本, 2014.

抗ダビガトランモノクローナル抗体を用いたダビガトランELISA法の開発. 大磯茂, 森永紀, 正山征洋, 仮屋薗博子. 日本薬学会第133年会, 横浜, 2013.

Omega-3 fatty acids-rich supplement inproves the peri-operative immune responses after cardiac surgery. Nakamura K, Iwase H, Kariyazono H, Yamamoto H. 35th Congress of the European Society of Clinical Nutrition and Metabolism (ESPEN), Leipzig, 2013.

Establishment of a cell-based assay system for exploring inhibitors of active ghrelin production. Oiso S, Nobe M, Nakamura K, Kariyazono H. World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress (WCOS2012), Sasebo Nagaski.

Inhibitory effects of some fatty acids on active ghrelin production in a stable ghrelin-expressing AGS-GHRL8 cell line. Yamaguchi Y, Oiso S, Nobe M, Kariyazono H. World Congress on Oleo Science & 29th ISF Congress (WCOS2012), Sasebo Nagaski.

Evaluation of the direct toxicity and endocrine disrupting activity of tris (2-ethylhexyl) trimellitate (TOTM). Iwase H, Saito H, Nishimura T, Nishizawa S, Oiso S, Kariyazono H, Nakamura K. The 24th Federation of Asian Pharmaceutical Associations Congress (FAPA 2012), Bali, 2012.

活性型グレリン産生抑制物質探索のための細胞評価系の構築. 大磯茂, 野邉みゆき, 中村和男, 仮屋薗博子. 日本薬学会第132年会, 札幌, 2012.

Influence of statin administration for a certain period before coronary artery bypass graft surgery on platelet function, inflammation and immunity. Nakamura K, Iwase H, Kariyazono H, Oiso S, Ikeda R, Arima J, Takahama K. Sakata R. 16th World Congress of Basic Clinical Pharmacology (WorldPharma 2010), Copenhagen, 2010.

Determination of decomposition products of tris (2-ethylhexyl) trimellitate by LC-MS/MS. Iwase H, Oiso S, Ikeda R, Kariyazono H, Takahama K, Nakamura K. The 23rd Federation of Asian Pharmaceutical Associations Congress (FAPA 2010), Taipei, 2010.

咽頭がん細胞KCP-4のシスプラチン耐性機序の解明. 大磯茂,池田龍二,中村和男,武田泰生,秋山伸一,山田勝士,仮屋薗博子. 日本薬学会第130年会, 岡山, 2010.

アトルバスタチン長期服用のCABG施行後の血小板機能および炎症反応に及ぼす効果. 中村和男,岩瀬晴信,仮屋薗博子,高濱和夫,坂田隆造. 日本薬学会第130年会, 岡山, 2010.

LC-MSによる可塑剤トリメリット酸トリス(2-エチルヘキシル)の分解産物の検出. 岩瀬晴信,大磯茂,池田龍二,仮屋薗博子,高濱和夫,中村和男. 日本薬学会第130年会, 岡山, 2010.

実務実習事前学習における調剤関連実習の評価. 仮屋薗博子,大磯茂. 日本薬学会第130年会, 岡山, 2010.

総説

グレリン分泌抑制成分探索のための細胞評価系の構築と成分探索. 仮屋薗博子,大磯茂,中島健輔. Foods & Food Ingredients Journal of Japan. vol.221, No.2, 88-93, 2016.

Pleiotropic effects of dietary fatty acids and fatty acid involvement in chronic mild inflammation-related diseases. Kariyazono H and Nakamura K. J. Health Sci. 2010 Oct 56(5), 473-87.

Influence of endocrine-disrupting chemicals on the immune system. Nakamura K and Kariyazono H. J. Health Sci. 2010 Aug 56(4), 361-73.

著書

みてわかる薬学 図解 臨床調剤学 分担執筆 南山堂 2011.

特許取得

活性型グレリン産生抑制剤及び活性型グレリン産生抑制方法.仮屋薗博子,大磯茂,特許第5493216号,平成26年3月14日.

活性型グレリン産生評価方法及び同方法で用いる活性型グレリン産生評価細胞.仮屋薗博子,大磯茂,第5534367号,平成26年5月9日.

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading