menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

小川 由起子(おがわ ゆきこ)教授

小川 由起子

所属

薬学部 薬学科

専門分野

微生物学、生化学、糖鎖生物学

研究テーマ

微生物由来産物の機能解析ならびに宿主応答に及ぼす糖鎖の役割、免疫学

担当科目

基本科学実習、病原微生物学、微生物薬品学、微生物学・免疫学実習、臨床生理学実習、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本薬学会、日本生化学会、日本癌学会、日本医真菌学会、日本感染症学会、日本女性科学者の会

研究室

薬学棟P202号室(感染制御学)

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹ FAX:0956-20-5623

E-mail

yogawa

URL

プロフィール

東北薬科大学大学院薬学研究科
博士(後期)課程修了、
東北薬科大学助手・講師を経て、
2006年長崎国際大学薬学部准教授
2015年長崎国際大学薬学部教授

研究紹介

日本冬虫夏草由来新規生理活性物質の探索

冬虫夏草(Cordyceps sinesis)」を含む Cordyceps 属菌の多くは、多彩な薬効を示すと考えられるが、自然では発生が希少で供給量が少ないため、私たちの研究グループでは数種の Cordyceps 属菌の大量人工培養を試み、材料の安定生産に成功した。この培養上清には、ヒト白血病細胞や乳癌細胞に抗腫瘍効果を示す物質が認められ、予試験的に行った急性及び亜急性毒性試験の結果から毒性も認められなかった。私たちは、安定生産できる条件を生かして副作用の少ない有用な生理活性物質の探索を行うことを目的とし、抗腫瘍作用を有する候補物質の成分同定を行っている。

研究活動

共同(受託)研究

① 重粒子線がん治療装置共同利用研究/放射線医学総合研究所 2007.4〜
② 日本冬虫夏草の抗腫瘍効果並びに抗菌活性の検討/日本薬食微生物研究所 2008.1〜

社会活動

社会貢献・地域連携

① サイエンスパートナーシッププログラム(2014年8月22日-25日)
事前講義「感染症から身を守る」/猶興館高等学校・佐世保北高等学校

各種委員・役員等

【長崎国際大学】
ハラスメント対策委員長(2015年4月~)
男女参画推進委員会・委員(2011年4月~)
教務委員会・委員(2015年4月~)
国家試験対策委員会・委員(2015年4月~)
【その他】
一般社団法人 日本女性科学者の会 理事
一般社団法人 日本女性科学者の会 中国・四国・九州・沖縄ブロック長
佐世保市情報公開審査及び個人情報保護審議会・会長(2014年4月~)

教育活動

活動概要

薬学部が6年制になり、より高度な知識と技術が要求されることが予想されることから、国家試験合格に必要な知識と薬剤師として卒業後に必要とされる知識と技術を身につけることが重要です。また、医療チームの一員として活躍するためには、人間理解のための幅広い教養はもちろん、スタッフや患者さんに対するコミュニケーション能力も欠かせません。高学年時における現場のでの十分な実務実習を通して、地域医療を担う人間性豊かな薬剤師の養成が必要であると考えられます。さらに、社会福祉学科を併せ持つ総合大学ならではの、福祉と医療薬学が連携した教育により、これからの高齢化社会を意識した在宅医療や地域医療に貢献できる薬剤師育成をめざします。

客員・兼任・非常勤講師等

福岡ビューティーアート専門学校 非常勤講師(衛生管理、美容知識)

講演会等

出張講義
① 薬剤師の仕事/2014年7月12日/聖和女子高等学校
② 薬学部と薬剤師の仕事/2014年10月17日/佐賀清和高等学校
③ 佐世保北中学校大学訪問 模擬授業 感染症について/2014年10月24日
卓話
① 例会卓話/2010年10月28日/佐世保中央ロータリークラブ

研究実績

原著論文

① Koide Y., Hasan I., Asanuma A., Fujii Y., Ogawa Y., Kobayashi H., Rajia S., Kawsar S.M.A., Kanaly R.A., Ozeki Y., Expression of Various Types of Glycans in the Lugworm (Perinereis nuntia Var. Vallata), Ann. Mar. Biol. Res., 2(1), 1005 (2015)
② Ogawa Y, Sugawara S, Tatsuta T, Hosono M, Nitta K, Fujii Y, Kobayashi H, Fujimura T, Taka H, Koide Y, Hasan I, Matsumoto R, Yasumitsu H, Kanaly RA, Kawsar SM, Ozeki Y., Sialyl-glycoconjugates in cholesterol-rich microdomains of P388 cells are the triggers for apoptosis induced by Rana catesbeiana oocyte ribonuclease./ Glycoconj J., 31(2), 171-184 (2014).
③ Ogawa Y., Yahagi N., Yahagi R., Kobayashi H., Specific antiproliferative activity against human cancer cells with metabolitesf from several species related to the genus Cordyceps, Int.J.Curr.Microbiol.App.Sci., 3(5), 607-617(2014)
④ Tatsuta T, Hosono M, Ogawa Y, Inage K, Sugawara S, Nitta K., Downregulation of Hsp70 inhibits apoptosis induced by sialic acid-binding lectin(leczyme), Oncol Rep., 31(1), 13-8 (2014)
⑤ Tatsuta T, Sugawara S, Takahashi K., Ogawa Y, Hosono M, Nitta K., Leczyme:A New Candidate Drug for Cancer Therapy, BioMed Res.Int., 1-10(2014)
⑥ Tatsuta T, Sugawara S, Takahashi K., Ogawa Y, Hosono M, Nitta K.,Cancer-selective induction of apoptosis by leczyme, Fron Oncol. 4(139), 1-6 (2014)
⑦ Hasan I., Watanabe M., Ishizaki N., Sugita-Konishi Y., Kawakami Y., Suzuki J., Dogasaki C., Rajia S., Kawsar S. M. A., Koide Y., Kanaly R.A., Sugawara S., Hosono M., Ogawa Y., Fujii Y., Iriko H., Hamako J., Matsui T., Ozeki Y., A Galactose-Binding Lectin Isolated from Aplysia kurodai (Sea Hare) Eggs Inhibits Streptolysin-Induced Hemolysis, Molecules,19(9), 13990-14003 (2014).
⑧ Tatsuta T, Hosono M, Sugawara S, Kariya Y, Ogawa Y, Hakomori S, Nitta K, Sialic acid-binding lectin (leczyme) induces caspase-dependent apoptosis-mediated mitochondrial perturbation in Jurkat cells., Int. J. Oncol., 43(5) 1402-1412 (2013).
⑨ Kobayashi H., Kawakami S., Ogawa Y., Shibata N., Suzuki S., Isolation of Mannooligosaccharides Corresponding to Antigenic Determinants of Pathogenic Yeast Candida catenulata Cell Wall Mannan., Adv. Microbiol., 3, 222-226 (2013).
⑩ Kobayashi H., Kawakami S., Ogawa Y., Shibata N., Suzuki S., Structural Investigation of Cell Wall Mannan Antigen Obtained from Pathogenic Yeast Candida zeylanoides., Open J. Med. Microbiol., 3, 139-143 (2013).
⑪ Matsumoto R., Fujii Y., Kawsar S. M. A., R.A.Kanaly, Yasumitsu H. Koide Y., Hasan I., Iwahara C, Ogawa Y., C. H. Im, Sugawara S., Hosono M., Nitta K., Hamako J., Matsui T., Ozeki Y., Cytotoxicity and Glycan-binding Properties of an 18 kDa Lectin Isolated from the Marine Sponge Halichondria okadai, Toxins,4,323-338 (2012).
⑫ Fujii Y., Domae N., Takio K., Kawsar S. M. A., Matsumoto R., Hasan I., Koide Y., Kanaly R. A., Yasumitsu H., Ogawa Y., Sugawara S., Hosono M., Nitta K., Hamako J., Matsui T., Ozeki Y., A lectin from the Mussel Mytilus galloprovincialis has a highly novel primary structure and induces glycan-mediated cytotoxicity of globotriaosylceramide-expressing lymphoma cells, J.Biol.Chem, 287,44772-44783 (2012).

学会発表

① 小川由起子、藤井佑樹、菅原栄紀、細野雅佑、立田岳生、小出康裕、Imitiaj Hasan、小林秀光、大関泰裕, シアル酸結合レクチン(SBL) のマウス白血病細胞に対するアポトーシス誘導機構, 第10回日本女性科学者の会学術大会(2015年1月, 福岡)
② 小川由起子、森永 紀、倉岡卓也、益田 玲、中尾妃佐、原口翔子、平地由佳、矢萩信夫、矢萩禮美子、小林秀光, Cordycepts rosestromata 二次代謝産物のヒト白血病細胞に対するアポトーシス誘導活性, 薬学会第135年会(2015年3月, 神戸)
③ Ogawa Y., Fujii Y., Sugawara S., Hosono M., Tatsuta T., Nitta K., Koide Y., Hasan I., Kawsar S.M.A., Kobayashi H., Ozeki Y., A sialic acid-binding lectin(SBL)-dependent apoptosis triggered by sialylated-glycoconjugates in GEM of P388 cells, Joint Meeting of the Society for Glycobiology (SFG) and the Japanese Society of Carbohydrate Research (JSCR), 米国糖鎖生物学会, 日本糖質学会合同会議(2014年11月15日‐19日、米国、ハワイ州、ホノルル市)(ポスター発表)
④ Fujii Y., Fujiwara T., Ogawa Y., Sugawara S., Hosono M., Hasan I., Koide Y., Kawsar S.M.A., Ozeki Y., Fujita H. The molecular morphology of the endocytotic cytotoxicity by an N-acetylhexosamine-binding lectin isolated from slipper lobster in breast and ovarian cancer cells. Joint Meeting of the Society for Glycobiology (SFG) and the Japanese Society of Carbohydrate Research (JSCR), 米国糖鎖生物学会, 日本糖質学会合同会議(2014年11月15日‐19日、米国、ハワイ州、ホノルル市)(ポスター発表)
⑤ 藤井佑樹、藤原俊幸、小川由起子、Imitiaji Hasan、小出泰裕、大関泰裕、藤田英明, 抗腫瘍効果を有する新規甲殻動物レクチンを用いたヒトがん細胞におけるグライコシグナルの解明, 日本薬学会九州支部大会(2014年12月, 福岡)

報告書

炭素線照射により作製した放線菌変異株より得られる新規生理活性物質の探索/2013年3月/小川由起子、高井伸彦、小山田浩子、安藤興一、古澤佳也、小林秀光/HIMAC 共同利用研究報告書

著書

① Chapter 10: Fascinating potential of diversified marine invertebrate lectins to decipher glycan-codes and control cell functions./"Marine Proteins and Peptides" edited by Se-Kwon Kim, Published from Wiley & Blackwell Co. Ltd/Yasuhiro Ozeki, Sarkar M A Kawsar, Yuki Fujii , Yukiko Ogawa, Shigeki Sugawara, Imtiaj Hasan, Yasuhiro Koide, Hidetaro Yasumitsu , Robert A.Kanaly (2012).
② Marine OMICS: chapter30/"SUEL/RBL-Lectin and their Biomedical Applications" edited by Se-Kwon Kim, Published from Wiley & Blackwell Co. Ltd/Yasuhiro Koide, Yuki Fujii, Imtiaj Hasan, Yukiko Ogawa, Sultana Rajia, Sarkar M A Kawsar, Robert A Kanaly, Shigeki Sugawara, Masahiro Hosono, Jiharu Hamako, Taei Matsui and Yasuhiro Ozeki (2014).
③ 薬学領域の微生物学・免疫学/監修 金子太郎、編集 入江昌親・黒田久寅/廣川書店

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading