menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

深澤 昌史(ふかさわ まさし)教授

深澤 昌史

所属

薬学部 薬学科

専門分野

生化学、分子生物学、ウイルス学

研究テーマ

グルコースに応答する転写因子の研究

担当科目

教養セミナーA・B、生化学Ⅰ~Ⅲ、生化学実習、免疫学Ⅱ、ウイルス学、微生物学・免疫学実習、薬学英語、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本ウイルス学会、日本分子生物学会、日本生化学会、日本薬学会、日本エイズ学会

研究室

薬学棟P204号室(生化学)

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹

E-mail

fukasawa

URL

http://www.niu.ac.jp/~pharm1/lab/biochemistry/biochem_index.html

プロフィール

1983年東北大学理学部生物学科卒業
1989年農学博士(東京大学農学系研究科・獣医学)
以後、京都大学ウイルス研究所、長崎大学熱帯医学研究所、防衛医科大学校、テキサス大学(客員助教授)などを経て2007年本学に着任

研究紹介

肝臓はやはり「肝心」だ!

炭水化物を沢山食べてばかりいるとなぜ脂肪太りになるのでしょう。それは余分なエネルギーを脂肪に変えて蓄えるメカニズムが備わっているからです。人類の身体は、まだ十分に食料が入手できなかった時代とそうは変化しておらず、飽食の時代に対応できていないのでしょうか。しかし、炭水化物(グルコース)が十分にあると、これを材料に脂肪を合成する酵素群の遺伝子を発現させる転写因子が見つかりました。この転写因子がグルコースに応答して活性化するメカニズムを解明し、グルコースがあっても働かないようにする方法が見つかれば、沢山食べても太らない夢の身体を手に入れることができるかもしれません。生活習慣病の危険性が声だかに叫ばれている現代、肥満予防へのアプローチは様々ですが、転写因子を標的としたものはまだまだ少ないと思います。分子生物学の手法を駆使して、一歩ずつでも臨床に応用できるような成果に近づけたいと思います。

社会活動

社会貢献・地域連携

JICA短期専門家(分子生物学担当)としてガーナ共和国野口記念医学研究所に派遣され、現地スタッフ及び学生にPCR法を用いた血清からのウイルス(HIV-1,HIV-2,HBV,HCV)遺伝子検出とタイピングなどを指導した。(2001年1月〜2月)
佐世保市立少年科学館「探求サイエンス教室」講師(2011年)

各種委員・役員等

【長崎国際大学】
全学図書委員会・委員
薬学図書委員会・委員長

教育活動

活動概要

生物系薬学の教員として、生化学、免疫学、ウイルス学などの講義、実習を担当している。特に3名の教員で分担する生化学では、セントラルドグマにおける DNAからタンパク質までの流れの中で、DNAからRNAを介在してタンパク質として発現するまでの機構を、また免疫学では、ウイルスに対する感染免疫機構の成立などを中心に講義を受け持つ予定である。

客員・兼任・非常勤講師等

学校法人滋慶学園東京医薬専門学校生命工学科・非常勤講師(1998〜2004年)
テキサス大学Southwestern Medical Center at Dallas, Department of Biochemistry・Visiting Assistant Professor(2004〜2006年)
佐世保市立看護専門学校・非常勤講師(2009年~)
佐世保市医師会看護専門学校・非常勤講師(2010年~)

研究実績

原著論文

2004年以降
Fukasawa M, Ge Q, Wynn RM, Ishii S, and Uyeda K. Coordinate regulation/localization of the carbohydrate responsive binding protein (ChREBP) by two nuclear export signal sites: Discovery of a new leucine-rich nuclear export signal site. Biochem. Biophys. Res. Commun., 391,1166-9 (2010).
Sakiyama, H., Wynn, R.M., Lee, W.-R., Fukasawa. M., Mizuguchi, H., Gardner, K.H., Repa, N. and Uyeda, K. Regulation of nuclear import/export of carbohydrate response element-binding protein (ChREBP). J. Biol. Chem. 283(36): 24899-24908, (2008)
Uchida, T., Kinoshita, M., Fukasawa, M., Habu, Y., Shinomiya, N. and Seki, S. IL-18 time-dependently modulates Th1/Th2 cytokine production by ligand-activated NKT cells. Eur. J. Immunol. 37(4): 966-977, (2007)
Inui, T., Nakashima, H., Habu, Y., Nakagawa, R., Fukasawa, M., Kinoshita, M., Shinomiya, N. and Seki, S. Neutralization of tumor necrosis factor abrogates hepatic failure induced by alpha-galactosylceramide without attenuating its antitumor effect in aged mice. J. Hepatol. 43(4): 670-678, (2005)
Shinomiya, N., Koike, Y., Koyama, H., Takayama, E., Habu, Y., Fukasawa, M., Tanuma, S. and Seki, S. Analysis of the susceptibility of CD57 T cells to CD3-mediated apoptosis. Clin. Exp. Immunol. 139(2): 268-278, (2005)
Fukasawa, M., Tsuchiya, T., Takayama, E., Shinomiya, N., Uyeda, K., Sakakibara, R. and Seki, S. Identification and characterization of the hypoxia-responsive element of the human placental 6-phosphofructo-2-kinase/ fructose-2,6-bisphosphatase gene. J. Biochem. (Tokyo) 136(3): 273-277, (2004)
Takayama, E., Higo, T., Kai, M., Fukasawa, M., Nakajima, K., Hara, H., Tadakuma, T., Igarashi, K., Yaoita, Y. and Shiokawa, K. Involvement of caspase-9 in execution of the maternal program of apoptosis in Xenopus late blastulae overexpressed with S-adenosylmethionine decarboxylase. Biochem. Biophys. Res. Commun. 325(4): 1367-1375, (2004)
Habu, Y., Uchida, T., Inui, T., Nakashima, H., Fukasawa, M. and Seki, S. Enhancement of the synthetic ligand-mediated function of liver NK1.1Ag+ T cells in mice by interleukin-12 pretreatment. Immunology 113(1): 35-43, (2004)

学会発表

国際学会シンポジウム
Fukasawa, M., Hasegawa, A., Miura, T., Morikawa, S., Tsujimoto, H. and Hayami, M., Sequence of simian immunodeficiency virus (SIVAGM) and its relationship to HIV/SIV group viruses., IV International Conference on AIDS (1988)
国際学会(1990年〜)
Fukasawa M., Okumura A., Shinomiya N., Rokutanda M., and Sakakibara R., HIV infection affects the expression of fructose-6-phosphate, 2-kinase/fructose-2,6-bisphosphatase., 12th World AIDS Conference (1998)
Sugimoto, M., Ohishi, K., Fukasawa, M., Shikata, K., Kawai, H., Itakura, H., Sakakibara, R., Ishiguro, M., Nakata, M., Mizuochi, T. and Hatanaka, M., Adjuvant strategy for Th-1 type immunity., 10th International Conference on AIDS (1994)
Sugimoto, M., Ohishi, K., Fukasawa, M., Shikata, K., Kawai, H., Itakura, H., Sakakibara, R., Ishiguro, M., Nakata, M., Mizuochi, T. and Hatanaka, M., Strategy of AIDS vaccine with emphasis on cell-mediated immunity., 2nd International Congress of Pathophysiology (1994)
Tomonaga, K., Norimine, J., Shin, Y.-S., Fukasawa, M., Miyazawa, T., Adachi, A., Toyosaki, T., Kawaguchi, Y., Kai, C. and Mikami, T., Gene analysis of feline immunodeficiency virus: Characterization of putative vif gene and alternative splicing pattern., The 1992 Meeting on RNA Tumor Viruses, Cold Spring Harbor Laboratory (1992)
Miyazawa, T., Fukasawa, M., Hasegawa, A., Takahashi, E., Hayami, M. and Mikami, T., Isolation of feline immunodeficiency virus (FIV) and cloning of replication-competent DNA using a newly established feline T-lymphoblastoid cell line., 8th International Congress of Virology (1990)
Kawamura, M., Sakuragi, J., Fukasawa, M., Miura, T., Gojobori, T., Moriyama, E.N., Mingle, J.A.A., Netty, V.B.A. and Hayami, M., Isolation of a highly divergent HIV-2 distinct from known isolates of HIV-2 and SIV., 6th International Conference on AIDS (1990)
Fukasawa, M., Hasegawa, A., Maki, N., Miyazawa, T., Mikami, T. and Hayami, M., Molecular cloning of the Japanese isoletes of feline immunodeficiency virus (FIV)., 6th International Conference on AIDS (1990)
国際学会(〜1989年)
Fukasawa, M., Ohta, Y., Sakuragi, J., Miki, K., Isahakia, M., Hayami, M. et al., Genomic diversity of SIVagm group of virus., 5th International Conference on AIDS (1989)
Fukasawa, M., Tsujimoto, H., Hasegawa, A., Maki, N., Isahakia, M., Sakuragi, J., Miura, T. and Hayami, M., Genetic diversity of SIVagm group of viruses., The 1989 Meeting on RNA Tumor Viruses, Cold Spring Harbor Laboratory (1989)
Miura, T., Tsujimoto, H., Fukasawa, M., Ohta, Y., Hasegawa, A., Honjo, S. and Hayami, M., Genetic analysis and infection of SIVAGM and SIVMND., Symposium on Nonhuman Primate Models for AIDS (1988)
Tsujimoto, H., Kodama, T., Fukasawa, M., Miura, T., Speidel, S., Nakai, M., Cooper, R.W. and Hayami, M., Isolation and characterization of simian immunodeficiency virus from mandrill., IV International Conference on AIDS (1988)
Tsujimoto, H., Fukasawa, M., Miura, T., Hasegawa, A., Morikawa, S. and Hayami, M., Molecular characterization of simian immunodeficiency virus (SIV) from naturally infected African green monkeys and mandrills., The 1988 Meeting on RNA Tumor Viruses, Cold Spring Harbor Laboratory (1988)
Tsujimoto, H., Fukasawa, M., Ishikawa, K., Miura, T., Morikawa, S., Hasegawa, A., Miki, K. and Hayami, M., Molecular characterization of simian immunodeficiency virus (SIV) in naturally infected African non-human primates., 13th Symposium of the International Association for Comparative Research on Leukemia and Related Deseases (1987) 等
国内学会シンポジウム
深澤昌史,榊原隆三,解糖系調節酵素F6P,2-kinase/F2,6BPase遺伝子発現の低酸素応答,第74回生化学会大会シンポジウム「糖代謝調節機構研究の新展開」(2001)

著書

わかりやすい免疫学(廣川書店)---共著
深澤昌史、アフリカミドリザルにおけるエイズ関連ウイルスの遺伝子解析、遺伝44(6);45-50(1990)
深澤昌史・速水正憲、AIDSの動物モデル、Medical Immunology 19(5);575-581(1990)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading