menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

藤原 俊幸(ふじわら としゆき)准教授

藤原 俊幸

所属

薬学部 薬学科

専門分野

細胞生物学、生化学、免疫細胞化学

研究テーマ

細胞内オルガネラの形態形成機構の解明

担当科目

教養セミナーA・B、機能形態学Ⅰ・Ⅱ、機能形態学実習、基本科学実習、薬学英語、生化学実習、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本生化学会、日本組織細胞化学会、日本細胞生物学会

研究室

薬学棟P106号室(機能形態学)

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹

E-mail

fujiwara

URL

プロフィール

1980年埼玉大学理工学部卒業
1982年山梨医科大学医学部(現山梨大学医学部)文部技官
1986年福岡大学医学部助手
1999年米国ジョンズホプキンス大学博士研究員
2003年福岡大学医学部講師
2007年長崎国際大学薬学部准教授

研究紹介

細胞内のダイナミクス

人体を形成する1個1個の細胞は小さくて肉眼では見えませんが、光学顕微鏡や電子顕微鏡を用いると、その内容がわかってきます。細胞がその機能を維持しながら、寿命を全うするためには、蛋白質を始め、多くの物質が作られなければなりません。作られた物質は必要な場所へ正しく運ばれて初めて機能します。間違った場所へ運ばれてしまうと、細胞レベルでの異常がおこり、それが身体全体の異常としても現われてきます。細胞内の蛋白質輸送というテーマで研究を続けてきましたが、重要なキーポイントとなるのが、ゴルジ体という細胞内小器官の存在です。この小器官を中心として蛋白質は各方面に選別されていきます。私がゴルジ体に興味を持ったのは、ある薬剤を作用させると、この小器官が消えてしまうということを発見したのが経緯です。細胞内の小器官は常に周りの環境と関わり合いながら、ダイナミックに動いているのだということを実感しました。この動的な部分の解明を続けていきたいと考えています。

社会活動

各種委員・役員等

【長崎国際大学】
薬学部教務委員
薬学部共同機器管理委員

教育活動

活動概要

薬が効く対象となるのはヒトの身体である。人体の構造と機能を、いかにわかりやすく教えるかに砕身している。また、少人数教育を通してプレゼンテーションの重要性をアドバイスしている。

客員・兼任・非常勤講師等

福岡大学附属看護専門学校非常勤講師 平成14−18年度(解剖学) 昭和63−平成10年度(生化学)
九州文化学園歯科衛生士学院平成21年度~現在(組織・発生学)
佐世保市医師会看護専門学校平成22年度~現在(形態機能学)

研究実績

原著論文

Splicing variant of Cdc42 interacting protein-4 disrupts b-catenin-mediated cell-cell adhesion: Expression and function in renal cell carcinoma / Tsuji, E.,Tsuji, Y.,Fujiwara, T., Ogata, S., Tsukamoto, K., Saku, K. − Biochem. Biophys. Res.Commun.(2006, 339 : 1083-1088)
Overexpression of mitochondrisl transcription factor A ameliorates mitochon-drial deficiencies and cardiac failure after myocardial infarction / Ikeuchi, M.,Matsusaka, H., Kang, D., Matsushima, S., Ide, T., Kubota, T., Fujiwara, T., Hamasaki, N., Takeshita, A., Sunagawa, K., Tsutsui, H. - Circulation (2005, 112 : 683-690)
Identification and characterization of GCP16, a novel acylated Golgi protein that interacts with GCP170 / Ohta, E., Misumi, Y., Sohda, M., Fujiwara, T., Yano, A., Ikehara, Y. - J. Biol. Chem. (2003, 278 : 51957- 51967)
Direct interaction of the Golgi membrane with endoplasmic reticulum mem-brane caused by nordihydroguaiaretic acid / Fujiwara, T., Misumi, Y., Ikehara,Y. - Biochem. Biophys. Res. Commun. (2003, 301 : 927-933)
Inhibitory effect of a1-antitrypsin Pittsburgh type-mutant (a1-PIM/R) on pro-insulin processing in regulated secretory pathway of pancreatic b-cell line MIN6/ Ohkubo, K., Naitou, Y., Fujiwara, T., Miyazaki, J., Ikehara, Y., Ono, J. - Endocrine J. (2003, 50 : 9-20)
Human APE2 protein is mostly localized in the nuclei and to some extent in themitochondria, while nuclear APE2 is partly associated with proliferating cellnuclear antigen / Tsuchimoto, D., Sakai, Y., Sakumi, K., Nishioka, K., Sasaki, M., Fujiwara, T., Nakabeppu, Y. - Nucleic Acids Res. (2001, 29 : 2349-2360)
Identification of human MutY homologue (hMYH) as a repair enzyme for 2-hydroxyadenine in DNA and detection of multiple forms of hMYH located innuclei and mitochondria / Ohtsubo, T., Nishioka, K., Imaiso, Y., Iwai, S., Shimokawa, H., Oda, H., Fujiwara, T., Nakabeppu, Y. - Nucleic Acids Res.(2000, 28 : 1355-1364)
Expression and differential intracellular licalization of two major forms ofhuman 8-oxoguanine DNA glycosylase encoded by alternative spliced OGG1mRNAs / Nishioka, K., Ohtsubo, T., Oda, H., Fujiwara, T., Kang, D. Sugimachi,K., Nakabeppu, Y. - Mol. Biol. Cell (1999, 10 : 1637-1652)
1-metyl-4-phenylpyridinium ion (MPP+ ) selectively inhibits the replication ofmitochondrial DNA / Miyako, K., Irie, T., Muta, T., Umeda, S., Kai, Y., Fujiwara, T., Takeshige, K., Kang, D. - Eur. J. Biochem. (1999. 259 : 412-418) 
Antioxidant function of the mitochondrial protein SP-22 in the cardiovascular system / Araki, M., Nanri, H., Ejima, K., Murasato, Y., Fujiwara, T., Nakashima,Y, Ikeda, M. - J. Biol. Chem. (1999, 274 : 2271-2278)
Dynamic recycling of ERGIC53 between the endoplasmic reticulum and the Golgi complex is disrupted by nordihydroguaiaretic acid / Fujiwara, T., Misumi,Y., Ikehara, Y. - Biochem. Biophys. Res. Commun. (1998, 253 : 869-876)
A novel rab GTPase, rab33B, is ubiquitously expressed and localized to themedial Golgi cisternae / Zheng, J. Y., Koda, T., Fujiwara, T., Kishi, M., Ikehara,Y., Kakinuma, M. - J. Cell Sci. (1998, 111 : 1061-1069)
Nordihydroguaiaretic acid blocks protein transport in the secretory pathwaycausing redistribution of Golgi proteins into the endoplasmic reticulum /Fujiwara, T., Takami, N., Misumi, Y., Ikehara, Y. - J. Biol. Chem. (1998, 273 :3068-3075)
Identification and characterization of rat 364-kDa Golgi-associated proteinrecognized by autoantibodies from a patient with rheumatoid arthritis / Toki, C., Fujiwara, T., Sohda, M., Hong, H.S., Misumi, Y., Ikehara, Y. - Cell Struct.Funct. (1997, 22 : 565-577)
Molecular characterization of GCP170, a 170kDa protein associated with thecytoplasmic face of the Golgi membrane / Misumi, Y., Sohda, M., Yano, A., Fujiwara, T., Ikehara, Y. - J. Biol. Chem. (1997, 272 : 23851-23858)
p32 protein, a splicing factor 2-associated protein, is localized in mitochondrialmatrix and is functionally important in maintaining oxidative phosphorylation /Muta, T., Kang, D., Kitajima, S., Fujiwara, T., Hamasaki, N. - J. Biol. Chem. (1997, 272 : 24363-24370)

学会発表

Tubulation of Golgi apparatus in semi-intact cells /藤原俊幸、三角佳生、池原征夫 − 第76回日本生化学会大会(2003)
ノルジヒドログアイアレチン酸が惹き起こすゴルジ装置の形態変化/藤原俊幸、三角佳生、池原征夫 − 第75回日本生化学会大会(2002)
Involvement of heterotrimeric G proteins in the binding of cytosolic GCP230 tothe Golgi membranes / Fujiwara, T., Misumi, Y., Hong, H.S., Ikehara, Y. - ThirdCongress of Asian-Pasific Organization for Cell Biology (1998)
ノルジヒドログアイアレチン酸が惹き起こすゴルジ膜の直接融合/藤原俊幸、三角佳生、池原征夫 − 第50回日本細胞生物学会大会(1997)
Disruption of the Golgi structure and inhibition of intracellular transport by nordihydroguaiaretic acid / Fujiwara, T., Takami, N., Misumi, Y., Ikehara, Y.,- 6th International Congress on Cell Biology (1996)
ノルジヒドログアイアレチン酸による蛋白質輸送阻害とゴルジ膜蛋白質の小胞体への再分布/藤原俊幸、高見昇、三角佳生、池原征夫 − 第49回日本細胞生物学会大会(1996)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading