menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

大磯 茂(おおいそ しげる)准教授

大磯 茂

所属

薬学部 薬学科

専門分野

医療薬学、実務薬学、調剤学

研究テーマ

神経化学、医療薬学

担当科目

教養セミナーA・B、医薬品安全性学、医薬品情報論、実務実習事前学習、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本薬学会、日本医療薬学会、日本臨床薬理学会、日本薬理学会、日本TDM学会、日本化学療法学会、日本医薬品情報学会

研究室

薬学棟P310号室(医療薬学)

連絡先

TEL:0956-20-5703(研究室)

E-mail

shige

URL

プロフィール

鹿児島県生まれ
1993年 熊本大学薬学部薬科学科卒業
1995年 熊本大学大学院薬学研究科修了
1996年から2008年3月まで鹿児島大学
病院薬剤部に勤務
2008年4月長崎国際大学薬学部着任

研究紹介

研究、今~未来

抗がん剤感受性のがん細胞とシスプラチンに高度耐性となった耐性がん細胞双方の遺伝子およびタンパク質量を解析し、耐性獲得に関与する分子としてABCトランスポーターの数分子が関与する可能性を見出しました。また、耐性を克服する化合物の検索を行い、ウコンの主成分であるクルクミンにその効果があることを見出しました。
 グレリンは摂食亢進作用を示すペプチドホルモンですが、グレリンの活性を抑えて肥満を防止できるような薬物を探索する細胞実験系を構築しました。現在、種々薬物を対象に活性型グレリン産生抑制剤の候補物質をスクリーニングしています。
 低分子薬物に対するモノクローナル抗体を作製し、薬物濃度を測定するためのELISAの開発を行っています。臨床における血中薬物濃度測定への応用を目指しています。

社会活動

各種委員・役員等

【長崎国際大学】
入試・募集委員会委員
薬学部共用試験OSCE実施委員会委員
薬学部実務実習運営委員会委員
薬学部入試・募集委員会委員
【長崎国際大学以外】
長崎在宅医療・福祉コンソーシアム運営委員会委員

研究実績

原著論文

Biological Effects of the Plasticizer Tris (2-Ethylhexyl) Trimellitate. Iwase H., Oiso S., Kariyazono H., Nakamura K. Clinic. Pharmacol. Biopharmaceut. S2:004, 2014.
Establishment of a gastric cell-based assay system for exploring inhibitors of octanoylated ghrelin production. Oiso S., Nobe M., Yamaguchi Y., Umemoto S., Nakamura K., Kariyazono H. J. Biomol. Screen., 18(9): 1035-1042, 2013
Factors involved in the cisplatin resistance of KCP‑4 human epidermoid carcinoma cells. Oiso S., Takayama Y., Nakazaki R., Matsunaga N., Motooka C., Yamamura A., Ikeda R., Nakamura K., Takeda Y., Kariyazono H. Oncol. Rep., 31(2): 719-726, 2013
Anti-proliferative activities and apoptosis induction by triterpenes derived from eriobotrya japonica in human leukemia cell lines. Uto T., Sakamoto A., Tung NH., Fujiki T., Kishihara K., Oiso S., Kariyazono H., Morinaga O., Shoyama Y. Int. J. Mol. Sci., 14(2): 4106-4120, 2013
Involvement of NF-κB activation in the cisplatin resistance of human epidermoid carcinoma KCP-4 cells. Oiso S., Ikeda R., Nakamura K., Takeda Y., Akiyama S., Kariyazono H. Oncol. Rep., 28(1): 27-32, 2012
Eriobotryae folium extract suppresses LPS-induced iNOS and COX-2 expression by inhibition of NF-kappaB and MAPK activation in murine macrophages. Uto T., Suangkaew N., Morinaga O., Kariyazono H., Oiso S., Shoyama Y. Am. J. Chin. Med., 38(5):985-94, 2010
Contactin-associated protein (Caspr) 2 interacts with carboxypeptidase E in the CNS. Oiso S, Takeda Y, Futagawa T, Miura T, Kuchiiwa S, Nishida K, Ikeda R, Kariyazono H, Watanabe K, Yamada K. J Neurochem., 109(1), 2009
Up-regulation of matrix metalloproteinase-3 in the dorsal root ganglion of rats with paclitaxel-induced neuropathy. Nishida K, Kuchiiwa S, Oiso S, Futagawa T, Masuda S, Takeda Y, Yamada K. Cancer Sci., 99(8): 1618-25, 2008
The small heat shock protein alphaB-crystallin inhibits differentiation-induced caspase 3 activation and myogenic differentiation. Ikeda R, Yoshida K, Ushiyama M, Yamaguchi T, Iwashita K, Futagawa T, Shibayama Y, Oiso S, Takeda Y, Kariyazono H, Furukawa T, Nakamura K, Akiyama S, Inoue I, Yamada K. Biol Pharm Bull. Sep, 29(9), 1815-9, 2006.
テイコプラニン維持量設定ノモグラムの作成  宮越 妙子,松元 一明,大磯 茂,下堂薗 権洋,武田 泰生,山田 勝士 Journal of Japanese Society of Hospital Pharmacists、41、1267-1270、2005.
Thymidine phosphorylase inhibits apoptosis induced by anticancer agents. Ikeda R, Furukawa T, Sumizawa T, Haraguchi M, Oiso S, Inoue I, Yamada K, Akiyama S. Nippon Yakurigaku Zasshi. Nov, 122 Suppl, 84P-86P. Japanese, 2003.
Thymidine phosphorylase inhibits apoptosis induced by cisplatin. Ikeda, R., Furukawa, T., Mitsuo, R., Noguchi, T., Kitazono, M., Okumura, H., Sumizawa, T., Haraguchi, M., Xiao-Fang Che, Uchiyama, H., Nakajima, Y.,Xiao-Qin. Ren, Oiso, S., Inoue, I., Yamada, K., Akiyama, S. Biochem. Biophys. Res. Commun., 301, 358-363, 2003.
Pericyclic reaction of ketenes with cascade reaction products of pyridine N-oxides and dipolarophiles. X-ray structures of the adducts and formation mechanism Oiso, S., Yoshitake, Y., Eto, M. and Harano, K. Chem. Pharm. Bull., 51(9), 2003.
バンコマイシンの投与設計におけるTDM法とノモグラム法との比較 栗田 美穂,大磯 茂,柴山 良彦,下堂薗 権洋,本屋 敏郎,山田 勝士 TDM研究、20、175-176、2003.
An epidemiologic survey of methicillin-resistant Staphylococcus aureus by combined use of mec-HVR genotyping and toxin genotyping in a university hospital in Japan. Nishi J, Yoshinaga M, Miyanohara H, Kawahara M, Kawabata M, Motoya T, Owaki T, Oiso S, Kawakami M, Kamewari S, Koyama Y, Wakimoto N, Tokuda K, Manago K, Maruyama I. Infect Control Hosp Epidemiol. Sep, 23(9), 506-10, 2002.
Cascade reaction of imines with phenylsulfinylallene. X-ray structure of the product and its formation mechanism. Oiso, S., Yoshitake,Y., Eto, M. and Harano, K. Chem. Pharm. Bull., 50(11), 1525-1527, 2002.
コルフォルシンダロパートの血小板機能に及ぼす影響 仮屋薗 博子, 中村 和男, 新川 輝俊, 山口 辰哉, 大磯 茂, 坂田 隆造, 山田 勝士 臨床薬理、32、31S-32S、2001.

学会発表

ヘプタン酸は活性型グレリンの産生を抑制する 仁位 和加奈、山口 祐平、大磯 茂、中村 和男、仮屋薗 博子 日本薬学会第134年会、熊本、2014. 3.
抗ダビガトランモノクローナル抗体の交差反応性の検討 合六 貴昭、大磯 茂、森永 紀、宇都 拓洋、正山 征洋、仮屋薗 博子 日本薬学会第134年会、熊本、2014. 3.
カデュエット配合錠4番の簡易懸濁法による経管投与可否の検討 小坪 秀輔、辻 智幸、大磯 茂、仮屋薗 博子 日本薬学会第134年会、熊本、2014. 3.
ダビガトラン血中濃度測定を目指したELISAの開発 大磯 茂、森永 紀、合六 貴昭、山口 祐平、正山 征洋、仮屋薗 博子 第23回日本医療薬学会年会、仙台、2013. 9.
抗ダビガトランモノクローナル抗体を用いたダビガトランELISA法の開発 大磯 茂、森永 紀、正山 征洋、仮屋薗 博子 日本薬学会第133年会、横浜、2013. 3.
Inhibitory effects of some fatty acids on active ghrelin production in a stable ghrelin-expressing AGS-GHRL8 cell line. Yamaguchi Y., Oiso S., Nobe M., Kariyazono H. World Congress on Oleo Science (WCOS 2012), Sasebo, Japan, 2012
Establishment of a cell-based assay system for exploring inhibitors of active ghrelin production. Oiso S., Nobe M., Nakamura K., Kariyazono H. World Congress on Oleo Science (WCOS 2012), Sasebo, Japan, 2012
活性型グレリン産生抑制物質探索のための細胞評価系の構築 大磯 茂、野邊みゆき、中村 和男、仮屋薗 博子 日本薬学会第132年会、札幌、2012. 3.
Analysis of the mechanism for cisplatin resistance in human epidermoid carcinoma cell line KCP-4. Oiso S., Ikeda R., Nakamura K., Takeda Y., Akiyama S., Yamada K. Kariyazono H. 第84回日本薬理学会年会(誌上開催)、2011. 3.
クルクミンはシスプラチン耐性咽頭がん細胞KCP-4のシスプラチン感受性を増強する 大磯 茂、池田 龍二、中村 和男、武田 泰生、秋山 伸一、山田勝士、仮屋薗 博子 日本薬学会第130回年会、岡山、2010. 3.
咽頭がん細胞KCP-4のシスプラチン耐性への細胞内シグナル伝達系の関与 大磯 茂、池田 龍二、中村 和男、武田 泰生、秋山 伸一、山田 勝士、仮屋薗 博子 第19回日本医療薬学会年会、長崎、2009. 10.
咽頭がん細胞KCP-4のシスプラチン耐性機序の解明 大磯 茂、池田 龍二、中村 和男、武田 泰生、秋山 伸一、山田勝士、仮屋薗 博子 第129回日本薬学会年会、京都、2009. 3.
シスプラチン耐性咽頭がん細胞KCP-4におけるABCトランスポーターの発現解析 大磯 茂、池田 龍二、中村 和男、武田 泰生、秋山 伸一、山田勝士、仮屋薗 博子 第25回日本薬学会九州支部会、宮崎、2008. 11.
The involvement of carboxypeptidase E in Caspr2 trafficking to the membrane. Oiso. S., Futagawa. T., Nishida. K., Ikeda. R., Takeda. Y. and Yamada. K. 第81回日本薬理学会年会、横浜、2008. 3
中枢神経系におけるcontactin associated protein (Caspr) 2とcarboxypeptidase Eの相互作用解析 大磯 茂、二川 俊隆、口岩 聡、西田 健太朗、池田 龍二、武田 泰生、山田 勝士 第60回日本薬理学会西南部会、宮崎、2007. 11
注射用抗菌薬の使用量の推移とその影響因子の解析 大磯 茂、下堂薗 権洋、松元 一明、山口 辰哉、武田 泰生、山田 勝士、西 順一郎、折田 美千代 第17回日本医療薬学会年会、群馬、2007. 9
中枢神経系におけるCaspr2とcarboxypeptidase Eの相互作用解析 大磯 茂、二川 俊隆、口岩 聡、西田 健太朗、池田 龍二、石原 義久、武田 泰生、山田 勝士 第127回日本薬学会富山年会、富山、2007. 3. 28-30
ラット後根神経節でのパクリタキセルによるtransient receptor potentialチャネル発現増加 西田健太朗、口岩 聡、大磯 茂、石原義久、武田泰生、山田勝士 第80回日本薬理学会年会、名古屋、2007. 3. 14-16.
ボリコナゾールの血中濃度測定及び遺伝子多型解析による至適投与量の設計 あべ松和子、松元一明、西田健太朗、大磯 茂、下堂薗権洋、武田泰生、山田勝士 第23回日本薬学会九州支部大会、熊本、2006. 12. 9-10.
Contactin associated protein (Caspr1)の細胞内部分に結合する機能タンパク質の検索 石原義久、二川俊隆、大磯 茂、西田健太朗、武田泰生、山田勝士 第23回日本薬学会九州支部大会、熊本、2006. 12. 9-10.
パクリタキセルによるTRP受容体への影響 西田健太朗、口岩 聡、大磯 茂、石原義久、中河志朗、武田泰生、山田勝士 第59回日本薬理学会西南部会、沖縄、2006. 11. 24.
Expression and molecular interactions of contactin-associated proteins (Caspr) on the brain organization. Takeda, Y., Futagawa, T., Oiso, S., Nishida, K., Miura, T., Ishihara, Y., Watanabe, K. and Yamada, K. The 6th International Symposium on ‘Global Renaissance by Green Energy Revolution’ The 21st Century COE Program., Nagaoka, Japan, 2006.
Analyses for molecular interaction of Caspr2 (contactin associated protein 2 ) and carboxypeptidase E in central nervous system Oiso, S., Futagawa, T., Nishida, K., Ishihara, Y., Takeda, Y., and Yamada, K. 第49回日本神経化学会年会、横浜、2006.

著書・総説等

カッツング薬理学(原著9版)、有馬 純子、柴山 良彦、大磯 茂、松元 一明、山田 勝士(分担執筆)、p35-49、p50-62、p506-527、p528-542、丸善株式会社、2005.
薬効別 薬の特性把握のポイント 抗真菌薬 松元 一明、大磯 茂、山田 勝士
月刊薬事、vol.49、No.9、2007.
カテーテル敗血症に対する抗菌薬の選び方・使い方 松元 一明、大磯 茂、山田 勝士 薬局、vol.58、No.6、2007.
糖尿病を合併する高血圧症患者への指導 山口 辰哉、大磯 茂、野田 陽子、山田 勝士 薬局、vol.52、No.10、2381-2389、2001.
セレン欠乏は腫瘍形成に関与する遺伝子転写を変化させる 大磯 茂 ファルマシア、トピックス、890-891、2002.

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading