menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

宮良 俊行(みやら としゆき)准教授

宮良 俊行

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

生涯スポーツ社会の実現へ向けた研究と教育

研究テーマ

地域スポーツ(総合型地域スポーツクラブ)、スポーツと観光の関連性について

担当科目

スポーツ社会学、スポーツ実習B、スポーツマネジメント、地域スポーツ、スポーツ医学、ジョギング・ウォーキング、球技A、国内観光研修、専門演習ⅠA~ⅢB、卒業研究、保健体育科教育法Ⅱ、事前・事後指導、中・高教育実習、教職実践演習(中・高)

所属学会

バレーボール学会、日本体育・スポーツ経営学会、日本スポーツ産業学会

研究室

研究棟307号室

連絡先

E-mail

miyara

URL

プロフィール

1993年 筑波大学体育専門学群卒業
1995年 筑波大学修士課程体育研究科修了
2009年 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科

社会活動

各種委員・役員等

長崎県生涯スポーツ振興計画ワーキンググループ委員

社会貢献・地域連携

平成13~20年度 スポーツクラブきくよう スタッフ
平成16~20年度 菊陽町体育指導委員
平成16年度 第1回西日本地区スポーツクラブサミット 実行委員会アドバイザー
平成16~17年度 火の国総合型地域スポーツクラブ連絡協議会
委員平成17年度 (財)日本体育協会 総合型地域スポーツクラブ育成委員会 地方企画班(九州ブロック)班員

教育活動

講演会

「高校生柔道部員の体力について -握力の結果と競技能力の関係-」、平成12年12月、第13回九州・山口スポーツ医・科学研究会
「クラブなんでも相談室」、平成16年6月、熊本県教育委員会、平成16年度総合型地域スポーツクラブコーディネーター養成講習会 ワークショップ
「総合型地域スポーツクラブ創設に向けた地域への啓発活動について」、文部科学省、平成17年2月、生涯スポーツコンベンション第2分科会「みんなで創ろう総合型地域スポーツクラブ」

研究実績

原著論文

「温・冷刺激に先行する末梢血管反応と脳波変動」、平成7年3月、筑波大学体育研究科(修士論文)
「特集 高齢者の運動療法 ~在宅・施設での運動療法~」、平成12年4月、『JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION』Vol.9 No.4
「総合型地域スポーツクラブ創設に向けた地域への啓発活動について」、平成17年3月、『生涯スポーツコンベンション2005報告書』
「スポーツを通じた大学の地域貢献について」、平成22年3月、長崎国際大学論叢 第10巻 p.119-124
「スポーツツーリズムコースの可能性 -「総合型地域スポーツクラブ」の活用を提言する-」、平成22年3月、観光学論集 第5巻 p.29-33

著書

『観光の地平』「第20章 地域スポーツ」p.182-186、共著、平成23年1月 

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading