menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

林 俊介(はやし しゅんすけ)准教授

林 俊介

所属

健康管理学部 健康栄養学科

専門分野

臨床栄養学
栄養教育

研究テーマ

腎臓病患者に対する栄養管理、食事療法、栄養教育、生活の質(QOL)に関する研究

担当科目

教養セミナーA・B、在宅医療概論、栄養教育論Ⅲ、臨床栄養管理学Ⅱ・Ⅲ、臨床栄養管理実習、治療食実習、総合演習Ⅱ、栄養学専門演習、管理栄養士演習、専門研究指導

所属学会

日本生化学会、日本病態栄養学会、日本栄養士会、日本透析医学会

研究室

5号館H24号室

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹

E-mail

URL

プロフィール

1998年 中村学園大学家政学部食物栄養学科食物栄養学専攻卒業
2000年 中村学園大学大学院栄養科学研究科修士課程修了
2004年 久留米大学大学院医学研究科博士課程 博士(医学)取得
2004-2005年 久留米大学医学部博士研究員
2005年 病院栄養士として勤務
2009年 長崎国際大学健康管理学部健康栄養学科講師

免許
1998年 管理栄養士免許
2000年 中学校・高等学校教諭専修免許 (家庭) 

社会活動

各種委員・役員等

・長崎薬学・看護学連合コンソーシアム推進委員
・就業力育成支援事業推進委員

社会貢献・地域連携

<農業体験学習>
佐世保市青年農業者連絡協議会、佐世保市農水商工課、県北振興局、長崎農政事務所などと共に本学健康栄養学科の学生を対象とした農業体験学習を実施。

教育活動

客員・兼任・非常勤講師等

九州文化学園歯科衛生士学院 非常勤講師

研究実績

著書

S. Hayashi, Hara T Molecular Steroidogenesis. Distributionof rat cytochrmes P-45011β and P-450aldo in various organs. Universal Academy Press, Inc. and Yamada Science Foundation, P107-108, 2000

原著論文

・Higashimoto Y, Sakamoto H, Hayashi S, Sugishima M, Fukuyama K, Palmer G, Noguchi M.
Involvement of NADPH in the interaction between heme oxygenase-1 and cytochrome P450 reductase.
J Biol Chem. 2005 280(1), 729-737.
・Shunsuke Hayashi, Yoshiaki Omata, Hiroshi Sakamoto, Yuichiro Higashimoto, Takayuki Hara, Yasuhiro Sagara, Masato Noguchi
Characterization of rat heme oxygenase-3 gene. Implication of processed pseudogenes derived from heme oxygenase-2 gene
Gene. 2004, 336(2), 241-250.
・Yoshiaki Omata, Hiroshi Sakamoto, Yuichiro Higashimoto, Shunsuke Hayashi, Masato Noguchi
Purification and characterization of human uroporhyrinogen III synthase expressed in Escherichia coli
J. Biochem. 2004, 136, 211-220.
・Sakamoto H, Omata Y, Hayashi S, Harada S, Palmer G, Noguchi M.
Hydroxylamine and hydrazine bind directly to the heme iron of the heme-heme oxygenase-1 complex
J Inorg Biochem. 2004, 98(7), 1223-1228.
・Hayashi S, Omata Y, Sakamoto H, Hara T, Noguchi M.
Purification and characterization of a soluble form of rat liver NADPH-cytochrome P-450
reductase highly expressed in Escherichia coli.
Protein Expr Purif. 2003, 29(1): 1-7.
・Sakamoto H, Omata Y, Hayashi S, Harada S, Palmer G, Noguchi M.
The reactivity of alpha-hydroxyhaem and verdohaem bound to haem oxygenase-1 to dioxygen and sodium dithionite.
Eur J Biochem. 2002, 269(21): 5231-9.
・Sugishima M, Sakamoto H, Higashimoto Y, Omata Y, Hayashi S, Noguchi M, Fukuyama K.
Crystal structure of rat heme oxygenase-1 in complex with heme bound to azide. Implication for regiospecific hydroxylation of heme at the alpha-meso carbon.
J Biol Chem. 2002, 277(47): 45086-90. Epub 2002 Sep 15.
・Sugishima M, Sakamoto H, Kakuta Y, Omata Y, Hayashi S, Noguchi M, Fukuyama K.
Crystal structure of rat apo-heme oxygenase-1 (HO-1): mechanism of heme binding in HO-1 inferred from structural comparison of the apo and heme complex forms.
Biochemistry. 2002, 41(23): 7293-300.
<和文>
野口正人、鶴岡富士雄、小俣義明、高橋研一、坂本寛、佐谷学、林俊介: 量子論の基礎(3) ESR・NMRを理解するために. 久留米医会誌、 64 : 241-247, 2001

学会発表

・林俊介、原孝之 ラットチトクロームP-45011βの大腸菌における大量発現 第71回 日本生化学会大会(名古屋)1998
・林俊介、原孝之 ラットチトクロームP-45011β、P-450aldoの臓器内分布について 第72回 日本生化学会大会(横浜)1999
・林俊介,小俣義明,坂本寛,野口正人 ラット可溶性NADPHシトクロームP-450還元酵素の高発現系の確立 第75回 日本生化学会大会(京都)2002
・林俊介,小俣義明,坂本寛,東元祐一郎,原孝之,相良康弘,野口正人 ラットヘムオキシゲナーゼ-3遺伝子の解析 第77回 日本生化学会大会(横浜)2004
・林俊介 「当院における給食管理と栄養指導について(腎臓病・人工透析の食事療法を中心に)」佐賀県病院栄養士協議会研修会 2006
・林俊介 「本院における維持透析患者への給食と栄養指導の取り組みにについて 味覚障害を合併した患者を経験して」佐賀県栄養改善学会 2007
・林俊介、渕野千春、小野富子、副島江美子、吉田和子、木下徳雄、小嶺信一郎 「維持血液透析患者における便秘に対する当院の取り組み」 -栄養指導(ベットサイド、調理実習)及び水溶性食物繊維摂取を行って-」 第66回 佐賀県人工透析懇話会 2009

[国際学会]
S. Hayashi and T. Hara  Distridustion of rat cytochromes P-45011β and P-450aldo in various organs.  The 52ed Yamada Conference International Symposium on Molecular Steroidogenesis
(Nara)1999

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading