menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

柳 智盛(りゅう ちそん)講師

柳 智盛

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

心理学、臨床心理学、障がい児者臨床

研究テーマ

・脳性まひ児の動作法指導場面における援助者の認知的プロセスに関する研究
・発達障害児のためのグループセラピーに関する研究
・障害児・者への援助場面における援助者の役割に関する研究

担当科目

心理学、児童心理学、発達心理学、臨床心理学、教育相談、教育心理学、障害の理解Ⅰ・Ⅱ、加齢と障害に関する理解、介護基礎学ⅠA・B、教育実践演習(中・高、栄養教諭)、事前・事後指導、中学校教育実習、高等学校教育実習、教養セミナーA・B、卒業研究

所属学会

日本リハビリテイション心理学会、西日本心理劇学会、日本特殊教育学会、日本心理学会

研究室

研究棟103号室

連絡先

TEL:0956-20-5502(研究室)

E-mail

rujeesoung

URL

プロフィール

韓国仁濟大学校自然科学大学社会体育学科 卒業
愛知教育大学大学院教育学研究科障害児教育専攻修士課程 修了
九州大学大学院人間環境学府人間共生システム心理臨床学コース博士後期課程 単位修得後満期退学
2008年 九州大学大学院人間環境学府付属総合臨床心理センター子ども発達相談部門主任
2008年 立命館アジア太平洋大学 非常勤カウンセラー
2012年 九州大学大学院人間環境学府 学術協力研究員
2012年 長崎国際大学 非常勤カウンセラー
2013年 長崎国際大学人間社会学部社会福祉学科 講師

研究紹介

障害児・者への臨床心理学的援助における援助者のセルフモニタリング

脳性まひや発達障害児・者への臨床心理学的アプローチとしての臨床動作法援助場面において援助者の認知的プロセスとしてセルフモニタリングを修正・展開していくことによって、より効果的で適切な援助に繋がることである。

 

発達障害を伴う子どものためのグループセラピーとプログラムの改善

アスペルガー障害・高機能自閉症・ADHDなどの発達障害児のグループにおいて、集団プレイセラピーや心理劇を用いて、同年代他児への接近と自己主張の調整を促し、対人関係の経験を増やしていくことで、失敗体験の積極的回避・対人志向性の質的変化を促していくことである。そのため、グループセラピーのプログラムには①自身の感情をコントロールすることで周囲の状況や他児の気持ちに注目し、②その中で対人的な意識を引き出すことや、③お互いの気持ちや意見、行為を協調させながら一つの活動に協力して取り組むことを通して、④同年代集団における一体感、達成感、被受容体験といった肯定的な体験を促すことを目的としたプログラムの改善を試みた。

社会活動

社会貢献・地域連携

1.社会福祉法人夜須高原福祉村「やすらぎ荘」主催の障害児・者への動作法による療育訓練活動の実践・指導を行い、近隣他県への出向き動作法を指導した。
2.宮崎県肢体不自由児者父母の会連合開主催の療育訓練及び講演会における講師を務めた。
3.山口県下松市の事業としてディーケアーでの心理リハビリテイションプログラムにおける講師を務めた。
4.東日本大震災被災者に対し、日常を取り戻しこころの回復をするためのお手伝いとして「ほっとひろば九大」のスタッフとして参加した。

研究実績

原著論文

・「動作法指導場面における援助者の認知的プロセスに関する研究」 治療教育研究 第23巻(2003)
・「対人相互交渉に消極的な小学校高学年軽度発達障害児へのグループセラピー-同年代他児への接近と自己主張の調整を促す援助プログラムの検討-」 九州大学総合臨床心理研究 第1巻(2010)
・「アスペルガー障害を伴う小学校高学年児童のための集団心理療法プログラム」 九州大学総合臨床心理研究 第2巻(特別号)(2011)
・「アスペルガー症候群の男児に対するグループセラピー場面におけるセラピストの補助自我的役割」 心理劇研究 第36巻(2013)

学会発表

・「臨床動作法における援助者のセルフモニタリングの変化」 第20回日本リハビリテイション心理学会・心理リハビリテイションの会(2005)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading