menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

藤田 英明(ふじた ひであき)教授

藤田 英明

所属

薬学部 薬学科

専門分野

機能形態学・細胞生物学

研究テーマ

1)細胞内オルガネラへのタンパク質選別輸送に関する研究
2)メラノソーム機能阻害に関する研究(美白の科学)
3)膜結合型ユビキチンリガーゼの機能に関する研究
4)微量金属輸送体機能発現制御に関する研究

担当科目

機能形態学I・II、物理・数学演習、総合基礎学習Ⅰ、総合演習Ⅰ・Ⅱ・ⅢA・ⅢB、機能形態学実習、卒業研究

所属学会

日本生化学会、日本薬学会、日本色素細胞学会、アメリカ細胞生物学会

研究室

薬学棟P105号室(機能形態学研究室)

連絡先

TEL:0956-20-5638(研究室) 内線:3719

E-mail

fujita

URL

プロフィール

1988年 九州大学薬学部卒業
1993年 九州大学大学院博士過程終了(薬学博士)
1993年 米国Johns Hopkins大学医学部博士研究員(日本学術振興会海外特別研究員)
1993年 九州大学薬学部生理化学教室(現大学院薬学研究院細胞生物薬学分野)助手(2003年より助教)
2013年 長崎国際大学薬学部準教授
2013年9月 長崎国際大学薬学部教授(現職)

研究活動

学会・研究会における座長等

・第27回日本色素細胞学会大会 一般口演座長(2016年)
・日本薬学会第132年会 一般口演座長(2012年)
・第26回日本薬学会九州支部大会 一般口演座長(2009年)

科研費・競争的資金

科学研究費補助金等
・基盤研究(C)(代表)「銅輸送体細胞内発現・局在制御によるメラニン合成調節機構の解明」(2014-2016年)
・基盤研究(C)(代表)「逆位相の膜陥入を伴う生命現象のユビキチン化による分子制御機構解明」(2009-2011年)
・基盤研究(C)(代表)「ユビキチン・リソソームシステムによる細胞膜蛋白質の機能発現制御の解明」(2006-2007年)
・特定領域「膜輸送複合体」(代表)「ユビキチンシグナルによるトランスポーターの細胞内輸送制御機構の解明」(2006-2007年)
・基盤研究(C)(代表)「AAA-ATPase SKD1によるユビキチンシグナル依存性膜蛋白質選別輸送機構の解明」(2004-2005年)
・若手研究(B)(代表)「新規protein conjugationシステムと共役した小胞輸送機構の解明」(2002-2003年)

競争的資金
・東京生化学研究会 国際共同研究助成「抗HIV宿主因子発現誘導およびHIVアクセサリータンパク質の機能阻害を指標とした新規抗ウイルス薬シーズの探索」(2016年)
・日本色素細胞学会 研究補助金「メラニン合成酵素チロシナーゼを分解へと導く新規美白剤の作用機構解明」(2014年)
・財団法人武田科学振興財団 薬学系研究奨励金 「微量金属輸送体のユビキチン化による細胞内輸送および機能発現制御機構の解明」(2009年)
・加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 「後期エンドソーム/多胞体様構造(MVB)における膜タンパク質選別輸送機構の解明」(2004年)
・財団法人花王芸術・科学財団 科学技術研究助成「メラノソーム形成機構の解明」(2000年)

共同(受託)研究
・ポーラ化成工業株式会社「チロシナーゼタンパク分解促進機構の解明研究」(2013-2016年)

社会活動

社会貢献・地域連携

社会貢献・地域連携
修猷館高校 自己開発講座「出前授業」(2013-2016年)
長崎県教員免許状更新講習会「生物係」担当(2014-2015年)
夏休み薬学研究体験(2013-2016年)

各種委員
長崎薬学コンソーシアム委員

教育活動

客員・兼任・非常勤講師等

東和大学工学部 非常勤講師(2001〜2003年)

研究実績

著書

伊藤萌子、稲葉二朗、江川祥子、岡美佳子、籠田智美、川井範夫、木澤靖夫、黒岩美枝、小崎康子、佐々木啓子、篠塚和正、清水典史、高橋知子、竹鼻眞、馬場広子、藤田英明、益子崇、松岡耕二、森山賢治、山口宣秀 「新しい機能形態学-ヒトの成り立ちとその働き」 第3版/共著/2015年8月/廣川書店/p89-99

藤本 景子,藤田 英明, 田中 嘉孝 プログレッシブ生命科学オルガネラと疾患-リソソーム-/共著/2014年9月/南山堂/p63-66

藤田 英明, 藤本 景子, 田中 嘉孝プログレッシブ生命科学オルガネラと疾患-エンドソーム-/共著/2014年9月/南山堂/p66-69

江藤幸聖、藤田英明、田中嘉孝「GGAタンパクファミリー」生体の科学 55(5):422-423 (2004)

田中嘉孝、藤田英明、姫野勝「リソソーム蓄積症」蛋白質・核酸・酵素 49(7), 1143-4. (2004)

藤田英明、田中嘉孝、姫野勝、「リソソーム形成の分子機構」 福岡医学雑誌、94(9):259-266 (2003)

斉藤寿仁、内村康寛、藤田英明「ユビキチンファミリーSUMOとタンパク質輸送」実験医学21(14):1863-1868 (2003)

姫野勝、藤田英明、田中嘉孝、「エンドソーム・リソソームの形成と維持の分子機構」生化学 75(6):486-491 (2003).

田中嘉孝、藤田英明、「リソソーム膜蛋白質の機能」蛋白質・核酸・酵素 46(15), 2133-9. (2001)

原著論文

Fujii Y, Fujiwara T, Koide Y, Hasan I, Sugawara S, Rajia S, Kawsar SM, Yamamoto D, Araki D, Kanaly RA, Ogawa Y, Fujita H, Ozeki Y. “Internalization of a novel, huge lectin from Ibacus novemdentatus (slipper lobster) induces apoptosis of mammalian cancer cells.” Glycoconj J (2016)

Fujii Y, Onohara Y, Fujita H, and Yokota S, “Argonaute2 protein in rat spermatogenic cells is localized to nuage structures and LAMP2-positive vesicles surrounding chromatoid bodies.” Journal of Histochemistry & Cytochemistry (2016) 64(4), 268-279

Tada T, Zhang Y, Koyama T; Tobiume M, Tsunetsugu-Yokota Y, Yamaoka S, Fujita H and Tokunaga K “Membrane-associated RING-CH (MARCH) 8 inhibits HIV-1 infection by reducing virion incorporation of envelope glycoproteins” Nature Medicine (2015) 21, 1502-1507

Fujita H, Menezes JC, Santos SM, Yokota S, Kamat SP, Cavaleiro JA, Motokawa T, Kato T, Mochizuki M, Fujiwara T, Fujii Y and Tanaka Y “Inulavosin and its benzo-derivatives, melanogenesis inhibitors, target the copper loading mechanism to the active site of tyrosinase” Pigment Cell Melanoma Res. (2014) 27, 376-386.

Kanda R, Kawahara A, Watari K, Murakami Y, Sonoda K, Maeda M, Fujita H, Kage M, Uramoto H, Costa C, Kuwano M, and Ono M “Erlotinib resistance in lung cancer cells mediated by integrinβ1/Src/Akt-driven bypass signaling” Cancer Res. (2013) 73, 6243-6253 

Fujita H, Iwabu Y, Tokunaga K and Tanaka Y “Membrane-associated RING-CH (MARCH) 8 mediates the ubiquitination and lysosomal degradation of the transferrin receptor” J.Cell Sci. (2013) 126, 2798-2809

Tachiyama R, Ishikawa D, Matsumoto M, Nakayama KI, Yoshimori T, Yokota S, Himeno M, Tanaka Y and Fujita H “Proteome of ubiquitin/MVB-Pathway: Possible involvement of Iron-induced ubiquitylation of transferrin receptor in lysosomal degradation” Genes to Cells(2011)16, 448-466

Ohzono C, Etoh S, Matsumoto M, Nakayama KI,Hirota Y, Tanaka Y and Fujita H “Nedd4-interactin protein 2 (NDFIP2), a short half-life lysosomal membrane protein, negatively controls down-regulation of connexin43” Biol. Pharm. Bull. (2010) 33, 951-957

Iwabu Y, Fujita H, Kinomoto M, Kaneko K, Ishizaka Y, Tanaka Y, Sata T, and Tokunaga K “HIV-1 accessory protein Vpu internalizes cell-surface BST-2/tetherin through transmembrane interactions leading to lysosomes” J. Biol. Chem. (2009), 284, 35060-35072

Fujita H, Motokawa T, Katagiri T, Yokota S, Yamamoto A, Himeno M and Tanaka Y “Inulavosin, a melanogenesis inhibitor, leads a mistargeting of tyrosinase to lysosome and accelerates its degradation” J. Investig. Dermatol. (2009) 129, 1489-99.

学会発表

高橋紫蓉、濱美月、藤井佑樹、José C.J.M.D.S. Menezes、高橋宏隆、竹田浩之、澤崎 達也、本川智紀、徳永研三、藤田英明「膜結合型ユビキチンリガーゼRNF152は後期エンドソームにおいてチロシナーゼと相互作用・共局在する」2016年11月 第27回 日本色素細胞学会 岐阜

藤田英明、José C.J.M.D.S. Menezes、横田貞記、本川智紀、藤井佑樹、藤原敏幸「美白剤イヌラボシンが標的とするチロシナーゼ特異的銅シャペロンの同定」2015年11月 第26回 日本色素細胞学会 札幌

Fujita H., Menezes JCJMDS, Santos SM, Yokota S, Kamat SP, Cavaleiro JAS, Motokawa T, Kato T,Mochizuki M, Fujii Y and Fujiwara T “Inulavosin and its benzo-derivatives affect on copper-loading mechanism to tyrosinase, a key enzyme of melanin synthesis in melanocytes” 2014年9月 第22回国際色素細胞学会 シンガポール

藤田英明、岩部幸枝、佐多徹太郎、徳永研三、田中嘉孝「膜結合型ユビキチンリガーゼMARCH8によるトランスフェリン受容体ダウンレギュレーションの分子機構」日本薬学会第132年会・シンポジウム「メタロミクス研究の新展開−金属元素の1細胞分析から疾患との関連まで−」2012年3月 札幌

藤田英明、立山諒、石川大輔、松本雅記、中山敬一 、横田貞記、吉森保、姫野勝、田中嘉孝「ユビキチン化による金属輸送体の細胞内輸送制御」日本薬学会第131年会・特別シンポジウムE「トキシコメタロミクスの新機軸 —元素分析・イメージングと金属輸送・創薬のイノベーション—」2011年3月 静岡

Fujita H, Iwabu Y, Tokunaga K, Sata T, Fujimoto K, Tachiyama R, Ishikawa D, Matsumoto M, Nakayama KI, and Tanaka Y “Targeting of recycling endosomes to the cleavage furrow requires ubiquitylation of membrane proteins.” AMERICAN SOCIETY FOR BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY Special Symposium “BIOCHEMISTRY AND CELL BIOLOGY OF ESCRTS IN HEALTH AND DISEASE” (October, 2010), Snowbird Ski and Summer Resort, Utah, USA

藤田英明、松本雅記 、中山敬一 、田中嘉孝「ユビキチン化によりエンドサイトーシス・リソソーム輸送される細胞膜蛋白質の同定・解析」日本ヒトプロテオーム機構第5回大会シンポジウム2007年7月 東京

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading