menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

射場 仁美(いば ひとみ)助手

射場 仁美

所属

健康管理学部 健康栄養学科

専門分野

研究テーマ

担当科目

実習補助(基礎栄養学実習、解剖生理学実習)

所属学会

日本栄養改善学会

研究室

栄養合同研究室

連絡先

TEL:0956-20-5574

E-mail

iba

URL

プロフィール

2010年 徳島大学 医学部 栄養学科 卒業
2012年 徳島大学 栄養生命科学教育部 博士前期課程 修了
2014年 長崎国際大学 健康栄養学科 助手

研究実績

原著論文

1.Shimohata T, Mawatari K, Iba H, Hamano M, Negoro S, Asada S, Aihara M, Hirata A, Su Z, Takahashi A.VopB1 and VopD1 are essential for translocation of type III secretion system 1 effectors of Vibrio parahaemolyticus. Can J Microbiol. 2012 Aug;58(8):1002-7.
2.Le TT, Mawatari K, Maetani M, Yamamoto T, Hayashida S, Iba H, Aihara M, Hirata A, Shimohata T, Uebanso T, Takahashi A. VP2118 has major roles in Vibrio parahaemolyticus response to oxidative stress. Biochim Biophys Acta. 2012 Oct;1820(10):1686-92.
3.Shimohata T, Nakano M, Lian X, Shigeyama T, Iba H, Hamamoto A, Yoshida M, Harada N, Yamamoto H, Yamato M, Mawatari K, Tamaki T, Nakaya Y, Takahashi A. Vibrio parahaemolyticus infection induces modulation of IL-8 secretion through dual pathway via VP1680 in Caco-2 cells. J Infect Dis. 2011 Feb 15;203(4):537-44.

学会発表

1.Iba Hitomi、Takaaki Shimohata、Masayuki Yamato、Kazuaki Mawatari and Akira Takahashi. . 「The effect of VP1671(vscQ) on virulence of Vibrio parahaemolyticus.」 4th FEMS Microbiology Congress(Geneva, Switzerland, 2011)
2.射場仁美、下畑隆明、馬渡一諭、大和正幸、大西隆仁、高橋章「腸管ループを用いた腸炎ビブリオ誘発下痢機構の検討」第64回日本栄養・食糧学会大会(徳島、2010)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading