menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

相田 美和(そうだ みわ)講師

相田 美和

所属

薬学部 薬学科

専門分野

毒性学、自己免疫疾患

研究テーマ

・環境中の化学物質が生体に及ぼす影響
・自己免疫疾患自己抗原タンパクの機能解析
・シェーグレン症候群発症に関わる因子

担当科目

裁判化学、毒性学、衛生薬学実習

所属学会

日本分子生物学会、日本生化学会、アメリカ細胞生物学会

研究室

薬学棟P409(環境毒性学)

連絡先

0956-20-3789(研究室)

E-mail

sohda

URL

プロフィール

1987年 九州大学薬学部薬学科卒業
1988年 福岡大学医学部医学科教育技術職員
1993年 福岡大学医学部医学科助手 1998年学位取得(医学)
2007年 新潟大学歯学部歯学科助教
2016年 現職

研究紹介

環境中の化学物質

目には見えませんが、空気中には多種多様な化学物質が存在しており、私たちはその中で生活しています。環境中の微量な化学物質が引き起こす生体への影響を分子細胞生物学的手法で調べています。

自己免疫疾患

細菌やウイルスなどから守ってくれる免疫システムでは、守るべき自己と攻撃対象である非自己とは厳密に識別されています。自己免疫疾患は、何らかのきっかけで自己が攻撃対象として認識されてしまう疾患です。自己免疫疾患の中でも、ドライマウスやドライアイを主症状とするシェーグレン症候群に注目して、その発症や症状増悪の原因を探ることで、将来的に治療薬の開発に役立つことを期待して研究を進めています。

研究活動

科研費・競争的資金

基盤研究(C)代表「シェーグレン症候群の酸化ストレス制御による口腔乾燥症状緩和に向けて」平成22-24年度
基盤研究(C)代表「小胞体-ゴルジ体間小胞輸送における輸送小胞の運搬機構」平成17-18年度
基盤研究(C)代表「ゴルジ体における輸送小胞繋留機構の解析」平成15-16年度
奨励研究(A)代表「小胞輸送因子p115をリン酸化する酵素の解析」平成11-12年度
奨励研究(A)代表「ゴルジ装置局在蛋白質CGP360の性質、機能に関する研究」平成6年度
基盤研究(C) 「シェーグレン症候群におけるTLR3活性化とその制御」

教育活動

客員・兼任・非常勤講師等

日本歯科大学新潟生命歯学部 (2014-)

研究実績

原著論文

Komaru K, Satou Y, Al-Shawafi HA, Numa-Kinjoh N, Sohda M, Oda K.  Glycosylation-deficient mutations in tissue-nonspecific alkaline phosphatase impair its structure and function and are linked to infantile hypophosphatasia. FEBS J. 283, 1168–79. (2016)
Kawasaki M, Suzuki A, Sakai Y, Sohda M, Igarashi A, Watanabe T. Analysis of Oral Moisturizing Effects of Trehalose Tablets. Niigata Dent. J. 45, 13–19. (2015)
Sohda M, Misumi Y, Oda K. NFα triggers release of extracellular vesicles containing TNFR1 and TRADD, which can modulate TNFα responses of the parental cells. Arch Biochem Biophys. 587, 31-7. (2015)
Numa-Kinjoh N, Komaru K, Ishida Y, Sohda M, Oda K. Molecular phenotype of tissue-nonspecific alkaline phosphatase with a proline (108) to leucine substitution associated with dominant odontohypophosphatasia. Mol Genet Metab. 115, 180-5. (2015) 
Ishida R, Yamamoto A, Nakayama K, Sohda M, Misumi Y, Yasunaga T, Nakamura N. GM130 is a parallel tetramer with a flexible rod-like structure and N-terminally open (Y-shaped) and closed (I-shaped) conformations. FEBS J. 282, 2232-44. (2015)
Sohda M, Misumi Y, Ogata S, Sakisaka S, Hirose S, Ikehara Y, Oda K.  Trans-Golgi protein p230/golgin-245 is involved in phagophore formation.  Biochem Biophys Res Commun. 456, 275-81. (2015)
Ishii A, Kanaumi T, Sohda M, Misumi Y, Zhang B, Kakinuma N, Haga Y, Watanabe K, Takeda S, Okada M, Ueno S, Kaneko S, Takashima S, Hirose S. Association of nonsense mutation in GABRG2 with abnormal trafficking of GABAA receptors in severe epilepsy. Epilepsy Res. 108, 420-32. (2014)
Sohda M, Misumi Y, Tashiro K, Yamazaki M, Saku T, Oda K. Identification of a soluble isoform of human IL-17RA generated by alternative splicing. Cytokine 64, 642-5. (2013)
Arasaki K, Takagi D, Furuno A, Sohda M, Misumi Y, Wakana Y, Inoue H, Tagaya M. A new role for RINT-1 in SNARE complex assembly at the trans-Golgi network in coordination with the COG complex. Mol Biol Cell. 24, 2907-17. (2013)
Sultana S, Al-Shawafi HA, Makita S, Sohda M, Amizuka N, Takagi R, Oda K. An asparagine at position 417 of tissue-nonspecific alkaline phosphatase is essential for its structure and function as revealed by analysis of the N417S mutation associated with severe hypophosphatasia. Mol Genet Metab. 109, 282-8. (2013)

学会発表

相田美和, 三角佳生, 織田公光「TNFα刺激で惹起されるTNFR1およびTRADDの細胞外小胞としての放出はTNFα応答を負に制御する」 BMB2015 (第38回日本分子生物学会・第88回日本生化学会)神戸 (2015)
相田美和, 織田公光 「エキソソームによるRo/SS-AおよびLa/SS-Bの細胞外分泌」第57回歯科基礎医学会学術大会 新潟 (2015)
相田美和, 三角佳生, 織田公光「トランスゴルジ局在タンパクp230/golgin-245はphagophore形成に関与する」日本生化学会・関東支部例会 新潟 (2015)
相田 美和, 三角 佳生, 田代 康介, 山崎 学, 朔 敬, 織田 公光 「ヒトIL-17RA 可溶型スプライシングバリアントの同定」 第37回日本分子生物学会 横浜 (2014)
Sohda M, Nakamura N, Misumi Y "Golgins and the COG complex" 第84回日本生化学会 京都 (2011)
Sohda M, Misumi Y, Yamamoto A, Nakamura N, Oda K. "Interaction of Golgin-84 with the conserved oligomeric Golgi (COG) complex mediates the intra-Golgi retrograde transport." BMB2010 (第33回日本分子生物学会・第83回日本生化学会) 神戸 (2010)
Sohda M, Misumi Y, Nakamura N. Ikehara Y. "The interaction of two tethering factors, p115 and COG complex, is required for Golgi integrity. The international Congress of Biochemistry and Molecuar Biology" 京都 (2006)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading