menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

臼井 千尋(うすい ちひろ)助手

臼井 千尋

所属

薬学部 薬学科

専門分野

環境衛生、微生物学

研究テーマ

天然物由来成分の抗菌活性の検索

担当科目

基本科学実習、衛生薬学実習

所属学会

日本防菌防黴学会
室内環境学会
日本分析学会

研究室

薬学棟L305(環境毒性学)

連絡先

TEL:0956-20-5747

E-mail

usui

URL

プロフィール

2014年 長崎国際大学 薬学部薬学科 卒業
2014~2016年 調剤薬局 勤務
2016年 長崎国際大学 助手

研究紹介

天然物由来成分の抗菌活性の検索

世の中に存在する無数の天然物には、無限の可能性の宝庫です。
現在、私は天然物の中でも、長崎県の土壌から発見された細菌(TM-N5株,TM-I-3株)についての抗菌活性を佐藤准教授と小川教授の指導の下で研究しています。それぞれ面白い特徴がありますが、共通するのは芽胞形成時に揮発性物質を発生させ、それによる非接触性の微生物活性や消臭能力を持っているということです。このメカニズムを解明すると共に、この細菌の特性を生かし、抗菌・抗カビ作用による呼吸器疾患の予防や、抗菌・消臭作用を利用して衛生的な生活をするための商品化に繋げていこうと考えています。

研究活動

受賞

・2017 China-Japan-Korea Symposium On Analytical Chemistry Symposium Award

その他

・Sato, H., Adachi, M., Baba, K.,Usui, C., Sekine, Y.,Noguchi, M., & Arashidani, K.(2016).Development of The measuring Method of odor Compouds in Environmental Tabaco Smoke(ETS) and its Application to Environment. China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry(pp. 16)

・碇 正男、佐藤 博、臼井 千尋、特開 2017-70278、冷温下でも抗菌能力および消臭能力を持つ微生物、ならびにそれを用いた抗菌剤、消臭剤、抗菌方法、消臭方法

・碇 正男、佐藤 博、臼井 千尋、特願 2016-131236、芽胞状態の微生物から発生する成分を用いた抗菌剤、抗菌方法

・碇 正男、佐藤 博、臼井 千尋、特願 2016-131237、洗濯槽洗浄剤

研究実績

論文

・Nakahara, H., Yamada, T., Usui, C., Yokomizo, S., & Shibata, O. (2015). Langmuir Monolayer Properties of Fluorinated Fatty Alcohols and Dipalmitoylphosphatidylcholine (DPPC). In Recent Progress in Colloid and Surface Chemistry with Biological Applications (pp. 1-24). American Chemical Society.

口頭発表

・臼井 千尋, 坂元 政一, 中原 広道, 柴田 攻、脂質ラフト構成分子とステアリルグリチルレチン酸のLangmuir単分子膜法による混和挙動解析、日本薬学会第133年会、2013・3

・臼井 千尋、大浦 皓紀、松本 未来、浦川 真二、相田 美和、中島 幸彦、満生 慎二、永石 雅基、佐藤 博、通常状態および苛酷条件下のTM-I-3株が揮散する抗カビ物質の検討、第33回日本薬学会 九州支部大会講演要旨集(pp.89)、2016・12

・臼井 千尋、大浦 皓紀、松本 未来、相田 美和、浦川 真二、小川 由起子、中島 幸彦、満生 慎二、永石 雅基、松原英隆、佐藤 博、TM-I-3株による非接触状態での消臭及びカビ抑制の検討、平成28年度 室内環境学会学術大会 講演要旨集 (pp. 292-293)・2016・12

・臼井 千尋、松本 未来、大浦 皓紀、浦川 真二、中島 幸彦、満生慎二、松原 英隆、山口 辰也、佐藤 博、TM-I-3株による非接触状態での消臭及びカビ抑制の検討、室内環境学会九州支部 第10回研究発表会講演要旨集(pp.11)、2017・1

・Chihiro Usui, Kouki Oura, Miku Matsumoto, Yukiko Ogawa,Miwa Sohda, Yukihiko Nakashima, Kazutoshi Sugita, Miyuki Noguchi, Shinji Urakawa, Hidetaka Matsubara,Masaki Nagaishi, Hiroshi Sato(2017)Identification of the antimicrobial ingredients emitted from strain TM-I-3 and study of the antimicrobial activity of TM-I-3 under spore state. China-Japan-Korea Symposium on Analytical Chemistry(pp. 164-165)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading