menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

市川 和洋(いちかわ かずひろ)准教授

市川 和洋

所属

薬学部 薬学科

専門分野

物理化学、生体医工学、磁気共鳴工学

研究テーマ

生体機能分析手法・機器開発、生体酸素代謝分析と医薬品薬効評価

担当科目

基礎の物理学A・B、教養セミナーA・B、薬品物理化学Ⅰ・Ⅱ、物理化学実習、生物物理化学、界面化学、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本薬学会、日本酸化ストレス学会、International Society of Free Radical Research(SFRR)、電子スピンサイエンス学会、International EPR Society、Asia Pacific EPR Society (APES)、環境科学会

研究室

薬学棟L301号室、P305号室(薬品物理化学)

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹ FAX:0956-20-5686(研究室)

E-mail

ichikawak

URL

-

プロフィール

平成  2年 東京大学教養学部基礎科学第一学科卒業
平成  4年 東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻修士課程 修了
平成  6年 東京大学大学院工学系研究科化学工学専攻博士課程 中退
平成  6年 九州大学薬学部製薬化学科助手
平成 13年 University of Chicago Medical Center, Radiation and Cellular Oncology, visiting researcher
平成 16年 九州大学大学院薬学研究院助教授
平成 22年 九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点 プロジェクト教授
平成 29年 長崎国際大学薬学部准教授


 

研究紹介

生体代謝を視る分析法・機器の開発研究について

生体内では様々な代謝反応が生じ、その不均衡がいわゆる生活習慣病などの形成に関わっていると考えられ、血液や尿検査により代謝物変化を調べることで、臨床検査にも応用されています。物理化学分野の一つである磁気共鳴法による新しい生体代謝分析は、其々の臓器でリアルタイムに代謝変化を計測できることが特徴で、様々な造影剤や代謝反応計測、あるいは分析機器開発により詳細な代謝分析の実現や薬効評価への応用が期待されています。

研究活動

学会・研究会の座長

2014.11.11~2014.11.16, Joint APES, IES & SEST 2014, 座長.
2014.03.25~2014.03.25, SFRRI2014, 座長.
2016.08.21~2016.08.26, 第27回生体系磁気共鳴国際会議, 国内組織委員会委員.
2014.11.11~2014.11.16, Joint APES, IES & SEST 2014, session organizer.
2008.10~2008.10, 電子スピンサイエンス学会2008年会, 事務局長.
2006.03~2006.03, 日本薬学会第126年会シンポジウム オーガナイザー.

科研費・競争的資金

1. 平成27年度~平成29年度科学研究費補助金(基盤研究B)代表
2. 平成25年度~平成29年度科学研究費補助金(基盤研究A)分担
3. 平成25年度~平成29年度CREST分担
4. 平成26年度~平成27年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)代表
5. 平成24年度~平成26年度科学研究費補助金(基盤研究B)代表
6. 平成23年度~平成24年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)代表
7. 平成21年度~平成22年度JST・先端計測技術・分析機器開発事業 代表
8. 平成21年度~平成23年度科学研究費補助金(基盤研究B)代表
9. 平成21年度JST・シーズ発掘試験 代表
10. 平成19年度~平成20年度科学研究費補助金(基盤研究C)代表
11.平成20年度JST・シーズ発掘試験 代表

共同(受託)研究

1. 平成27年度~平成28年度、相手先:ゲルべ・ジャパン株式会社、MRI造影剤に関する研究
2. 平成27年度、相手先:日本レドックス株式会社、OMRI画像化に関する装置、試薬及びアプリケーション.
3. 平成21年度~平成22年度、相手先:大塚製薬株式会社、ムコスタの抗酸化作用の磁気共鳴分子イメージング評価
4. 平成22年度、相手先:日本レドックス株式会社、OMRI画像化に関する装置、試薬及びアプリケーション.
5. 平成21年度、相手先:富士電機株式会社、OMRI装置アプリケーション.

社会活動

各種委員

1. 電子スピンサイエンス学会 運営理事(2010年~2013年)
2. 日本酸化ストレス学会 評議員(2012年〜現在)
3. 環境科学会評議員(2009年~2010年)
4. Journal of Clinical Biochemistry and Nutritionエディタ(2016年~現在)
5. 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 科学委員会・医療機器専門部会委員(平成22~23年度)
6. 科学研究費補助金・物理系薬学第1段審査(書⾯審査)委員(平成24~25年)

教育活動

講演会

放送大学 一般科目(自然系)「基礎化学」(平成22〜23年放送分)で電子スピン共鳴法の原理と生体ラジカル計測について解説、九州大学薬学部 市民講座「創薬と育薬のサイエンス」 講師

研究実績

著書

1. Ichikawa, K, “Bioassay and bio-informatics : for environmental assessment and medicinal sciences”(ed. H. Utsumi, K. Nakamuro) (Chapter 2-5、3-3, 3-4-1、5-4、10)Kogaku-Tosho, Publishers 2011.Tokyo
2. Yasukawa K, Yamada K, Ichikawa K, Utsumi H. In Vivo ESR/Spin Probe Technique. Methods in Redox Signaling (ed. Dipak K. Das) 90-9. Mary Ann Liebert. Inc. 2010.
3. Utsumi H, Sano H, Naruse M, Matsumoto K, Ichikawa K, Oi T: Nitroxyl probes for brain research and their application to brain imaging. Methods Enzymol. 352: 494-506, 2002
4. Utsumi, H, Sano H, Matsumoto K, Ichikawa K and Yamato M: Development of new nitroxyl-probes for in vivo ESR technique and its application to brain imaging, Free Radic Chem Biol Med, OICA International, p312-318, 2000
5. Utsumi, H., Takeshita, K., Ichikawa, K., Sano, H., Masumizu, T., and Miura, Y. In vivo ESR measurement of free radical reactions in living mice. Biodefence mechanisms against environmental stress (ed. T. Ozawa, K. Tatsumi, and T. Hori) pp. 13-22. Heidelberg: Springer-Verlag, 1998.
6. 市川和洋 "画像診断技術" 薬学領域の機器分析, 財津潔編、広川書店, 東京, 2009
7. 市川和洋, 内海英雄 "ESRイメージング~組織のイメージング~"
  実験医学別冊 生命科学のための機器分析実験ハンドブック,西村善文編 羊土社, 東京, p.177-81, 2007
8. 市川和洋, 内海英雄 "in vivo ESR画像化法を用いた生体酸化ストレス・レドックス計測"レドックス−ストレス防御の医学 別冊医学のあゆみ 医歯薬出版, 東京, 2005
9. 市川和洋,酒井康行 "ほ乳動物培養細胞を用いた環境水の評価" バイオアッセイ-水環境のリスク管理-,鈴木基之,内海英雄編 講談社, 東京, pp. 115-122, 1998

原著論文

1. Nishihara T, Kameyama Y, Nonaka H, Takakusagi Y, Hyodo F, Ichikawa K, Sando S.: A Strategy to Design Hyperpolarized ¹³C Magnetic Resonance Probes Using [1-¹³C]α-Amino Acid as a Scaffold Structure. Chem Asian J. (in press)
2. Nonaka H, Hirano M, Imakura Y, Takakusagi Y, Ichikawa K, Sando S.: Design of a 15N Molecular Unit to Achieve Long Retention of Hyperpolarized Spin State. Sci Rep. 7:40104. (2017)
3. S. Yamamoto, T. Watabe, H. Ikeda, Y. Kanai, K. Ichikawa, M. Nakao, K. Kato and J. Hatazawa., Development of a PET/OMRI combined system for simultaneous imaging of positron and free radical probes for small animals. Med. Physics 43, 5676-5684(2016).
4. Y. Takakusagi, K Inoue, T. Naganuma, F. Hyodo, K Ichikawa. Effect of ionic interaction between a hyperpolarized magnetic resonance chemical probe and a gadolinium contrast agent for the hyperpolarized lifetime after dissolution. J. Magn. Reson. 270, 157-160 (2016)
5. T. Nishihara, H.A.I. Yoshihara, H. Nonaka, Y. Takakusagi, F. Hyodo, K. Ichikawa, E. Can, J.A.M. Bastiaansen, Y. Takado, A. Comment, S. Sando. Direct Monitoring of γ-Glutamyl Transpeptidase Activity In Vivo Using A Hyperpolarized ¹³C-labeled Molecular Probe. Angewandte Chemie 55, 1-5 (2016)
6. R. Hata, H. Nonaka, Y. Takakusagi, K. Ichikawa and S. Sando: Design of a Hyperpolarized Molecular Probe for Detection of Aminopeptidase N Activity. Angewandte Chemie.55, 1765-1768 (2016)
7. R. Hata, H. Nonaka, Y. Takakusagi, K. Ichikawa and S. Sando: Design of a hyperpolarized 15N NMR probe that induces a large chemical-shift change upon binding of calcium ion. Chem Comm. 51, 12290-12292 (2015)
8. Niidome T, Gokuden R, Watanabe K, Mori T, Naganuma T, Utsumi H, Ichikawa K, Katayama Y: Nitroxyl Radicals-Modified Dendritic Poly(L-Lysine) that Images Tumor by Overhauser- Enhanced MRI. J Biomater Sci Polym Ed. 25(13):1425-39, (2014)
9. Kumagai K, Akakabe M, Tsuda M, Konishi Y, Tsuda M, Fukushi E, Kawabata J, Abe T, Ichikawa K: Observation of Glycolytic Metabolites in Tumor Cell Lysate by Using Hyperpolarization of Deuterated Glucose. Biol. Pharm. Bull. 37(8):1416-21. (2014)
10. Nonaka H, Hata R, Doura T, Nishihara T, Kumagai K, Akakabe M, Tsuda M, Ichikawa K, Sando S: A platform for designing hyperpolarized magnetic resonance chemical probes. Nat Comm., 4, 2411, (2013)

学会発表

1. Ichikawa K: Development of DNP-MRI scanners at wide frequency range for biomedical application -from skin to large animal-, Molecular Photoscience Research Center International Workshop (MR-THz2016), 8-9th Nov 2016 Kobe, Japan (invited lecture)
2. Ichikawa K: Imaging in vivo oxidative diseases using OMRI. Asia-Pasific EPR/ESR Symposium. 11-15th Oct. 2012 Beijing, China. (invited lecture)
3. Ichikawa K: Development of Overhauser enhanced MRI for imaging in vivo Physiological function. The 10th International Symposium for Future Drug Discovery & Medical care. Hokkaido University 2-3rd Oct. 2012, Sapporo (invited lecture)
4. Ichikawa K: Imaging in vivo oxidative diseases using OMRI. Conference of Zavoisky Award in Electron Paramagnetic Resonance Spectroscopy 25-29th Sept. 2012, Kazan, Russia (invited lecture)
5. K. Ichikawa: Imaging in vivo functional information using OMRI. International Workshop “Advanced ESR Studies for New Frontiers in Biofunctional Spin Science and Technology”(AEBST 2011) 13-14 Nov. 2011, Kobe (invited lecture)
6. K. Ichikawa: High field OMRI scanner for Imaging in vivo functional information. 5th SFRR-Asia / 8th ASMRM /11th J-mit 1st Sept. 2011, Kagoshima. (invited lecture)
7. K. Ichikawa: Development of field-cycling Overhauser enhanced MRI with sample-transport device. 7th Conference on Field Cycling NMR Relaxometry, 3rd Jun 2011, Turin, Italy. (invited lecture)
8. K. Ichikawa, H. Utsumi: Imaging in vivo redox status with magnetic resonance technique. 17th International SPACC Symposium. 2010.10.15. Kagoshima (invited lecture)
9. Ichikawa K: Magnetic resonance approach for in vivo redox imaging. 12th Molecular cardiovascular conference. Sept. 5 2008, Hokkaido (invited lecture)
10. 市川和洋: 磁気共鳴生理機能イメージング法の開発. 熊本大学イメージングセミナー「MRIで見えること、わかること ― 磁気共鳴イメージングの先端技術と応用 ―」2013年5月13日. 熊本大学百周年記念館 (invited lecture)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading