menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

太田 智絵(おおた ともえ)助教

太田 智絵

所属

薬学部 薬学科

専門分野

生薬学・天然物化学分野

研究テーマ

天然薬物からの新規機能性成分の探索研究
薬理活性成分に関する研究

担当科目

生薬学実習

所属学会

日本生薬学会、日本薬学会

研究室

薬品資源学研究室(L203)

連絡先

0956-20-5740

E-mail

ohta

URL

プロフィール

2013年 京都薬科大学薬学部薬学科 卒業
2013年 京都薬科大学大学院薬学専攻博士課程 入学
2017年 京都薬科大学大学院薬学専攻博士課程 修了
2017年 長崎国際大学薬学部薬品資源学研究室助教

研究紹介

天然薬物からの新規機能性成分の探索研究

これまでに市販された医薬品の約50%以上が天然物に関連した成分であると言われています。植物や動物等が産生する成分は多彩な化学構造を有し、豊富な生物活性を示すものが数多く存在しており、私たちはこの様な天然物から機能性成分の探索を行っています。世界各地の天然薬物を用い、抗癌、抗炎症、メラニン合成調節作用等の生物活性を指標に効果がある成分を単離し、化学構造を明らかにしています。さらに有効成分の作用メカニズムや効果発現に必要な構造の解析にも取り組んでいます。

研究活動

原著論文

2017年
1. Ohta T, Nakamura S, Matsumoto T, Nakashima S, Ogawa K, Matsumoto T, Fukaya M, Yoshikawa M, Matsuda H. Chemical Structure of an Acylated Oleanane-type Triterpene Oligoglycoside and Anti-inflammatory Constituents from the Flower Buds of Camellia sinensis. Natural Product Communications, In press. 2017.

2016年
1. Ohta T, Nakamura S, Nakashima S, Oda Y, Matsumoto T, Fukaya M, Yano M, Yoshikawa M, Matsuda H. Chemical structures of constituents from the whole plant of Bacopa monniera. Journal of Natural Medicine, 70(3):404−411. 2016.
2. Nakashima S, Ohta T, Nakamura S, Oda Y, Koumoto M, Kashiwazaki E, Kado M, Shimada A, Akita R, Matsuda H. Caffeic Acid Derivatives from Bacopa monniera Plants as Inhibitors of Pancreatic Lipase Activity and their Structural Requirements. Natural Product Communications, 11(12):1855−1858. 2016.
3. Matsumoto T, Nakamura S, Nakashima S, Ohta T, Yano M, Tsujihata J, Tsukioka J, Ogawa K, Fukaya M, Yoshikawa M, Matsuda H. -Lactam alkaloids from the flower buds of daylily. Journal of Natural Medicine, 70(3):376−383. 2016.

2015年
1. Ohta T, Nakamura S, Nakashima S, Matsumoto T, Ogawa K, Fujimoto K, Fukaya M, Yoshikawa M, Matsuda H. Acylated oleanane-type triterpene oligoglycosides from the flower buds of Camellia sinensis var. assamica. Tetrahedron, 71(5):846−851. 2015.
2. Matsumoto T, Nakamura S, Fujimoto K, Ohta T, Ogawa K, Yoshikawa M, Onishi E, Fukaya M, Matsuda H. Structures of diarylheptanoids with antiallergic activity from the rhizomes of Curcuma comosa. Journal of Natural Medicine, 69(1):142−147. 2015.
3. Liu J, Nakamura S, Xu B, Matsumoto T, Ohta T, Fujimoto K, Ogawa K, Fukaya M, Miyake S, Yoshikawa M, Matsuda H. Chemical structures of constituents from the flowers of Osmanthus fragrans var. aurantiacus. Journal of Natural Medicine, 69(1):135−141. 2015.
4. Ogawa K, Nakamura S, Sugimoto S, Tsukioka J, Hinomaru F, Nakashima S, Matsumoto T, Ohta T, Fujimoto K, Yoshikawa M, Matsuda H. Constituents of flowers of Paeoniaceae plants, Paeonia suffruticosa and Paeonia lactiflora. Phytochemistry Letters, 12:98−104. 2015.

2014年
1. Matsumoto T, Nakamura S, Nakashima S, Fujimoto K, Yoshikawa M, Ohta T, Ogawa K, Matsuda H. Lignan Dicarboxylates and Terpenoids from the Flower Buds of Cananga odorata and Their Inhibitory Effects on Melanogenesis. Journal of Natural Products, 77(4):990−999. 2014.
2. Matsumoto T, Nakamura S, Ohta T, Fujimoto K, Yoshikawa M, Ogawa K, Matsuda H. A Rare Glutamine Derivative from the Flower Buds of Daylily. Organic Letters, 16(11):3076−3078. 2014.

学会発表

2015年
1. Tomoe Ohta, Seikou Nakamura, Souichi Nakashima, Masayuki Yoshikawa, Hisashi Matsuda : RESEARCH OF BIOFUNCTIONAL CONSTITUENTS FROM ASSAM TEA FLOWER, Asian Association of Schools of Pharmacy (AASP) Conference 2015 (Taiwan, Taipei), 2015/11
2. Tomoe Ohta, Seikou Nakamura, Souichi Nakashima, Masayuki Yoshikawa, Hisashi Matsuda : New Triterpene Oligoglycosides from the Flower Buds of Camellia sinensis var. assamica, INAUGURAL SYMPOSIUM OF THE PHYTOCHEMICAL SOCIETY OF ASIA 2015 (Japan, Tokushima), 2015/8
3. 太田智絵, 中村誠宏, 中嶋聡一, Yi ZHANG, 宮下 優, 奥埜将平, 尾田好美, 伊藤 謙, 吉川雅之, 松田久司:インドおよびアーユル・ヴェーダ関連植物の生体機能解明-1: ナチュラルヘナ (Cassia auriculata) 種子の新規アントラセノン2量体成分,日本薬学会第135年会 (神戸), 2015年3月

2014年
1. 太田智絵, 中村誠宏, 松本崇宏, 吉川雅之, 小川慶子, 深谷匡, 松田久司:インド産アッサム種茶花 (Camellia sinensis var. assamica) の新規トリテルペン配糖体成分, 第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 (和歌山),2014年9月
2. 中村誠宏, 太田智絵, 藤本勝好, 中嶋聡一, 松本崇宏, 吉川雅之, 宮下 優, 深谷 匡, 柏崎絵李, 松田久司:メディシナルフラワー研究: 中国産白梅花の新規生体機能性成分,日本生薬学会第61回年会 (福岡),2014年9月
3. 太田智絵, 中村誠宏, 劉 江, 小川慶子, 松本崇宏, 吉川雅之, 松田久司:メディシナルフラワー研究: キンモクセイ (Osmanthus fragrans var. aurantiacus) 花部の含有成分 (1), 日本薬学会第134年会 (熊本), 2014年3月

2013年
1. 太田智絵, 中村誠宏, 松本崇宏, 藤本勝好, 吉川雅之, 松田久司:インド産茶花 (Camellia sinensis および C. sinensis var. assamica) のトリテルペン配糖体成分,第5回食品薬学シンポジウム (京都),2013年11月
2. 太田智絵, 中村誠宏, 濱尾 誠, 松本崇宏, 吉川雅之, 松田久司:茶花 (Camellia sinensis, 花部) のサポニン成分と食欲抑制作用,第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 (埼玉),2013年10月

社会活動

各種委員

薬学部教務委員会 委員
国試・CBT対策委員会 委員
薬用植物園運営委員会 補助員

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading