menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

金澤 由佳(かなざわ ゆか)講師

金澤 由佳

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

司法福祉、精神保健福祉

研究テーマ

精神障がい者に対する強制的な医療、触法精神障がい者の社会復帰

担当科目

精神保健A・B、精神医学A・B、精神保健福祉制度論A・B、更生保護論、権利擁護と成年後見論、教養セミナーA・B、専門基礎演習A・B、社会福祉総合演習 他

所属学会

日本司法精神医学会、日本社会精神医学会、日本犯罪学会、法と精神医療学会

研究室

研究棟213号室

連絡先

0956-39-2020(代表)

E-mail

kanazawa

URL

-

プロフィール

〔学歴〕
仙台育英学園高等学校 外国語コース
中央大学 法学部 政治学科
上智大学大学院 総合人間科学研究科 社会福祉学専攻 修士課程
早稲田大学大学院 社会科学研究科 政策科学専攻 福祉関係論 博士課程

〔経歴〕
国立精神神経医療研究センター 精神保健研究所 司法精神医学研究部
東京福祉大学 国際交流センター
長崎国際大学 人間社会学部 社会福祉学科 

精神保健福祉士

研究紹介

司法福祉―強制的な医療―

 私が取り組んでいる研究テーマの大枠は、①精神障がい者に対する強制的な医療と②触法精神障がい者(罪を犯した精神障がい者)に対する強制的な医療の2つです。これらの「強制的な医療」は、人権擁護と人権侵害が表裏一体の関係にある医療分野の1つであり、日本において長い歴史があります。そして、近年、こうした医療や医療に密接に結びついている支援および援助は、福祉が担う役割の1つとして認識されつつあります。精神医学も日々発展し、法制度も変わっていくなかで、①・②それぞれの「強制的な医療」の目的と意義、そして「福祉のありかた」を多方面から再考しています。

研究実績

原著論文

・「ポリスパワーとパレンスパトリエの関係―精神障害者と医療―」『社学研論集(21)』(2013)
・「公共衛生学的問題としての排除の戦略―精神障害者とハンセン病患者―」『社学研究論集(23)』(2014)
・「精神科医療の役割―強制的な医療制度からの考察―」『社学研論集(24)』(2014)
・「科学による医療の位置付け―精神障害者に対する強制的な医療―」『社学研論集(25)』 (2015)
・「「強制」の継続性―「精神障害者」と「入院制度」―」『社学研論集(26)』(2015)
・「精神障害者による他害行為事件に関する課題の検討―入院中に起こった他害行為事件判決を手掛かりに―」『社学研論集(27)』(2016)

学会発表

・精神障害者による犯罪:『犯罪白書』全55冊の検討,社会精神医学会,2016.3,岡山
・措置入院における人権侵害と人権擁護の検討―相模原市障害者施設殺傷事件をうけて「解除時」と「解除以降」の議論―, 社会精神医学会,2017.3,東京

研究会発表

・Forensic Psychiatric System in Japan: Focusing on the history and of the institution.
4th Social Basis of Psychiatry Project Research Meeting, 2016.9, University of Tokyo

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading