menu

薬学部薬学科

研究設備紹介

動物実験施設

薬学研究棟1階に位置し、動物飼育室、動物実験室、洗浄室、更衣室、管理室などを備えています。
内部は、Conventional(CV)管理区域と Specific Pathogen Free(SPF)管理区域の2系統に分けられており、実験動物繁殖会社などから購入した動物の飼育、実験はCV管理区域で、SPF動物を種親とした動物の繁殖、飼育、実験はSPF管理区域で行われています。

飼育・実験環境は国内で定められた動物実験に関する法律、法令、ガイドラインなどを順守したものであり、高いレベルの動物実験を行うことが可能になっています。ここで飼育された動物は、学内での実験研究および学生実習に使用されています。

問い合わせ先:長崎国際大学 山本 経之、田中 宏光 TEL:0956-39-2020㈹

動物飼育室

動物飼育室室内環境は温度:22±3度、湿度:60±20%に保たれ、ヘパフィルターによって清浄化された空気が導入されています。CV管理区域、SPF管理区域にはそれぞれ2室の飼育室があり、ラット、マウスを飼育することが可能です。

動物実験室

CV管理区域に2室、SPF管理区域に1室の動物実験室があります。内部は空調およびヘパフィルターによる循環空気の清浄化がなされています。

洗浄室

洗浄室飼育に必要な器具の洗浄ならびに滅菌は洗浄室で行われています。飼育によって汚染された飼育ケージは自動洗浄機(写真左)内で高圧蒸気により洗浄されます。また、洗浄室にはオートクレーブ(写真右)も設置されており、飼育ケージと給水瓶は高圧滅菌処理された後、飼育室に搬入されます。

更衣室

CV管理区域、SPF管理区域にはそれぞれ更衣室があり、所定の作業衣、マスク、キャップの着用が義務付けられています。更衣室からはパスルームを通り、各管理区域に入室します。特に、SPF管理区域へのパスルームにはエアーシャワーが設置されています。

管理室

動物室入り口横の管理室ではすべての部屋の温度、湿度、換気など内部環境の制御を行っています。


PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading