menu

薬学部薬学科

科研費の採択状況一覧

科学研究費補助金 薬学部教員 採択課題一覧

薬学部では、以下の研究課題が科学研究費補助金に採択されています。

(2017年4現在)

氏名職位区分研究課題
大庭 義史 教授 萌芽研究 多成分縮合反応を基盤とする生理活性物質のマルチへテロ誘導体化HPLC分析法の開発 
萌芽研究 光応答性誘導体化試薬の開発と高精度分離分析への適用 
仮屋薗 博子 教授 基盤研究(C) 活性型グレリン産生阻害を介して肥満を制御する食品素材の探索
基盤研究(C) 新規に樹立した活性型グレリン産生・分泌細胞株の抗肥満機能性食品開発への応用
基盤研究(C) 食欲・肥満制御への応用を目指した活性型グレリン分泌機構の解明
岸原 健二 教授 基盤研究(C) 胚・造血幹細胞からのγδTリンパ球選択的分化誘導培養系の開発  
榊原 隆三 教授 基盤研究(C) 豆乳の乳酸菌発酵生産物が含有する生理活性物質の解析 
基盤研究(C) 豆乳の乳酸菌発酵ろ液の活用による薄毛症状の改善に関する研究
柴田 攻 教授 基盤研究(C) 新たなる人工調製肺サーファクタントのインテリジェント・ナノ医薬としての基礎検討 
基盤研究(C) ナノ創薬による人工調製肺サーファクタントの革新的な標的治療薬の基盤及び開発
基盤研究(C) 革新的ハイブリッド人工肺サーファクタントの標的ナノ創薬の展開
正山 征洋 教授 萌芽研究 ノックアウト漢方の創製とそのエビデンスに関する研究 
外国人特別研究員 モノクローナル抗体を機軸とした天然活性化化合物研究 
深澤 昌史 教授 基盤研究(C) 肥満予防を目的とした肝転写因子の基礎的研究
藤田 英明 教授 基盤研究(C) 銅輸送体細胞内発現・局在制御によるメラニン合成調節機構の解明
山口 泰史 教授 基盤研究(C) 安定ホスホヒスチジン模倣化合物を基盤とした新規抗生物質の創薬研究
基盤研究(C) N-リン酸化タンパク質の受容体発見を目指す化学とその応用
山本 経之 教授 基盤研究(C) 依存性薬物への"渇望"の再燃に関わる脳内責任部位ならびに生体機能分子の解明
和田 守正 教授 基盤研究(C) 生体フロントラインの防御機構とその破綻による疾病
基盤研究(C) 生体フロントラインの防御機構:異物排出機能の破綻と疾病
大磯 茂 准教授 挑戦的萌芽研究 抗ダビガトランモノクローナル抗体を活用したダビガトラン血中濃度測定法の確立
隈 博幸 准教授 基盤研究(C) 磁気検出を利用した定量的なホモジニアス免疫検査システムの開発
若手研究(スタートアップ) 磁気検出法による高速・高感度な微量物質の定量的分析手法の開発 
若手研究(A) 磁気検出法を用いた高速・高感度な定量的免疫検査法の開発 
基盤研究(C) 磁気検出法によるホモジニアスアッセイの深化と微量血液検査システムの開発
黒川 健児 准教授 研究活動スタート支援 グラム陽性細菌表層の共通抗原によるMRSA感染防御
基盤研究(C) MRSA感染防御を誘導する新規自然免疫リガンドと受容体の同定
高井 伸彦 准教授 特定領域研究 重粒子線治療の生物学
若手研究(B) 脳腫瘍放射線療法に伴う被曝早期における認知機能障害の解析 
基盤研究(C) 物理学的画像分析法を利用した重粒子線脳腫瘍治療モデルの解析  
基盤研究(C) 粒子線治療における中枢神経の新規RBE指標の開発
基盤研究(C) 脳腫瘍に対する化学療法併用放射線治療による高次脳機能障害の解析
田中 宏光  准教授  特定領域研究(継続領域) 受精・発生を支える精子細胞特異的に発現する遺伝子の欠失マウスの解析
基盤研究(C) 非侵襲的男性不妊症診断法及び治療法の確立 
挑戦的萌芽研究 生殖細胞特異的に反応するTRA98の抗原遺伝子の同定とその解析
基盤研究(C) 遺伝子診断にもとづいた治療薬の開発
西奥 剛 准教授 基盤研究(C) シクロフィリンA-CD147シグナルを基盤とした脳血管性認知症の白質病変形成機構
基盤研究(C) CD147シグナルを基盤とした関節リウマチの骨破壊分子機構
山口 拓 准教授 若手研究B 幼齢期のストレスによる発達障害(特に自閉症)モデル動物の開発と薬物治療学的介入 
基盤研究(C) 幼齢期ストレスによる精神発達障害のメカニズム解明と新規薬物治療戦略
相田 美和 講師 基盤研究(C) シェーグレン症候群におけるTLR3活性化とその制御
宇都 拓洋 講師 若手研究(B) 天然化合物特異的モノクローナル抗体による生薬成分の標的分子解明
若手研究(B) 天然由来白斑治療薬開発を目指したメラニン合成促進物質の探索と作用機序解析
藤木 司 講師 基盤研究(C) 加齢に伴う免疫老化の分子基盤および抗老化に向けたシグナル機構の解明
藤井 佑樹 講師 若手研究(B) 精子形成細胞の分化研究を明らかにする免疫電顕クロマトイドミクス解析
藤本 京子 講師 挑戦的萌芽研究 腸管腫瘍におけるパイエル板の役割
中島 健輔 助手 研究活動スタート支援 カルボキシル基を有する天然化合物による活性型グレリン産生抑制効果の検討
若手研究(B) 新規抗うつ薬創製を目指した末梢性BDNF産生促進作用を有する食品成分の探索

科学研究費補助金に関する詳細については、以下をご参照ください。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading