menu

人間社会学部社会福祉学科

社会福祉学科長メッセージ

高い頂点を目指して 友人と支え合い、励ましあえる充実した大学生活と 人生をかけるに値する人間的成長が実現できるのは 長国大の社会福祉学科です

学科長
坂本 雅俊
学科長

 人間社会学部では人々の幸せづくりを支援する学問を探求しています。なかでも、社会福祉学科では、「人生をかけるに値する素晴らしい勉強ができる分野」です。
 あなたが、自分探しで迷っていたり、やりがいのあることを何かしたいと思っているならば、「絶対に長崎国際大学へ」来てください。「やりたいこと、なりたいもの」をきっと見つけられます。

 本学は所在地名の通りキラキラした華やかな場所に隣接しており、実際にそういう賑わいもみられますが、そのような中でも福祉を学ぶ学生は、地道に学問を積み重ね、ボランティアや研究で地域の人びとに寄り添い、地元を愛する力強い人材へと成長しています。

 伝統的に社会福祉学科の学生は、社会をよくしたい、家族を大切にしたい、自分も安定して幸福に暮らしたい、という思いを抱いて入学してきます。これは、社会福祉学を学ぼうと志す者に共通してみられる素質であるように思われます。人間の幸福を実現するための科学的な学問であることから、この素質には納得できますし、友人と支え合い、励ましあって互いに充実した大学生活を送っていることも、本学科ならではの自慢できるところです。

 考えるに、福祉関連職種は「激しいライバル競争や売り上げ合戦」がなじまない業種であり、これまでの歴史をみても福祉施設の倒産は通常では起こりえません。むしろ、対人関係の専門職として、チームワーク力、手を差し伸べるあたたかな眼差しをどのように磨いていくかが大切であり、高い頂点を目指して生涯にわたって学び続ける持久力や自己研鑽能力が求められます。

 本学のポリシーである「ホスピタリティの精神に基づいて、人々の自己実現を支援できる人材」の育成は、生涯にわたって学び続ける自己啓発の基礎となるものであり、そのために、1年生から4年生まで、一貫したきめ細やかな少人数教育を展開し、学生と教授陣が常に近くにいて「人格的な接触から人間的成長が遂げられる」環境を実現しています。

 共に学び、共に解決しましょう。

社会福祉学科の5つのポイント

1~4年生まで全学年における少人数ゼミによる教育

1~4年生まで全学年における少人数ゼミによる教育

5~8人程度の少人数でゼミが構成され各学年のゼミでは、「学生と教員の距離が近い」フレンドリーな雰囲気の中で、興味関心のあるテーマを徹底して掘り下げていきます。フィールド調査を行ったり、施設や裁判所に出かけるなど、できるだけ現場に足を運ぶことによって、生きて働く知識の形成が図られています。

社会福祉学の学びの集大成としての卒業研究

社会福祉学の学びの集大成としての卒業研究

4年間の学びの集大成として4年次の卒業研究を位置づけています。こうした取り組みの中から、テーマが見つかり大学院に進学してさらに深めていこうとする学生も出てきています。また、取り組んだ者には達成感と同時に、4年間これを学んだと誇りうるテーマと自信が身につきます。

充実した各種実習への取り組みとボランティアの推奨・実施

充実した各種実習への取り組みとボランティアの推奨・実施

各種資格取得のための実習はもとより、それ以外にも実習を設けて多様な場へと実習に出かけるプログラムや、ボランティアセンターを介して、地域のさまざまな場で活動しています。現場に出向いた学生たちは多くのものを学んでいます。

社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士国家試験への徹底した合格支援

社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士国家試験への徹底した合格支援

総復習を行う「社会福祉総合演習」による支援を中核にして、進度別勉強会・ゼミ別勉強会・寺子屋(科目毎の講座)、模擬試験の実施等、国家試験合格へ向けての支援を行っています。

生きがい情報士カリキュラム、保育士試験対策講座の実施など付加的資格取得の実現

生きがい情報士カリキュラム、保育士試験対策講座の実施など付加的資格取得の実現

その他にも資格取得のためのプログラムを設置して応援しています。

PRコンテンツ
  • 福祉作文コンクール
  • 社会福祉学会
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading