menu

大学院

人間社会学研究科社会福祉学専攻案内

「福祉行政・計画」および「福祉臨床」を研究テーマに、 福祉援助者に必要な高度な専門知識・技能を習得し、 福祉のまちづくりに貢献する現場のリーダーを養成

研究内容

社会福祉は児童・障害者・高齢者など何らかのハンディキャップのある人々に、可能な限り通常の人々に近い自立生活を保障、支援する最も重要な人間活動です。この福祉活動は、社会の成熟化、複雑化、多様化とともに援助活動領域が広がり、この分野で活動する専門職業人には一層高度な専門知識や技術の習得、さらには研究が求められます。また、日本の社会福祉は、急激な社会の変化に対応するための大きな変革期を迎えています。
本専攻では、福祉活動を人間関係の基本であるホスピタリティの体得・実現をめざす被援助者の幸せのためのサービスととらえています。そのうえで、人間そのもの、人間生活、社会、さらに福祉についての理解を深め、被援助者とその生活の実態に触れることで、真に必要な対人援助を把握し、それを援助者として実施するために必要な人間的資質と技能を磨くことを重視しています。
このような研究教育を通じて、国や地方自治体の福祉行政、公的あるいは民間の福祉施設、保健・医療機関などで、相談援助や介護に指導的立場で活躍できる高度な専門的知識・技能を持った専門職業人を育成することが本専攻のねらいです。

研究教育の方法と特色

本専攻では、「福祉行政・計画」ならびに「福祉臨床」について研究を進めます。福祉行政・計画の分野では、福祉政策、地域福祉計画などを、福祉臨床の分野では、福祉経営、家族・児童福祉、発達心理、障害者福祉、障害者心理、精神保健、高齢者福祉などを取り上げます。
授業科目は、専攻別に配置された特講を講義形式で行い、次に演習形式の授業である「事例研究」を展開。「事例研究」は、各専任教員が担当する特講科目に付帯して開設し、講義を補完する課題解決型の授業です。この「事例研究」では、福祉にかかわる現場での調査、福祉の現状や課題などを取り上げた討論、実践的な演習などを実施します。さらに、修士課程教育の集大成として、修士論文の作成のための「特別研究」を設けています。

取得できる資格

  • 高等学校教諭専修免許状(福祉)
PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading