menu

大学院

薬学研究科薬学研究科概要

教育理念

本医療薬学専攻の教育理念は、崇高な人間性と幅広い視野を基盤に、高度先進医療の実践に益する医療系薬学研究者、教育者及び高度医療行政研究者の養成を図り、もって人々の健康・福祉への貢献に資することにあります。

教育方針

本研究科医療薬学専攻では、以下に掲げる3つの教育方針〔「入学者受け入れの方針(アドミッション・ポリシー)」、「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」、「学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」〕を定めて教育を実施します。

アドミッション・ポリシー

医療薬学専攻では、広く次のような人材を求めています。

深い専門性に根ざし、薬学的な思考法、論理的で先端的な方法論や評価能力などを身につけることができる薬剤師。
高度な知識と研究能力を礎として薬学がカバーすべき広範な基礎及び臨床科学の諸分野をリードし、将来にわたり地域社会と国際的社会に貢献することを目指す薬剤師。
高度化医療、医療行政、育薬などの職域で実践的な研究能力を有する優れた先導的医療系薬学研究者(在宅医療研究者、がん・疼痛緩和研究者、処方設計研究者、予防薬学研究者、医療行政研究者)を目指す薬剤師。

カリキュラム・ポリシー

医療薬学専攻では、次の指針にもとづいて科目を設置していますので、その内容を十分に理解した上で履修してください。

関心・意欲・態度

社会の超高齢化を迎え、疾病の多様化とともに、医療のあり方や薬物療法の方法が多岐に亘っている。この様な社会背景において、先端の医療や薬学に関心を持ち、社会貢献を目途に、高い倫理観のもとに学問、研究を探求する意欲と態度を身につけることが出来るようになります。


思考・判断

先端医療や薬学について、先導的医療系薬学研究者(先導的薬剤師)はどうあるべきか、何を修得すべきかを十分に思慮し、現場において正しく判断する能力を養うことが出来るようになります。


技能・表現

先導的医療系薬学研究者として身につけるべき技能を特別研究で修得するとともに、得られた研究成果を学会発表や論文にまとめ公表することが出来るようになります。


知識・理解

修了後、医療の現場をはじめ、先導的医療系薬学研究者として活躍する場所で必要不可欠な知識を幅広く涵養するとともに、現場サイドで要求される先端科学データを理解することが出来るようになります。

ディプロマ・ポリシー

医療薬学専攻では、次の資質・能力を有すると認められる大学院生に、「博士(薬学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

高度化・複雑化する医療や薬学に関する諸問題に高い関心を持ち、有用で新規な科学的データを見いだそうとする意欲と真摯に取り組む態度を有する。 豊かな教養と人間性および高い倫理観を有する。


思考・判断

医療や薬学に関する諸問題について、有用な科学的データを選択し、自ら論理的に思考・判断できる。


技能・表現

進歩を続ける医薬品の品質、安全性及び有効性について十分な科学的根拠を有するデータを創りだすことができ、それを社会に分かりやすく公表することができる。


知識・理解

医療や薬学に関する科学論文を理解することができ、その内容について評価する知識と能力を有する。また、研究成果を科学論文にまとめることができる。

薬学研究科医療薬学専攻の組織

医療薬学専攻(博士課程)には「医療社会薬学」、「薬学治療設計学」、「予防薬学」および「医療基盤薬学」の4大講座に20の研究分野が配置され、研究及び教育を行っています。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading