menu

トピックス

学部学科トピックス

2016.11.07 健康栄養学科

【健康栄養学科】1年生を対象に「マネーセミナー」を開催しました

 平成28年10月26日(水)健康栄養学科1年生を対象に「マネーセミナー」を開催しました。
昨今、お金にまつわるトラブルが絶えることがないようです。手元に現金がなくても買い物の支払いをカードという手段でほしいものが手に入る。また多量な情報により購買意欲を煽る商法により、つい買ってしまって支払いができなくなり多額の借金を抱えてしまうケースも見られます。自分に入るお金と出ていくお金の認識ができないと取り返しのつかないことを引き起こすことになってしまいます。特に、学生は保護者の仕送り、奨学金、アルバイト等で学費や生活費をやりくりしています。

 そこで、お金とは何か。今からお金をどう使うのか。ライフプランを含めての「お金」との上手な付き合い方についてセミナーを開催しました。

 講師には、地域連携の一環として親和銀行総合企画部渡邊部長様よりお話をいただきました。
内容は、「お金も事を知る」「お金の管理ができる」「お金に詳しくなる」「お金を上手に使える」についてわかり易くプレゼンしていただきました。

 お金とライフプランについては、豊かな人生を送るためには、一生にどれくらいの金額が必要かをライフステージごとに具体的な数値で示されたことは大きく興味を引き付けたようです。就職して一定の収入を得ることができても計画的なお金の管理が必要なことや、今大学生活を送ることができていることも親の仕送りがあってこそのこと。その金額が多額なことに驚いていました。奨学金の返済ということも考えなければいけなかったこと。結婚費用や家族が増えることにお金が必要なことに気づきがあったようです。そのことは、漠然とわかっていても具体的な数値が示されることで「お金の管理する」という意識が高まったようでした。

 講話後の多くの学生は、手元のお金だけのことしか考えていなかった。親からこんなに仕送りしてもらっているので安心して学生生活が送れることを知った、心から感謝しなければいけない。奨学金の返済のことを意識していなかった。自分で家計簿をつけてみようと思う。カードの怖さを知ったので計画的に使用しなければいけない。お金のことが聞けて良かったです。などといった意見が聞かれました。

 まだ1年生ではありますが、これから先の学生生活を送る中で、将来に向けてお金が豊かな生活の基盤であることの自覚ができた意義のある講話だったと思われました。

マネーセミナー

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
...loading