menu

トピックス

学部学科トピックス

【薬学科】研究活動「医薬の現場からナナナ!?(なぜ、なに、なるほど)を見つける」が実施されました

 8月18, 21, 22日の3日間、長崎県立猶興館高校・理数科2年生の皆さん23人と一緒に薬学に関連した研究活動を行いました。従来のサイエンスパートナーシッププロジェクトが改組され、生徒の自主的な問題発見、問題解決能力の醸成に、より重点を置いた、科学技術振興機構の次世代人材育成事業「中高生の科学研究実践活動推進プログラム」として一昨年度から新たにスタートしたものです。研究活動は、本学教員7名、地域薬剤師2名、学生ティーチングアシスタント6名の協力のもと実施されました。生徒さんたちは、「漢方薬を創り、考える」、「いろいろなくすりの剤形を創り、学ぶ」、「シミュレーターを使って生命倫理を考える」の3つのテーマに対して、楽しみながらも真剣に取り組んでくれました。

 先ず、18, 21日の2日間に、実習室と模擬薬局で3テーマに関する実習や研究活動を行い、3日目午前には知識の確認、疑問の解決、発展学習のために、図書館とインターネットを使って調べ・まとめ学習を行い、午後に発表会でプレゼンと質疑応答を行いました。

 今後、さらなる学びのモチベーションにつながったり、進路を考えるきっかけとなればと期待しています。

 なお、本研究活動は、8月22日の長崎新聞にて紹介されました。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
...loading