menu

トピックス

学生生活トピックス

2017.10.12 学生生活

【男子バスケットボール部】リーグ戦全勝優勝、5部昇格

第24回全九州大学バスケットボールリーグ戦において男子バスケットボール部が6部全勝優勝、 5部昇格を達成しました。

本学 104-93 九州看護福祉大学
本学 80-63  崇城大学
本学 76-46  西九州大学
本学 82-66  九州工業大学工学部

選手コメント

森田廉(国際観光学科3年)

 今年から男子バスケ部は大きく環境が変わりました。初年度からこのような結果を出せたことを嬉しく思います。元安先生が来た当初は2、3人しか練習に参加しておらず、これから先がどうなるか全く見えずにとても不安を感じていました。しかし、新体制になって初めての公式戦で格上のチーム相手に敗戦はしたものの、想像以上の試合内容を残すことができました。そこから部内の空気が少しずつ変わりました。いつも練習や試合の後にチームメイト同士で話し合う時間が設けられるのですが、少しずつ話し合いが活発になっていき、あらかじめ設けた時間では足りなくなるぐらい話が発展していました。このような変化が目に見えて現れ、チーム全体の熱量が上がって来たことを実感しました。だからこそ全勝昇格という結果を出すことができたのだと思います。今回の結果がさらなるレベルアップのきっかけとなるようにこれからの練習に励んでいきたいと思います。
 最後に四年生が先頭に立ち、一番熱量を持って取り組んでいてくださったことが今回の結果につながった最も大きな要因だと思っています。本当にありがとうございました!これから卒業までよろしくお願いします!

田中亮佑(薬学科2017年9月卒業)

 今年、目標であったリーグ6部優勝5部昇格することができました。選手だけでなく支えてくれたスタッフやコーチ、応援してくださった方々の協力なくしては成し遂げることはできませんでした。まずはその方々に御礼を伝えたいと思います。
 今年からバスケットボール部は元安コーチのもと新体制で始動しました。今までコーチがいなかったこともあり、初めは練習で意見の相違や衝突があり、前途多難なスタートでした。しかし、目標を実現する為に日々の練習で技術を研き、様々なチームとの試合で実力を試すなど切磋琢磨し合い、ここまでやってきました。半年という短い期間でもこの様な結果がついてきて嬉しく思います。
 優勝した際に「選手の努力のお蔭だ、ありがとう。よく頑張った。」と元安コーチは言いましたが、僕たちからすればコーチの存在なくしては成し得なかった事です。こちらからも感謝の気持ちでいっぱいです。
 一人ひとりの努力は勿論、チームとして団結し、最後まで諦めなかったからこその結果です。試合に出たメンバーだけでなくバスケットボール部に関わりのある全員の力によるものであると思います。
 僕達は“学生の本分である勉学を最優先に”といわれています。部員は様々な学科に所属し、海外からの留学生もいます。僕も薬学部に在籍していますが、他にも薬学部生で活躍している部員もたくさんいます。学生皆が高い意識を持ち、バスケとの両立をするため努力し続けています。
 僕達、最上級生はこれでリーグ戦に参加するのは最後となります。今後は昇格したことにより、さらに強い相手との厳しい戦いが待っていると思いますが、このチームはまだまだ発展途上です。5部昇格に満足することなく、更に上へと目指して頑張ってほしいです。
 最後になりますが、これからも個性豊かなメンバーの集った長崎国際大学バスケットボール部をよろしくお願いします。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
...loading