menu

学生生活

クラブ・サークル案内古文書研究会

プロフィール

創部年 2019年
活動場所 博物館実習室(3号館3階)
概要  古文書研究会は、①日本の歴史的な文書である「古文書」の読解能力を付ける、②古文書を読み解くことで地域の歴史を知ることの2点を目的に令和元年度に発足しました。古文書、特に江戸時代の文書は地域にも多く遺存し、これを読解することで地域の歴史を紐解くことができます。古文書を読解するスキルは、博物館の専門職である学芸員にも求められることから、将来学芸員を目指す方には特におすすめです。
 活動は月2回程度で、辞書を引きながら江戸時代の地方文書を読み解きます。また、内1回は波佐見町教育委員会の学芸員を講師にお招きして直接読解の指導を受けられます。本研究会は発足したばかりなので、今後活動の幅を広げていく予定です。
顧問

◎所属:人間社会学部国際観光学科
◎氏名:中島 金太郎

代表学生

◎所属:人間社会学部国際観光学科
◎氏名:川原 翔

こんにちは。古文書研究会です!
私たちは、今年度から新しく設立した同好会で、新入部員を絶賛募集中です!
歴史や古文書に興味のある方、学芸員を目指す方、何か新しいことを始めたい方など、どんな方でも歓迎いたします。古文書未経験でも、専門家の方がやさしく指導してくださるのでご安心ください。
それでは、古文書研究会でお待ちしております!

部員数

21名
(博物館学芸員課程在籍者が多いですが、他学部・他学科学生も大歓迎です。)

部費 原則として徴収しない(資料代などが発生する可能性あり)
活動時間 月2回、金曜日の6限時間帯に実施(週は不定)
PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • NIU Family
PAGE TOP
...loading