menu

トピックス

大切なお知らせ

2021.07.01 大学総合

≪重要≫令和3年度 長崎国際大学 新型コロナウイルス感染拡大における家計急変者への納付金減免について

 長崎国際大学では、在籍する学生(留学生は除く)で、新型コロナウイルス感染拡大における家計急変により、修学困難な者に対して、納付金減免を行います。

1.資格

この制度による減免を申請できる者は本学に正規学生として在籍し、次の(1)(2)のいずれかと、(3)~(6)に該当する者とする。

  1. 国や地方公共団体またはその他の公共機関が新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の受給証明書がある者
  2. 当該学生の主たる家計支持者一人の令和2年の所得金額が令和元年と比較し1/2以下となっている者または、令和3年の所得見込額が令和元年、もしくは令和2年の所得金額と比較し1/2以下となっている者
  3. 令和2年の所得金額、もしくは令和3年の所得見込額が給与所得者の場合は841万円以下、給与所得者以外の場合は355万円以下である者
  4. 令和3年度に特待生・減免奨学生またはそれに準じる制度のS・A・B区分、または特別奨学生として授業料の減免を受けていない者
  5. 令和3年度に休学していない者
  6. 令和3年度に高等教育の修学支援新制度を受けていない者

2.期間

減免期間は、令和3年度の1年間とする。

3.減免額

減免額は、教育充実費年額の50%とする。

4.申請手続き及び期限

減免を希望する者は、所定の「納付金減免申請書」に、国や地方公共団体が新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の受給証明書(緊急小口資金、厚生年金保険料・労働保険料の納付猶予、国税地方税の納付猶予など)、または令和2年の所得金額が令和元年と比較し1/2以下、あるいは、令和3年の所得見込額が令和元年、もしくは令和2年の所得金額と比較し1/2以下となっていると合理的・客観的に判断されるもの(給与明細等)を添付して申請するものとする。
また、申請の期限は令和3年9月3日とする。 

5.減免の方法

減免は、後期の納付分で調整する。但し、既に当該年度の納付金を納入している者には、当該学生または保護者の銀行口座に返金する。

6.取消

減免の決定を受けた者が、次のいずれかに該当したとき、減免の決定を取り消すものとする。

  1. 申請書に虚偽の記載又は申告等があったと判明したとき
  2. 長崎国際大学学則第46条により懲戒に処した者

7.提出先

申請を希望する者は、納付金減免申請書に必要な資料を準備し、学生課窓口に提出またはレターパックにて本学学生課まで郵送のこと。

申請書

本件に対するお問い合わせ先

長崎国際大学 学生課
TEL:0956-39-2020(代)

減免を希望する者は、所定の「納付金減免申請書」に、国や地方公共団体が新型コロナウイルス感染症の感染拡大による収入減少があった者を支援対象として実施する公的支援の受給証明書(緊急小口資金、厚生年金保険料・労働保険料の納付猶予、国税地方税の納付猶予など)、または令和2年の所得金額が令和元年と比較し1/2以下、あるいは、令和3年の所得見込額が令和元年、もしくは令和2年の所得金額と比較し1/2以下となっていると合理的・客観的に判断されるもの(給与明細等)を添付して申請するものとする。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
...loading