menu

トピックス

大切なお知らせ

2022.04.15

ウクライナ情勢に係る本学の方針 (Our policy on the situation in Ukraine)

長崎国際大学では、現在のウクライナ情勢を憂い、平和的な手段による早期の事態収束を強く望んでいます。長崎国際大学は、学術機関として、教育研究により地域社会、国際社会に貢献する使命を担っています。また学園全体でSDGsを推進しており、「平和と公正をすべての人に」という目標16の理念を支持しております。

そこで本学は、学修・研究の継続を望むウクライナ出身の学生を支援するため、以下のように本学で受け入れて、学習環境を提供したいと考えております。

1 対象

ウクライナ情勢の悪化により、学修研究の機会を失った学生等

2 支援内容

  1.  学費免除
  2.  寮費・食費免除
  3.  生活費の支援

本学の取組みが、ウクライナの学生に希望を与え、未来へと繋がる有用な学習の機会となり、ウクライナ支援の一助となれば幸いです。

 長崎国際大学
                                学長 安東由喜雄

 At Nagasaki International University, we are concerned about the current situation in Ukraine and very much hope that the situation will be resolved peacefully as soon as possible. As an academic institution, Nagasaki International University has a mission to contribute to local and international communities through education and research. We also promote the SDGs throughout the school and support the 16th goals of "Peace and Justice for All".

 Therefore, in order to support students from Ukraine who want to continue their studies and research activities, we would like to accept as follows and prepare the learning conditions.

Support target

 Support for students who have lost their study and research opportunities due to the worsening situation in Ukraine

Contents of support

  • Exemption from tuition fees
  • Exemption from living and food expenses
  • Supporting living expenses

 We hope that our efforts will give hope to Ukrainian students, provide useful learning opportunities that lead to the future.

本件に関するお問合せ先 / Inquiries regarding this matter

長崎国際大学 国際交流・留学生支援センター /
Nagasaki International University International Center
Mail:kokusai@niu.ac.jp

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • 古本募金
...loading