子供が欲しいカップルに、経済的にも肉体的にも容易な不妊治療を実現することを目指します。

現在、5組に1組が不妊症のカップルであるとも言われています(日本生殖医学会)。また、デンマークでは、多くの子供たちが人工授精で生まれ、自然な生活では人口を保てなくなっているのではないかと心配されています(2009.1.18 NHK教育放送『女と男~最新科学が読み解く性~第3回 男が消える?人類も消える?』)。

私たちを取り巻く環境は急速に変化してきました。特に、人間が作り出した人工化学物質が食品などの身近な暮らしの中にあふれる環境は、近年まで人類が経験したことのないものです。こうした、いわゆる環境ホルモンが原因で不妊症のカップルが増加しているのでしょうか?

不妊症の原因は、多くの生殖細胞の研究成果やiPS細胞の成功にもかかわらず不明です。治療方法としては、人工授精の技術が発達し、体外で精子と卵子を受精させ、母体に戻すことができます。しかし、体外受精を行うには、精神的、肉体的、また経済的にも大きな負担を強いることになります。 私たちは、精子形成の研究を進めるなかで不妊症になりやすい遺伝子を持つ男性が存在することを明らかにし、遺伝子検査で調べることができる遺伝子診断法を開発しました。さらに、より容易な不妊症の克服を目指し研究を進めた結果、生薬の成分である甘草(リコリス)に含まれるフラボノイドの一種が不妊症に効果があることを動物実験において見つけ出しました。
 そこで、人工授精を考える前に不妊症に効果が期待できる、これらフラボノイドを皆さまに提供するために、食品開発、研究を進める会社の起業を決断いたしました。

当社は、生殖細胞、精子形成に関する研究成果を不妊治療に生かし、子供が欲しいカップルに、経済的にも肉体的にも容易な不妊治療を実現することを目指します。私たち『リプロム』への、ご指導ご鞭撻を、よろしくお願い申し上げます。

田中宏光(長崎国際大学薬学部薬学科准教授)
代表取締役
田中 宏光
長崎国際大学薬学部薬学科准教授


経営の理念・基本方針

Melody of Reproduction不妊症、特に男性不妊症に対する有効性の高い治療法の開発は現代社会の切実な要望であり、生殖医療における重要な課題の一つです。当社は、生殖細胞、精子形成に関する研究成果を不妊治療に生かし、子供が欲しいカップルに、経済的にも肉体的にも容易な不妊治療を実現することを目指します。  そのために、基礎研究の推進と研究成果の臨床応用を事業の両輪として、不妊治療を身近なものとし、人間の基本的な望みをかなえることを目指します。


会社概要

社名 株式会社 リプロム   ReproM, inc.
設立 2016年3月24日
代表取締役 田中 宏光(長崎国際大学 薬学部薬学科 准教授)
取締役

正山 征洋(長崎国際大学 薬学部薬品資源学 教授)
辻村 晃(順天堂大学 医学部 付属浦安病院 泌尿器科 教授)
宮川 康(住友病院 泌尿器科診療主任部長・大阪大学 医学部 器官制御外科学)

顧問弁護士

篠原 俊一 (未来 総合法律事務所)大阪弁護士会所属

会計監査

土井総合グループ 税理士法人 土井税務会計事務所 (佐世保市)

事業
  • 生殖医療に貢献する健康食品の開発、生産及び販売
  • 生殖医療に貢献する遺伝子診断法の開発、サービスの提供、及びキット関連商品等の生産及び販売
  • 人工授精関連薬品の開発、生産及び販売
  • 生殖工学に関する研究開発及び人材育成
  • 健康食品の材料の輸出入
  • 医療機器の作成及びリース
  • 前各号に附帯または関連する一切の業務
資本金 200万円
現有設備
  • DNAシークエンサー
  • PCR
  • DNA解析ソフトウエア
  • 安全キャビネット
所在地 〒859-3241 長崎県佐世保市有福町536-63
 0956-80-1376
事務連絡先 長崎国際大学 薬学部 分子生物学研究室
 0956-20-5661
mail

沿 革

2016 3月24日 横田総合法律事務所を通じて株式会社設立

2013 ・国際バイオテクノロジー展 BIOtech2013/東京「男性不妊症遺伝子診断と治療薬の開発」発表
2014 ・株式会社ジャパックスビジネスコンサルタント 三枝 武夫氏と研究内容の確認
2015
  • ミラサポを通じて、三枝武夫 氏と会社の設立の打ち合わせ
  • 長崎県産業振興財団 宮本 美砂インキュベーションマネージャーに相談
  • 第98回川崎企業家オーディションビジネス・アイデアシーズ市場に応募 かわさきビジネス・アイデアシーズ賞受賞
  • 佐世保市産業支援センター 吉永 正載 産業コーディネーター、長崎県産業振興財団 大坪 栄一 部長から会社の経営、戦略についての講義を受ける。
  • 12月17日、24日 佐世保にて千北豊明先生に無料の起業相談を受ける。

取得特許

出願日 特許番号 特許内容 特許権取得国
2012年2月9日 特許第5804379号 人工授精用培地及び同人工授精用培地を用いた人工授精方法並びに妊娠促進剤 日本
2011年7月18日 特許第5578682号 人工授精用培地及び同人工授精用培地を用いた人工授精方法 日本
2009年3月25日 特許第5713351号 PCT/JP2010/001850 妊孕性診断方法、妊孕性診断キット、ポリヌクレオチド、ポリペプチド、及び抗体 日本
2009年1月7日 特許第5493359号 方法、キット、ポリヌクレオチドの妊孕可能性の推定又不妊症の原因の同定のための使用、ポリペプチドの妊孕可能性の推定又は不妊症の同定のための使用、及び抗体 日本
2008年1月28日 特許第4276691号 男性不妊症関連遺伝子プロタミンー2変異と男性不妊の診断法 日本、韓国
2008年1月28日 特許第4229973号 男性不妊症関連遺伝子Scot-t変異と男性不妊の診断法 日本、韓国
2005年2月10日 特許第4417273号 精子活性化剤および精子不活性化剤 日本
2005年6月2日 特許2003-568082 WO2003/068969 マウス精子形成遺伝子とヒト男性不妊関連遺伝子、ならびにこれらを用いた診断システム カナダ、中国、日本、韓国、アメリカ合衆国、ヨーロッパ特許機構