今日のひとこと

2017年03月16日

無事是貴人


無事是貴人(ぶじこれきにん)

 臨済(りんざい)宗という禅宗の一派の開祖である臨済禅師の言葉で、悟りに至るための道を外に求めるのではなく、自分自身の内にある可能性を掘り下げなさい、というような意味です。ここでの「無事」とは「自分の内を見つめる安らかな境地」のことであり、「貴人」とは「悟りに至った人」を指します。自分の可能性に対する信頼を説いた言葉です。

 私たちは幸福や救いを、自分の外部の人や物に求めがちですね。しかし、外部の人や物はしょせん他者に過ぎませんから思い通りにはならず、悶々としてしまうことになります。自分の外部にばかり目を向けることをやめ、人や物に対する執着を捨てることができれば、自分自身の可能性を信じて、安心して努力できるのではないでしょうか。


今日のひとこと

2017年02月22日

歩歩是道場


歩歩是道場(ほほこれどうじょう)

 この言葉の意味は、修行というものは道場だけでするものではない、日々の暮らしそのものが道場であり、修行なのだということです。素直でひたむきな心さえあれば、どこであっても修行の場となり得るという『維摩経(ゆいまきょう)』の教えに由来すると言われます。日常生活のすべてを修行とする禅宗の考え方を、端的に示した言葉ですね。
 修行を特定の時間や場所だけに限定して、日々の努力を軽んじたり、場所や環境の悪さを言い訳にしてあきらめたりするということが、私たちには往々にしてあります。しかし、修行をするということは、結局のところは心がけの問題ですから、どのような条件であっても自分なりに一歩一歩努力することが大切になってくるのです。


今日のひとこと

2016年07月16日

莫妄想


莫妄想(まくもうそう)

 無業(むごう)禅師という唐代の禅僧は、誰に対しても「莫妄想(妄想することなかれ)」と説いたと言われています。「妄想」とは、現実からかけ離れた夢想や空想にふけったり、考えても仕方のないことをあれこれと思い悩んだりすることです。つまり無業禅師は、過去や未来のことをくよくよと思い悩まず、今の修行に集中せよと言っているのです。

 私たちはさまざまな欲望を抱え、未来への不安や過ぎ去ったことへのこだわりを捨てることもできず、くよくよと思い悩みがちです。しかし済んでしまったことは仕方ありませんし、将来のことも今は分からないのです。そうであるならば、今この瞬間に生きることに集中して、自分で未来を切り拓くのだと前向きに考えるべきでしょう。


今日のひとこと

2016年04月01日

日日是好日


日々是好日(にちにちこれこうじつ)

 この言葉は一般には、毎日が吉日(平穏無事な日)というようなお目出度い意味で用いられますが、本来の意味はそうではありません。これは唐の時代のある禅僧の言葉で、どのような日も自分にとってかけがえのない一日である、という教えなのです。
 皆さんも日々の暮らしの中で、楽しく喜ばしいこともあれば、悲しく辛い思いをすることもあるでしょう。しかしどのような一日であっても、自分の一度きりの人生の中の一日だと考えれば、かけがえのない大事な時間ということになります。自己のあり方を見つめ直し、今この瞬間をひたむきに生きれば、いつも新鮮な気持ちで過ごすことができるでしょう。まさにそのことによって、毎日が「好日」になるのです。


今日のひとこと

2016年03月03日

松樹千年翠


松樹千年翠(しょうじゅせんねんのみどり)

 「松の木は千年変わることなく緑を保っている」という意味で、長寿を祝うおめでたい席などでよく用いられます。しかし、この言葉には「不入時人意(時の人の意に入らず)」、つまり「世の人の注目をひくこともなく」という句が続くことに留意する必要があります。つまりこれは、人知れぬ地道な努力の重要さを説いた言葉なのです。
 季節ごとに美しい花を咲かせる樹木は人の目をひきつけますが、松の木は変化に乏しく地味な存在です。しかし、断崖絶壁などの厳しい場所でもしっかりと根を張り、長い命を保つ松は、人知れぬところで力を尽くし、成長することによって鮮やかな緑の葉を保っているのです。目立たなくとも地道な努力が、長い生命力を生み出すのですね。