menu

大学総合

目的と3つのポリシー

大学の目的

本学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、学術の中心として、広く知識を授け、深く専門の学芸を教授研究するとともに、学校法人九州文化学園の建学の精神に則り、高い知性と豊かな教養、優れた徳性と品格、たくましい意志と健康な身体の備わった人間を育成することを目的とする。

学部の目的

学部は、学部に設ける学科の専攻分野に関する専門的知識と技能を修得し、知性、感性、人間性を備え、地域社会・国際社会に貢献できる人材を育成することを教育研究上の目的とする。

学科の目的

  • 国際観光学科は、観光及び関連する領域の専門的知識・技能を修得し、観光産業・事業、国際交流、まちづくりの各分野で実践的に活動できる人材を育成する。
  • 社会福祉学科は、社会福祉及び関連する領域の専門的知識・技能を修得し、福祉行政・計画、福祉臨床、福祉経営の各分野で実践的に活動できる人材を育成する。
  • 健康栄養学科は、健康と栄養に関する領域の専門的知識・技能を修得し、健康と栄養の維持・管理の分野で実践的に活動できる栄養士・管理栄養士を育成する。
  • 薬学科は、薬学に関する専門的知識・技能を修得し、医療薬学の分野で実践的に活動できる薬剤師を育成する。

大学院の目的

大学院は、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥をきわめ、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与することを目的とする。

研究科・専攻の目的

人間社会学研究科

地域に根ざした教育研究を基本とし、社会が求める高度専門職業人及び研究者の養成を行うとともに、観光、福祉及びそれらを基礎とした地域マネジメント領域における研究を行うことを目的とする。

  • 観光学専攻は、観光と観光産業に関する高度な研究及び専門知識の教授によって、広く観光関連分野で社会に貢献しうる高度専門職業人及び研究者を養成することを目的とする。
  • 社会福祉学専攻は、社会福祉の理論と実践に関する高度な研究及び専門知識の教授によって、広く社会福祉関連分野で社会に貢献しうる高度専門職業人及び研究者を養成することを目的とする。
  • 地域マネジメント専攻は、人間尊重の精神に支えられた新たな概念の地域マネジメントに関する高度な研究及び専門知識の教授によって、特に観光学と社会福祉学を基礎としたまちづくりに関し広く地域社会に貢献し、指導者となりうる高度専門職業人及び研究者を養成することを目的とする。

健康管理学研究科

健康管理において指導的立場を担う高度専門職業人の育成を目的とする。

  • 健康栄養学専攻は、健康と栄養を中心とした健康管理において中核を担う高度専門職業人の育成を目的とする。

薬学研究科

薬学の全ての分野において最高水準の教育・研究活動を行い、高度医療を担う薬剤師、生命科学の発展に寄与する研究者および教育並びに医療行政に貢献する人材を創出することを目的とする。

  • 医療薬学専攻は、医療薬学、社会薬学、育薬学を機軸に最高水準の教育・研究活動を行い、医療薬学、社会薬学、育薬学などの分野で実践的な研究能力を有する優れた先導的薬剤師、医療行政従事者、育薬研究者を養成することを目的とする。
人間社会学部
国際観光学科 社会福祉学科
健康管理学部
健康栄養学科
薬学部
薬学科
人間社会学研究科
観光学専攻 社会福祉学専攻 地域マネジメント専攻
健康管理学研究科
健康栄養学専攻
薬学研究科
医療薬学専攻

長崎国際大学3ポリシー

ディプロマ・ポリシー

建学の理念に基づき、次のような能力を修得したと認められる者に卒業を認定し、学位を授与します。
社会人として、社会の進歩に関心を持って生涯にわたって学ぶ強い意思を持ち、自ら課題を見つけ、その解決に向けた行動を起こすことができる。
また、知識基盤社会の一員としての自覚を持ち、専門分野で修得した知識・技能をホスピタリティの精神を持って実践できる。さらに、地域に貢献し国際社会において活躍することができる。

カリキュラム・ポリシー

「茶道文化」を始めとする科目群での専門領域にとらわれない幅広い教養の修得。
観光・福祉・健康・医療の面での専門分野の深化。
これら二つを柱にして、各学部・学科における教育の目的にあわせた専門領域の体系的なカリキュラムを学ぶことで、豊かな人間性と地域及び国際社会の発展に寄与できる知識・技能を身に付けます。

アドミッション・ポリシー

長崎国際大学の教育目標に沿った、次に掲げる人物像を理解し、そのような人物たらんと恒常的に努力できる人を求めます。

  1. 専門的知識と技能に加えて、知性、感性、人間性を身につけたい人。
  2. 地域から愛され、地域社会に貢献することを目指す人。
  3. 異文化を理解し国際社会に貢献することを目指す人。

学部のポリシー

  • 国際観光学科
  • 社会福祉学科
  • 健康栄養学科
  • 薬学科

人間社会学部 国際観光学科

ディプロマ・ポリシー

国際観光学科では、以下の素養・能力を有すると認められる学生に、「学士(観光学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 社会人として必要な幅広い教養的知識を理解し、活用することができる。
  • グローバルな視点で異文化を理解し、共修・協働することができる。

思考・判断

  • 地域社会における問題点を見出すことができる。
  • 観光に関わる諸問題に対して、その解決策を提案することができる。

技能・表現

  • 社会において必要な実践的コミュニケーション能力を身につけ、さまざまな場面でホスピタリティを実践することができる。
  • 選択したコースに関わる専門的技能を有し、社会において活用することができる。

知識・理解

  • 選択したコースに関わる基礎的知識および専門的知識を理解することができる。
  • 観光に関わる専門的知識を有し、社会において応用することができる。

カリキュラム・ポリシー

  • 全学共通科目や学部共通科目を通して、社会人として必要な幅広い教養やホスピタリティの精神を身につけます。
  • 学科共通科目では、観光学の根幹を学び、観光学の基礎的知識を理解し、多文化が共生する現代社会の諸問題を解決するための力を身につけます。
  • 3つの専門コースから1つのコースを選択し、選択したコース科目群の科目を中心に学ぶことにより、専門的な知識と分析能力を体系的に身につけます。
  • 「国内観光研修」「海外観光研修」「語学研修」「海外留学」「インターンシップ」「長期インターンシップ」「地域連携活動」等の学外での実習を通して、現場を体験し、学んだ知識を活かしていく実践的な能力を身につけます。
  • 少人数の専門演習および卒業研究では、特定のテーマに関する調査・研究によって知識を深め、さまざま問題解決のための思考・判断能力を身につけます。

アドミッション・ポリシー

人間社会学部国際観光学科の教育目的を達成するために、次のような学生を求めています。

  • 現代社会における重要な課題のひとつである観光について学びたい人。
  • 観光やまちづくりなどさまざまな分野で活躍したい人。
  • コミュニケーション能力と協調性を身につけたい人。
  • 国際社会や地域社会に関心があり、勉学意欲のある人。

国際観光学科が求める高校での学習

高等学校の教育課程では、コミュニケーション能力の基礎を養う「国語」「外国語」や論理的な思考力を培う「数学」、自然界や社会に関する幅広い教養を身につける「地理歴史」「公民」「生物」、心身の健康についての関心をはぐくむ「保健体育」などを学習することが望まれます。また、このような学習以外にも、スポーツ活動や文化活動、ボランティア活動などに積極的に参加することが望まれます。

人間社会学部 社会福祉学科

ディプロマ・ポリシー

社会福祉学科では、以下の素養・能力を有すると認められる学生に、「学士(社会福祉学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 社会人として生涯にわたって学ぶ意思を持ち、幅広い教養的知識を有し、実践することができる。
  • 福祉を通して幸せを願い、自ら課題を見つけ、その解決に努め、共に生きる姿勢を身につけている。

思考・判断

  • 現実に即した問題解決のための思考・判断をすることができる。
  • 全ての人の人権と自己決定、及び地域社会における福祉の問題について考えることができる。

技能・表現

  • ホスピタリティの精神に基づいて人々の自己実現を支援することができる。
  • 変動する地域社会における福祉の問題について具体的に対応することができる。

知識・理解

  • 福祉の専門的な知識と技術を理解することができる。

カリキュラム・ポリシー

  • 全学共通科目や学部共通科目を通して、社会人として必要な幅広い教養やホスピタリティの精神を身につけます。
  • 学部共通科目や学科専門科目を通して、社会に出て遭遇するであろう課題解決のための思考・判断能力を身につけます。
  • 学科専門科目(基幹)では、社会福祉の基礎的知識・技術を理解し実践するための科目を学ぶことにより、福祉的な観点から人間と社会を理解する視点を身につけます。
  • 学科専門科目(展開)では、社会福祉学の専門的知識・技術を理解し実践するための科目を学ぶことにより、人をかけがえのない存在として捉え、生活課題を抱える人を支援し、地域社会の福祉的課題に対応する社会福祉専門職者としての能力を身につけます。
  • 社会福祉学の基礎の上に、社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士、スクールソーシャルワーカー、生きがい情報士、障がい者スポーツ指導員(初級)、福祉心理士等を取得するために必要な科目を配置し、それぞれの資格取得にふさわしい能力形成を目指します。
  • 全学年を通した少人数のゼミと卒業研究により、4年制大学の学生としての教養と応用力を身につけます。

アドミッション・ポリシー

人間社会学部社会福祉学科の教育目的を達成するために、次のような学生を求めています。

  • 人間の尊さを理解し、生活のあり方・人間の幸福とは何かについて探求することに興味と関心をもっている人。
  • 社会事象と社会福祉を学ぶことを通して誰もが人間らしく生きていける社会の構築と人々の幸せな生活を支援できる専門的知識・技術・倫理を身につけたい人。
  • 人々と心を通わせ信頼関係を作ることができるやさしさや素直さ・心の広さをもち、コミュニケーション能力を身につけたい人。
  • 絶えず自分の資質・能力を高める向上心をもっている人。

社会福祉学科が求める高校での学習

社会事象を理解し分析するための情報収集の基礎となる読解力やコミュニケーション能力の基礎を養う「国語」「外国語」、論理的な思考力を培う「数学」、社会事象や福祉分野に対する関心をもつための「地理歴史」「公民」などを学習することが望まれます。また、ボランティア活動や部活動など課外活動にも積極的に取り組み、様々な人びとと心を通わせて、相手を思いやり自分自身を知ることができるよう、向上心ある姿勢を高校生の間に身につけてください。

健康管理学部 健康栄養学科

ディプロマ・ポリシー

健康栄養学科では、以下の素養・能力を有すると認められる学生に、「学士(栄養学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 社会人としての総合力をもって広い視野と豊かな人間性を備え、常に食と健康に関心を持ち、生涯にわたり学修する意欲と態度を身につけている。

思考・判断

  • 健康に関わる問題に対して、適切な解決策を提案できる思考力と問題解決に向けた行動力を身につけている。

技能・表現

  • 管理栄養士として社会のニーズに対応できるコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を有し、「健康管理」および「栄養の指導」を行う実践力を身につけている。

知識・理解

  • 管理栄養士に必要な基礎と専門の知識を身につけている。

カリキュラム・ポリシー

  • 全学共通科目として設定された導入・人間理解・国際理解・社会理解・自然理解の領域の科目を通して、健全な社会人としての基礎的な教養と知識および広い視野の豊かな人間性を養います。
  • 栄養学を学ぶための基礎科目として化学、生物学、栄養の生物学、栄養の化学演習、基礎化学実習を設定し、講義や実習を通して専門基礎科目を学ぶための基礎を養います。
  • 栄養学の専門基礎科目として社会・環境と健康、人体の構造と機能および疾病の成り立ち、食べ物と健康の分野を設定し、講義や実習を通して、専門知識の基礎を養います。
  • 栄養学の専門基幹科目として基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論を設定し、講義や実習を通して、専門知識と技術を養います。
  • 専門知識と技術を基に、総合演習Ⅰを経て、3年次以降の学外実習の臨地実習で、専門知識と技術の統合を図り、社会性や協調性を育むとともに実践的知識と技術を養います。
  • 総合演習Ⅱと管理栄養士演習等を通して、栄養学の知識を総括し、課題の発見・解決能力、論理的思考力を総合的に養います。

アドミッション・ポリシー

健康管理学部健康栄養学科の教育目的を達成するために、次のような学生を求めています。

  • 「生物」や「化学」に関心があり、科学的なものの考え方ができる人。
  • コミュニケーション能力と協調性のある人。
  • 明確な目的意識を持ち、勉強意欲のある人。
  • 管理栄養士として活躍したい人。

健康栄養学科が求める高校での学習

健康栄養学科では、人体の構造・機能及び疾病の成り立ちや栄養素の役割などの専門的な知識を学びますので、それらの基礎となる「生物」や「化学」を学習しておくことが大切です。また、管理栄養士は「人」を対象とした職業であるためコミュニケーション能力が必要ですので、その能力の基礎を培う「国語」や「外国語」を学習しておくことも大切です。明確な目的意識を持って勉学に取り組む姿勢と行動力を身につけてください。

薬学部 薬学科

ディプロマ・ポリシー

薬学科では、以下の素養・能力を有すると認められる学生に、「学士(薬学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 高い倫理観と豊かな人間性を有し、医療人として責任を持った行動を取ることができる。
  • 患者・生活者本位の視点を持ち、地域医療・保健に参画することができる。
  • 医療の進歩に関心を払い、生涯にわたり学び続けることができる。

思考・判断

  • 高度化・複雑化する医療や薬学に関する諸問題について、有用な科学的データを選択し、自ら論理的に思考・判断できる。

技能・表現

  • 薬の専門家としての基礎的な科学力・研究能力を備えている。
  • 薬の専門家として十分なコミュニケーション能力を備えている。
  • 薬の専門家としてチーム医療に参画できる能力を備えている。
  • 薬の専門家として安全で適切な薬物療法に責任を持ち、個々の患者や医師・看護師等に薬の情報を的確に提供することができる。
  • 薬の専門家として後進の指導に当たる意欲と教育能力を備えている。

知識・理解

  • 薬の専門家として高度化・複雑化する社会の医療ニーズに対応するために必要な知識を備えている。

カリキュラム・ポリシー

薬学科では、全学共通科目、薬学教育専門科目・薬学実務実習に加え、本学建学の理念に基づく「人間尊重」を重視した独自のカリキュラムを加えた体系的なカリキュラムを通じて、次のような教育を実施します。

  • 全学共通科目を通して、社会人・医療人・薬剤師として必要なホスピタリティの精神、基本的教養、および「人間尊重」に基づく豊かな人間性を身につけます。
  • 早期体験学習・臨床体験学習・ヒューマニズム教育等を通して、社会が求める医療人としての責任感、倫理観と豊かな人間性を修得します。
  • 薬学教育専門科目を、順次性を持って学修することで、薬剤師に必要な知識と技能を効率よく修得します。
  • 薬学実務実習を通して、幅広い薬剤師業務に必要な知識、技能、態度を修得します。
  • 他学部と連携した高齢者医療・在宅介護に重点をおいた科目を通して、予防医学や地域医療に貢献できる薬剤師としての実践力を修得します。
  • 薬学の専門知識と技能の融合を目的とした総合演習科目を通して、薬剤師としての実践力を修得します。
  • 卒業研究を通して、深い専門性、研究する心と態度、問題発見・解決の能力、さらに後進の指導にあたる能力を修得します。

アドミッション・ポリシー

薬学部薬学科の教育目的を達成するために、次のような学生を求めています。

  • 進歩著しい医療の世界で絶えず学び続ける強い意志を持っている人。
  • 薬の専門家として医療に貢献する強い意欲を持っている人。
  • 科学に対する興味を持ち、薬学の基礎となる「化学」・「生物」・「物理」を習得している人。
  • 将来医療に従事する者として、非喫煙を含め自らの健康に留意する強い意志を持つことのできる人。

薬学科が求める高校での学習

薬学部薬学科における実践的臨床薬剤師の養成を目指した専門教育では、化学系薬学、生物系薬学、物理系薬学の3つが基礎的な分野として特に重要となります。このため、高等学校においては、「生物」・「化学」・「物理」の基礎をしっかり習得しておくことが必要です。科学に対する興味を持ち、論理的に考えることのできる能力と、学習を持続できる能力を身につけてください。

大学院のポリシー

  • 観光学専攻
  • 社会福祉学専攻
  • 地域マネジメント専攻
  • 健康栄養学科
  • 薬学科

大学院 人間社会学研究科/観光学専攻

ディプロマ・ポリシー

観光学専攻では、次の資質・能力を有すると認められる学生に、「修士(観光学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 観光開発と観光産業の研究に関心をもつことができる。
  • 地域の自然環境や固有の文化を尊重した観光開発や観光産業の推進について、その見識を深めることができる。

思考・判断

  • 観光によるまちづくりが、観光客と住民の両者にとって安全・安心な快適空間の実現を目指すべきであることを認知できる。
  • 観光地域の歴史・事象を客観的に分析・考察して、課題解決のための理論と方策を見出すことができる。

技能・表現

  • 観光開発と観光産業における企画・経営・管理の能力を身につけ、観光事業やまちづくりの指導的立場で活躍することができる。
  • ホスピタリティを体得し、良好な対人関係の技能を磨くことができる。

知識・理解

  • 観光に関連する人文・社会科学の専門知識を修得している。
  • 観光開発や観光産業の普遍的問題と身近な地域や世界の国々における地域性を理解することができる。

カリキュラム・ポリシー

観光学専攻では、次の指針にもとづいて科目を設置していますので、その内容を十分に理解した上で履修してください。

関心・意欲・態度

  • 「特講」、「事例研究」、「特別研究」の3分類科目の履修により観光開発や観光産業の諸事象を学ぶことができる。
  • 地域の自然や産業・文化などの諸事象を観光活用する意識をもつことができる。

思考・判断

  • 観光開発や観光産業のあり方を社会情勢に照らして考えることができる。
  • 観光地域の事象を科学的に分析して課題を導き出し、その対応策を見いだすことができる。

技能・表現

  • 観光事業やまちづくりに必要な企画・経営・管理の能力を身につけることができる。
  • 各種観光事業におけるホスピタリティの実践方法を修得できる。

知識・理解

  • 観光開発と観光産業に関連する理論と実践の専門的知識を修得することができる。
  • 観光開発や観光産業における普遍性と地域性を理解することができる。

アドミッション・ポリシー

観光学専攻では、広く次のような人材を求めています。

  • 観光開発と観光産業の担い手となる高度専門職業人や研究者を目指す人。
  • 国際社会や地域社会のリーダーとして専門能力を発揮するという強い意思を持った人。
  • 観光産業やまちづくりに関連する理論と実践の専門能力を身につけたい人。

大学院 人間社会学研究科/社会福祉学専攻

ディプロマ・ポリシー

社会福祉学専攻では、次の資質・能力を有すると認められる学生に、「修士(社会福祉学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 多様な生活課題を抱える人びとの人権を尊重することができる。
  • 高度な福祉専門職者を目指す意欲と姿勢を有している。

思考・判断

  • 多様な生活課題を抱える人びとの自己実現を支援することができる。
  • 変動する地域社会の課題に対応できる。

技能・表現

  • 人びとのウェルビーイング実現に向けての社会をデザインできる。
  • 他の関連領域とも連携しうる高度な実践的能力、研究能力を身につけている。

知識・理解

  • 人間尊重の理念を基礎とし社会福祉の高度な専門的知識、技術を理解している。

カリキュラム・ポリシー

社会福祉学専攻では、次の指針にもとづいて科目を設置していますので、その内容を十分に理解した上で履修してください。

関心・意欲・態度

  • ホスピタリティの体得・実現を通じて、人間的資質を磨くことができる。
  • 社会福祉の実践において、指導的立場で活躍できる。

思考・判断

  • 被援助者の生活実態を理解し、真に必要な対人援助を把握できる。
  • 地域社会の多様な課題に対応できる。

技能・表現

  • 高度な福祉専門職者として必要な専門的技能を修得できる。
  • ニーズに対応した公私協働による多元的サービス供給を理解し支援できる技術を修得できる。

知識・理解

  • 高度な福祉専門職者として必要な専門的知識を修得できる。
  • 地域福祉実践をリードしうる知識を修得できる。

アドミッション・ポリシー

社会福祉学専攻では、広く次のような人材を求めています。

  • 高度な研究を継続してこれからの社会福祉実践をリードできる福祉専門職者を目指す人。
  • 人間尊重の理念を基礎とし高いレベルのソーシャルワークの知識、技術を修得したい人。

大学院 人間社会学研究科/地域マネジメント専攻

ディプロマ・ポリシー

地域マネジメント専攻では、次の資質・能力を有すると認められる学生に、「博士(地域マネジメント)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 市民の生活の場である地域社会において、安全・安心で豊かなあり方の実現に向けて、行動することができる。
  • 21世紀の新しいまちづくりのリーダーとして活動することができる。

思考・判断

  • 地域社会の安全・安心で豊かなあり方にとって、何が必要であるかを考えることができる。
  • 地域マネジメントのあるべき方向性について的確に判断することができる。

技能・表現

  • 地域社会のさまざまな場面で、地域マネジメントに必要な企画・立案をすることができる。
  • 理論と実践を体系化して、地域マネジメント活動に実効性のあるサポートを行うことができる。

知識・理解

  • まちづくりの実践・運営・管理に必要な知識を修得している。
  • 地域社会のあり方に資する観光あるいは社会福祉の高度な専門的知識を理解することができる。

カリキュラム・ポリシー

地域マネジメント専攻では、次の指針にもとづいて科目を設置していますので、その内容を十分に理解した上で履修してください。

関心・意欲・態度

  • 人間尊重の精神に支えられた新たな地域マネジメント理論の構築を目指すことができる。
  • ホスピタリティの精神にもとづいて安全・安心で豊かな地域づくりのリーダーとなることを目指すことができる。

思考・判断

  • 地域マネジメントにおける観光、社会福祉をはじめ、経済・経営、文化、行政の課題について幅広く考えることができる。
  • 観光と社会福祉が「地域政策」「地域開発」「地域計画」を通じて、地域マネジメントにどのような効果を及ぼし得るかを判断することができる。

技能・表現

  • まちづくりを実践・運営し、経営管理していくための高度な専門技術を地域マネジメントの具体的な場面で発揮することができる。
  • 観光と社会福祉の分野におけるホスピタリティの実践によって、高度専門職業人・研究者として活躍することができる。

知識・理解

  • まちづくりの実践・運営と経営管理に関する高度な専門的知識を修得することができる。
  • 観光と社会福祉の高度な専門的知識を、新たな地域マネジメント概念の構築へと統合していくことができる。

アドミッション・ポリシー

地域マネジメント専攻では、広く次のような人材を求めています。

  • 新しいまちづくりのリーダーを目指す人。
  • 観光関連施設や社会福祉関連事業の経営・運営者を目指す人。
  • 地域マネジメントに関する理論と実践を求められる公務員を目指す人。
  • 地域マネジメントに実効性のあるサポートを行うことのできる研究者を目指す人。

大学院 健康管理学研究科/健康栄養学専攻

ディプロマ・ポリシー

本研究科に2年間在籍し、必要な研究指導を受けたのち、修士論文あるいは特定の課題についての課題研究レポートを提出し、審査会での審査および最終試験に合格することが必要です。さらに、設定された講義・演習科目の所定の単位を取得し、修士課程における幅広い専門的知識と技能を身につけた学生に、「修士(健康管理学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 健康の維持・増進に必要な健康づくりの三要素である「運動・栄養・休養」をもとに、健康管理について必要な幅広い専門的知識を身につけ、かつ関連分野で活躍しうる高度専門職業人としての意欲と姿勢を有している。

思考・判断

  • 健康管理に関わる適切な問題解決や適正情報の管理・伝達に必要な知識を有し、高度専門職業人としての態度および行動力を身につけている。

技能・表現

  • 教育・研究を通じてホスピタリティを体得し、健康管理に関する高度な実践力を身につけている。

知識・理解

  • 健康管理に必要な専門的・包括的な、知識・技能を有する高度専門職業人としての能力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー

健康管理学研究科では、次の指針にもとづいて科目を設定していますので、その内容を十分に理解した上で履修してください。

関心・意欲・態度

  • 健康管理の分野に関してその現状と将来の発展に対応して、研究分野を「栄養科学」と「健康科学」の2分野に大別し各分野の整合性を図ることにより、健康管理に関する高度な専門的知識を学ぶことができる。

思考・判断

  • 特別研究において、研究テーマの設定、実施、分析・考察、結果発表、論文作成などを通して、客観的かつ持続的な研究能力を養うことができる。

技能・表現

  • 関連領域の知識を幅広くかつ系統的に活用し、健康管理に関する高度な専門的知識と技能およびプレゼンテーション能力を修得することができる。

知識・理解

  • 栄養科学分野では、臨床栄養学、栄養管理学、代謝栄養学、公衆栄養学、栄養教育学、食品衛生学等、健康科学分野においては、地域保健学、栄養疫学、臨床生化学、形態機能学、食環境学、運動生理学、健康免疫科学等を中心とした各研究分野による2年間の一貫教育指導において専門的知識を修得することができる。

アドミッション・ポリシー

健康栄養学専攻では、広く次のような人材を求めています。

  • 栄養学および関連領域を基礎とした人間の健康管理に関する知識と技能を修得し、社会に貢献できる高度専門職業人や教育者・研究者を目指す人。
  • 人間尊重の理念を基礎とし、栄養学および関連領域を基礎とした人間の健康管理に関する高度な実践力を修得したい人。

大学院 薬学研究科/医療薬学専攻

ディプロマ・ポリシー

医療薬学専攻では、次の資質・能力を有すると認められる者に、「博士(薬学)」の学位を授与します。

関心・意欲・態度

  • 高度化・複雑化する医療や薬学に関する諸問題に高い関心を持ち、有用で新規な科学的データを見いだそうとする意欲と真摯に取り組む態度を有する。
  • 豊かな教養と人間性および高い倫理観を有する。

思考・判断

  • 医療や薬学に関する諸問題について、有用な科学的データを選択し、自ら論理的に思考・判断できる。

技能・表現

  • 進歩を続ける医薬品の品質、安全性及び有効性について十分な科学的根拠を有するデータを創りだすことができ、それを社会に分かりやすく公表することができる。

知識・理解

  • 医療や薬学に関する科学論文を理解することができ、その内容について評価する知識と能力を有する。また、研究成果を科学論文にまとめることができる。

カリキュラム・ポリシー

医療薬学専攻では、次の指針にもとづいて科目を設置していますので、その内容を十分に理解した上で履修してください。

関心・意欲・態度

  • 社会の超高齢化を迎え、疾病の多様化とともに、医療のあり方や薬物療法が多岐に渡ってきている。この様な社会背景において、先端の医療や薬学に関心を持ち、社会貢献を目途に、高い倫理観のもとに学問、研究を探求する意欲と態度を醸成する。

思考・判断

  • 先端医療や薬学について、先導的医療系薬学研究者(先導的薬剤師)はどうあるべきか、何を修得すべきかを十分に思慮するとともに、現場において活用するための判断能力を身につける必要があり、それに即した講義をもうける。

技能・表現

  • 先導的医療系薬学研究者として身につけるべき技能を特別研究で修得するとともに、得られた研究成果を学会発表や論文にまとめ公表していく。

知識・理解

  • 医療の現場をはじめ、先導的医療系薬学研究者として活躍する場所で必要不可欠な知識を幅広く涵養するとともに、現場サイドで要求される先端科学データを理解できるようになるための講義をもうける。

アドミッション・ポリシー

医療薬学専攻では、広く次のような人材を求めています。

  • 深い専門性に根ざし、薬学的な思考法、論理的で先端的な方法論や評価能力などを身につけることができる薬剤師。
  • 高度な知識と研究能力を礎として薬学がカバーすべき広範な基礎及び臨床科学の諸分野をリードし、将来にわたり地域社会と国際社会に貢献することを目指す薬剤師。
  • 高度化医療、医療行政、育薬などの職域で実践的な研究能力を有する優れた先導的医療系薬学研究者(在宅医療研究者、がん・疼痛緩和研究者、処方設計研究者、予防薬学研究者、医療行政研究者)を目指す薬剤師。
PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading