menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

春の訪れ

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 甘い梅の香が通り過ぎ、桃の節句の季節になりました。桜の春はすぐそこまで来ています。大学入試も後期日程を残すのみになりました。高校3年生の皆様は、実力を発揮されたでしょうか。希望通りの成果を手に入れられることを祈っています。また、2年生の皆様は先輩方の背中から来年に向けた勇気をもらって、闘志をかきたてていることと思います。是非、夢の実現に向けて勉学に励んでいただければと思います。

 大学では期末試験が終わり、学生さんたちの成績の集約に忙しい時期になっています。これが済めば、4年生(6年生)を送り出す卒業式に向けたスケジュールが、本格的にスタートします。そして、3月16日、卒業式の当日を迎えることになります。
 卒業式に臨む学生さんたちの顔を見るのが非常に楽しみにしています。例年、式場には晴れやかで充実感にあふれた顔が並びます。それは、「大学を終えたぞ!」や、「社会に出れるぞ!」など成就感に満ちた気持ちの表れだと思います。考えて見れば、小学校から16年かけてたどり着いたゴールです。嬉しい気持ちはよく分かります。そして、うらやましい気もします。驚かれるかもしれませんが、私の場合、大学全体での卒業式はありませんでした。当時は大学紛争(学生たちが社会や大学の在り方に不満を抱き、その改善を要求して大学と対峙し、大学が大混乱に陥ったこと)の最中で、学生が参加する行事は、殆ど行われませんでした。ただ、所属していた学科の先生方のご配慮で、結婚式場の片隅で卒業証書を授与して頂きました。わずか10人の卒業生だったですが、お互い「良かったな」と言葉を交わしたのを覚えています。その時の表情はどうだったのでしょう。ほっとした気持ちとこれからの不安が交錯した表情だったのかもしれません。

 卒業式はゴール地点であると同時にスタート地点でもあります。卒業生は、次の日から社会人としての行動が求められます。社会は卒業生に何を求めているのでしょうか。きっと皆様は、大学で学んだ専門知識と思われるかもしれません。しかし、産業界が求めている第一番目は、主体性であり、二番目は実行力です。そして、3番目に課題解決力、4番目に協調性と続きます。専門的知識は、理系の職場で8番目、文系の職場では17番目に過ぎません。しかし、勘違いしてはいけません。専門的知識や技術が必要ないと言っているのではありません。主体性にしても実行力にしても、大学での学びに自ら率先して取り組むことによって自然と身に付くものであり、課題解決力は専門的知識がなければ成り立ちません。このように、専門的知識の獲得を前提として、それらを積極的に活用できる人材を求めているのです。つまり、大学で一生懸命勉強するぞという強い決意と学びを継続させる心を持って大学を目指さなければ、将来の夢が叶うことは難しくなります。
 是非、この大学でこのようなことを学びたいという強固な意志を持って、大学の門を叩いてほしいと思います。もちろん、大学に行って見つけるぞという方もおられると思います。その場合は、大学での学びに集中し、常に自分との対話を繰り返して欲しいと思います。大学での学びを厳しい冬に例えるならば、卒業生にとって、学びが花咲く春になって欲しいと思っています。

 本学のオープンキャンパスは、3月23日(土)です。大学を身近に感じたい方は、是非お越しください。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
PAGE TOP
...loading