menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

自然界と人間社会

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 7月に入ってから雨が降り続きました。特に、5日~8日にかけての雨は激しく、多くの地域で甚大な被害をもたらしました。被害にあわれた方々には、心からお見舞いを申し上げます。また、一日も早く復旧し、笑顔こぼれる日常が戻りますよう祈っております。

 長崎は幸いにも大きな被害は出ませんでしたが、激しい雨の怖さは体験いたしました。その日は、朝から断続的に大粒の雨が降っていましたが、所要のため車で出かけました。しばらくすると地面を叩く音が激しくなり、脇に伸びる坂道を通って雨水が道路に流れ落ちてきました。あっという間に道路は水浸しとなり、タイヤが埋まってしまいました。当然、車のスピードは遅くなり、ワイパーのスピードを上げても前が見えにくい状況になりました。また、両側の石垣の間からも噴水のように雨水が降り注ぎます。一瞬、30数年前の長崎大水害の時、人が乗った車があっという間に流されていった光景が頭に浮かびました。「やばいかな」と思ったとき、車の前方が明るくなり、雨音も小さくなりました。大きく息をしてその場を走り去ることができましたが、きっと多くの場所で同じような光景が繰り返されたことと思います。

 今回も多くの地域で想定外の自然の力の恐ろしさを、たくさんの方が感じたに違いありません。私にとって自然は、小さいころからの遊び相手でした。トンボやチョウの美しさやヤマモモの美味しさを教えてくれたのも自然でした。もちろん、川で流されそうになった時や海でおぼれそうになった時もあります。しかし、自然はずーっと友達でした。この気持ちがぶれないまま、大学では植物の研究をし、教員養成の場では環境教育の重要性を説いてきました。

 しかし、その「自然は友達」という感覚が、なかなか社会で通用しなくなりました。それは、自然が身近なものではなくなったせいかも知れません。また、科学技術の発展によって自然をある程度コントロールできると感じるようになったからかも知れません。私は、自然界をコントロールできないものと捉え、もっともっと自然界と対話すべきと思います。現在は、自然科学の成果を応用する分野に目が奪われがちですが、自然科学の基礎的な分野の研究をより盛んにすべきと考えています。その中で、未来の人間社会が必要とする考え方や技術が生まれてくると思っています。

 また、この基礎的な研究を推し進めるのが大学であると信じています。研究推進には若い人の力が必要です。自然界や人間の営みの基盤にある真理を追究してみませんか。本学は、その志を持っている方であれば、どのような方でも受け入れ、育て、社会に送り出すことができると自信を持って言えます。一度、本学を訪れませんか。今年度のオープンキャンパスは、7月22日(日)、8月5日(日)、8月19日(日)です。また、オープンキャンパスでなくてもいつでも扉は開いています。気軽にお電話(0956-39-2020㈹)下さい。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • 開国祭
PAGE TOP
...loading