menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

令和の予感

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 元号が令和になりました。新聞を始めとしたメディアは、連日トップニュースで様々なことを取り上げています。そして、この元号改正を記念した10連休も始まっています。前半は雨にたたられましたが、後半は青い空が顔を見せるようです。

 本日から、私は昭和、平成、そして、令和と3つの時代を生きることになりました。明治、大正、そして、昭和と生き抜いた父を凄いなと思ったのですが、私もその仲間入りをすることになりました。特別な感慨はありませんが、これも人生の一つの節目かなと思って、いつになく時代を振り返っています。私は戦後生まれの一人です。「戦後」という言葉を、お分かり頂けますか。戦争のなかった時代の平成生まれの方にはピンと来ないかも知れませんね。第二次世界大戦の敗戦を認めた1945年以降を指す言葉です。広島と長崎に限らず、戦争末期には連合国側の爆撃によって壊滅的な被害を受けた町や村が全国に広がっていきました。本学のある佐世保市もその例外ではありませんでした。写真で見ると、鉄筋コンクリートで作られた建物以外は吹き飛ばされたり、焼けたりして原型をとどめていません。その中央には、人影まばらな現在の佐世保駅前の道路が写っています。敗戦と同時に、住むところもない町や村に、海外で生活していた人々や、遠く異国で従軍していた兵士たちが、多く帰ってきました。当然、食料が不足し、人々の暮らしもままならない状況になりました。私が生まれたのは、丁度その頃でした。

 しかし、おなかがすいて困ったという記憶はありません。幼い私にひもじい思いをさせまいと、乏しい食料を手に入れるために父や母は必死だったのだろうと思います。その証拠に、幼い頃の写真が、私の手許には殆どありません。写真どころではなかった生活ではなかったのだと思います。写真が多くなるのは、小学校卒業の頃からです。ようやく世の中が落ち着いてきたのでしょう。それから5~6年後に東京オリンピックがあり、続いて大阪万博でした。全国に高速道路や新幹線が整備され、マイカーも夢ではなくなりました。そして、世界の経済を牽引する国になって行きました。このように、敗戦を契機に、廃墟の町の復興に追われる国から世界の先進国に一気に上り詰めたのが、昭和でした。

 それに続く平成は、初めのうちは昭和の勢いを維持したものの、日本の存在が徐々に薄れた時代だったような気がします。ただ、この昭和から平成への移り変わりの頃に実現したアメリカ、ドイツ、イギリスへの留学は、私にとって何物にも代え難いものになりました。それは、私の人生の転換点と表現すべきなのかも知れません。これを境に、研究から教育へと軸足を移すことになりました。また、これからはITが世界を動かすという予感も持てました。特に後者に関しては、留学先の大学で学生たちが、いくつもの文書を一つの画面で素早く処理し、課題解決に迫る様子に思わず興奮したことを覚えています。このとき、初めて「ウインドウズ」の意味が分かりました。また、日本の多くの企業が米国の大学に留学生を送り、世界の動きを把握しようとしていることも初めて知りました。幾つかの感動する場面を映像に記録し、学生たちに伝えようとしましたが、長く活用することはできませんでした。映像機器に限らず、IT技術を活用してのより高品質な製品の開発競争によるシステム変更の結果でした。これも平成の特徴を表しています。私にとって平成は、充実の時代でしたが、日本にとっては、お家芸としていた「物作り」が賃金の安い国々に取って代わられ、それに代わる未来を先取りする「もの」を示せなかった時代だったのかも知れません。

 そして、令和の幕開けです。何が求められているのでしょうか。よく先が見えない時代、また、ITが人間に取って代わる時代と言われます。しかし、私は、「人を作る」ことを忘れなければ、将来は明るいと思います。「物作り」が順調だった頃は、特に意識しなくても考え方や技術が受け継がれてきました。つまり、次の時代を背負う人材が育っていました。しかし、これからは不確かな時代を見据えて、計画的に「人を作る」ことに取り組むべきだと思います。大学はその重要な役割を果たす教育機関になります。

 本学は、未来を担う人材にとってどのような資質や能力が必要かを追究し、それを教育システムとして具現化してきました。さらに、そのシステムの向上に教職員が一丸となって取り組んできました。その結果、卒業生からは「先生や事務職員の方々が身近な存在だった」との評価をもらっています。将来に向けた自分を作るために、本学に注目してみませんか。本学を肌で感じるためには、オープンキャンパスへの参加が最適です。是非どうぞ!

 本年度のオープンキャンパスは、次の日程で開催されます。詳しくは、ホームページをご覧下さい。
 令和元年7月21日(日)、 8月4日(日)、 8月25日(日)

安東副学長メッセージ

夢と笑顔とcompassionあふれる学園に

副学長
安東 由喜雄
副学長 安東 由喜雄

 平成31年4月より本学副学長および薬学部、アミロイドーシス病態解析学、教授に就任いたしました安東由喜雄でございます。前任地の熊本大学では医学部脳神経内科教授、医学部長を務めて参りました。熊本市は海の見えない盆地でしたが、長崎、佐世保はアジアに開けた海を持つ、国際色豊かな都市であり、そうした新天地で教鞭をとることができますのは望外の喜びであります。

 Compassionという言葉は、パッション(情熱)を共に持つという語源から、「共感、思いやり、優しさ」などと訳しますが、ブログ、メール、2チャンネルなどを通じて人を貶める、赤の他人を中傷する、パワハラ、セクハラ、マタハラなどで隣人を痛めつけることが横行するような、いわば社会全体がせっかちになり、常に拳を振り上げて誰かを陥れようと待っている時代に、我々が常に心に持っておくべき最も必要な言葉はこのcompassionという単語、思いかもしれません。

 本学は茶道を教養科目に取り入れているユニークな大学ですが、茶道の修練の過程で学ぶべきコンセプトはまさに和敬静寂の精神のもとに日本特有の「おもてなしの心」、さらにはcompassionを学ぶことだと心得ております。4年あるいは6年間の学園生活の中で、常にこの言葉を忘れず、常に笑顔を忘れず、生涯の友をはぐくみ、進むべき人生の方向性を探っていっていただきたいと願っております。

 「少年老いやすく学成り難し」という言葉が示すように、大学生活は長いようで、人生の中にあってはあっという間に過ぎ去るひと時です。悔いのない学園生活を送るためには、吉田松陰が言うように、夢を持ち、それに向けた計画を立て、それをつぶさに実行に移し、成功に導く努力を続けていただきたいと思います。

 夢なき者に理想なし/理想なき者に計画なし/計画なき者に実行なし/実行なき者に成功なし/故に、夢なき者に成功なし(吉田松陰)。

 私自身もこの佐世保で新たな夢をはぐくみ、皆さんとともに計画を立て、ともに歩んで参りたいと希っております。

 現代社会の流れはますます速くなり、それに比例するかのように問題も加速度的に増えていっているかに見えます。グローバルレベルでみても、温暖化の問題、紛争やテロ、貧困や格差、差別や人権の抑圧など解決しなければならない問題は山済みされていますが、人類が直面する最も深刻な問題はAIの進化であろうと思います。私の専門の医学の世界も、あと10年もしないうちに、AIの開発により、画像診断、臨床検査、病理検査など検査医学の主体はAIにとってかわられると考えられていますが、最も深刻な問題は、2045年、singularity (技術的特異点)元年がやってくるということかもしれません。シンギュラリティとは、未来学者のレイ・カーツワイル氏が提唱した言葉で、「AIの知性(性能)が人類を超える時点」を指す言葉です。この時点を超えると、AIはAI自身でより賢いAIを作っていくといわれており、この段階でAIは、人間と知性においても区別できないレベルにまで発達すると考えられています。これには否定的な意見もかなりありますが、少なくとも今より遥かに賢いAIが登場していることだけは間違いない事実であろうと考えます。

 その時われわれ人間が旨としなければならないことは何か。それは、我々人間が少なくとも「こころ」という点においてAIに負けないものを持っているということであろうと考えます。大学生活の中で、良い本を読み、心揺さぶられる映画を見て、恋もし、人生を考え謳歌し、生涯の伴侶を見つけ、AIに負けない人間性、見識を養っていってほしいと心から願っております。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
PAGE TOP
...loading