menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

ツバメの巣

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 本学の図書館の玄関に通じる小さな階段に3つのツバメの巣があります。登り口の天井近くに昨年からある巣には、5月の連休前に2羽のツバメがやってきました。そして、5羽の雛を育て6月始めに巣離れをしていきました。餌が欲しいというやかましい鳴き声がしなくなったので上を眺めれば、雛の姿は見えず、校庭に張られたロープの上に仲良く並んでいました。そして、飛ぶ練習をするかのように校庭の上空を飛んではロープで一休みすることを繰り返していましたが、その1日か2日後には、姿が見えなくなりました。雛の鳴き声に満ち溢れていた巣は寂しそうです。

 その巣立ちの数日前から階段の踊り場の壁に、別の2羽が土をつけ始めました。1週間くらいで巣を完成させ、その後、巣の中に1羽がじっとしているようになりました。6月の半ば頃、巣の中に黒いものが動くのが見えたので、「雛がかえったんだ」と喜んだのですが、餌をねだる声が一向に大きくなりません。ある日、気になって様子をうかがっていると、親鳥らしいツバメが餌をくわえて巣の近くに来るのですが、巣の中からは反応はありません。2度、3度と餌をくわえたツバメは巣に近づき、時には昆虫をくわえたまま近くの窓枠に止まりますが、巣は静まり返ったままでした。きっと雛が巣から奪われたに違いありません。しばらくは、ツバメを巣の近くで見かけましたが、そのうちいなくなりました。誰が、雛を奪ったのかは定かではありません。人間でないことを祈るのですが、一部が欠けた巣だけが、残りました。巣作りに励み、卵を温め、雛の顔を見、餌を運び始めていた親鳥は、非常に悲しい想いをしたことと思います。気を取り直し、どこかで巣作りにチャレンジしてくれればいいのですが。

 校庭にツバメを見かけることが少なくなった6月下旬、踊り場手前の階段の上に2羽が土を運び始め、あっという間に巣を完成させました。現在は、羽の一部が見えるのみです。羽の下には、きっと卵があると思います。卵が無事にふ化し、丈夫に巣立っていって欲しいなと思いつつ見上げています。

 このように、近代的なビルの中で自然を感じられる貴重な空間ですが、「汚れる」、「衛生的でない」との声も聞こえてきます。人間社会を最優先した考え方から発せられた言葉と思います。しかし、共生が現代社会のキーワードです。また、SDGs(持続可能な開発目標、2030年までに達成すべき17の目標)が、世界共通の目標になっています。日本が達成していると評価されたのは、17の目標のうちの1つ(目標4:質の高い教育をみんなに)のみです。そして、2018年に発表されたSDGs達成ランキングにおいては、日本は156か国中15位にとどまっています。SDGsに敏感な国、その達成に全国民が取り組んでいる国と評価されて初めて、豊かな国への一歩が踏み出せるのではないでしょうか。

 日本では非常に身近なはずの「海の豊かさを守ろう」、「陸の豊かさも守ろう」という目標の達成もなされていません。歴史的に自然との共生を優先してきたのが、日本の文化だと思います。その伝統を尊重することによって日本の社会は安定し、心豊かになるのではないでしょうか。共生は、強い者が弱いものに手を差し伸べ、お互いが少しずつ譲り合って一緒にスクラムを組むことから始まります。そういう意味では、ツバメの子育ての期間中、温かく見守るのが我々の務めと思います。糞の汚れは、新聞紙を敷き、取り換えることで少なくすることができます。その苦労よりも親鳥の愛情豊かな雛への態度によって、忘れがちな暖かい心を呼び起こすこともできます。

 本学は、ホームページで「ホスピタリティの獲得」を掲げています。これは、多様性に理解を示し、どのような時であっても相手を敬う心を育成しますとの宣言です。これは、SDGsの達成にも欠かせません。7月と8月に行われるオープンキャンパスに家族と一緒に来られ、その教育を肌で感じていただければと思います。

 オープンキャンパスは、次の日程で行われます。多数のご来学をお待ちしています。

2019年 夏のオープンキャンパス日程

7月21日(日)、8月4日(日)、8月25日(日)

安東副学長メッセージ

夢と笑顔とcompassionあふれる学園に

副学長
安東 由喜雄
副学長 安東 由喜雄

 平成31年4月より本学副学長および薬学部、アミロイドーシス病態解析学、教授に就任いたしました安東由喜雄でございます。前任地の熊本大学では医学部脳神経内科教授、医学部長を務めて参りました。熊本市は海の見えない盆地でしたが、長崎、佐世保はアジアに開けた海を持つ、国際色豊かな都市であり、そうした新天地で教鞭をとることができますのは望外の喜びであります。

 Compassionという言葉は、パッション(情熱)を共に持つという語源から、「共感、思いやり、優しさ」などと訳しますが、ブログ、メール、2チャンネルなどを通じて人を貶める、赤の他人を中傷する、パワハラ、セクハラ、マタハラなどで隣人を痛めつけることが横行するような、いわば社会全体がせっかちになり、常に拳を振り上げて誰かを陥れようと待っている時代に、我々が常に心に持っておくべき最も必要な言葉はこのcompassionという単語、思いかもしれません。

 本学は茶道を教養科目に取り入れているユニークな大学ですが、茶道の修練の過程で学ぶべきコンセプトはまさに和敬静寂の精神のもとに日本特有の「おもてなしの心」、さらにはcompassionを学ぶことだと心得ております。4年あるいは6年間の学園生活の中で、常にこの言葉を忘れず、常に笑顔を忘れず、生涯の友をはぐくみ、進むべき人生の方向性を探っていっていただきたいと願っております。

 「少年老いやすく学成り難し」という言葉が示すように、大学生活は長いようで、人生の中にあってはあっという間に過ぎ去るひと時です。悔いのない学園生活を送るためには、吉田松陰が言うように、夢を持ち、それに向けた計画を立て、それをつぶさに実行に移し、成功に導く努力を続けていただきたいと思います。

 夢なき者に理想なし/理想なき者に計画なし/計画なき者に実行なし/実行なき者に成功なし/故に、夢なき者に成功なし(吉田松陰)。

 私自身もこの佐世保で新たな夢をはぐくみ、皆さんとともに計画を立て、ともに歩んで参りたいと希っております。

 現代社会の流れはますます速くなり、それに比例するかのように問題も加速度的に増えていっているかに見えます。グローバルレベルでみても、温暖化の問題、紛争やテロ、貧困や格差、差別や人権の抑圧など解決しなければならない問題は山済みされていますが、人類が直面する最も深刻な問題はAIの進化であろうと思います。私の専門の医学の世界も、あと10年もしないうちに、AIの開発により、画像診断、臨床検査、病理検査など検査医学の主体はAIにとってかわられると考えられていますが、最も深刻な問題は、2045年、singularity (技術的特異点)元年がやってくるということかもしれません。シンギュラリティとは、未来学者のレイ・カーツワイル氏が提唱した言葉で、「AIの知性(性能)が人類を超える時点」を指す言葉です。この時点を超えると、AIはAI自身でより賢いAIを作っていくといわれており、この段階でAIは、人間と知性においても区別できないレベルにまで発達すると考えられています。これには否定的な意見もかなりありますが、少なくとも今より遥かに賢いAIが登場していることだけは間違いない事実であろうと考えます。

 その時われわれ人間が旨としなければならないことは何か。それは、我々人間が少なくとも「こころ」という点においてAIに負けないものを持っているということであろうと考えます。大学生活の中で、良い本を読み、心揺さぶられる映画を見て、恋もし、人生を考え謳歌し、生涯の伴侶を見つけ、AIに負けない人間性、見識を養っていってほしいと心から願っております。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • ドクター安東の「恋と映画と健康と」
PAGE TOP
...loading