menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

新入生の歓声で満ち溢れるキャンパスからのお誘い

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 春の華やかさを演出したサクラに代わって、色とりどりのツツジが咲き誇り、道行く人の目を楽しませてくれています。大学にも春がやってきました。4月3日に行われた入学式では、555人の新入生が本学の門をくぐり、大学での授業に真剣に取り組み始めています。

 高校までは、入学時には所属するクラスが決められており、その教室で担任の先生と初めて顔を合わせ、時間割をもらって、「さー、勉強頑張りなさい」と声をかけられるのが一般的ですが、大学では、新入生は自分の時間割を決めることから始めなければなりません。たくさんの授業科目の中から所属する学科のルールに従って、まず必ず受講しなければならない必修科目を時間割に配置し、その後、空欄となっている時間割に、資格取得に必要な科目や自分が受けてみたい科目を選んで、配置していきます。大学の授業時間は90分で、これを通常1コマと呼んでいますが、月曜日から土曜日までの約30コマをどのように埋めていくかは新入生一人ひとりの考え方次第です。土曜日には授業を入れたくない人、朝1コマ目を避けたい人、午後4時以降のコマに科目を入れないで部活しようと思う人、まさしく人それぞれです。しかし、そう簡単にいかないのも現実です。必修科目が1コマ目に指定されていることもあれば、受けたい科目が土曜日にしか開かれていないこともあります。幾つかの妥協を経て、時間割は完成されていきます。これを大学事務局に届けるものの、これでいいのかなと悩みながら、大学での一歩を踏み出すことになります。

 一方、生まれ育った家庭を離れ一人暮らしや寮生活を始める新入生も多くいます。慣れない環境の下、毎日の食事や通学方法など自分で決め、確実に実行していかなければなりません。ここでも、これでいいのかなという思いがついて回ります。私も高校卒業とともに家庭を離れ、一人暮らしを始めました。現在のようにコンビニに行けば必要なものが手に入るという時代ではなく、食材の入手方法から悩みました。両親に弱音を吐くこともできず、色々と考えた結果、大学の食堂を私の食卓にすることにしました。今思えば知恵の無い話です。

 このように、入学後の様々な場面で決断を迫られ、不安の多い新入生時代でしたが、何故か大学へ通う足取りは軽く感じました。授業も面白く、最初のうちは打ち解けませんでしたが、5月の声を聴く頃には友達もでき、大学生活が非常に楽しく感じられたものです。本学の新入生も丁度その時期にあるようです。4月当初静かだったキャンパスのあちこちで明るい歓声が聞こえるようになりました。彼らの不安は決して消えたわけではないと思います。しかし、それを忘れさせる楽しさやワクワク感が生まれているのだと思います。

 こうありたいという夢に向かう時間は、日常を忘れさせてくれるとともに、不安の解消や課題の解決への力を与えてくれるものです。不安が消え、課題が解決するたびに人は成長します。歩幅は大きくなくてもこの時期の歩みは、確実に新入生を成長させています。このように考えると入学直後の1~2か月間は、夢実現への基礎固めの時期であり、大きく成長する布石となります。本学はこの期間を非常に大切な時間と捉え、新入生と教員や事務職員との距離を短くし、新入生が夢実現に一歩踏み出すことができる環境を作るための授業に力を入れています。

 4月に入ってから図書館に通じる階段の上に二羽のツバメが巣作りを始めました。今、その巣を見上げると尾羽根が見えます。きっと卵を温めていることと思います。いずれ、雛が生まれ、巣立っていくことでしょう。雛が巣の中で成長し旅立つように、本学は新入生一人ひとりが成長し、夢実現を果たすまで、くつろぎながら学修に専念できる巣としての役割、そして、成長を支える親鳥の役割を果たそうと決意しています。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading