HOME > 大学総合 > 教員・研究者 > 教員・研究紹介

教員・研究紹介

田中 宏光(たなか ひろみつ)准教授

所属
薬学部 薬学科
専門分野
分子生物学
研究テーマ
生殖細胞分化の分子メカニズム
担当科目
教養セミナーA・B、基礎の生物学(観光・福祉クラス、15/15コマ)、分子生物学(8/15コマ)、ゲノム創薬学(6/15コマ)、細胞生物学Ⅱ(7/15コマ)、薬学英語(2/15コマ)、基本科学実習(分担)、微生物学実習(分担)、演習(分担)
所属学会
日本分子生物学会、日本発生生物学会、日本アンドロロジー学会、日本実験動物学会、日本生殖医学会、国際アンドロロジー学会、The Society for the Study of Reproduction、日本薬学会、

国際科学雑誌 Advances in Sexual Medicine
(Scientific Research Publishing), Editorial Board

国際科学雑誌 Cell Biology
(Science Publishing Group), Editorial Board

国際科学雑誌 American Journal of Life Sciences
(Science Publishing Group), Editorial Board

国際科学雑誌 Journal of Medical Disorders
(Herbert Publications), Editorial Board

国際科学雑誌 International Journal of Reproduction , Fertility & Sexual Health(IJRFSH)(SciDoc Publishers), Editorial Board

国際科学雑誌 Journal of Pathology & Microbiology(Austin Publishing Group), Editorial Board

国際科学雑誌 SRL Pathology (SciRes Literature), Editorial Board

国際科学雑誌 AUSTIN ANDROLOGY (Austin Publishing Group), Editorial Board
研究室
薬学棟P206号室(分子生物学)
連絡先
TEL:0956-20-5611(薬学事務室)
E-mail
h-tanaka
URL
http://www.niu.ac.jp/~pharm1/lab/molecular_biology/index.html
田中 宏光(たなか ひろみつ)准教授

プロフィール

1987年 大阪市立大学理学部卒
1989年 大阪教育大学教育学部修了
1989-1990年 大阪市立新船場高等学校 常勤講師
1993年 京都薬科大学 生命薬学研究所
博士課程修了、学位取得
1993-1994年 大阪大学 微生物病研究所 谷口奨学生
1994年 大阪大学 微生物病研究所 助手
2005-2007年 大阪大学 イノベーションセンター タナカプロジェクト リーダー
2007年 大阪大学 微生物病研究所 助教
2008年 長崎国際大学 薬学部 准教授

研究紹介

生殖細胞の役割

生物個体は、ヒトはヒト、ねずみはねずみ、昆虫は昆虫としてその一生を終えます。地球の様々な環境で栄えてきた生物の系譜は生殖細胞を通して連綿と伝えられてきました。生殖細胞だけが、精子と卵子に分化し、受精を通して次世代の個体に遺伝子の伝達を行ないます。生殖細胞の分化過程にのみ含まれる減数分裂では、両親から伝えられた遺伝子は交雑され、かつ各染色体を無作為に分配します。これにより遺伝情報は、多様化に向かうだけでなく、変異のない遺伝子セットをもった配偶子が受精・選択されることにより種を維持することになります。その他にも、生殖細胞分化には地球上の多種多様な生物を生み出してきた仕掛けが存在します。私たち人間が地球上に生まれてきた仕掛けは生殖細胞の分化の研究から明らかにされると考えます。これからの持続可能な人間の繁栄に積極的に行動するためにも、私達人間が地球上に生まれてきた仕組みを知ることは非常に重要だと考えます。
(詳細)http://www.geocities.jp/magical_yellow_boots/st.htm

教育活動

こちらへ http://niupr.jp/course/yaku/teachers/detail.php?id=189

<客員・兼任・非常勤講師等>
大阪大学微生物病研究所 招聘研究員 2008~
九州大学生物資源環境科学府 非常勤講師 集中講義 2015
株式会社リプロム ReproM, Inc. 代表 2016~
http://www1.niu.ac.jp/reprom/



研究活動

こちらへ http://www.geocities.jp/magical_yellow_boots/

<2016年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 基盤C 代表
「IVFの受精率を上げるフラボノイドの作用機序の解明」
②大阪大学共同研究 代表
「生殖細胞特異的モノクローナル抗体TRA98の抗原同定と抗原分子の機能解析」

<2015年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 基盤C 代表
「遺伝子診断にもとづいた治療薬の開発」
②大阪大学共同研究 代表
「精原細胞特異的遺伝子破壊マウスの確立とその形質解析」

<2014年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 基盤C 代表
「遺伝子診断にもとづいた治療薬の開発」
②文部科学省 科学研究費補助金 挑戦的萌芽 分担
「生殖細胞特異的に反応するTRA98の抗原遺伝子の同定とその解析」
③大阪大学共同研究 代表
「精子細胞特異的に発現する遺伝子破壊マウスの確立と精子受精の解析」

<2013年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 基盤C 代表
「遺伝子診断にもとづいた治療薬の開発」
②文部科学省 科学研究費補助金 挑戦的萌芽 分担
「生殖細胞特異的に反応するTRA98の抗原遺伝子の同定とその解析」
③アスビオファーマ株式会社(共同研究) 代表
④大阪大学共同研究 代表
「精子細胞特異的に発現する遺伝子破壊マウスの確立と精子受精の解析」

<2012年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 特定領域「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」(公募) 代表
「受精・発生を支える精子細胞特異的に発現する遺伝子の欠失マウスの解析」
http://www.brc.riken.go.jp/lab/mcd/germline/index.html
②文部科学省 科学研究費補助金 基盤C 代表
「非侵襲的男性不妊症診断法及び治療法の確立」
③文部科学省 科学研究費補助金 挑戦的萌芽 分担
「生殖細胞特異的に反応するTRA98の抗原遺伝子の同定とその解析」
④アスビオファーマ株式会社(共同研究) 代表
⑤大阪大学共同研究 代表
「精子細胞特異的に発現する遺伝子破壊マウスの確立と精子受精の解析」

<2011年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 特定領域「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」(公募) 代表
「受精・発生を支える精子細胞特異的に発現する遺伝子の欠失マウスの解析」
http://www.brc.riken.go.jp/lab/mcd/germline/index.html
②文部科学省 科学研究費補助金 基盤C 代表
「非侵襲的男性不妊症診断法及び治療法の確立」
③アスビオファーマ株式会社(共同研究) 代表
④大阪大学共同研究 代表
「精子細胞特異的に発現する遺伝子破壊マウスの確立と精子受精の解析」

<2010年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 特定領域「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」(公募) 代表
「受精・発生を支える精子細胞特異的に発現する遺伝子の欠失マウスの解析」
http://www.brc.riken.go.jp/lab/mcd/germline/index.html
②文部科学省 科学研究費補助金 基盤C 代表
「非侵襲的男性不妊症診断法及び治療法の確立」
③アスビオファーマ株式会社(共同研究) 代表

<2009年度>
①文部科学省 科学研究費補助金 特定領域「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」(公募) 代表
「受精・発生を支える精子細胞特異的に発現する遺伝子の欠失マウスの解析」
http://www.brc.riken.go.jp/lab/mcd/germline/index.html
②アスビオファーマ株式会社(共同研究) 代表

<2008年度>
①理化学研究所 バイオリソースセンター 代表
委託研究課題 遺伝子操作マウス系統の開発
「精子細胞特異的遺伝子群のKOマウス作成による男性不妊症原因の解明」
②アスビオファーマ株式会社(共同研究) 代表
③凸版印刷株式会社(共同研究) 代表



研究実績

原著論文

2007年度まではこちら

31. Tanaka H, Tsujimura A, Miyagwa Y, Oh D, Choi D, Wada M, , Nishimura H, Nishimune Y. Genetic variation in the testis-specific HASPIN gene encoding a serine/threonine protein kinase in infertile Japanese males, Advances in Sexual Medicine 6 In press (2016).

30. Tanaka H, Yoshimoto T, Nakamura N, Takeda T, Wada M, Miyagwa Y, Tsujimura A. SNPs within the Intron-less TAF7 Gene Encoding a General Transcription Factor in Japanese Males. Nagasaki Int Univ Rev 16, 197-201 (2016).

29. Tung HN, Shoyama Y, Wada M, Tanaka H. Two activators of in vitro fertilization in mice from licorice. Biochem Biophys Res Commun 467, 447-450 (2015).

28. Fujimoto K, Fujii G, Taguchi K, Yasuda K, Matsuo Y, Hashiyama A, Mutoh M,· Tanaka H, Wada M. Involvement of trefoil factor family 2 in the enlargement of intestinal tumors in ApcMin/+ mice. Biochem Biophys Res Commun 463, 859-863 (2015).

27. Okuda H, Kiuchi H, Takao T, Miyagawa Y, Tsujimura A, Nonomura N, Miyata H, Okabe M, Ikawa M, Kawakami K, Goshima N, Wada M, Tanaka H. A novel transcriptional factor Nkapl is a germ cell-specific suppressor of Notch signaling and is indispensable for spermatogenesis. PLoS One 10, e0124293 (2015).

26. Tanaka H, Tsujimura A, Miyagawa Y, Wada M. Discovery of a TEKTIN-t/TEKT2 Gene Variant Encoding Sperm Flagellar Protein in Japanese Males. Nagasaki Int Univ Rev 15, 167-173 (2015).

25. Matsubara Y, Kato T, Kashimada K, Tanaka H, Zhi Z, Ichinose S, Mizutani S, Morio T, Chiba T, Ito Y, Saga Y, Takada S, and Asahara H. TALEN-mediated gene disruption on Y Chromosome reveals Critical Role of EIF2S3Y in Mouse Spermatogenesis. Stem Cells Dev 24, 1164-1170 (2015).

24. Tanaka H, Tsujimura A, Miyagawa Y, Wada M. Genetic Variation in the Testis-Specific Poly(A) Polymerase Beta (PAPOLB) Gene Among Japanese Males. The Open Reprod Sci J 7, 1-4 (2015).

23. Miyagawa Y, Soda T, Takezawa K, Fukuhara S, Kiuchi H, Tanaka H, Nonomura N. Male Infertility and Single Nucleotide Polymorphisms of the Novel Sex-linked Testis-specific Retrotransposed PGAM4 Gene. J Urol 193:e990-e991 (2015).

22. Arroteia KF, Barbieri MF, Souza GH, Tanaka H, Eberlin MN, Hyslop S, Alvares LE, Pereira LA. Albumin is synthesized in epididymis and aggregates in a high molecular mass glycoprotein complex involved in sperm-egg fertilization. PLoS One 9:e103566 (2014).

21. Tung HN, Shoyama Y, Wada M, Tanaka H. Improved in vitro fertilization ability of mouse sperm caused by the addition of licorice extract to the preincubation medium. The Open Reprod Sci J 6, 1-7 (2014).

20. Tanaka H, Tsujimura A, Miyagawa Y, Wada M. Genetic Variation in the Testis-Specific GSG3/CAPZA3 Gene Encoding for the Actin Regulatory Protein in Infertile Males. Nagasaki Int Univ Rev 14, 269-274 (2014).

19. Okuda H, Tsujimura A, Kiuchi H, Matsuoka Y, Takao T, Takada S, Miyagawa Y, Tanaka H, Okamoto Y, Nonomura N. Standardized diagram improves diagnostic accuracy and variability in the identification of testicular cells prepared for testicular sperm extraction and intracytoplasmic sperm injection. Urology 82:589-594 (2013).

18. Tanaka,H, Tsujimura A, Miyagawa Y, Kohama Y, Aramaki Y, Araki Y, Wada M, Nishimune Y. Nucleotide Polymorphism Analysis of Testis-specific CETN1 in Human Male Infertility. The Open Androl J 5:1-5 (2013).

17. Fujimoto K, Fujii G, Mutoh M, Yasunaga M, Tanaka H, Wada M. Suppression of intestinal polyp development in ApcMin/+ mice through inhibition of P-glycoprotein using verapamil. Eur J Cancer Prev. 22:8-10 (2013).

16. Tainaka H, Takahashi H, Umezawa M, Tanaka H, Nishimune Y, Oshio S, Takeda K. Evaluation of the testicular toxicity of prenatal exposure to bisphenol A based on microarray analysis combined with MeSH annotation. J Toxicol Sci. 37:539-548 (2012).

15. Okuda H, Tsujimura A, Irie S, Yamamoto K, Fukuhara S, Matsuoka Y, Takao T, Miyagawa Y, Nonomura N, Wada M, Tanaka H. A Single Nucleotide Polymorphism within the Novel Sex-Linked Testis-Specific Retrotransposed PGAM4 Gene Influences Human Male Fertility. PLoS ONE 7:e35195 (2012).

14. Kurokawa S, Takehashi M, Tanaka H, Mihara H, Kurihara T, Tanaka S, Hill K, Burk R, Esaki N. Mammalian selenocysteine lyase is involved in selenoprotein biosynthesis. J Nutr Sci Vitaminol 57:298-305(2011).

13. Irie S, Nakamura J, Miyagawa Y, Tsujimura A, Okuda H, Yamamoto K, Fukuhara S, Yoshioka I, Hiroshi K, Matsuoka Y, Takao T, Nonomura N, Ikawa M, Tokuhiro K, Okabe M, Shibata T, Fujimoto K, Wada M, Tanaka H. Primary screening of single nucleotide polymorphisms in human calreticulin 3 (CALR3). The Open Androl J 3:30-35 (2011).

12. Takahashi H, Tainaka H, Umezawa M, Takeda K, Tanaka H, Nishimune Y, Oshio S. Evaluation of testicular toxicology of doxorubicin based on microarray analysis of testicular specific gene expression. J Toxicol Sci 36:559-567 (2011).

11. Nagai M, Moriyama T, Mehmood R, Tokuhiro K, Ikawa M, Okabe M, Tanaka H, Yoneda Y. Mice lacking Ran binding protein 1 are viable and show male infertility. FEBS Lett 585:791-796 (2011).

10. Irie S, Nakamura J, Tsujimura A, Miyagawa Y, Tanaka H. Single Nucleotide Polymorphisms of the IZUMO Gene in Male Infertile Patients. Nagasaki Int Univ Rev 10, 209-218 (2010).

9. Tokuhiro K, Isotani A, Yokota S, Yano Y, Oshio S, Hirose M, Wada M, Fujita K, Ogawa Y, Okabe M, Nishimune Y, Tanaka H. OAZ-t/OAZ3 is essential for rigid connection of sperm tails to heads in mouse. PLoS Genet 5: e1000712 (2009).

8. Miyagawa Y, Tsujimura A, Fukuhara S, Nakayama J, Kiuchi H, Hirai T, Matsuoka Y, Takao T, Irie S, Tokuhiro K, Tanaka H, Okuyama A. A Novel Clinical Entuty of Obstructive Azoospermia: Phenotypic Analysis of Testicular Germ Cell-spercific Gene MEICHROACDIN-Disrupted Mice and Genotypic Analysis of Human MEICHROACIDIN in Male Infertility Population. J Urol 181: 686 (2009).

7. Irie S, Tsujimura A, Miyagawa Y, Ueda T, Matsuoka Y, Matsui Y, OkuyamaA, Nishimune Y, Tanaka H. Single Nucleotide Polymorphisms in PRDM9 (MEISETZ) in Patients with Nonobstructive Azoospermia. J Androl 30: 426-431 (2009).

6. Ueda T, Manabe H, Keizo T, Hirose M, Matsuoka Y, Miyagawa Y, Tsujimura A, Fujita K, Wada M, Okuyama A, Tanaka H. Unique expression of encoding an acrosomal protein (ACPIN1) and salivary-specific protein (SAGSIN1) alternatively translated from two open reading frames on Acpin1 mRNA. Int J Urol 16: 639-646 (2009).

5. Ueda T, Miyagawa Y, Tsujimura A, Okuyama A, Tanaka H. Cloning and Characterization of a novel gene ACPIN1. Med J Osaka Univ 52:27-41,(2009).

4. Tokuhiro K, Miyagawa Y, H Tanaka. Characterizing mouse male germ cell-specific actin capping protein a3 (cpα3): Dynamic patterns of expression in testicular and epididymal sperm. Asian J Androl 10: 711-8. (2008).

3. Tokuhiro K, Hirose M, Miyagawa Y, Tsujimura A, Irie S, Isotani A,Okabe M, Toyama Y, Ito C, Toshimori K, Takeda K, Oshio S, Tainaka H, Tsuchida J, Okuyama A, Nishimune Y, Tanaka H. Meichroacidin containing the MORN motif is essential for spermatozoa morphogenesis. J Biol Chem 283:19039-19048 (2008).

2. Matsuoka Y, Miyagawa Y, Tokuhiro K, Kitamura K, Iguchi N, Maekawa M, Takahashi T, Tsujimura A, Matsumiya K, Okuyama A, Nishimune Y, Tanaka H. Isolation and Characterization of the Haploid Germ Cell-Specific Smrp1 Gene for a Novel Manchette Protein in the Mouse. Mol Reprod Dev 75:967-975 (2008).

1. Yamada K, Akiyama N, Yamada S, Tanaka H, Saito S, Hiraoka M, Kizaka-Kondoh S. Taip2 is a novel cell death-related gene expressed in the brain during development. Biochem Biophys Res Commun 369:426-431 (2008).

著書・総説等

2007年度まではこちら

2. Tung HN, Tanaka H, Tsujimura A, Miyagawa Y, Wada W, Fujii S, Uto T, Shoyama Y. In vitro Fertilization with Mouse Sperm Activated by Components of Licorice Root Extract. Nat Prod Chem Res 4 :217 (2016).

1. Tanaka H. Fertile ground. International INNOVATION 153:60-62 (2014).

特許出願・取得

<特許取得>
○ 2012年2月9日(出願日)
特許第5804379号
人工授精用培地及び同人工授精用培地を用いた人工授精方法並びに妊娠促進剤

○ 2011年7月18日(出願日)
特許第5578682号
人工授精用培地及び同人工授精用培地を用いた人工授精方法

○ 2009年3月25日(出願日)
特許第5713351号
PCT/JP2010/001850
妊孕性診断方法、妊孕性診断キット、ポリヌクレオチド、ポリペプチド、及び抗体

○ 2009年1月7日(出願日)
特許第5493359号
方法、キット、ポリヌクレオチドの妊孕可能性の推定又不妊症の原因の同定のための使用、ポリペプチドの妊孕可能性の推定又は不妊症の同定のための使用、及び抗体

○ 2008年1月28日(出願日)
特許第4276691号
男性不妊症関連遺伝子プロタミンー2変異と男性不妊の診断法
日本及び韓国

○ 2008年1月28日(出願日)
特許第4229973号
男性不妊症関連遺伝子Scot-t変異と男性不妊の診断法
日本及び韓国

○ 2005年2月10日(出願日)
特許第4417273号
精子活性化剤および精子不活性化剤

○ 2005年6月2日(発行日)
特許2003-568082 WO2003/068969
マウス精子形成遺伝子とヒト男性不妊関連遺伝子、ならびにこれらを用いた診断システム
CA  CN  JP  KR  US  EP(ヨーロッパ特許機構)

 

国際的な学術会議/シンポジウムその他

○ 2016年3月
第21回関東アンドロロジーカンファレンス/東京
特別講演「精子細胞特異的遺伝子の多型解析とIVFに効果のある生薬成分の臨床応用」
○ 2016年2月
7th International Sciences Conference on Applied Sciences and Engineering / Dubai. Male infertility and single nucleotide polymorphisms of the testis-specific succinyl CoA:3- oxoacid CoA transferase (SCOT-T/OXCT2) gene in Japanese.
○ 2015年6月
アンドロロジー学会第34回学術大会 共催第22回 精子形成・精巣毒性研究会/福岡 教育講演「精子細胞特異的遺伝子のSNPディスカバリーと臨床応用」
○ 2013年5月
国立成育医療研究センター研究所「男性不妊症の遺伝子診断にもとづいた治療薬の開発」
○ 2013年5月
BIOtech2013/東京 「男性不妊症遺伝子診断と治療薬の開発」
○ 2012年11月
特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」第5回公開シンポジウム/京都 「生殖細胞核特異的に反応するmAb TRA98の抗原同定」
○ 2012年10月
Next Generation Sequencing Asia Congress/ Singapore. Male infertility and single nucleotide polymorphisms of the human testis-specific PGAM4 gene on X chromosome.
○ 2011年11月
特定領域研究「生殖系列の世代サイクルとエピゲノムネットワーク」第4回公開シンポジウム/大阪 「精子細胞特異的遺伝子phosphoglycerate mutase 4 (PGAM4)の解析」
○ 2010年12月
International Symposium on “Epigenome Network, Development and Reprogramming of Germ Cells/Fukuoka. Analysis of haprin deficient mouse and its sperm activity.
○ 2010年6月
11th International Symposium on Spermatology/Okinawa. Analysis of the sperm tail and head in OAZ-t deficient mouse.



社会活動

○ 2015年12月
第98回川崎企業家オーディションビジネス・アイデアシーズ市場
かわさきビジネス・アイデアシーズ賞受賞
http://www.kawasaki-net.ne.jp/bizidea/idea98/entry9814.html
○ 2015年9月
教員免許状更新講習会
○ 2014年9月
教員免許状更新講習会
○ 2014年 8月
平成26年度文部科学省 サイエンスパートナーシッププログラム
「味覚の遺伝子診断―オーダーメード医療とは―」
(猶興館高校・佐世保北高校・長崎国際大学)
○ 2013年 8月
平成25年度文部科学省 サイエンスパートナーシッププログラム
「遺伝子操作を体験―光る大腸菌と光るマウスー」
(猶興館高校・佐世保北高校・長崎国際大学)
○ 2012年9月
教員免許状更新講習会
○ 2012年 8月
平成24年度文部科学省 サイエンスパートナーシッププログラム
「遺伝子操作を体験―光る大腸菌と光るマウスー」(猶興館高校・長崎国際大学)
○ 2012年 1月
人工授精用培地及び同人工授精用培地を用いた人工授精方法について西日本新聞(2012年1月4日)に紹介され、その後全国各紙で紹介された。
http://www1.niu.ac.jp/topics/course/2012/4940.html
○ 2011年9月
教員免許状更新講習会
○ 2011年 8月
平成20年(わ)第3297号 殺人未遂被告事件 鑑定意見書 作成・採用
○ 2011年 8月
平成23年度 猶興館高校・長崎国際大学コラボレーション
「薬学サマースクール/薬を作る、使う」(猶興館高校・長崎国際大学)
○ 2010年 8月
平成22年度文部科学省 サイエンスパートナーシッププログラム
「身近な薬 薬学に迫る」(猶興館高校・長崎国際大学)
○ 2009年 8月
平成21年度文部科学省 サイエンスパートナーシッププログラム
「身近な薬 薬学にふれる」(猶興館高校・長崎国際大学)
○ 2009年 7月
市民公開講座 コレステロール、中性脂肪と健康
「エネルギー代謝と精子形成 男性不妊症の現状」
○ 2009年 2月
学術研究報告会 長崎国際大学
「精子細胞特異的遺伝子群解析とその臨床応用」
○ 2008年 11月
下村脩先生 ノーベル化学賞受賞に関するコメント
「GFP蛋白質とは? 下村先生の業績について」(TVS テレビ佐世保 放映)
○ 2008年 10月
長崎国際大学公開講座
「再生医療の展開」

各種委員・役員等

○ 長崎国際大学動物実験委員会/副委員長 (2009~ )
○ 長崎国際大学薬学部共同機器委員会/委員 (2009~ )
○ 長崎国際大学 入試・募集委員会/入学試験作成委員 (2009, 2011)
○ 長崎国際大学薬学部 学生委員会/委員 (2012~)
○ 長崎国際大学薬学部 安全管理委員会/委員 (2012,2013)