menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

熊谷 賢哉 (くまがい けんや)教授

熊谷 賢哉

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

運動生理学

研究テーマ

高齢者の健康の維持増進に対する運動の効果

担当科目

〔学部〕教養セミナーA・B、スポーツ実習A~D、在宅医療概論、健康科学、運動生理学、トレーニング論、レクリエーション活動研究、マリンスポーツⅡ、海外観光研修、専門演習ⅠA~ⅢB、卒業研究
〔大学院修士課程〕地域スポーツ特講、事例研究(地域スポーツ)

所属学会

・日本体育学会・日本体力医学会・アメリカスポーツ医学会(ACSM)

研究室

研究棟420号室

連絡先

E-mail

kumagai

URL

プロフィール

1995年 東京都立大学工学部電子情報学科卒業
1997年 東京都立大学理学研究科修士課程生物学専攻修了【修士(理学)】
2000年 東京都立大学理学研究科博士課程生物学専攻修了【博士(理学)】
2001年 長崎国際大学人間社会学部社会福祉学科専任講師
2008年 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科准教授
2011年 長崎国際大学人間社会学部国際観光学科教授

研究紹介

豊かな老後のためには

我が国の高齢者人口は急速に増え続け、2015年には4人に1人が65歳以上になると予想されています。こうした時代に生きる私達の願いは、何歳になっても自分の足で立ち、自由に歩き回って、様々なことを不自由なく行いたい(サクセスフル・エイジング)ということではないでしょうか?サクセスフル・エイジングを実現するためには、高齢者が日常生活から健康の維持・増進(健康づくり)に努めていくことがとても大切です。高齢者の健康づくりには、運動や栄養はもとより、睡眠などの休養も不可欠であると言われています。我々は健康の維持・増進に、より効果的な運動プログラムを検討することをテーマにしています。また、地域高齢者に対して、健康づくりのための理論と実践を提供することにより、その人たちの健康の維持・増進をはかり、さらには豊かな老後をおくれるように支援することをテーマとしています。

研究活動

科研費、競争的資金

・運動による高齢者の転倒防止および健康促進~生涯スポーツへの可能性. 文部科学省科学研究費補助金(若手研究B)、2002-2004. 熊谷賢哉

社会活動

社会貢献・地域連携

・ 障害者スポーツへの取り組みについて. 長崎県体育指導委員連絡協議会(諫早・大村・北高地区)、2001
・ 障害者スポーツへの取り組みについて. 長崎県体育指導委員連絡協議会(県北地区)、2002
・ 80歳を過ぎても健康でいきいき生活. 公民館講座(鹿町町教育委員会主催)、2003
・ 健康と運動. 公民館講座(小佐々町教育委員会主催)、2006
・より良いスポーツ指導者になるために. 教員免許状更新講習(長崎県教員免許状更新講習連絡協議会)、2009
・ニュースポーツの紹介(長崎県体育指導委員連絡協議会)、2010
・筋力強化と予防のトレーニングについて. 教員免許状更新講習(長崎県教員免許状更新講習連絡協議会)、2011

研究実績

著書

・Skeletal muscle mechanics (Edited by Walter Herzog). 19: The length-force characteristics of human gastrocnemius and soleus muscles in vivo. John Wiley & Sons. 327-341, 2000. Yasuo Kawakami, Kenya Kumagai, Peter A. Huijing, Takao Hijikata and Tetsuo Fukunaga
・最新健康科学概論. 朝倉書店. 82-88, 2005. 共著

原著論文

・Sprint performace is related to muscle fascicle length in male 100-m sprinters. J. Appl. Physiol. 88 : 811-816, 2000. Kenya Kumagai, Takashi Abe, William F. Brechue, Tomoo Ryushi, Susumu Takano and Masuhiko Mizuno
・Fascicle length of leg muscles is greater in sprinters than distance runners. Med. Sci. Sports Exerc. 32 : 1125-1129, 2000. Takashi Abe, Kenya Kumagai and William F. Brechue
・Effect of resistive knee extension training on postural control measures in middle aged and elderly persons. Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science. 19 : 143-149, 2000. Tomoo Ryushi, Kenya Kumagai, Hideki Hayase, Takashi Abe, Kouichi Shibuya and Akira Ono
・Fat-free mass is related to one-mile race performance in elite standerbred horses. Veterinary Journal. 163 : 223-225, 2002. Charles F. Kearns, Kenneth H. Mc Keever, Kenya Kumagai and Takashi Abe
・皮下脂肪量の局所的変化に及ぼす筋力トレーニングの影響. 臨床スポーツ医学, 15: 1171-1175, 1998. 倉田 順子, 熊谷 賢哉, 安部 孝
・高齢者における下肢筋力と多方向 functional reach の関係. 体育測定評価研究, 1: 119-126, 2001. 小野 晃, 琉子 友男, 石川 成道, 渋谷 公一, 岩下 聆, 熊谷 賢哉
・足関節底屈最大筋力発揮後のヒラメ筋および腓腹筋の筋酸素動態差. 体育測定評価研究, 1: 127-132, 2001. 石川 成道, 琉子 友男, 下山 方子, 小野 晃, 熊谷 賢哉
・総合型地域スポーツクラブへの参加が地域住民の健康に及ぼす影響について,長崎国際大学論叢, 6: 9-16, 2005. 熊谷 賢哉
・身体各部における皮下脂肪横断面積の推定−皮下脂肪量の局所的変化の可能性について考える−. 長崎国際大学社会福祉学会研究紀要, 2: 33-40, 2005. 熊谷 賢哉, 七種 和恵
・中高年男性の日常生活における身体活動が骨量に及ぼす影響について. 長崎国際大学社会福祉学会研究紀要, 4: 45-53, 2008. 熊谷 賢哉, 松尾 順一郎
・大学男子ラグビー選手における栄養調査. 環太平洋大学研究紀要, 3: 119-123, 2010. 飯出一秀, 宮本徳子, 押方玲香, 野嶋義文, 永田純美, 村上美絵, 西口聡, 熊谷賢哉, 宮原恵子, 今村裕行
・測定姿勢が超音波Bモード法による筋厚の測定に与える影響. 長崎国際大学論叢, 11: 1-7, 2011. 熊谷賢哉

学会発表

・Architectural and fuctional changes in skeletal muscles by resistance training. 45th ACSM annual meeting, Orlando, 1998. Kenya Kumagai, Takashi Abe and Tomoo Ryushi
・Sprint performance is related to muscle fascicle length in male 100m sprinters. 46th ACSM annual meeting, Seattle, 1999. Kenya Kumagai, Takashi Abe, William F. Brechue, Masuhiko Mizuno and Tomoo Ryushi
・Muscle fascicle length is greater in sprinters than long-distance runners. 46th ACSM annual meeting, Seattle, 1999. Takashi Abe, Kenya Kumagai and William F. Brechue
・Effect of muscle fascicle length on force-velocity relationships of the muscle in vivo. 47th ACSM annual meeting, Indiana, 2000. Kenya Kumagai, Takashi Abe and Tomoo Ryushi
・Using body composition as a predictive measure of elite standerbred performance. 47th ACSM annual meeting, Indiana, 2000. Charles F. Kearns, Kenneth H. McKeever, Kenya Kumagai and Takashi Abe
・Measurement of pennate muscle aponeurosis area in vivo by means of magnetic resonance imaging. 48th ACSM annual meeting, Baltimore, 2001. Kenya Kumagai and Takashi Abe
・Gender differences in specific tensionl voluntary muslce activation and muscle architecture in human knee extensors. 48th ACSM annual meeting, Baltimore, 2001. Takashi Abe, Kenya Kumagai, Mutsumi Ukon, Masamitsu Ito, Yasuo Kawakami and Testuo Fukunaga
・Subcutaneous fat distribution of wheelchair basketball players. 56th ACSM annual meeting, Seattle, 2009. Kenya Kumagai, Matthew D. Beekley and Takashi Abe
・High-density lipoprotein cholesterol subfractions and lecithin:cholesterol acyltransferase in collegiate soccer players. 57th ACSM annual meeting, Baltimore, 2010. Kenya Kumagai, Matthew D. Beekley, Keiko Miyahara and Hiroyuki Imamura
・Time course of metabolic and cardiovascular responses to 40% of VO2max-intensity cycle exercise with leg blood flow reduction. 11th International Sport science congress, Turkey, 2010. Kenya Kumagai, Kazumichi Kurobe, Huang Zhong, Yoshiaki Sato, Futoshi Ogita and Takashi Abe
・No effect of short-term resistance training-induced muscle hypertrophy on muscle aponeurosis area in young men. 58th ACSM annual meeting, Denver, 2011. Kenya Kumagai, Michael G. Bemben and Takashi Abe
・Muscle aponeurosis area is greater in hypertrophied than in normal muscle. 58th ACSM annual meeting, Denver, 2011. Takashi Abe, Kenya Kumagai and Michael G. Bemben
・筋形状の実測による大腿四頭筋の固有筋力. 第8回日本運動生理学会, 2000. 安部 孝, 熊谷 賢哉, 伊藤 雅充, 川上 泰雄, 福永 哲夫
・高齢者と青年の筋特性の比較. 第51回日本体育学会, 2000. 川上 泰雄, 村岡 哲郎, 久保 啓太郎, 福永 哲夫, 安部 孝, 熊谷 賢哉
・車椅子バスケットボール選手の身体各部における筋厚分布. 第56回日本体育学会, 2005. 七種 和恵, 熊谷 賢哉

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading