menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

小林 秀光(こばやし ひでみつ)教授

小林 秀光

所属

薬学部 薬学科

専門分野

微生物学

研究テーマ

細菌学および真菌学(病原性微生物由来の蛋白質および糖鎖成分に関する機能と構造解析など)

担当科目

教養セミナーA・B、生命倫理、微生物学、病原微生物学、微生物学・免疫学実習、衛生化学Ⅱ、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本薬学会、日本菌学会、日本細菌学会、日本生化学会、日本糖質学会、日本農芸化学会、日本医真菌学会

研究室

薬学棟P201号室(微生物学)

連絡先

TEL:0956-20-5611(薬学事務室)

E-mail

h-kobaya

URL

プロフィール

1986年東北薬科大学大学院薬学研究科(前期課程)修了
1992年パストゥール研究所(フランス)に博士研究員として留学
1999年九州女子大学家政学部 助教授を経て、2004年同教授
2005年長崎国際大学健康管理学部教授
2006年長崎国際大学薬学部教授

研究紹介

研究用試薬の開発から菌種の分別診断法まで

(1)抗生物質を利用した新しい研究用試薬の開発:微生物が産生する二次代謝産物は、様々な生理的機能を持つことが知られています。放線菌の産生する抗菌活性を有する抗生物質群の中に、ある糖鎖に特異的に結合し複合体を形成・沈殿させるものを見出しました。このレクチン様の性質を利用して、新しい研究用試薬の開発を試みています。
(2)キノコの人工培養で産生される生理活性物質の探索:昆虫に寄生して発生するキノコとして知られる冬虫夏草を人工培養すると、その培養濾液中には様々な生理活性物質(抗ガン、免疫増強、活性酸素消去、抗菌など)が含まれています。これらの生理活性成分の分離精製を試みています。(3)微生物感染症の新しい診断方法の開発:一般的に感染症の診断方法を構築する場合、その抗原の特異性と検出感度が大きな問題となります。日和見感染症の原因酵母カンジダ属の複数の菌種について、種を正確に区別することのできる新しい診断法の開発を目指して研究を進めています。

社会活動

各種委員・役員等

【全学】
教員免許状更新講習会特別委員会、感染症対策委員会
【薬学部】
共同機器管理委員長、薬学倫理委員会

教育活動

講演会等

・食物と薬物の相互作用、日本栄養士会北九州支部教育講演、小倉(2004)
・食品添加物から家族を衛る、ながさき県民大学公開講座、佐世保(2005)
・食物と薬物の相互作用、日本栄養士会佐世保支部教育講演、佐世保(2006)
・生ゴミのリサイクルについて、日韓交流公開講座、佐世保(2006)
・感染症の予防とくすり、ながさき県民大学公開講座、佐世保(2008)

研究実績

原著論文


  • Ophiocordyceps pulvinata Induces Caspase-Dependent Apoptosis through Mitochondrial Impairment in Human Leukemia Cells/2017年/Int. J. Curr. Microbiol. App. Sci, 6: 579-591./共著/論文

  • Expression of various types of glycans in the lugworm (Perinereis nuntia Var. Vallata)./2015年/Ann Marine Biol Res 2: 1005-1011./共著/論文

  • Specific antiproliferative activity against human cancer cells with metabolites from several species related to the genus Cordyceps./2014年/Int. J. Curr. Microbiol. App. Sci, 3, 607-317./共著/論文

  • Sialyl-glycoconjugates in cholesterol-rich microdomains of P388 cells are the triggers for apoptosis induced by Rana catesbeiana oocyte ribonuclease./2014年/Glycoconj. J., 31, 171-184./共著/論文

  • Structural investigation of cell wall mannan antigen obtained from pathogenic yeast Candida zeylanoides/2013/Open J. Med. Microbiol., 3, 139-143/共著/論文

  • Isolation of manno-oligosaccharides corresponding to antigenic determinants of pathogenic yeast Candida catenulata cell wall mannan/2013年/Adv. Microbiol., 3, 222-226./共著/論文

  • Immunochemistry of pathogenic yeast, Candida species, focusing on mannan, Proc. Jpn. Acad., Ser. B, 88/2012年/250-265, /共著/論文(総説)

  • Comparison of pathogenicity of various Candida tropicalis strains. Biol. Pharm. Bull., 31, 1507-1510 (2008)

  • Structural analysis of cell wall mannan of Candida sojae, a new yeast species isolated from defatted soybean flakes. Arch. Microbiol., 189, 483-490 (2008)

  • Oyamada H., Ogawa Y., Shibata N., Okawa Y., Suzuki S., Kobayashi H., Structural analysis of cell wall mannan of Candida sojae, a new yeast species isolated from defatted soybean flakes, Arch. Microbiol., in press (2008).

  • Shibata, N., Suzuki, A., Kobayashi, H., and Okawa, Y., Chemical structure of the cell-wall mannan of Candida albicans serotype A and its difference in yeast and hyphal forms, Biochem. J., 404, 365-372 (2007).

  • Okawa, Y., Ohtomo, Y., Tsugawa, H., Matsuda Y., Kobayashi, H., Tsukamoto T., Isolation and characterization of a cytotoxin produced by Plesiomonas shigelloides P-1 strain, FEMS Microbiol. Lett., 239, 125-130 (2004).

  • Kobayashi, H., Matsuda K., Oyamada, H., Shibata, N., and Suzuki, S., Distribution of antigenic oligomannnosyl side chains in the cell wall mannans of several strains of Candida tropicalis, Arch. Microbiol., 180, 76-80 (2003).

  • Shibata, N., Kobayashi, H., Okawa, Y., and Suzuki, S., Existence of novel beta-1,2 likage- containing side chain in the mannan of Candida lusitaniae, antigenically related to Candida albicans serotype A, Eur. J. Biochem., 270, 2565-2575 (2003).

  • Okawa, Y., Monma, K., Shibata, N., Kobayashi, H., and Yamada, Y., A new mannnohepta- ose containing alpha and beta- (1-2) linkages isolated from the mannan of Trulaspora debrueckii: ELISA inhibition study, Carbohydr. Res., 338, 1175-1182 (2003).

  • Kido, N., and Kobayashi, H., A single amino acid substitution in a mannosyl transferase, WbdA, converts the Escherichia coli O9 polysaccharide into O9a, J.Bacterio1., 182, 2567-2573 (2000).

  • Yahagi, N., Komatsu, M., Hiramatsu, M., Shi, H., Yahagi, R., Kobayashi, H., Kamada, H., Takano, F., Fushiya, S., Radical scavenging activities of condensed culture medium of Isaria japonica Yasuda and hot water extract of Fomes fomentarius (L:Fr) Kicrx, Nat.Medicines, 53, 319-323 (1999).

  • Kido, N., Sugiyama, T., Yokochi, T., Kobayashi, H., and Okawa, Y., Synthesis of Escherichia coli O9 polysaccharide  requires the participation of two domains of WbdA, a mannosyl transferase encoded in the rfb gene cluster, Mol. Microbiol., 27, 1213-1221 (1998).

  • Kobayashi, H., Oyamada, H., Iwadate, N., Suzuki, H., Mitobe, H., Takahashi, K., Shibata, N., Suzuki, S., and Okawa, Y., Structural and immunochemical identification of β-1,2-linked mannobiosyl phosphate residue in the cell wall mannan of Candida glabrata, Arch. Microbiol., 169, 188-194 (1998).

  • Kobayashi, H., Tanaka, S., Suzuki, J., Kiuchi, Y., Shibata, N., Suzuki, S., and Okawa, Y., Amended structure of side chains in a cell wall mannan from Candida albicans serotype A strain grown in yeast extract- Sabouraud liquid medium under acidic conditions, FEMS Microbiol. Lett., 152, 235-242 (1997).

外部獲得研究費

(1) 日本冬虫夏草の生理活性成分の探索(委託研究)/株式会社 ビ-シー/2013年/1,200,000円
(2) 日本冬虫夏草の生理活性成分の探索(委託研究)/株式会社 ビ-シー/2014年/600,000円
(3) 日本冬虫夏草の生理活性成分の探索(委託研究)/株式会社 ビ-シー/2015年/300,000円
(4) 日本冬虫夏草の生理活性成分の探索(委託研究)/株式会社 ビ-シー/2016年/300,000円
(5) 冬虫夏草サナギタケ成分の機能性の検証/経済産業省:中小企業庁/2016年/1,400,588円

著書・総説等

「臨床栄養学」(下田妙子編)化学同人
「生物薬科学実験講座4 糖質Ⅰ:基本実験操作法」(川嵜敏祐編)廣川書店
「微生物学」(小林秀光、白石淳編) 化学同人
「食品衛生学」(白石淳、小林秀光編) 化学同人
食べ物と健康 -食品の安全性と衛生管理- (川井英雄編) 医歯薬出版
「微生物学:第2版」(小林秀光、白石 淳編) 化学同人
「食品衛生学:第2版」(白石淳、小林秀光編) 化学同人
San-Blas, G., Suzuki, S., Calcagno, A. M., Hearn, V., Kobayashi, H., Mendez, C., Nino, G., Nishikawa, A., San-Blas, F., Shibata, N., Shinoda, T., Sorais, F., and Yamaguchi, H., 1. Fungal polysaccharides, J. Med. Vet.Mycol. 32: Suppl.1, 321-328 (1994).
小川由起子,高井伸彦,小山田浩子,安藤興一,古澤佳也, 炭素線照射により作製した放線菌変異株より得られる新規生理活性物質の探索, HIMAC共同利用研究報告書, 放射線医学総合研究所 (2007).

報告書

小川由起子,高井伸彦,小山田浩子,安藤興一,古澤佳也, 炭素線照射により作製した放線菌変異株より得られる新規生理活性物質の探索4, HIMAC共同利用研究報告書, 放射線医学総合研究所 (2011).
小川由起子,高井伸彦,小山田浩子,安藤興一,古澤佳也, 炭素線照射により作製した放線菌変異株より得られる新規生理活性物質の探索3, HIMAC共同利用研究報告書, 放射線医学総合研究所 (2010).
小川由起子,高井伸彦,小山田浩子,安藤興一,古澤佳也, 炭素線照射により作製した放線菌変異株より得られる新規生理活性物質の探索2, HIMAC共同利用研究報告書, 放射線医学総合研究所 (2009).

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading