menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

隈 博幸(くま ひろゆき)准教授

隈 博幸

所属

薬学部 薬学科

専門分野

臨床検査学
生化学

研究テーマ

磁気検出法による超高感度免疫検査システムの開発

担当科目

生命倫理、基本科学実習、臨床医学概論、臨床生理学、臨床生理学実習、疾病学Ⅰ、臨床検査学、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本臨床化学会、日本臨床検査医学会、日本薬学会

研究室

薬学棟P210号室(臨床検査学)

連絡先

TEL:0956-20-5611(薬学事務室)

E-mail

kuma

URL

http://www.niu.ac.jp/~pharm1/lab/cclm/

プロフィール

1999年九州大学大学院医学系研究科博士課程修了
1999年University of Arkansas for Medical Sciences,Postdoctoral Fellow(米国)
2002年九州大学大学院医学研究院皮膚科学博士研究員
2006年長崎国際大学薬学部助手
2007年長崎国際大学薬学部講師
2012年長崎国際大学薬学部准教授

研究紹介

血液1滴からわかること

定期健診や臨床検査でよく行われるのが「採血」です。血液中には赤血球、白血球だけでなく、たくさんの蛋白質や生体化学物質が含まれているので、肝臓が悪いとか、腎臓に異常があるというように多くの情報を得ることができます。しかし一般的な採血では、一度に20~30㎖の血液を取られることが多いため、注射が嫌いな人(私も嫌いです)にはちょっとした「難関」になっているのではないでしょうか?現在我々が行っている研究では、酸化鉄にちょっとした小細工をして、磁力によって生体物質を分析できる、そんなシステムの開発を行っています。現状では、30兆分の1グラムの蛋白質を感知できる状態まで感度が上がっています。このシステムが実用化されれば、ほんの1滴の血液をもらうだけで、血中に含まれる全ての情報が分析できる大変便利な医療機器になると期待されています。

研究活動

受賞

平成18年度 日本臨床化学会奨励賞
第11回 超電導科学技術賞

科研費・競争的資金

平成18年度 科学研究費(基盤[B])(分担)
平成18年度 臨床検査医学研究振興基金 奨励金
平成19年度 科学研究費補助金(若手[スタートアップ])(代表)
平成20-22年度 科学研究費補助金(若手[A])代表
平成21-23年度 科学研究費補助金(基盤B)分担

社会活動

社会貢献・地域連携

平成15-16年度 地域新生コンソーシアム事業
ボランティア植栽 など

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演

1. 2004.09,日本経済新聞,2004年9月24日 13面 「がん、微量の血液で発見、九大、日立など新装置、関連たんぱく質検出感度100倍に」
2. 2004.06,読売新聞,2004年6月22日 1面 「血液から病気特定」 世界初 磁気方式.
3. 2004.06,西日本新聞,2004年6月22日 1面 「100倍の感度で免疫反応検査 わずかな病変見逃さず」.
4. 2004.06,TNCテレビ西日本,6時のニュース 2004年6月21日 世界初 超高感度磁気免疫システム.
5. 2004.06,NHK,6時のニュース 2004年6月21日 世界初 超高感度磁気免疫システム.
6. 2004.06,FBS福岡,6時のニュース 2004年6月21日 世界初 超高感度磁気免疫システム
7. 2008.06 長崎新聞, 2008年6月1日(1面)「血中タンパク質結晶の高品質化 宇宙での実験候補に」
8. 2010.01 西日本新聞, 2010年1月5日(長崎版1面)「新薬開発へ宇宙実験」
9. 2010.02 KTNテレビ長崎, スーパーニュース 2010年2月1日「宇宙を舞台に新薬開発へ」

各種委員・役員等

全学学生委員会 委員
薬学部安全管理委員会 主任

研究実績

原著論文

K. Enpuku, K. Inoue, K. Yoshinaga, A. Tsukamoto, K. Saitoh, K. Tsukada, A. Kandori, Y. Sugiura, S. Hamaoka, H. Morita, H. Kuma and N. Hamasaki,“Magnetic marker and high T-c superconducting quantum interference device for biological immunoassays” IEICE Trans. on Electronics E88C (2), 158 – 167, 2005
T. Maruyama, T. Takata, H. Ichinose, N. Kamiya, H. Kuma, N. Hamasaki, H. Morita and M. Goto,“Detection of point mutations in the HBV polymerase gene using a fluorescence intercalator in reverse micelles” Biotechnol. Prog. 21, 575 – 579, 2005
A. Tsukamoto, K. Saitoh, D. Suzuki, N. Sugita, Y. Seki, A. Kandori, K. Tsukada, Y. Sugiura, S. Hamaoka, H. Kuma, N. Hamasaki and K. Enpuku,“Development of Multisample Biological Immunoassay System Using HTS SQUID and Magnetic Nanoparticles” IEEE Trans. Appl. Supercond. 15 (No.2), 656-659, 2005
K. Enpuku, K. Inoue, K. Soejima, H. Kuma and N. Hamasaki,“Magnetic immunoassays utilizing magnetic marker and high Tc SQUID” IEEE Trans. Appl. Supercond. 15 (No.2), 660-663, 2005
A. Tsukamoto, K. Saitoh, N. Sugita, H. Kuma, Y. Sugiura, S. Hamaoka, N. Hamasaki and K. Enpuku,“Improvement of sensitivity of multisample biological immunoassay system using HTS SQUID and magnetic nanoparticles” Physica C 445-448, 975-978, 2006
K. Enpuku, K. Soejima, T. Nishimoto, H. Kuma, N. Hamasaki, T. Tsukamoto, K. Saitoh and A. Kandori,“Quantitative evaluation of magnetic immunoassay with remanence measurement”, Supercond. Sci. Technol.19, S257-S260, 2006
K. Enpuku, K. Soejima, T. Nishimoto, H. Tokumitsu, H. Kuma, N. Hamasaki and K. Yoshinaga,“Liquid phase immunoassay utilizing magnetic marker and high Tc superconducting quantum interference device” J. Appl. Phys. 100, 054701, 2006
K. Enpuku, K. Soejima, T. Nishimoto, T. Matsuda, H. Tokumitsu, T. Tanaka, K. Yoshinaga, H. Kuma and N. Hamasaki,“Biological Immunoassays Without Bound/Free Separation Utilizing Magnetic Marker and HTS SQUID” IEEE Trans. Appl. Supercond. 17 (No.2), 816-819, 2007
隈 博幸、塚本 晃、斎藤 和夫、杉浦 好典、吉永 耕二、円福 敬二、濱崎 直孝:「磁気ナノマーカーを用いた超高感度免疫検査システムの開発」臨床病理 55 (4), pp.351-357, 2007
K. Enpuku, T. Tanaka, T. Matsuda, H. Kuma, N. Hamasaki, F. Dang, N. Enomoto, J. Hojo, K. Yoshinaga, F. Ludwig, F. Ghaffari, E. Heim and M. Schilling,“Liquid Phase Immunoassay Using Magnetic Markers and Superconducting Quantum Interference Device” Jpn. J. Appl. Phys. 46, 7524-7529, 2007
Enpuku K, Sugimoto Y, Tamai Y, Tsukamoto A, Mizoguchi T, Kandori A, Usuki N, Kanzaki H, Yoshinaga K, Sugiura Y, Kuma H, Hamasaki N, "Liquid-Phase Detection of Biological Targets with Magnetic Marker and Superconducting Quantum Interference Device" IEICE Trans. on Electronics, E92C (3): 315-322, 2009
Enpuku K, Tokumitsu H, Sugimoto Y, Kuma H, Hamasaki N, Tsukamoto A, Mizoguchi T, Kandori A, Yoshinaga K, Kanzaki H, Usuki N, "Fast Detection of Biological Targets with Magnetic Marker and SQUID" IEEE Trans. Appl. Supercond., 19 (3): 844-847, 2009
Tsukamoto A, Mizoguchi T, Kandori A, Kuma H, Hamasaki N, Kanzaki H, Usuki N, Yoshinaga K, Enpuku K "Development of a SQUID System Using Field Reversal for Rapiddly Detecting Bacteria" IEEE Trans. Appl. Supercond., 19 (3): 853-856, 2009
Yamaguchi T, Ikeda Y, Abe Y, Kuma H, Kang D, Hamasaki N, Hirai T, "Structure of the Membrane Domain of Human Erythrocyte Anion Exchanger 1 Revealed by Electron Crystallography" J Mol. Biol.,397 (1): 179-189, 2010
Kuma H, Oyamada H, Tsukamoto A, Mizoguchi T, Kandori A, Sugiura Y, Yoshinaga Y, Enpuku K, Hamasaki N, “Liquid Phase Immunoassays utilizing magnetic marker and SQUID magnetometer” Clin. Chem. Lab. Med., 48 (9): 1263-1269, 2010

学会発表

Kuma, H., Shinde, AA., and Jennings, ML. 『Identification of sites of intermolecular crosslinking in the erythrocyte band 3 protein.』:Annual Meeting of American Biophysical Society, New Orleans, Feb. 2000
Kuma, H., Shinde, AA., Howren T., and Jennings, ML.『Topological Analysis of Lys743 in Band 3 Protein, The Red Cell Anion Exchanger.』:Marine Biological Laboratory, Woods Hole, MA, Sep. 2000
隈 博幸、塚本 晃、斎藤 和夫、濱岡 重則、森田 博之、吉永 耕二、 濱崎 直孝、円福 敬二『磁気ナノマーカーを用いた超高感度免疫検査システムの開発』:日本臨床検査医学会・臨床化学会合同総会、平成17年10月
隈 博幸、濱崎 直孝、塚本 晃、斎藤 和夫、吉永 耕二、杉浦 好典、円福 敬二 『磁気マーカーを用いたBF分離不要な超高感度免疫検査システムの開発』 :バイオメディカル分析科学シンポジウム2006、平成18年8月
隈 博幸、塚本 晃、斎藤 和夫、杉浦 好典、吉永 耕二、円福 敬二、濱崎 直孝『磁気マーカーを用いたBF分離不要な免疫検査システムの開発』 :日本臨床化学会年次総会、平成18年9月
隈 博幸 『磁気ナノマーカーを用いた超高感度免疫検査システムの開発』 :第53回日本臨床検査医学会学術集会(シンポジウム講演)、平成18年11月
隈 博幸『磁気マーカーを用いた免疫検査システム』 :第54回日本臨床検査医学会・日本臨床化学会合同大会(シンポジウム講演)、平成19年11月
隈 博幸、塚本 晃、吉永 耕二、円福 敬二、濱崎 直孝『磁気検出法による定量的免疫検査シスム』:第49回日本臨床化学会年次学術集会、平成21年9月
隈 博幸『赤血球膜蛋白質バンド3の構造と機能』:第4回トランスポーター研究会九州部会(特別講演)、平成21年9月
隈 博幸『磁気検出法を用いた高感度な免疫検査技術の開発』第32回日本薬学会九州支部会コロキウム(招待講演)平成21年10月

著書・総説等

隈 博幸 「アトピー性皮膚炎関連遺伝子の多型解析及びその応用に関する研究」:平成16年度免疫アレルギー疾患予防・治療推進事業報告書(日本予防医学協会・編) pp.11-15(2005)
隈 博幸、円福敬二、吉永耕二、濱崎直孝 「磁気マーカーを用いた免疫検査システム」:臨床化学 36, pp.6-12 (2007)
隈 博幸、円福敬二、濱崎直孝 「磁気マーカーを用いた免疫検査システム」:検査と技術 37 (2), pp. 174-177 (2009)
濱崎直孝、隈 博幸 他 「薬学コアカリ対応 病態・薬物治療概論」 丸善 (2009年2月発行)
隈 博幸、濱崎 直孝『患者に答えられる臨床検査Q&A』:調剤と情報2011.1月号より連載中

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading