menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

廣田 和仁(ひろた かずひと)講師

廣田 和仁

所属

薬学部 薬学科

専門分野

医療薬学

研究テーマ

①テーラーメイド医療を行うための、薬物治療の最適化に寄与する要因の研究
②薬物療法のリスクマネージメントのための研究

担当科目

治験コーディネート論、医薬品情報論、病院薬学、調剤Ⅰ・Ⅱ、生物薬剤、処方箋解析、総合実習、総合演習Ⅰ~ⅢB、卒業研究

所属学会

日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本臨床腫瘍学会、日本静脈経腸栄養学会、日本環境感染学会、医療マネージメント学会

研究室

薬学棟P312号室(臨床薬剤学)

連絡先

TEL:0956-20-5611(薬学事務室)

E-mail

hirota

URL

プロフィール

1997年福岡大学大学院薬学研究科博士課程前期修了
1997年国立佐賀病院 薬剤科 薬剤師
1999年国立療養所奄美和光園 薬剤科 薬剤師
2000年独立行政法人国立病院機構九州医療センター 薬剤科 薬剤師
2005年独立行政法人国立病院機構九州がんセンター 臨床研究部 治験主任薬剤師
2007年より現職

研究紹介

薬の個人差を予測する為に、どんな事を調べればよいでしょうか?

私達は、その一つとして、体内の薬の量を調べ、効果や副作用の個人差に関係しているかを調べています。では、なぜ体内の薬の量に個人差が出るのでしょうか?簡単な例を挙げると、薬は体にとって異物なので、体の外に排出する作用が働きます(主に腎臓で行われます)。この働きの強弱で個人差が出ているかもしれません。また、肝臓で酵素が薬を分解したり、水に溶けやすくする働きもあるので(水に溶けやすくなると尿等で排出されやすくなります。)この強弱が個人差を生み出しているかもしれません。
では、さらになぜそんな違いが出るのでしょう?現在の医学では、遺伝子の違いがこのような個人差を生み出すこともあると分ってきました。この様に原因を突き止め、個人差を予測する因子を調べることで、実際に薬を使う前に薬の個人差を事前に予測し、治療をより安全に行えるようになるのです。

社会活動

各種委員・役員等

長崎薬学・看護学連合コンソーシアム推進委員
認定実務実習指導薬剤師養成ワークショップタスクフォース

研究実績

原著論文

Direct Determination of Platelet-Produced Thromboxane B2 in Human Serum by Column-Switching High-Performance Liquid Chromatography with Fluorescence Detection Iwata Tetsuharu, Hirota Kazuhito, Yamaguchi Masatoshi Analytical Sciences,Vol.16 No.1 p.45-p.48 (2000)
外来化学療法における薬剤師の取り組み 廣田和仁, 松永憲治, 酒井浩徳 薬事,Vol.45 No.5 p.991-p.997 (2004)
九州医療センターにおける外来化学療法への取り組み 廣田和仁,岩松俊紀,松永憲治,平木洋一, 酒井浩徳 薬事新報,2338号 p.17-p.26 (2004)
「入院中心」から「外来中心」の医療へ 吉田晃治、廣田和仁、浦山八重子、冷牟田浩司 医療マネジメント学会雑誌,Vol.5 No.4 p.547-p.552 (2005)
長崎国際大学薬学部における早期体験学習の評価〜学生および医療機関に対する意識調査〜 長崎国際大学論叢 第8巻 p241-247(2008)

学会発表

【2005】
当院におけるNSTの成立から現在の活動まで 灰塚ふじ子、山内健、池田陽一、福泉公仁隆、安武健一郎、三角紳博、廣田和仁、江角誠、今村比呂子、梶原三亀代、中務公子 医療マネジメント学会福岡地方会(福岡)2005
入院患者における身体計測〜血清アルブミン測定に関する調査〜 山内健、池田陽一、福泉公仁隆、安武健一郎、灰塚ふじ子、廣田和仁、三角紳博、藤野達也、江角誠、中務公子、今村比呂子、梶原三亀代 医療マネジメント学会福岡地方会(福岡)2005
入院患者における身体計測、血清アルブミン測定の現状に関する調査 山内健、池田陽一、梶原三亀代、今村比呂子、 中務公子、三角紳博、廣田和仁、藤野達也、江角誠、安武健一郎、灰塚ふじ子 第20回日本静脈経腸栄養学会(名古屋)2005
当院における耐性菌の動向とICTの関わり 秋山省二、 小林良三、井口厚司、古賀英之、清祐麻紀子、原田俊紀、廣田和仁、岩松俊紀、音成佐代子、中村弘子、大森総子、大田四郎 第20回日本環境感染学会総会(横浜)2005
当院における入院時栄養スクリーニングの効果 安武健一郎、山内健、池田陽一、福泉公仁隆、灰塚ふじ子、中務公子、今村比呂子、梶原三亀代、廣田和仁、三角紳博、江角誠 第30回九州外科代謝栄養研究会(福岡)2005
当院NSTの活動報告〜立ち上げから入院時スクリーニング体制確立まで〜 今村比呂子、山内健、池田陽一、福泉公仁隆、梶原三亀代、三角洋香、中務公子、三角紳博、廣田和仁、江角誠、安武健一郎、灰塚ふじ子 第30回九州外科代謝栄養研究会(福岡)2005
ICTによる消毒剤の適正使用の推進 〜酒精綿単包化製剤のコスト評価〜 廣田和仁、岩松俊紀、土橋ルミ子、秋山省二、音成美佐子、小林良三、井口厚司 第7回日本医療マネジメント学会学術総会(福岡)2005
【2006】
各施設の現状と問題点について 〜医師・看護師・薬剤師それぞれの立場から〜 廣田和仁 第1回福岡外来化学療法研究会(福岡)2006
【2007】
医療人教育における早期体験学習の効果 廣田和仁,立石正登 第15回クリニカルファーマシーシンポジウム(山形)2007
【2008】
横断的知識醸成のための統合型授業の試み 立石正登、廣田和仁、榊原隆三、姫野勝 第29回日本臨床薬理学会年会(東京)2008
コミュニケーション教育における模擬患者(SP)養成のための本学の取組み 立石正登、廣田和仁、榊原隆三、姫野勝、前田純子、中野重行 第29回日本臨床薬理学会年会(東京)2008
【2009】
長崎国際大学薬学部における2、3年生を対象とした臨床体験学習の実施 廣田和仁、立石正登 日本薬学会第129年会(京都)2009

著書・総説等

新たな薬剤師の業務:外来化学療法 当院における外来化学療法センター稼働に伴う薬剤科の対応 廣田和仁,平木洋一,鬼山幸生、岩松俊紀、村上克幸 九州地区国立病院療養所 薬剤師会 会誌,(2003)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading