menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

中村 沙織(なかむら さおり)助教

中村 沙織

所属

薬学部 薬学科

専門分野

分析化学

研究テーマ

(1) 医薬品・生理活性物質の高感度な分析法の開発< br/>
(2) 動脈硬化の起因物質に関する臨床分析化学的研究

担当科目

分析化学・放射線化学実習

所属学会

日本薬学会、日本分析化学会、日本臨床化学会

研究室

薬学棟L402号室(薬品分析化学)

連絡先

TEL:0956-20-5611(薬学事務室)

E-mail

s-ichi

URL

プロフィール

2004年 長崎大学薬学部薬科学科卒業
2006年 長崎大学医歯薬総合研究科博士前期課程修了
2006年 長崎国際大学薬学部助手
2010年 長崎大学医歯薬総合研究科博士後期課程修了
2011年より 長崎国際大学薬学部助教

研究実績

原著論文

Ichinose S, Nakamura M, Maeda M, Ikeda R, Wada M, Nakazato M, Ohba Y, Takamura N, Maeda T, Aoyagi K, Nakashima K. A validated HPLC-fluorescence method with a semi-micro column for routine determination of homocysteine, cysteine and cysteamine, and the relation between the thiol derivatives in normal human plasma. Biomed. Chromatogr., 23, 935-939 (2009)

学会発表

立川智子、柴田圭二、中村沙織、高井伸彦、大庭義史、葉酸関連化合物のHILIC-ESI-MS分析法の開発、第18回クロマトグラフィーシンポジウム、福岡(2011)
立川智子、柴田圭二、中村沙織、高井伸彦、大庭義史、HILIC-ESI-MSを用いた葉酸関連化合物の分析法の開発、日本薬学会第131年会、静岡(2011)
一瀬沙織、高井伸彦、池田理恵、和田光弘、大庭義史、中島憲一郎、ヒト血漿中の葉酸関連化合物のLC-MS分析、日本分析化学会第57年会、福岡(2008)
一瀬沙織、高井伸彦、池田理恵、和田光弘、大庭義史、中島憲一郎、高ホモシステイン血症誘発に関わる葉酸誘導体のLC-MS 分析法の開発、第48回日本臨床化学会年次学術集会、浜松(2008)
一瀬沙織、島袋裕子、冨松規子、中嶋弥穂子、和田光弘、中里未央、前田隆浩、中島憲一郎、HPLC-FL法を用いた血漿中ホモシステイン定量と動脈硬化リスクの評価、日本薬学会第126年会、仙台(2006)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading