menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

宇都 拓洋(うと たくひろ)講師

宇都 拓洋

所属

薬学部 薬学科

専門分野

生薬学、天然物機能化学

研究テーマ

・顧みられない熱帯病(NTDs)への治療応用を目指した薬用植物由来シーズ開発
・不妊治療を目指した精子活性化成分の探索
・生薬成分に対するモノクローナル抗体を機軸とした分析法の開発と応用
・伝統医薬中の抗癌、抗炎症、メラニン合成調節作用等を持つ成分探索とその作用機構解明
・生薬成分特異的モノクローナル抗体による生薬成分の標的分子解明
・薬用植物の適用研究

担当科目

【導入】教養セミナー、学際連携研究
【化学系薬学】生薬学Ⅰ、生薬学Ⅱ、生薬学実習
【薬学と社会】和漢薬概論
【大学院】漢方医療設計学特論、薬物治療設計学演習、特別研究

所属学会

日本生薬学会、日本農芸化学会、日本分子生物学会、日本薬学会、日本栄養・食糧学会

研究室

薬学棟L203号室(薬品資源学)

連絡先

TEL:0956-20- 5740(研究室)

E-mail

uto

URL

http://niu.pharmacog.jp/

プロフィール

博士(農学)
(鹿児島大学大学院・連合農学研究科)

2001年3月:鹿児島大学農学部生物資源化学科卒業
2003年3月:鹿児島大学大学院農学研究科生物資源化学専攻修了
2006年3月:鹿児島大学大学院連合農学研究科生物資源利用科学専攻修了
博士(農学) 連研第524号(鹿児島大学大学院連合農学研究科)
(学位論文題目:Molecular Mechanisms of Anti-inflammatory and Anti-cancer Effects of 6-(Methylsulfinyl)hexyl Isothiocyanate: Cyclooxygenase-2 and Inducible Nitric Oxide Synthase as Target Molecules)
2006年4月:米国サウスカロライナ医科大学神経発達性疾患研究室博士研究員
(テーマ:ペルオキシソーム病の分子病態解析に関する研究)
2007年10月:長崎国際大学薬学部薬学科薬品資源学研究室助手 
2010年4月:同上 助教
2014年4月:同上 講師

研究紹介

天然物に対する特異的モノクローナル抗体を用いた生薬成分の作用機構解明

近年の予防医学や健康志向への関心の高まりから、生薬や機能性食品の需要が高まり、それに伴い活性成分の単離同定や天然化合物の機能解析研究が盛んに行われています。私たちは天然化合物の機能解析を分子レベルで行ってきましたが、生薬成分の真の標的分子は謎が多く、国内外学会等でも議論されている問題です。この問題を解決するために、天然物に対する特異的モノクローナル抗体をツールとした分子生物学およびケミカルバイオロジーの技術により、これまでにない天然化合物の機能解析研究に取り組んでいます。

伝統生薬中の機能性成分の解析研究

アジア・アフリカ諸国を中心とした共同研究機関と共に、感染症、癌、炎症、メタボリックシンドロームなどに効果の期待できる植物成分を探索し、その作用メカニズム解明を行っています。これまでに抗炎症、抗癌、抗寄生虫などの効果を示す成分を見つけ報告しています。

研究活動

組織委員・座長等

1) 平成21年12月: 2008’Shanghai International Symposium for Pharmaceutical Sciences、座長
2) 平成20年11月: 第2回漢方薬学シンポジウムイン佐世保、座長
3) 平成19年10月: Asian Symposium for Pharmaceutical Science in JSPS Asian Core Program in Huis Ten Bosch, Organizing committee member

受賞

1) 平成24年11月: 日本薬学会 生薬天然物部会 奨励研究賞
2) 平成25年11月: 第5回食品薬学シンポジウム 優秀発表賞
3)平成25年12月: 日本薬学会九州支部 学術奨励賞

科研費・競争的資金

1) 平成25-27年度 科学研究費助成事業 (若手研究B) (代表)
2) 平成25-26年度 コスメトロジー研究振興財団 研究助成 (代表)
3) 平成21-25年度 地球規模課題対応国際科学技術協力事業(SATREPS) JICA-JST (分担)
4) 平成22年度 日本私立学校振興・共済事業団 学術研究振興資金 (分担)
5) 平成20-24年度 原子力発電プルサーマル交付金 玄海町 (分担)
6) 平成20-21年度 武田科学振興財団 薬学系研究奨励金 (代表)
7) 平成20年度 日本科学協会 笹川科学研究助成 (代表)
8) 平成20年度 アサヒビール学術振興財団 研究助成 (代表)
9) 平成20年度 日本食品化学研究振興財団 研究助成 (代表)
10) 平成20年度 科学技術振興機構・地域イノベーション創出総合支援事業: シーズ発掘試験A (発掘型) (代表)
11) 平成20年度 日中医学交流事業共同研究 (分担)
12) 平成19-20年度 科学研究費助成事業(萌芽研究)(分担)

共同(受託)研究

【国際共同研究】
1) ガーナ由来薬用植物抽出物による感染症制御、ガーナ共和国、野口英世記念研究所Noguchi Memorial Institute for Medical Research (NMIMR)及びCentre for Scientific Research into Plant Medicine (CSRPM)
2) 伝統生薬中の抗炎症作用成分の同定と作用メカニズム解明、中国、上海薬物研究所Shanghai Institute of Materia Medica, The Chinese Academy of Sciences, Dr. Guo-Wei Qin

小型化抗体を基軸とした薬用植物の分子育種研究

甘草の主有効成分であるグリチルリチンに対する小型化抗体(scFv)遺伝子を甘草に導入することで、グリチルリチン含量の高い優良品種の作出を目標とし研究を行っています。本研究によりグリチルリチン含量が高い甘草を安定的に供給することが可能になれば、甘草の資源枯渇を解消するとともに、砂漠化の抑制にも繋がります。

社会活動

各種委員・役員等

【学内委員】
・薬学部教務委員会 委員
・CBT実施委員会 委員
・薬用植物園運営委員会薬用植物園運営委員会 委員

社会貢献・地域連携

・薬用植物の総合研究プロジェクト-高品質の薬用植物栽培をめざして- 市民向け意見交換会(佐賀県玄海町)、平成21年7月、平成22年6月、平成23年11月、平成25年2月
・平成23年度猶興館高校・長崎国際大学コラボレーション、薬学サマースクール~薬を創る、使う~(長崎県立猶興館高校)平成23年8月
・サイエンスパートナーシッププログラム/「身近な科学 ~薬学に迫る~」(長崎県立猶興館高校)平成20年8月、平成21年8月、平成22年8月

研究実績

原著論文

2013年
1) Uto T., Tung N.H., Morinaga O., Shoyama Y. Interaction analysis of glycyrrhizin on licorice extract-induced apoptosis of human leukemia cells by knockout extract. Nat. Prod. Chem. Res. 1: 105. 2013.
2) Uto T., Sakamoto A., Tung N.H., Fujiki T., Kishihara K., Oiso S., Kariyazono H., Morinaga O., Shoyama Y. Anti-Proliferative activities and apoptosis induction by triterpenes derived from Eriobotrya japonica in human leukemia cell lines. Int. J. Mol. Sci. 14(2):4106-4120. 2013.
3) Li X.W., Morinaga O., Tian M., Uto T., Yu J., Shang M.Y., Wang X., Cai S.Q., Shoyama Y. Development of an Eastern blotting technique for the visual detection of aristolochic acids in Aristolochia and Asarum species by using a monoclonal antibody against aristolochic acids I and II. Phytochem. Anal. In press. 2013.
4) Morinaga, O., Lu, Z., Lin, L., Uto, T., Sangmalee, S., Putalun, W., Tanaka, H., Shoyama, Y. Detection of paeoniflorin and albiflorin by immunostaining technique using anti-paeoniflorin monoclonal antibody. Phytochem. Anal., 24(2):124-128. 2013.
5) Tung N.H., Uto T., Sakamoto A., Hayashida Y., Hidaka Y,, Morinaga O., Lhieochaiphant S., Shoyama Y. Antiproliferative and apoptotic effects of compounds from the flower of Mammea siamensis (Miq.) T. Anders. on human cancer cell lines. Bioorg. Med. Chem. Lett. 23(1):158-162. 2013.
6) Sakamoto S., Nakahara H., Uto T., Shoyama Y., Shibata O. Investigation of interfacial behavior of glycyrrhizin with a lipid raft model via a Langmuir monolayer study. Biochim. Biophys. Acta. 1828(4):1271-1283. 2013.
7) Hagimori M., Uto T., Mizuyama N., Temma T., Yamaguchi Y., Tominaga Y., Saji H. Fluorescence ON/OFF switching Zn2+ sensor based on pyridine–pyridone scaffold. Sens. Act. B. 181, 823-828. 2013.
8) Kyeremeh K., Obed A., Kojo B.S., Tuffour I., Uto T., Appiah-Opong R. Bioactivity data for eunicellin-based diterpenes isolated from Acalycigorgia Sp. Int. J. Appl. Chem. 9(2), 141-150. 2013.
2012年
1) Uto T., Morinaga O., Tanaka H., Shoyama Y. Analysis of the synergistic effect of glycyrrhizin and other constituents in licorice extract on lipopolysaccharide-induced nitric oxide production using knock-out extract. Biochem. Biophys. Res. Commun. 417(1):473-478. 2012.
2) Morinaga O., Mukae R., Uto T., Pariyawongsakul Y., Putalun W., Tanaka H., Shoyama Y. Development of eastern blotting technique for analysis of baicalin using anti-baicalin monoclonal antibody. Antibodies 1(3): 284-293. 2012.
3) Uto T., Qin G.W., Morinaga O., Shoyama Y. 17-Hydroxy-jolkinolide B, a diterpenoid from Euphorbia fischeriana, inhibits inflammatory mediators but activates heme oxygenase-1 expression in lipopolysaccharide- stimulated murine macrophages. Int. Immunophamacol. 12(1):101-109. 2012.
2011年
1) Yokota S., Onohara Y., Uto T., Tanaka H., Morinaga O., Shoyama Y. Localization of ginsenoside-Rb1 in Panax ginseng revealed by immunofluorescence and immunoelectron microscopic techniques. J. Med. Plants Res. 5(14):3176-3187. 2011.
2) Chen J., Qin S., Xiao J., Tanigawa S., Uto T., Hashimoto F., Fujii M., Hou D.X. A genome-wide microarray highlights the anti-inflammatory genes targeted by oolong tea theasinensin A in macrophages. Nutr. Cancer. 63(7):1064-1073. 2011.
2010年
1) Khan M., Singh J., Gilg A.G., Uto T., Singh I. Very long-chain fatty acid accumulation causes lipotoxic response via 5-lipoxygenase in cerebral adrenoleukodystrophy. J. Lipid Res. 51:1685-1695. 2010.
2) Morinaga O., Uto T., Yuan C.S., Tanaka H., Shoyama Y. Evaluation of a new eastern blotting technique for the analysis of ginsenoside Re in American ginseng berry pulp extracts. Fitoterapia 81:284-288. 2010.
3) Uto T., Suangkaew N., Morinaga O., Kariyazono H., Oiso S., Shoyama Y. Eriobotryae folium extract suppresses LPS-induced iNOS and COX-2 expression by inhibition of NF-kappaB and MAPK activation in murine macrophages. Am. J. Chin. Med. 38:985-994. 2010.
4) Chen J., Uto T., Tanigawa S., Yamada-Kato T., Fujii M., Hou D.X. Microarray-based determination of anti-inflammatory genes targeted by 6-(methylsulfinyl) hexyl isothiocyanate in macrophages. Exp. Ther. Med. 1:33-40. 2010.
2009年
1) Morinaga O., Uto T., Sakamoto S., Putalun W., Lieochaiphant S., Tanaka H., Shoyama Y. Development of Eastern blotting technique for sennoside A and sennoside B using anti-sennoside A and anti-sennoside B monoclonal antibodies. Phytochem. Anal. 20(2):154-158. 2009.
2) Morinaga O., Uto T., Sakamoto S., Tanaka H., Shoyama Y. Enzyme-linked immunosorbent assay for total sennosides using anti-sennside A and anti-sennoside B monoclonal antibodies. Fitoterapia 80(1):28-31. 2009.

総説

1) Uto T., Tung N.H., Morinaga O., Shoyama Y. Preparation of knockout extract by immunoaffinity column and its application. Antibodies 1;294-307. 2012.
2) Uto T., Hou D.X., Morinaga O., Shoyama Y. Molecular mechanisms underlying anti-inflammatory actions of 6-(methylsulfinyl)hexyl isothiocyanate derived from wasabi (Wasabia japonica). Adv. Pharmacol. Sci. 2012:614046. 2012.
3) Tung N.H., Uto T., Morinaga O., Kim Y.H., Shoyama Y. Pharmacological effects of ginseng on liver functions and diseases: A mini-review. Evid. Based. Complement. Alternat. Med. 2012:173297. 2012.
4) Tanaka, H., Morinaga, O., Uto, T., Fuji, S., Aboagye, F.A., Tung, N.H., Li, X.W., Shoyama, Y. Application of monoclonal antibodies against bioactive natural products -Eastern blotting and preparation of knockout extract- Int. J. Anal. Chem. 2012:260425:1-9. 2012.
5) Kwon S.T., Uto T., Morinaga O., Tung N.H., Tanaka H., Yuan C.S., Shoyama Y. A new strategy of immunostaining for identification of ginsenosides. Int. J. Biomed. Pharmaceut. Sci. 6(Speciacl Issue 1):101-105. 2012.
6) Uto T., Tuvshintogtokh I., Shoyama Y. Preparation of knockout extract for determination of really active compound using monoclonal antibody. Curr. Drug. Discov. Technol. 8(1):16-23. 2011.
7) Du X.M., Irino N., Uto T., Morinaga O., Shoyama Y. Micropropagation of Anoectochilus formosanus Hayata in vitro and pharmacological and chemical investigations. Current Topics in Phytochemistry 9:79-87. 2009.

著書

1) Uto, T., Tung, N.H., Tanaka, H., Shoyama, Y. Applications of anti-natural compound immunoaffinity purification on quality control. "Latest Research into Quality Control 2/ Book 2", ISBN 980-953-307-504-9. 2012.
2) Uto T., Tung N.H. Quality control by immunoaffinity concentration using monoclonal antibody. "Quality Control / Book 2", ISBN 978-953-307-682-10. 2011.

その他雑誌等

1) 宇都拓洋、トピックス「フラボノイドでがん予防 ~ルテオリンの標的分子解明~」ファルマシア 49(8), 797, 2013.
2) 正山征洋、宇都拓洋、漢方薬・生薬の活性評価―有効成分のノックアウトエキスと薬理解析、臨床検査 53, 943-946、2009.
3) 正山征洋、宇都拓洋、連載・目で見る漢方薬・生薬1、甘草(カンゾウ)、医薬ジャーナル 45/1, p7~p13、2009.

学会発表

【代表者として発表したもの】
2013年
1) 宇都拓洋、Nguyen Huu Tung、森永紀、正山征洋、天然物特異的モノクローナル抗体を利用したバイカレインの細胞内局在及び標的分子同定、第5回食品薬学シンポジウム、京都、2013.11.
2) 宇都拓洋、Nguyen Huu Tung、森永紀、正山征洋、天然物特異的モノクローナル抗体によるヒト肝癌細胞でのバイカレインの局在及び標的分子解析、第60回日本生薬学会年会、北海道、2013.9.
2012年
1) 宇都拓洋、荒木千鶴、Wariya Sanrattana、谷嶋優貴、森永紀、正山征洋、ジンセノサイドM1による大腸癌細胞増殖抑制能とその作用機構解析、第29回日本薬学会九州支部大会、熊本、2012.12.
2) 宇都拓洋、坂本綾奈、日髙由貴、藤木司、岸原健二、大磯茂、仮屋薗博子、森永紀、正山征洋、コロソール酸による癌細胞増殖抑制能とその作用機構解明、第19回天然薬物の開発と応用シンポジウム、大阪、2012.11.
3) 宇都拓洋、ノックアウトエキスを利用した生薬成分の機能解析(奨励賞受賞講演)、第19回天然薬物の開発と応用シンポジウム、大阪、2012.11.
4) Uto T., Qin G.W., Morinaga O., Shoyama Y., Anti-inflammatory effect of 17-hydroxy-jolkinolide B, a diterpenoid from Euphorbia fischeriana, in lipopolysaccharide-stimulated murine macrophages. World Congress on Oleo Science (WCOS 2012) & 29th ISF Congress –JOCS/AOCS/KOCS/ISF Joint Meeting, Nagasaki, 2012.9.
5) 宇都拓洋、森永紀、正山征洋、ノックアウトエキスを用いた甘草中のグリチルリチンの機能解析、日本農芸化学会西日本支部および日本栄養・食糧学会九州・沖縄支部合同大会、鹿児島、2012.9.
6) 宇都拓洋、森永紀、正山征洋、ノックアウトエキスを用いた甘草エキスにおけるグリチルリチンの機能解析、第59回日本生薬学会年会、千葉、2012.9.
2011年
1) 宇都拓洋、Guo-Wei Qin、森永紀、正山征洋、Jolkinolide類による抗炎症効果とその作用機構の解明、第28回日本薬学会九州支部大会、福岡、2011.12.
2010年
1) 宇都拓洋、森永紀、正山征洋、抗天然化合物特異的モノクローナル抗体を用いたバイカレインの機能及び標的分子解析、第27回日本薬学会九州支部大会、長崎、2010.12.
2) Uto T., Qin G.W., Morinaga O., Shoyama Y., Anti-inflammatory effect of 17-hydroxy-jolkinolide B from Euphorbia fischeriana Steud on murine macrophages. The 5th JSP-CCTNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy, Tokushima, 2010.9.
3) 宇都拓洋、森永紀、正山征洋、抗天然化合物特異的モノクローナル抗体を利用したバイカレインの標的分子の解析、第57回日本生薬学会年会、徳島、2010.9.
4) 宇都拓洋、森永紀、正山征洋、天然化合物特異的抗体を利用したバイカレインの機能及びターゲット分子の解析、日本農芸化学会2010年度大会、東京、2010.3.
2009年
1) 宇都拓洋、森永紀、正山征洋、天然化合物特異的抗体を用いたグリチルリチン及びグリチルレチン酸の大腸癌細胞アポトーシス誘導能解析、第26回日本薬学会九州支部大会、福岡2009.12.
2) Uto T., Qin G.W., Morinaga O., Shoyama Y., Anti-inflammatory effect of 17-hydroxy-jolkinolide B, a diterpenoid from Euphorbia fischeriana Steud, on LPS-stimulated murine macrophages. 2009’ Fukuoka International Symposium for Pharmaceutical Sciences in JSPS Asian Core Program, Fukuoka, 2009.11.
3) 宇都拓洋、森永紀、正山征洋、天然化合物特異的モノクローナル抗体を用いたグリチルリチン及びグリチルレチン酸の機能解析、第56回日本生薬学会年会、京都、2009.10.
【共同研究者として発表したもの(2009~2013)】
国際学会 12, 国内学会 16

その他学会以外の研究発表等

1) 宇都拓洋、天然化合物特異的モノクローナル抗体を用いた応用研究~バイカレインの機能及びターゲット分子解明を目指して~、第1回薬学研究発表会、薬学部FD委員会主催、長崎国際大学、2010.9.
2) 宇都拓洋、「農学を出発点とした私の研究とこれから~連合農学研究科での経験を活かして~」人材養成学生支援セミナーI、鹿児島大学大学院連合農学研究科(佐賀大学)、2010.8.

その他の実績

ReaD&Researchmapもご参照ください。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading