menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

岸 智裕(きし ともひろ)助教

岸 智裕

所属

薬学部 薬学科

専門分野

衛生化学、環境化学

研究テーマ

蛍光標識を用いたカテキン類の高感度分析法の開発

担当科目

実習補助

所属学会

日本環境化学会、日本薬学会

研究室

薬学棟L302号室(衛生化学)

連絡先

E-mail

t-kishi

URL

プロフィール

2007年 東京理科大学薬学部卒業
2009年 東京理科大学大学院薬学研究科修士課程修了
2012年 東京理科大学大学院薬学研究科博士課程修了
2012年 長崎国際大学薬学部助手
2014年 長崎国際大学薬学部助教

研究活動

科研費・競争的資金

・平成20年度 公益信託エスペック地球環境研究・技術基金
・平成21年度 私学振興 特定研究助成金 大学院重点特別経費
・平成23年度 日本学術振興会 特別研究員

研究実績

原著論文

・Formation of polybrominated and polychlorinated ethylphenoxyethylphenols (PXEPEPs) during aqueous chlorination of 4-ethylphenol solutions in the presence of bromide ion. Tsuyoshi Kawakami, Iwaki Nishi, Tomohiro Kishi and Sukeo Onodera, Journal of Environmental Science and Health: Part A, 44, 641-647, 2009
・Influence of experimental conditions on the formation of PCDD/Fs during the thermal reactions of 2,4,6-trichlorophenol. Tomohiro Kishi, Shota Suzuki, Mai Takagi, Tsuyoshi Kawakami and Sukeo Onodera, Chemosphere, 76, 205-211, 2009.
・Suppression of PCDD/Fs formation because of the presence of DEHP during the model slow combustion of 2,4,6-trichlorophenol. Tomohiro Kishi, Toshinori Shinkura, Shota Suzuki, Tsuyoshi Kawakami, Ken Takeda and Sukeo Onodera, Chemosphere 78, 1207-1212, 2010.
・身体保護製品の昆虫忌避剤(DEET)および鎮痒剤(Chrotamiton)による水環境汚染:千葉県西北部の河川水および水道水におけるそれらの存在、季節変動および濃度比較. 菅野文子、冨澤朋絵、西以和貴、岸智裕、河上強志、高橋保雄、小野寺祐夫、環境化学、20、121-125、2010
・Mutagenic potentials of Amberlite XAD-2 resin extracts obtained from river and drinking waters in the Northwest district of Chiba, Japan. Ayako Kanno, Iwaki Nishi, Tomohiro Kishi, Tsuyoshi Kawakami, Yasuo Takahashi and Sukeo Onodera, Journal of Toxicological Science, 35, 817-826, 2010.
・Cholinesterase-inhibition potentials of Amberlite XAD-2 resin extracts collected from river and drinking waters in Northwest destrict of Chiba, Japan. Ayako kanno, Iwaki Nishi, Tomohiro Kishi, Tsuyoshi Kawakami, Yasuo Takahashi and Sukeo Onodera, Journal of Health Science, 56, 664-674, 2010.

学会発表

<国際学会>
・T. Kishi, S. Suzuki, T. Kawakami, K. Takeda and S. Onodera,「Suppression of PCDD/Fs formations by addition of hydrocarbons during combustion of chlorinated phenols」; DIOXIN 2009: 29th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (POPs), Beijing, China, (Aug. 2009)
・T. Kishi, K. Takeda and S. Onodera,「Suppression of PCDD/Fs formations on the by combustion process because of the presence of gaseous hydrocarbons」; DIOXIN 2011: 31th International Symposium on Halogenated Persistent Organic Pollutants (POPs), Brussels, Belgium, (Sep. 2011)   他
<国内学会>
・岸智裕, 江川隼人, 鈴木翔太, 武田健, 小野寺祐夫, 「焼却過程におけるダイオキシン類の共存有機物による抑制効果:炉内酸素濃度の影響」; フォーラム2009: 衛生薬学・環境トキシコロジー, 沖縄, 2009年11月
・岸智裕, 武田健, 小野寺祐夫, 「炭化水素ガスによる塩素化フェノール類からのダイオキシン類生成反応の抑制」; 第20回環境化学討論会, 熊本, 2011年8月   他

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading