menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

中村 龍文(なかむら たつふみ)教授

中村 龍文

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

神経内科学

研究テーマ

免疫性神経疾患の病態解明と治療法の開発

担当科目

〔学部〕認知症の理解Ⅰ、障害の理解Ⅰ
〔大学院修士課程〕特別研究
〔大学院博士後期課程〕特別研究指導Ⅰ・Ⅱ

所属学会

日本神経学会、日本神経免疫学会、日本内科学会、日本老年医学会、日本神経感染症学会、日本ウイルス学会

研究室

研究棟204号室

連絡先

TEL:0956-20-5508

E-mail

tatsu

URL

プロフィール

昭和53年3月 長崎大学医学部 卒業
昭和56年4月 米国NIH、NINCDS 留学
昭和62年1月 長崎大学医学部第一内科 助手
平成 6年4月  同上 講師
平成12年4月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学 准教授
平成26年4月 長崎国際大学人間社会学部・社会福祉学科 教授

〔受賞〕
平成 2年9月 第7回角尾学術賞
平成 3年4月 第4回日本内科学会奨励賞

研究活動

科研費・競争的資金

1.文部科学省科学研究費助成事業(基盤C)「HTLV-I関連脊髄症発症に関与する細胞内骨格再構成シグナル伝達機構の解明」(平成24-26年度)(代表)
2.厚生労働省難治性疾患政策研究事業 「HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築をめざした政策研究」(平成26-27年度)(分担)
3.厚生労働省難治性疾患克服研究事業「HAMの革新的な治療法となる抗CCR4抗体療法の実用化に向けた開発」(平成25-26年度)(分担)
4.厚生労働省難治性疾患克服研究事業「免疫性神経疾患に関する調査研究」(平成13-25年度)(分担)
5.厚生労働省難治性疾患克服研究事業「HTLV-I関連脊髄症 (HAM) の新規医薬品開発に関する研究」(平成23-24年度)(分担)
6.厚生労働省難治性疾患克服研究事業「重症度別治療指針作成に資すHAMの新規バイオマーカー同定と病因細胞を標的とする新規治療法の開発」(平成22-24年度)(分担)
7.科学技術振興機構研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム「ポリ硫酸ペントサンの新規HAM治療薬開発に向けた検証的臨床研究」(平成22-23年度)(代表)

社会活動

社会貢献・地域連携

長崎県特定疾患対策協議会委員
社会保険診療報酬請求審査委員会委員
長崎県難病医療連絡協議会理事

各種委員・役員等

日本神経免疫学会理事
日本神経学会代議員
日本老年医学会代議員
日本神経感染症学会評議員

教育活動

客員・兼任・非常勤講師等

長崎大学医歯薬学総合研究科

講演会等

1.HTLV-I関連脊髄症 (HAM) に対する新規治療戦略. 関西医科大学大学院セミナー. 大阪 2013.3.
2.HAM治療のこれから.「新しい展開・HTLV-I関連脊髄症」~解明されつつあるHAMの病態と新しい治療法について~. 市民公開講演会. 鹿児島 2012.11.
3.HTLV-I関連脊髄症の治療剤の開発. 先端創薬シンポジウム in Nagasaki~挑戦:長崎から世界へ~. 長崎 2012.7.
4.「内科疾患に伴う神経障害」-HTLV-I感染に伴う神経障害-. 2006年度日本神経学会東海北陸地区生涯教育講演会. 名古屋 2007.3.
5.HTLV-I関連脊髄症 (HAM) における免疫異常. 金沢医科大学大学院セミナー. 金沢 2005.2.
6.HTLV-I associated myelopathy の免疫異常. 1999年度日本神経学会九州地区生涯教育講演会. 福岡 1999.10. 

研究実績

著書

1.中村龍文:HTLV-I関連脊髄症. 今日の神経疾患治療指針(第2版). p415-418,医学書院, 2013.
2.中村龍文. 重症筋無力症. 神経難病のすべて〜症状・診断から最先端治療,福祉の実際まで〜. p44-50, 新興医学出版社,2007.
3.Nakamura T, Nishiura Y, Fukushima N, Furuya T. The role of HTLV-I-infected CD4+ T cells as activated Th1 cells in the immunopathogenesis of HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. In Neuroimmunology Research Focus. Nova Science Publishers, 2007. p.43-84.

総説

1.中村龍文,福田 卓,西浦義博. HAMの治療法の概略と進歩. 神経内科 75:380-386, 2011.
2.Nakamura T. HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis (HAM/TSP): the role of HTLV-I-infected Th1 cells in the pathogenesis, and therapeutic strategy. Folia Neuropathol 2009; 47:182-194.
3.Nakamura T, Nishiura Y, Eguchi K. Therapeutic strategies in HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis (HAM/TSP). Cent Nerv Syst Agents Med Chem 2009;9:137-149.
4.中村龍文. 特集:免疫性神経疾患 Update 総論 発症・進展機序トピックス 発症要因  Triggerとしての感染症. 日本臨床 66:1056-1064, 2008.
5.片峰 茂,中村龍文. プリオン病. 特集 : ノーベル賞の医療への貢献. 総合臨床 57:90-94,2008.
6.中村龍文,福島直美,西浦義博. 特集2:レトロウイルスと神経障害 HAM/TSPの病態に関与する細胞内シグナル伝達機構. 神経免疫学15:189-193,2007.
7.Nakamura T. Immunopathogenesis of HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. Ann Med 2000;32:600-607.

原著論文

1.Nakamura T, Satoh K, Fukuda T, Kinoshita I, Nishiura Y, Nagasato K, Yamauchi A, Kataoka Y, Nakamura T, Sasaki H, Kumagai K, Niwa M, Noguchi M, Nakamura H, Nishida N, Kawakami A. Pentosan polysulfate treatment ameliorates motor function with increased serum soluble vascular cell adhesion molecule-1 in HTLV-1 associated neurologic disease. J Neurovirol. 2014;in press.
2.Nakamura T, Satoh K, Nakamura H, Yamasaki H. Intracellular cyclic adenosine monophosphate regulates the efficiency of intercellular transmission of human T-lymphotropic virus type I. Clin Exp Neuroimmunol. 2014;in press.
3.Nakamura T, Matsuo T, Fukuda T, Yamato S, Yamaguchi K, Kinoshita I, Matsuzaki T, Nishiura Y, Nagasato K, Narita-Masuda T, Nakamura H, Satoh K, Sasaki H, Sakai H, Kawakami A. Efficacy of prosultiamine treatment in patients with HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis: results from an open-label clinical trial. BMC Med. 2013;11:182.
4.Takamori M, Nakamura T, Motomura M. Antibodies against Wnt receptor of muscle-specific tyrosine kinase in myasthenia gravis. J Neuroimmunol. 2013;254:183-186.
5.Araya N, Takahashi K, Sato T, Nakamura T, Sawa C, Hasegawa D, Ando H, Aratani S, Yagishita N, Fujii R, Oka H, Nishioka K, Nakajima T, Mori N, Yamano Y. Fucoidan therapy decreases the proviral load in patients with human T-lymphotropic virus type-1-associated neurological disease. Antivir Ther. 2011;16:89-98.
6.Fukuda T, Shiraishi H, Nakamura T, Tanaka K, Nakamura H, Tsujino A, Nishiura Y, Yoshimura T, Motomura M, Eguchi K. Efficacy of Tacrolimus in Sjögren's Syndrome Associated CNS Disease with Aquaporin-4 Autoantibodies. J Neurol. 2009;256:1762-1764.
7.Nakamura H, Kawakami A, Hayashi T, Nakamura T, Iwamoto N, Yamasaki S, Ida H, Eguchi K. Low prevalence of ectopic germinal center formation in patients with HTLV-I-associated Sjögren’s syndrome. Rheumatology. 2009;48:854-855.
8.Nishiura Y, Nakamura T, Fukushima N, Nakamura H, Ida H , Aramaki T, Eguchi K. Disulfide-mediated apoptosis of human T-lymphotropic virus type-I (HTLV-I)-infected cells in patients with HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. Antivir Ther. 2009;14:533-542.
9.Fukushima N, Nakamura T, Nishiura Y, Ida H, Aramaki T, Eguchi K. HTLV-I production based on activation of integrin/ligand signaling in HTLV-I-infected T cell lines derived from HAM/TSP patients. Intervirology. 2008;51:123-129.
10.Fukushima N, Nishiura Y, Nakamura T, Yamada Y, Kohno S, Eguchi K. Involvement of p38 MAPK signaling pathway in IFN- and HTLV-I expression in patients with HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. J Neuroimmunol 2005;159:196-202.

学会発表

〔シンポジウム〕
1.中村龍文、松尾朋博、福田 卓、山口健太郎、佐々木 均、酒井英樹、川上 純:HAMに対する新規治療法ー経口プロスルチアミン療法の有効性ー. 第24回日本神経免疫学会学術集会、長野. 2012. 9.
2.中村龍文. HTLV-I関連脊髄症における新規治療法― アポトーシスによるHTLV-I感染細胞標的治療の試み ―.第18回日本アポトーシス研究会学術集会. 長崎. 2009.8
3.中村龍文. HAM/TSPの病態に関与する細胞内シグナル伝達機構. 第19回日本神経免疫学会. 石川 2007.4.
〔その他〕
1.中村龍文. HAM/TSPに対するプロスルチアミンによるHTLV-I感染細胞を標的とした新規治療法. -HTLV-I撲滅に向けて-. 2010年度HTLV-I関連合同班会議. 東京 2011.2.

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading