menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

オープンキャンパスへの多数のご参加に感謝

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 セミの大合唱がいつの間にか聞こえなくなり、道ばたの植物の中から様々な虫の音が耳に届くようになりました。汗を噴き出させていた夏将軍の勢いが日を追うごとに弱まり、過ごしやすくなってきています。特に今年は猛暑が続きましたが、9月の声とともに朝夕の風が秋のにおいを運んでくれました。暑さ寒さも彼岸までと言いますが、お彼岸の前に秋に触れることができ少し得をしたような気がしています。

 さて、大学は後期の授業開始に備えた準備が着々と進められています。15日には入学式があり、後期から入学する34名の学生さんたちに心からの歓迎のことばが述べられ、本学での学業の達成に向けた力強いエールが送られました。9月の入学式?と不思議に思われるかも知れませんが、諸外国では9月入学、6月卒業が一般的です。従って、日本での学びを希望する留学生の皆さんは、9月入学制度を利用されています。9月入学を本格的に採用しようとしている大学も少なくありません。ただ、4月入学、3月卒業の日本では4月から9月までがブランクとなるためこの制度に踏み切れない状態が続いています。しかし、国際人育成の観点から全面的に9月入学に踏み切る大学が現れるのもそう遠くないことと思います。その大学では、入学を世界標準に合わせ、世界各地の優秀な学生さんを入学させたいと考えています。また、日本の学生さんたちには、4月からの半年を自分磨きの期間と捉え、その間に学業を磨くのもよし、体験を広げて逞しくなるのもよしと、この期間を積極的に活用してより成長した姿で9月入学を果たしてもらおうという考えも持っています。現在、大学入試制度を大きく変えようという動きが進んでいます。その考えがまとまり、実行に移される頃には、9月入学への歩みが加速されると思っています。

 二学期が始まっていますが、夏休みに皆様方が参加されたオープンキャンパスは如何でしたか。いくつものオープンキャンパスに参加された方もたくさんおられることと思います。楽しく参加する事ができたでしょうか。大学の情報はネットを通じて簡単に入手できます。また、様々な角度から大学を評価する記事も入手することができます。しかし、自分の目と耳で大学を観察することは非常に大切です。キャンパスでその大学の雰囲気を肌で感じることは、様々な情報とは違って、何かを感じることができます。また、自分に合う大学かどうかのおおよその判断もできると思います。貴重な4(6)年間を過ごすキャンパスです。納得のいくキャンパスを見つけられたでしょうか。

 お陰様で7月と8月のオープンキャンパスには、1500名近くの方が参加してくださいました。この文章を読んで下さっている方の中にも本学のオープンキャンパスに参加して下さった方もおられると思います。如何でしたでしょうか。本学の建学の精神であるホスピタリティを十分に感じて頂けたでしょうか。もう少しこんな所を知りたかったなと思われている方は、遠慮されずに本学の入試課にお問い合わせ下さい。

 本学は、まだ若く、いろいろなことにチャレンジしています。その精神に共鳴して頂き、4或いは6年間を過ごすキャンパスとして選んで頂ければ幸いです。共に歩みましょう。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading