menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

進学に向き合う季節

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 桜咲く中で、力なく自信なさそうに鳴いていたウグイスが、ケキョケキョ、ホー ホケキョツと大きく、そして、力強く鳴く季節になりました。そして、ついこの間まで空に止まって忙しくさえずっていたヒバリの声が、急に耳に届かなくなりました。朝の気温も20℃を下回ることはなくなり、「季節が変わったな」と思いつつ大学へ向かう日が続いています。また、休日に乗る列車の窓からは、水が張られた田に、規則正しく並んだ細い緑の苗が見えます。農家の方の祈りと決意の賜物です。幾たびかの試練を受けながらも、秋には黄金の波が見られることと思います。そんな期待を感じさせる季節になっています。

 さて、新入生の屈託のない笑顔やはじけるような声を見聞きしたのが、ついこの間のことの様に思いますが、ゴールデンウィークも過ぎ、大学には平常が戻ってきています。あと1か月もすれば、期末試験が始まります。1年生にとっては初めての試験です。きっと、どんな問題が出るのだろうと胸中穏やかではないかも知れません。一方、高校3年生も不安に向き合っていることと思います。数ある大学の中でどの大学に進学するかを決める時期がすぐそこまで来ているのではないでしょうか。学力は伸びるだろうか、自分に適した学部は何だろうか、将来どのような職業に就けばいいのだろうか、などなど不安が沸いてくることと思います。また、家族の顔が浮かんだり、生まれ育った土地を離れなければならないかも知れないという不安も横切ることでしょう。高校3年生にとって大変ですが、避けて通れない課題です。

 その課題解決の一助になればと思い、私の時代を思い出しています。大学がたくさんあり、18歳人口の半数以上が大学に進むことができる現在とは異なり、大学の数は少なく、高校3年生の数も今の倍近くあり、大学の門をくぐるには大変な時代でした。私の高校時代は部活動にはまり、成績はとても親には見せられない状況の上に、両親からは、「お金のかかる大学へは行かせることはできないよ」と釘を刺されていました。「困ったな―。1~2年生のときにもう少し勉強してればよかったな。」という思いと、「でも何とかしたいな。植物の事をもっと勉強したい。それには大学へ行かないとね。」という思いが交互に浮かぶ毎日でした。特に、7月のインターハイの予選敗退が決まってからはすることがなく、それらの思いと終日向き合っていました。

 でも、暗い毎日ではなかったように思います。徐々に「勉強すればいいんでしょ。試験をパスすればいいんでしょ。」と思えるようになりました。その原動力は、何故か分からないけど、「大学で植物が学べる」という夢だったと思います。大学を卒業したら何になろうとも考えず、ただ単に植物へのあこがれが頭を占有していました。どうしてかと問われると答えることはできませんが、部活への想いを植物に引き継がせたのかもしれません。それから、本格的に入試問題集を開くようになりました。でも、基礎がない中での勉強は長くはつづかず、ボーッとしている時間が長かったように思います。自分が嫌になったり、くじけそうになったりしたとは思いますが、今ははっきりとは思い出せません。無我夢中の時代だったのでしょう。そして、運よくパスしての大学生活は楽しいものでした。今までの人生の中で自分が一番輝いていたかもしれません。友達と語らい、山をめぐって様々な植物に会い、名前を調べ、その生態を教わりと、弾んだ時期でした。就職してからは、この夢の持続は叶いませんでしたが、それはそれで納得した歩みとなっています。

 この経験から、高校3年生にとって何が大切なのかと言えば、夢を持つこと、したいことを明確にすること、或いは、没頭できるものを見つけることかなと思います。それらが見つかれば、学力の向上に全力投球するのみです。これらがぼんやりしている方、全く見つかっていない方は、不安になることはありません。オープンキャンパスがあります。そこでは、勉強する内容や将来への道を自分の目で、耳で探すこと、確かめることができます。たくさんの大学を覗いてみては如何でしょうか。きっと、自分のフィーリングに合う分野や大学が見つかると思います。今年度の本学のオープンキャンパスは、7月22日、8月6日、8月20日です。先生方や先輩たちとの楽しい時間を過ごしていただければと思い、紹介させていただきました。夢の実現を図りましょう。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading