menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

将来像が描けていますか

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 新しい年が始まりました。目標を新たにされましたか。夢が叶う年になればいいですね。1月14日~15日のセンター試験が終わりました。高校3年生の皆さんは、ほっとするとともに一般入試に向けて気を引き締めていることだと思います。また、1~2年生の方は、来年、再来年の受験が身近に迫ってきたことを肌で感じられておられることと思います。
 センター試験が無事に終了してほっとしているのは、高校生の皆さんばかりではありません。大学の教職員も極度の緊張感から解放されています。試験にあたっては、受験生や高校関係者の方々が大変なことは良く知られていますが、試験会場となる大学関係者にとっても、この時期は頭痛の種です。受験生の皆さんの将来を決める試験ですから、会場大学として、皆さんが力を出し切れる受験環境を作らなければなりません。もちろん、ミスは許されませんし、受験生の皆さんに不快な想いを抱かせることがあってはなりません。また、全国一斉ですから、時間通りに粛々と試験が進められなければなりません。
 このために、試験の10日ほど前から大学は緊張感に包まれます。机や照明の点検、座席の指定などの試験会場の整備、進行を円滑にするための監督者打ち合わせ会の開催、バス、乗用車をさばくための交通整理案の作成など、万全な準備に向けての作業が始まります。当日はもう大変です。雪にならないか、電車は遅れてないか、渋滞は、などの情報収集に始まり、受験生が気持ちよく試験会場に入るために動線の確保、不審者の侵入の防止、会場の点検、そして、時間通りの試験進行、入試センターへの連絡など、大学挙げての2日間になります。試験終了が各教室から届き、解答用紙の回収が無事に済んだところで、「ほっ」と肩の力が抜けます。そして、皆さんの「やったー」という声が聴きたくなります。

 さて、大学進学を決められている皆さん、将来の自分の姿を描けていますか。また、そのための大学での過ごし方を考えておられるでしょうか。高校までとは違い、大学は高い授業料を納めなくてはなりません。お父さん、お母さんにとっては重い負担となります。それでも、子どもたちの夢を叶えるためにと、笑顔で送り出されることと思います。この期待に添う場が、大学です。従って、自分を高め、社会で通用する自分を創る4(6)年間でなければなりません。
 偉そうな口をきいていますが、当時の私には、両親の期待に添うためにという考えはありませんでした。ともかく、「自分の好きなことをしたい」と思って大学へ進みました。授業料のことは若干胸が痛みましたが、何とかしてくれるだろうと勝手に思い込んでいました。今から思えば、とんでもない18歳だったと思います。「植物をもっと知りたい」と選んだ大学の授業は新鮮で、楽しく、初めて勉強しようという気になりました。部活三昧で、勉強は二の次、三の次の高校時代とは全く異なる次元の経験でした。
 ただ、私の場合、「知りたい」の次がありませんでした。どうして自分を養っていくかということが頭の中になかったのです。大学での生活が10年近くになったとき、ふと「自分に向いている職業は?」と思い始めました。職業に関する知識が全くなく、大学以外の社会を知らない自分に焦りを感じました。
 時代の流れは速くなっています。自分の将来像を描いて大学に進学することはとても大切なことになります。その像を明確に描くことができなくても、自分が活躍したい社会や分野を決めることができると思います。それに向かって自分を成長させてくれる大学を選びましょう。大学の情報は他人に聞くのではなく、自分の目で、耳で、そして肌で集めましょう。大学のオープンキャンパスはそのためにあります。一緒に参加して、お父さんやお母さんの目や耳を借りるのも一つの手かもしれません。
 今年の本学のオープンキャンパスは、3月18日(土)に始まり、7月と8月の開催が続きます。是非、将来を描きながら参加していただければと思います。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading