menu

大学総合

副学長メッセージ

木村副学長メッセージ

学問的教養を身につけた
心豊かな社会人をめざして

副学長
木村 勝彦
副学長 木村 勝彦

 長崎国際大学は人間尊重を基本理念に掲げ、ホスピタリティの精神を探求・実践することを、教育および研究の根幹に定めています。それを端的に表現した言葉が、「いつも、人から。そして、心から」というモットーです。

 このモットーのもとで本学は現在、3学部4学科と大学院の3研究科5専攻を設置し、それぞれの分野で高度な専門的知識と技能に関する教育・研究を推進しています。それと同時に、知性、感性、人間性がバランスよく備わった人格へと学生を陶冶し、社会の有為な成員として輩出することに力を尽くしています。本学で学ぶ学生は、学部において専門職業人、大学院において高度専門職業人としての能力を修得するだけではなく、学問的教養をみにつけた心豊かな社会人として成長することをめざします。

 本学はまた、学校法人九州文化学園を母体としながら、長崎県および佐世保市との公私協力方式で成立したという経緯に鑑み、地域から愛され、地域社会に貢献できる人材の育成にも努めています。本学の学生は、地域社会の温かいご支援を受けながら学生生活を営む一方で、地域社会に溶け込み、さまざまな活動を通してその活性化の一助となっています。そして、多くの卒業生がそれぞれの専門的知識と技能によって、国内外で活躍してくれていることは、本学の誇りとするところです。

 さらに本学ではグローバル社会の進展に対応すべく、異文化を理解し、国際社会に貢献できる人材の育成をも重点課題としています。中国、韓国、アメリカ、ベトナム、ネパールなど12の国・地域から200名余の留学生を受入れると同時に、本学からも協定を締結している海外の姉妹大学に多くの長期・短期留学生を派遣しています。国際色豊かなキャンパスはまさに異文化理解、異文化交流を深める絶好の場となっており、本学で学ぶ学生に国際社会に飛躍しようとする夢と刺激を与えてくれています。

 大学では自分で課題と目標をみつけ、将来の進路を定めていくために、主体的な態度で学問的教養をみにつけることが求められます。「学びて思わざれば則ちくらし、思うて学ばざれば則ちあやうし」という言葉がありますが、多くの若者たちが長崎国際大学というすばらしい環境の中で主体的に学び考えることによって、学問的教養と心の豊かさをみにつけていかれることを切に期待しております。

橋本副学長メッセージ

希望に向かっての一歩

副学長
橋本 健夫
副学長 橋本 健夫

 お彼岸が過ぎ、マフラー、帽子、手袋を身に付けて風の冷たさに耐えていた頃が懐かしく思い出される朝になりました。登校途中の道端には、鮮やかな紫色の花をつけたホトケノザを始めとして様々な草本が元気よく葉を伸ばしています。校庭では、気の早いヒバリが空中に止まり、歌声を聞かせてくれています。自然界は春に向けてまっしぐらです。

 大学は全ての入学試験を終え、新入生を待つばかりになっています。とは言え、卒業生や進級生の手続きに夜遅くまで事務室の電気は消えることはありません。別れと出会いが交差する1年間で最も多忙な時期になりました。この中で、大学も春に向けての準備を整えています。

 まずは、数多い大学の中で長崎国際大学を選び、入学してくる学生さんたちに心からお礼を申し上げたいと思います。そして、急激に変化する社会にあって、彼らの将来が輝かしいものになるように本学の教育や学生支援の質を向上させるとの決意を新たにしています。選んでいただいたからには、夢に向かっての歩みを全面的にサポートしたいと思います。このために、新年度から新しいチャレンジを始めます。

 一つは、前報でも述べたように、新入生を対象とした教育(初年次教育)を他のどの大学よりも充実させます。高等学校から大学への進学は、予想以上に大きな変化を伴うものです。この変化に戸惑い、大学合格時に抱いた夢の実現に迷いや悩みを感じる方も少なくありません。これは、誰とも相談できず孤独感を感じることによって起こると考えています。その状況に陥らないための初年次教育です。これは、「教養セミナーA」、「ホスピタリティ概論」、「茶道文化Ⅰ」の3つの科目から成り立っています。詳しい内容は受講してからのお楽しみにしますが、「教養セミナーA」では先生方とのコミュニケーションを密にして、様々な情報を入手し、キャンパスライフを楽しむことができるように授業展開がなされます。「ホスピタリティ概論」では、教員のほかに事務職員も加わって、本学の建学の理念であるホスピタリティの体得を図ります。社会の先輩であり、大学文化を熟知する事務職員との会話は、将来への夢を具体化する一歩になると思います。また、「茶道文化Ⅰ」では、実際にお茶をたてて頂きますが、その中で客を立てる心、自分を律する心を養い、本学のディプロマポリシーに描く学士像へ向けた一歩を踏み出していただきます。この初年次教育で培った資質は、次学年の学修の発展につながります。

 二つ目は、教育基盤センターの発足です。ここでの重点は、学生さん一人ひとりの学修支援です。大学の学びでは些細なことで迷いが生じることがあります。この時に、適切な助言をして、その呪縛から抜け出るお手伝いをしようというものです。授業での分からないことやレポートの書き方など、困ったときに教育基盤センターの相談窓口を訪ねて頂ければ、経験豊かな先輩方が丁寧に支援してくれる仕組みになっています。先生が支援をするのではなく、まずは学生さん同士で解決する仕組みになっています。もちろん、先生方も様々な状況の支援に備えて待機しています。学生さんが相談しやすい状況を考え、システムを作りました。学生さん同士の輪が広がればと期待しています。

 三つ目は、全ての授業でのアクティブラーニングの実施です。アクティブラーニングは聞き慣れない方もおられるかと思いますが、それは、学生さん一人一人が主体的に授業に取り組み、課題等を解決する学修を指しています。勉強は学生さん一人ひとりがその気になって取り組まなければ、その成果は身に付きません。従来は、学修することが当然として、大学の先生方は一方的に知識を伝授する講義を行ってきました。これでは、受講生はやる気が起こりません。その方式をやめて、受講生が「よし、勉強しよう」と思う仕掛けや楽しい展開を組み込んでやる気を起こし、一人ひとりが主役として活動する場を提供するとともに、結果をみんなで共有して達成感や成就感を味わう、この一連の流れがアクティブラーニングです。楽しくやりがいのある授業が全学で展開されます。きっと、あちこちの教室で歓声が上がることと思います。この新しい試みは、新入生の方だけでなく全ての在学生に、「大学って楽しいな」という気持ちを起こさせるものになると信じています。

 これから大学を選ぼうとしている高校3年生や2年生の方々、教育力を進化させている長崎国際大学に注目ですよ。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading