menu

社会連携

研修認定薬剤師制度における研修会

本薬学部は、研修薬剤師制度における 日本薬剤師研修センター認定の研修会実施機関です。

「研修認定薬剤師制度」とは?

薬剤師は、時代に即応した医療需要と社会的要請に応え、薬剤師として必要な責務を全うするために、生涯にわたって研修等による自己研鑽に努めなければなりません。その研修実績の保証の1つとして認定証があります。薬剤師研修センターは、全国のあらゆる職域の薬剤師を対象に、研修成果を記録し、それを客観的に認定するために「研修認定薬剤師制度」を発足させました。これは、全職域の薬剤師の方々が自らの責任で、薬剤師免許を持つにふさわしい資質を維持するための生涯研修をバックアップし、その成果を客観的に認定するものです。

「研修認定薬剤師」とは?

「研修認定薬剤師制度」のもと、1認定期間(新規4年以内、更新3年毎)に所定の単位を取得したと認定された薬剤師をいいます。認定されたことにより、他の医療従事者や患者からの信頼を高め、常に時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師であることを示すことができます。また、この認定は、免許の更新と同じ効果を期待するものであります。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 長崎国際大学同窓会
PAGE TOP
...loading