menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

小川 由起子(おがわ ゆきこ)教授

小川 由起子

所属

薬学部 薬学科

専門分野

糖鎖生物学、感染制御学

研究テーマ

微生物由来産物の機能解析ならびに宿主応答に及ぼす糖鎖の役割

担当科目

公衆衛生学Ⅱ、病原微生物学・ウイルス学、微生物薬品学、薬物治療学Ⅲ、総合演習Ⅰ~ⅢB、微生物学・免疫学演習、微生物学・免疫学実習、臨床生理学実習、卒業研究

所属学会

日本生化学会、日本癌学会、日本医真菌学会、日本薬学会、日本感染症学会、日本女性科学者の会

研究室

薬学棟P202号室(感染制御学)

連絡先

0956-20-5611(薬学事務室)

URL

プロフィール

福島県立福島女子高校(現 福島県立橘高校)卒
1995年 東北薬科大学(現 東北医科薬科大学)大学院薬学研究科修了【博士(薬学)】
    東北薬科大学(現 東北医科薬科大学)附属癌研究所(現分子生体膜研究所)助手を
    経て2006年同講師
2006年 長崎国際大学薬学部薬学科 准教授
2015年 長崎国際大学薬学部薬学科 教授

研究紹介

概要

 現在、様々な生物のゲノムを解明し、遺伝子配列からタンパク質の立体や機能が容易に推定できるポストゲノム時代を迎えている。21世紀における主要な病気の一つに新興、再興感染症が挙げられる。感染症の原因である病原微生物は、表面に糖鎖を持っている。また、ウイルスのいくつかも糖鎖を持つ。そして、その糖鎖は宿主の免疫監視機構からの回避など積極的に宿主への感染に役立っている。微生物およびそれらの宿主動物の進化には、糖鎖を介した感染という相互認識が深く関わっていると考えられる。ゲノムに含まれる遺伝子はタンパク質を作り、生命活動を担う。タンパク質は翻訳後に様々な修飾を受け、動物細胞に含まれるタンパク質の50%以上に糖鎖が付加されている。タンパク質や脂質に糖鎖が付加されることにより、様々な新しい機能や物性が発現される。糖鎖と相互作用する代表的な分子に糖鎖結合性タンパク質(レクチン)が知られている。レクチンは全生物に普遍的に存在し、様々な糖鎖構造に特異的かつ可逆的に結合するレクチンが多種多様に存在する。ウイルスなどの場合は、自分のスパイクタンパク質に糖鎖を付加させることにより、宿主の免疫監視機構からの回避や、宿主細胞が持つ糖鎖を認識するレクチンに捕捉させ宿主細胞への侵入を容易にしている場合もある。私たちは、微生物、両生類卵由来レクチンを探索し、宿主応答に及ぼす糖鎖の役割について研究を進めている。

研究活動

科研費・競争資金・共同(受託)研究


  1. 学長裁量経費 「子ども科学教室を通した地域コミュニティ活性化の構築」令和元年度 代表

  2. 日本学術振興会 科学研究費補助金(基盤研究C)代表/平成30-32年

社会活動

社会貢献・地域連携


  1. チャレンジ科学教室(2020年2月8日):学長裁量経費
    「オリジナル石けん(紫根石けん)をつくってみよう」(少年科学館)

  2. 夏休み子ども科学教室(2019年8月3日、10月5日):学長裁量経費
    「夏のさわやかバスタイム~バスボムつくり~」(少年科学館)

  3. 夏休み子ども科学教室(2018年7月28日)
    「夏必携、虫よけアロマキャンドルを作ってみよう」(少年科学館)

  4. 夏休み子ども科学教室(2017年7月29日)
    「夏必携、虫よけスプレーと虫刺されジェルを作ってみよう」(少年科学館)

各種委員・役員等

【学内】
全学学生委員会・委員長
教務委員会・委員(4年生学年主任)
薬学部国家試験対策委員会・委員
図書選定委員会・委員
教育支援センター運営委員会・委員

社会活動


  1. 国・地方連携会議ネットワークを活用した男女共同参画推進事業/2015年12月13日
    「親子で考える理系の夢への挑戦」(内閣府)

  2. サイエンスパートナーシッププログラム/2014年8月22日-25日
    事前講義「感染症から身を守る」/猶興館高等学校・佐世保北高等学校

教育活動

教育内容

医療技術の高度化、医薬分業の進展等に伴い、高い資質を持つ薬剤師養成のための薬学教育が必要とされるようになりました。また、医療チームの一員として活躍するためには、人間理解のための幅広い教養はもちろん、スタッフや患者さんに対するコミュニケーション能力も欠かせません。高学年時における現場での十分な実務実習を通して、地域医療を担う人間性豊かな薬剤師の養成が必要であると考えられます。さらに、社会福祉学科を併せ持つ総合大学ならではの、福祉と医療薬学が連携した教育により、これからの高齢化社会を意識した在宅医療や地域医療に貢献できる薬剤師育成をめざします。

客員・兼任・非常勤講師等

福岡ビューティーアート専門学校 非常勤講師(衛生管理、美容知識Ⅰ)

講演会等


  1. 佐世保まちなか大学(佐世保市)/2019年12月7日
    「冬に流行る感染症とその対策~健康でいるために~」

  2. 長崎県立大学「初年次教育の動向について」FD 分科会講師/2017年8月10日

  3. 薬学について/長崎南高等学校(出張講義)/2017年10月27日

研究実績

著書


  1. Hasan I, Fujii Y, Rajia S, Kawsar SMA, Sugawara S, Ogawa Y, Hosono M, Koide Y, Kanaly RA, Ozeki Y., “Marine Glycobiology: Principles and Applications” Chapt 33. Structural glycobiology for lectin to promote advanced biomedical research. Taylor & Francis Group, CRC press (2016)

  2. Koide Y, Hasan I, Fujii Y, Kawsar SMA, Rajia S, Sugawara S, Ogawa Y, Hosono M, Kanaly RA, Ozeki Y., “Marine Omics, Principles and Applications. Se-Kwon Kim ed” Chapter 21 SUEL/RBL-Lectins and their biomedical applications. Taylor & Francis Group, CRC press (2016)

  3. Ozeki Y., Kawsar SMA., Fujii Y., Ogawa Y., Sugawara S., Hasan I., Koide Y., Yasumitsu H., Kanaly RA., “Marine Proteins and Peptides” edited by Se-Kwon Kim, Chapter10: Fascinating potential of diversified marine invertebrate lectins to decipher glycan-codes and control cell functions.” Wiley & Blackwell Co. Ltd (2013)

原著論文


  1. Aoki Y, Tsujimura A, Kaseda K, Okabe M, Tokuhiro K, Ohta T, O'Bryan MK, Okuda H, Kitamura K, Ogawa Y, Fujiki T, Wada M, Horie S, Nishimune Y, Tanaka H., Haprin-deficient spermatozoa are incapable of in vitro fertilization, Mol. Reprod. Dev., doi: 10.1002/mrd.23344.(2020).

  2. Kuraoka T., Yamada T., Ishiyama A., Oyamada H., Ogawa Y., Kobayashi H., Determination of α-1,3-linked mannose residue in the cell wall mannan of Candida tropicalis NBRC 1400 strain, Advances in Microbiology, 10, 14-26, doi: 10.4236/aim.2020.101002 (2020).

  3. Fujii Y, Gerdol M, Kawsar SMA, Hasan I, Spazzali F, Yoshida T, Ogawa Y, Rajia S, Kamata K, Koide Y, Sugawara S, Hosono M, Tame JRH, Fujita H, Pallavicini A, Ozeki Y., A GM1b/asialo-GM1 oligosaccharide-binding R-type lectin from purplish bifurcate mussels Mytilisepta virgata and its effect on MAP kinases, FEBS J.,26, (2019). doi: 10.1111/febs.15154.

  4. Osaki C., Yamaguchi K., Urakawa S., Nakashima Y., Sugita K., Nagaishi M., Mitsuiki S., Kuraoka T., Ogawa Y., Sato H., The Bacteriological properties of Bacillus strain TM-I-3 and analysis of the volatile antifungal compounds emitted by this Bacteria, Biocontrol Science 24(3), 129-136 (2019)

  5. Kuraoka. T., Ishiyama A., Oyamada H., Ogawa Y., Kobayashi H., Presence of O-glycosidically linked-oligosaccharides in the cell wall mannoprotein of Candida krusei purified with Benanomicin A, FEBS Open Bio, 9, 129-136 (2019).

  6. Kuraoka T., Shukuri M., Iwanaga S., Yamada T., Ogawa Y., Kobayashi H., Distribution of oligomannosyl side chains in the cell wall mannan of Pichia pastoris purified by Benanomicin A, Int.J.Curr.Microbiol.App.Sci., 8, 2926-2935 (2019).

  7. Ogawa Y., Murakami H., Kuraoka T., Mine R., Kobayashi H., Specific Antiproliferative Activity against Several Human Cancer Cells Possessed by Cordyceps militaris Grown in Viable Pupa of Silkworm Raised under Sterile Environment, Int.J.Curr.Microbiol.App.Sci., 7(2), 988-997 (2018).

  8. Fujii Y., Gerdol M., Hasan I., Koide Y., Matsuzaki R., Ikeda M., Rajia S., Ogawa Y., Kawsar S.M.A., Ozeki Y., Phylogeny and properties of a novel lectin family with β-trefoil folding in mussels. Trends Glycotech Glycosci., 30(177), 195-208(2018).

  9. 下湯直樹、小川由起子、林俊介、乙須翼、細野広美、初年次教育科目「教養セミナーA」における教育の質保証構築に向けた実践とその課題、長崎国際大学教育基盤センター紀要、1, 15-27(2018).

  10. Ogawa Y., Yahagi N., Yahagi R., Kobayashi H., Ophiocordyceps pulvinata Induces Caspase-Dependent Apoptosis through Mitochondrial Impairment in Human Leukemia Cells, Int.J.Curr.Microbiol.App.Sci., 6(1), 579-591 (2017).

  11. Fujii Y, Fujiwara T, Koide Y, Hasan I, Sugawara S, Rajia S, Kawsar SM, Yamamoto D, Araki D, Kanaly RA, Ogawa Y, Fujita H, Ozeki Y., Internalization of a novel, huge lectin from Ibacus novemdentatus (slipper lobster) induces apoptosis of mammalian cancer cells, Glycoconj J., 34(1), 85-94 (2016).

  12. Hasan I., Sugawara S., Fujii Y., Koide Y., Terada D., Iimura N., Fujiwara T., K. G. Takahashi , Kojima N., Rajia S., S.M.A. Kawsar , R.A. Kanaly, Uchiyama H., Hosono M., Ogawa Y., Fujita H., MytiLec, a Mussel R-Type Lectin, Interacts with Surface Glycan Gb3 on Burkitt's Lymphoma Cells to Trigger Apoptosis through Multiple Pathways, Mar. Drugs., 13(12),7337-89 (2015).

  13. Koide Y., Hasan I., Asanuma A., Fujii Y., Ogawa Y., Kobayashi H., Rajia S., S.M.A. Kawsar, R. A. Kanaly, Ozeki Y., Expression of Various Types of Glycans in the Lugworm (Perinereis nuntia Var. Vallata), Ann. Mar. Biol. Res., 2(1), 1005 (2015).

  14. Ogawa Y, Sugawara S, Tatsuta T, Hosono M, Nitta K, Fujii Y, Kobayashi H, Fujimura T, Taka H, Koide Y, Hasan I, Matsumoto R, Yasumitsu H, Kanaly RA, Kawsar SM, Ozeki Y., Sialyl-glycoconjugates in cholesterol-rich microdomains of P388 cells are the triggers for apoptosis induced by Rana catesbeiana oocyte ribonuclease., Glycoconj J., 31(2), 171-184 (2014).

  15. Ogawa Y., Yahagi N., Yahagi R., Kobayashi H., Specific antiproliferative activity against human cancer cells with metabolitesf from several species related to the genus Cordyceps, Int.J.Curr.Microbiol.App.Sci., 3(5), 607-617(2014)

  16. Tatsuta T, Hosono M, Ogawa Y, Inage K, Sugawara S, Nitta K., Downregulation of Hsp70 inhibits apoptosis induced by sialic acid-binding lectin(leczyme), Oncol Rep., 31(1), 13-8 (2014).

  17. Tatsuta T, Sugawara S, Takahashi K., Ogawa Y, Hosono M, Nitta K., Leczyme:A New Candidate Drug for Cancer Therapy, BioMed Res.Int., 1-10(2014).

  18. Tatsuta T, Sugawara S, Takahashi K., Ogawa Y, Hosono M, Nitta K.,Cancer-selective induction of apoptosis by leczyme, Fron Oncol. 4(139), 1-6 (2014).

  19. Hasan I., Watanabe M., Ishizaki N., Sugita-Konishi Y., Kawakami Y., Suzuki J., Dogasaki C., Rajia S., Kawsar S. M. A., Koide Y., Kanaly R.A., Sugawara S., Hosono M., Ogawa Y., Fujii Y., Iriko H., Hamako J., Matsui T., Ozeki Y., A Galactose-Binding Lectin Isolated from Aplysia kurodai (Sea Hare) Eggs Inhibits Streptolysin-Induced Hemolysis, Molecules,19(9), 13990-14003 (2014).

学会発表


  1. 石山泰成、多々良知法、田中宏光、立田岳生、菅原栄紀、細野雅祐、藤井佑樹、大関泰裕、小林秀光、小川由起子、シアル酸結合性レクチンの抗微生物活性、日本薬学会第140年会(2020年3月, 京都)

  2. 長谷亜耶、西田成吾、村上大子、峯 隆吉、倉岡卓也、藤井佑樹、小林秀光、小川由起子、カイコ冬虫夏草 Cordyceps militaris の構造解析、日本薬学会第139年会(2019年3月, 千葉)

  3. 本田真美、峰由樹、森永紀、竹下慎太郎、西村悠吾、倉岡卓也、小林秀光、藤井佑樹、矢萩信夫、矢萩禮美子、小川由起子, Coordyceps roseostromata 二次代謝産物のヒト癌細胞に対する抗腫瘍効果(第2報)、日本薬学会第138年会(2018年3月, 金沢)

  4. 藤井佑樹、Marco Gerdol、小川由起子、Jeremy R.H Tame、大関泰裕、藤田英明、ムール貝由来アシアロGM1結合性レクチンSeviLの構造と機能に関する研究、第34回日本薬学会九州支部大会(2017年11月)

  5. 藤井 佑樹、Marco Gerdol、小川 由起、藤田 英明、Jeremy R.H Tame、大関 泰裕、二枚貝由来R型レクチンの構造と糖鎖に依存した細胞死誘導能に関する研究、第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム(2017年8月)

  6. 倉岡卓也, 石山明人, 緒方裕季恵, 松尾優香, 小山田浩子, 小川由起子, 小林秀光, 抗生物質Benanomicin Aで調製した Candida krusei 細胞壁マンナン-タンパクのアルカリ不安定糖鎖について, 環境微生物系学会合同大会2017(2017年8月, 仙台).

  7. 小川由起子、森永紀、高堤雄貴、青木結以、竹下慎太郎、西村悠吾、倉岡卓也、藤井佑樹、矢萩信夫、矢萩禮美子、小林秀光, Coordyceps roseostromata 二次代謝産物のヒト癌細胞に対する抗腫瘍効果, 日本薬学会第137年会(2017年3月, 仙台).

  8. 藤井佑樹、小川由起子、Imtiaj Hasan、小出康裕、大関泰裕、藤田英明, ムラサキインコガイ(二枚貝)由来の新規アシアロGM1糖鎖結合性レクチンを介した細胞死シグナルに関する研究, 第33回日本薬学会九州支部大会(2016年12月, 鹿児島).

  9. 小川由起子、藤井佑樹、菅原栄紀、細野雅佑、立田岳生、小出康裕、Imitiaj Hasan、小林秀光、大関泰裕, シアル酸結合レクチン(SBL) のマウス白血病細胞に対するアポトーシス誘導機構, 第10回日本女性科学者の会学術大会(2015年1月, 福岡)

  10. Fujii Y., Fujiwara T., Ogawa Y., Sugawara S., Hosono M., Hasan I., Koide Y., Kawsar S.M.A., Ozeki Y., Fujita H. The molecular morphology of the endocytotic cytotoxicity by an N-acetylhexosamine-binding lectin isolated from slipper lobster in breast and ovarian cancer cells. Joint Meeting of the Society for Glycobiology (SFG) and the Japanese Society of Carbohydrate Research (JSCR), 米国糖鎖生物学会, 日本糖質学会合同会議(2014年11月15日‐19日、米国、ハワイ州、ホノルル市)(ポスター発表).

  11. Ogawa Y., Fujii Y., Sugawara S., Hosono M., Tatsuta T., Nitta K., Koide Y., Hasan I., Kawsar S.M.A., Kobayashi H., Ozeki Y., A sialic acid-binding lectin(SBL)-dependent apoptosis triggered by sialylated-glycoconjugates in GEM of P388 cells, Joint Meeting of the Society for Glycobiology (SFG) and the Japanese Society of Carbohydrate Research (JSCR), 米国糖鎖生物学会, 日本糖質学会合同会議(2014年11月15日‐19日、米国、ハワイ州、ホノルル市)(ポスター発表.)

報告書

炭素線照射により作製した放線菌変異株より得られる新規生理活性物質の探索/2013年3月/小川由起子、高井伸彦、小山田浩子、安藤興一、古澤佳也、小林秀光/HIMAC 共同利用研究報告書

著書・総説等


  1. 「微生物学:第2版」(小林秀光、白石 淳編) 化学同人

  2. 「食品衛生学:第2版」(白石淳、小林秀光編) 化学同人

  3. 薬学領域の病原微生物学・感染症学・化学療法学, 編集 増澤俊幸, 河村好章 廣川書店, p.225-235. 平成30年3月31日第4版発行

  4. この一冊でわかる!アクティブラーニング(PHP)p.116-121. 2016年7月7日第1版発行.

  5. Structural glycobiology for lectin to promote advanced biomedical research, Marine Glycobiology, Principles and Applications. CRC press (Edited by Se-Kwon Kim, ISBN: 9781498709613) 443-458. Chapter 33 (2016).

  6. SUEL/RBL-Lectins and Their Biomedical Applications, Marine Omics, Principles and Applications. CRC press (Se-Kwon Kim ed, ISBN 9781482258202) 407-418. Chapter 32 (2016).

  7. 薬学領域の微生物学・免疫学, 監修 金子太郎、編集 入江昌親・黒田久寅, 廣川書店, p.153-189. 平成27年5月20日第2版発行

  8. Marine OMICS: chapter30/"SUEL/RBL-Lectin and their Biomedical Applications" edited by Se-Kwon Kim, Published from Wiley & Blackwell Co. Ltd/Yasuhiro Koide, Yuki Fujii, Imtiaj Hasan, Yukiko Ogawa, Sultana Rajia, Sarkar M A Kawsar, Robert A Kanaly, Shigeki Sugawara, Masahiro Hosono, Jiharu Hamako, Taei Matsui and Yasuhiro Ozeki (2014).

【告知】

以下の学会発表を取り下げました。



  1. 日本薬学会第139年会(2019)21PO-am071
    「Cordyceps pentatomi Koval二次代謝産物のメラニン生成に及ぼす影響
    西田成吾、長谷亜耶、森永紀、藤井佑樹、倉岡卓也、矢萩信夫、小林秀光、小川由起子」

  2. 日本薬学会第135年会(2015)28PB-pm039
    「Cordyceps rosestromta二次代謝産物のヒト白血病細胞に対するアポトーシス誘導活性
    小川由起子、森永紀、益田玲、中尾妃佐、原口翔子、平地由佳、川上晋、矢萩信夫、矢萩禮美子、小林秀光」


1は2018年、2は2012年の発表と内容が酷似しているとの指摘があり、これらの取り下げを日本薬学会へ申請しました(2019年10月2日)。
また、N.M.I.自然薬食微生物研究所と同研究所 矢萩信夫博士は本発表への関与はなく、共同発表者ではありません。N.M.I.関係者様へ深くおわび申しあげます。

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • ドクター安東の「恋と映画と健康と」
PAGE TOP
...loading