menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

中村 沙織(なかむら さおり)助教

中村 沙織

所属

薬学部 薬学科

専門分野

分析化学

研究テーマ

(1) 医薬品・生理活性物質の高感度な分析法の開発
(2) 紫外線吸収剤の分析
(3) 動脈硬化の起因物質に関する臨床分析化学的研究

担当科目

基礎の数学、分析化学演習A・B、分析化学・放射線化学実習、機器分析学、日本薬局方概論

所属学会

日本薬学会、日本分析化学会、日本臨床化学会

研究室

薬学棟L402号室(薬品分析化学)

連絡先

TEL:0956-20-5611(薬学事務室)

E-mail

s-ichi

URL

プロフィール

2004年 長崎大学薬学部薬科学科卒業
2006年 長崎大学医歯薬総合研究科博士前期課程修了
2006年 長崎国際大学薬学部助手
2010年 長崎大学医歯薬総合研究科博士後期課程修了
2011年より 長崎国際大学薬学部助教

研究紹介

分析手法による疾病の早期発見

高感度な分析法の開発により、健康な状態と病気の初期段階のわずかな差を見つけることができれば、病気の早期発見が可能となります。また、わずかな血液量で調べることができるので、多量の血液を採ることができない赤ちゃんや老人の身体への負担が軽減も期待できます。当研究室では、新しい試薬との反応を利用し、あるいは従来報告されている方法を改良した方法を用いて、医薬品・生理活性物質の高感度な検出法の開発に取り組んでいます。

社会活動

各種委員・役員等

長崎県都市計画審議会委員

研究実績

原著論文


  • Nobuhiko Takai, Masatsugu Ohgami, Koichi Ando, Akiko Uzawa, Ryoichi Hirayama, Saori Nakamura, Yoshihito Ohba. The focal brain proton beam irradiation insult in rats - induced memory disturbance related change in acetylcholine receptor binding. RadProc vol.2, pp.25-29. (2017)

  • Ichinose S, Nakamura M, Maeda M, Ikeda R, Wada M, Nakazato M, Ohba Y, Takamura N, Maeda T, Aoyagi K, Nakashima K. A validated HPLC-fluorescence method with a semi-micro column for routine determination of homocysteine, cysteine and cysteamine, and the relation between the thiol derivatives in normal human plasma. Biomed. Chromatogr., 23, 935-939 (2009)

著書・総説等


  • よくわかる薬学分析化学(廣川書店)分担

  • よくわかる薬学機器分析(廣川書店)分担

  • 抗体医薬品の品質評価・血中濃度測定における分析法, 長崎国際大学論叢第17巻:231頁~240頁(共著)

学会発表


  • Nobuhiko Takai, Masatsugu Ohgami, Koichi Ando, Akiko Uzawa, Ryoichi Hirayama, Saori Nakamura, Yoshihito Ohba Dose dependent accumulation of 2-14C-thymidine in the small intestine after irradiation with carbon-ion beams 17th International Symposium on Microdosimetry, Italy(2017)

  • M. Ohgami, N. Takai, Y. Aikawa, S. Maeda, S. Nakamura, Y. Ohba, Effect of N-methyl-D-aspartate receptor antagonist on radiation-induced gut injuries in mice, 5th Radiation and Applications in Various Fields of Research (RAD2017), Budva, Montenegro(2017)

  • N. Takai, M. Ohgami, S. Maeda, S. Nakamura, Y. Ohba, K. Ando, The focal brain proton beam irradiation insult in rats - induced memory disturbance related change in acetylcholine receptor binding, 5th Radiation and Applications in Various Fields of Research (RAD2017), Budva, Montenegro(2017)

  • Nobuhiko Takai, Masatsugu Ohgami, Yuka Aikawa , Saki Maeda, Koichi Ando, Saori Nakamura, Yoshihito Ohba The focal brain irradiation of proton beam insult in rats induced learning impairment related change in acetylcholine receptor binding, 7th International Society of Radiation Neurobiology (ISRN), Niigata(2017)

  • Nobuhiko Takai, Masahide Takeshita, Saya Noda, Matsumoto Yoshitaka, Akiko Uzawa, Ryoichi Hirayama, Saori Nakamura, Yoshihito Ohba, The local brain irradiation insult in mice induced progressive brain damage related to microvessel density, 55th Annual Conference of the Particle Therapy Co-operative Group, Prague Czech Republic (2016)

  • Characterization of dissolved organic carbon in coastal marine environment using 3 dimensional excitation emission matrix (3DEEM),International symposium on luminescence spectrometry(2016)

  • Masahide Takeshita, Nobuhiko Takai, Saya Noda, Akiko Uzawa, Ryoichi Hirayama, Matsumoto Yoshitaka, Saori Nakamura, Yoshihito Ohba, Early effects on the cognitive function and microvessel density after local brain irradiation with carbon ions using mice, 6th International Society of Radiation Neurobiology (ISRN), Nagasaki(2016)

  • N. Takai, R. Takami, R. Aoki, S.Nakamura, Y. Ohba The Activation of N-methyl-D-aspartate receptor and Correlation with Radiation-induced Gut Injuries, 3th International Conference on Radiation and Applications in Various Fields of Research (RAD 2015), Budva, Montenegro(2015)

  • 合原嘉伸、藤瀬千枝、前田恵里、中村沙織、高井伸彦、大庭義史、HPLC-UV法を用いた紫外線吸収剤の測定、日本薬学会第32回九州支部大会、延岡(2015)

  • Takai Nobuhiko, Uzawa Akiko, Hirayama Ryoichi, Yoshitaka Matsumoto, Ohba Yoshihito, Nakamura Saori, Furusawa Yoshiya, The effects on the cognitive function and astrocytic activation in the hippocampus after local brain irradiation with carbon ions using mice, 41th Annual Meeting European Radiation Research Society, Rhodos, Greece(2014)

  • Nobuhiko Takai, Akiko Uzawa, Yoshihito Ohba Ryoichi, Saori Nakamura, Yoshitaka Matsumoto, Hirayama, Yoshiya Furusawa,  Regional blood flow in an essential factor for functional diagnosis of gut injury to carbon-ion irradiation, MICROS 2013 16th International Synposium on Microdosimetry, Treviso-Italy(2013)

  • 中薗由貴、大庭義史、中村沙織、高井伸彦、高精度分離を指向した光応答性誘導体化試薬の開発 (3)-HPLCによるチオール化合物の光分離制御-、第73回分析化学討論会、函館(2013)

  • Nobuhiko Takai, Ryoichi Hirayama, Yoshitaka Matsumoto, Akiko Uzawa, Yoshihito Ohba, Saori Nakamura, Yoshiya Furusawa, Early impairment of spatial cognition after local brain irradiation with carbon ions, 39th Annual Meeting of the European Radiation Research Society, Vietri sul Mare, Italy(2012)

  • 中薗由貴、黒木菜美、野口美紗、中村沙織、高井伸彦、大庭義史、フォトクロミック化合物を用いたクロマトグラフィー分離の光制御、第29回 日本薬学会九州支部大会、熊本(2012)

  • Nobuhiko Takai, Ryoichi Hirayama, Yoshitaka Matsumoto, Akiko Uzawa, Yoshihito Ohba, Saori Nakamura, Yoshiya Furusawa, Prenatal radiation-induced brain damage related to memory impairment, 14th International Congress of Radiation Research, Warsaw, Poland(2011)

  • 中村沙織、ホモシステイン及び葉酸関連化合物の臨床分析化学的研究、第5回薬学研究フォーラムin東京(2011)

  • 中村沙織、ホモシステイン及び葉酸関連化合物の臨床分析化学的研究、第2回薬学研究発表会、本学(2011)

  • 園田夏希、大庭義史、大山綾子、中村沙織、高井伸彦、高精度分離を指向した光応答性誘導体化試薬の開発(1)逆相クロマト グラフィー系移動相中における変換効率の評価、日本分析化学会第60年会、名古屋(2011)

  • 立川智子、柴田圭二、中村沙織、高井伸彦、大庭義史、葉酸関連化合物のHILIC-ESI-MS分析法の開発、第18回クロマトグラフィーシンポジウム、福岡(2011)

  • 立川智子、柴田圭二、中村沙織、高井伸彦、大庭義史、HILIC-ESI-MSを用いた葉酸関連化合物の分析法の開発、日本薬学会第131年会、静岡(2011)

  • 一瀬沙織、高井伸彦、池田理恵、和田光弘、大庭義史、中島憲一郎、ヒト血漿中の葉酸関連化合物のLC-MS分析、日本分析化学会第57年会、福岡(2008)

  • 一瀬沙織、高井伸彦、池田理恵、和田光弘、大庭義史、中島憲一郎、高ホモシステイン血症誘発に関わる葉酸誘導体のLC-MS 分析法の開発、第48回日本臨床化学会年次学術集会、浜松(2008)

  • 一瀬沙織、島袋裕子、冨松規子、中嶋弥穂子、和田光弘、中里未央、前田隆浩、中島憲一郎、HPLC-FL法を用いた血漿中ホモシステイン定量と動脈硬化リスクの評価、日本薬学会第126年会、仙台(2006)


PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • 開国祭
PAGE TOP
...loading