menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

田井 健太郎(たい けんたろう)講師

田井 健太郎

所属

人間社会学部 国際観光学科

専門分野

体育・スポーツ哲学、身体文化論、近世武芸思想史

研究テーマ

近世兵法にみる武芸概念成立過程の研究

担当科目

教養セミナーA・B、スポーツ原理、スポーツ運動学、スポーツ指導論、水泳、器械体操、マリンスポーツⅢ、スノースポーツ、キャンプ実習指導援助、専門演習ⅠA~ⅢB、卒業研究、保健体育科教育法Ⅰ〜Ⅳ、事前・事後指導、中・高教育実習、教職実践演習(中・高)

所属学会

身体運動文化学会、日本体育学会(体育哲学専門分科会)、日本武道学会(空手道分科会)、空手道研究会、日本体育・スポーツ哲学会、全国大学体育連合、大学スキー研究会、International Camping Fellowship、公益財団法人日本プロスキー協会、日本野外教育学会、International Ski Instructors Association、日本スポーツ心理学会、European College of Sport Science

研究室

研究棟414号室

連絡先

TEL:0956-39-2020㈹

E-mail

tai

URL

プロフィール

2002年3月 筑波大学体育専門学群 卒業
2007年3月 筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻単位取得満期退学
2007年4月 早稲田大学スポーツ科学学術院助手
2008年4月 東京医科歯科大学教養部非常勤講師
2008年4月 電気通信大学電気通信学部非常勤講師
2009年4月 青山学院大学青山スタンダード兼任講師
2009年8月 東京医科歯科大学教養部特任助教
2011年3月 長崎国際大学人間社会学部助教
2015年4月 長崎国際大学人間社会学部講師

研究活動

著書等

著書


  1. 田井健太郎:講道館、京都武徳殿、日本武道館の今昔.現代スポーツ評論21「特集:国際化時代の武道を考える」,pp.164-173,2009

  2. TFAS Guide2010(トータルフィットネス教育ツール解説書)東京医科歯科大学教養部,2010

  3. 田井健太郎:近世兵法書を通して武道の源流へ.月刊武道6月号pp.27-31,2016

原著論文等

学術論文


  1. 田井健太郎(2006)近世武芸への接近 −芸道論を方法として−.体育哲学年報 29:39-45(平成17年8月).

  2. 田井健太郎(2007)甲州流兵法書にみる倫理 −『甲陽軍鑑』を中心に−.体育哲学研究 37:77-83(平成19年3月).

  3. 田井健太郎(2007)近世における武芸概念の成立と特質.体育哲学年報30:39-47(平成19年12月).

  4. 田井健太郎(2008)『士鑑用法』における北条氏長の兵法思想.体育哲学研究 38:61-67(平成20年3月).

  5. 佐々木究,田井健太郎(2009)Jacques Ballexserd著『子どもの身体教育についての論文:誕生から思春期まで』.体育哲学研究 39:49-54(平成21年3月).

  6. 木庭康樹,田井健太郎,上田丈晴,沖原謙(2009)サッカーのゲーム分析のための原理論構築に向けたスポーツのゲーム構造論に関する研究 ―「身体運動競技(スポーツ)」の基底詞としての「競技」概念の検討―.体育・スポーツ哲学研究 31(1):1-26(平成21年5月).

  7. 田井健太郎,水野哲也(2010)大学教養教育における空手道教材の可能性−医歯学系大学における事例をもとに−.空手道研究 12・13:13-19(平成22年3月)

  8. 水野哲也,田井健太郎ほか(2010)東京医科歯科大学学生の体力・運動能力に関する研究 −メンタルフィットネス評価尺度の試行的導入.東京医科歯科大学教養部紀要 40:39-52(平成22年3月)

  9. 田井健太郎(2010)兵法書にみられる中世武術の特性 −甲州流兵法書『兵法秘伝書』『甲陽軍鑑』をもとに−.身体運動文化研究 16:9-23(平成22年12月)

  10. 水野哲也,中村千賀子,田井健太郎ほか(2011)東京医科歯科大学学生のフィットネスに関する研究 −フィットネスキャンプの試行的導入−.東京医科歯科大学教養部紀要 41:33-50(平成23年3月)

  11. 田井健太郎ほか(2012)大学における野外実習が気分および人間関係に与える効果についての一考察−高等教育における身体教育あるいはフィットネス教育の基礎として−.長崎国際大学論叢 12:15-23(平成24年3月)

  12. 今村裕行,吉村良孝,飯出一秀,田井健太郎(2012)体育としての空手道 −体力学的側面−.長崎国際大学論叢 12:87-94(平成24年3月)

  13. 小田和人,宮原恵子,新嘉喜洋介,川崎督也,飯出一秀,吉村良孝,田井健太郎,今村裕行(2012)エリート空手道選手の合宿中における栄養素等摂取状況.長崎国際大学論叢 12:97-103(平成24年3月)

  14. 水野哲也,谷木龍男,田井健太郎(2012)東京医科歯科大学学生のフィットネスに関する研究 –メンタルトレーニング授業の試行的導入−.東京医科歯科大学教養部紀要42:75-88(平成24年3月)

  15. Kentaro TAI(2012)How Japanese Budo is a physical arts: The Conceptual Establishment of Martial Arts in Early Modern Japan.Proceedings of the 1st IMACSSS International Conference:147(June 8, 2012).

  16. 木庭康樹,沖原謙,塩川満久,菅輝,田井健太郎,上田丈晴(2012)サッカーのゲーム分析のための原理論構築に向けたスポーツのゲーム構造論に関する研究II ―「身体運動競技(スポーツ)」の限定詞としての「身体運動」概念の検討―.体育・スポーツ哲学研究 34(1):1-21(平成24年8月)

  17. 水野哲也,田井健太郎(2013)大学生向けフィットネス教育用システム(TFAS)の開発とその検証.大学体育学研究 10:31-40(平成25年3月)

  18. Keiko Miyahara, Kazuhide Iide, Yoshitaka Yoshimura, Kentaro Tai, Noriko Miyamoto, Hiroyuki Imamura(2013)Nutrient Intake and Blood Iron Status of Elite Japanese Karate Practitioners. GAZZ MED ITAL;172:471-478. (Giugno,2013)

  19. 田井健太郎,阿部悟郎,釜崎太,佐々木究(2013)体育哲学を再考する(1) −「体育原理論」のこれまでとこれから−.体育・スポーツ哲学研究35(1):51-59(平成25年6月)

  20. 佐々木究,田井健太郎(2013)「体育原理論」の批判的検討−佐藤臣彦『身体教育を哲学する』に着目して−.体育・スポーツ哲学研究35(1):21-29(平成25年6月)

  21. Kentaro TAI(2013)The Formation of the warrior’s status through physical techniques in the early modern period −based on the review of Review of the  Yamaga-ryu Heiho series−.Proceedings of 2013 International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO:44-45.

  22. Masaki FUMOTO,Kentaro TAI,Yukiko TAKAMI,Tatsuo YAGI(2013)An electromyographic study of the lower limb muscles during Fumikomi movement in Kendo and Karate athletes . Proceedings of 2013 International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO:46-47.

  23. Tatsuo YAGI,Kentaro TAI, Masaki FUMOTO(2013)Improvement of flow state during practice of Kyudo through autogenic training. Proceedings of 2013 International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO:52-53.

  24. 金相勳,田井健太郎ほか(2014)アーチャーの上肢筋肉特性に迫る.ARCHERY 2014年3 月号.

  25. 小島菜実絵,水野秀一,宮原恵子,小田和人,松尾嘉代子,飯出一秀,吉村良孝,田井健太郎,今村裕行(2014)食事バランスと血中貧血検査項目との関係.総合健診41(2):274-282(平成26年3月)

  26. 田井健太郎ほか(2014)大学における野外実習の効果について(2)−キャンプ実習,マリンスポーツ実習,スキー・スノーボード実習を対象として−.長崎国際大学論叢 14:1-11(平成26年3月)

  27. 熊谷賢哉,宮良俊行,金相勳,元嶋菜美香,田井健太郎(2014)長崎国際大学1年生の形態および体力に関する一考察.長崎国際大学論叢 14:21-32(平成26年3月)

  28. 小田和人,田井健太郎,宮原恵子,小島菜実絵,松尾嘉代子,飯出一秀,吉村良孝,水月晃,今村裕行(2014)大学男女空手道選手の栄養素等摂取状況および身体的特徴.長崎国際大学論叢 14:147-156(平成26年3月)

  29. 田井健太郎,佐々木究,谷知典,遠藤俊典,上田丈晴(2014)スポーツ実践の思想(1) –実践思想の現在−.体育哲学研究44(1):45-64(平成26年3月)

  30. 木庭康樹,上田丈晴,沖原謙,田井健太郎,高根信吾(2014)スポーツにおける〈構造〉転換としての身体運動の発展と最適化について ―サッカーのゲーム構造論に関する研究補論―.体育・スポーツ哲学研究35(2):101-120.(平成26年3月)

  31. 水野秀一,宮原恵子,小島菜実絵,小田和人,松尾嘉代子,飯出一秀,吉村良孝,田井健太郎,今村裕行(2014)大学女子スポーツ選手の踵骨骨密度に影響を及ぼす諸因子.総合健診41(3):411-417(平成26年5月)

  32. 田井健太郎,佐々木究,近藤智晴,中澤篤史,中嶋哲也(2014)体育哲学を再考する(2)−体育原理論の応用可能性−.体育・スポーツ哲学研究36(1):45-54(平成26年6月)

  33. 田井健太郎(2014)中学校体育における空手道をおすすめする理由.あゆみ 10:6-7(平成26年8月)

  34. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,金相勳,田井健太郎,坂入洋右(2015)「チャレンジスポーツ」が地域に果たす役割 -参加者の心理的変化に着目して-.長崎国際大学論叢 15:23-32(平成27年3月)

  35. 田井健太郎(2015)暴力容認の風土の解明と風土を変える視点の検討Ⅱ.体育学研究60:R2:1-7(平成27年7月)

  36. 水野哲也,谷木龍男,林久仁則,田井健太郎,麓正樹(2015)東京医科歯科大学学生のフィットネスに関する研究 –S・野外運動実習(スノーキャンプ)の試行的導入−.東京医科歯科大学教養部紀要45:47-57(平成27年3月)

  37. Shuichi Mizuno, Kentaro Tai et.al(2015)Changes in Calcaneal Bone Status Before and After Competitive. HEP42(4);435-438.(July,2015)

  38. 田井健太郎,佐々木究,杉山英人,高橋徹,高橋浩二(2015)体育哲学を再考する(3)–新たな議論の可能性の探究−.体育・スポーツ哲学研究37(1):69-78.(平成27年6月)

  39. 田井健太郎,佐々木究,米村耕平,石岡丈昇,木庭康樹(2015)スポーツ実践の思想(2) –実践思想のパフォーマンス−.体育哲学研究45:35-46(平成27年6月)

  40. Kentaro TAI(2015)The study on educational property of Japanese budo − Based on the formation of the Bushi status in the early modern period.Archives of Budo Conference Proceedings 1:182-184(Sep,2015)

  41. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,金相勳,田井健太郎(2016)スポーツボランティア体験が体育会系部活動所属学生の気分状態に与える心理的影響-ボランティアスタッフの満足感に着目して-.長崎国際大学論叢16:13-22(平成28年3月)

  42. 金相勳,宮良俊行,熊谷賢哉,田井健太郎,元嶋菜美香(2016)運動部に所属している女子大学生の体力に関する研究-競技歴と運動能力の関係に着目して-.長崎国際大学論叢16:23-30(平成28年3月)

  43. 小島菜実絵,宮原恵子,小田和人,松尾嘉代子,宮里奈々枝,田井健太郎,水野秀一,今村裕行(2016)大学スポーツ選手に対する実践的栄養教育.長崎国際大学論叢16:169-176(平成28年3月)

  44. Hiroyuki Imamura, Kazuto Oda, Keiko Miyahara, Kayoko Matsuo, Kentaro Tai,Yoshitaka Yoshimura, and Kazuhide Iide(2016)Calcaneal Bone Status in Elite Karate Practitioners.Journal of Athletic Enhancement 5:4(Sep,2016)

  45. Kentaro TAI, Tatsuo YAGI, Masaki FUMOTO, Kohki KINIWA, Hiroyuki IMAMURA(2016)The Formation of the Warrior’s Status −Based on a Review of the Hojyo-Ryu Heiho Series−.Revista de Artes Marciales Asiáticas 11(2):132-133(Sep, 2016)

  46. Shuhei KITGAWA, Kentaro TAI, Kohki KINIWA(2016)A Study on Theory of Body in Maurice MerleauPonty’s Phenomenology ― From the viewpoint of ‘Waza’ in Japanese High School Baseball ―.Revista de Artes Marciales Asiáticas 11(2):130-131(Sep, 2016)

  47. 田井健太郎,谷木龍男,麓正樹,今村裕行(2017)学校体育における空手道の可能性-『平成20年改訂中学校学習指導要領』をもとにー.空手道研究14:15-18(平成29年6月)

  48. 田井健太郎,河合史菜,元嶋菜美香,久保田もか,髙橋浩二,宮良俊行(2018)教員養成課程における保健体育模擬授業に関する研究−授業場面と形成的授業評価に着目して−.長崎国際大学教育基盤センター紀要 1:29-38(平成30年2月)

  49. 宮本彩,元嶋菜美香,元安陽一,田井健太郎,熊谷賢哉,宮良俊行(印刷中)スポーツ専攻学生のためのアダプテッド・スポーツ教育の充実をめざして.長崎国際大学教育基盤センター紀要 1:81-89(平成29年2月)

  50. 田井健太郎,河合史菜,元嶋菜美香,久保田もか,髙橋浩二,宮良俊行(2018)複数大学による授業研究会についての一事例 –長崎国際大学・長崎大学保健体育授業研究会をもとに−.長崎国際大学教育基盤センター紀要 1:123-130(平成29年2月)

  51. 元嶋菜美香,熊谷賢哉,宮良俊行,田井健太郎(2017)地域スポーツ教室の参加継続に関わる要因の検討 −参加した親子の継続意思に着目して−.体育・スポーツ教育研究18(1):5-13(平成29年12月)

  52. 田井健太郎,河合史菜,元嶋菜美香,久保田もか,髙橋浩二,宮良俊行(2018)教員養成課程における模擬授業の省察に関する研究.長崎国際大学論叢 18:31-46(平成30年3月)

  53. Kazuto Oda, Keiko Miyahara, Kiyoko Matsuo, Kawano, Rinko Kikuchi, Kentaro TAI , Kazuhide Iide, Yoshitaka Yoshimura, Hiroyuki Imamura (2018) Comparison of Nutrient Intake between Japanese Female Elite and Collegiate Karate Players.J Athl Enhanc 7:2(May,2018)

  54. 游添燈,高橋浩二,荒牧亜衣,田井健太郎(2018)台湾におけるスポーツ哲学研究の動向.体育・スポーツ哲学研究40(1):13-24(平成30年6月)

  55. Hiroyuki Imamura ,Kazuto Oda, Kentaro TAI , Kazuhide Iide, Yoshitaka Yoshimura(2018) Nutrient Intake and Body Composition of World Karate Champions:4 Case Reports.J Athl Enhanc 7:4(Sep,2018)

  56. Hiroyuki Imamura ,Kazuto Oda, Kentaro TAI , Kazuhide Iide, Yoshitaka Yoshimura(2018)Safety Aspects of Karate As Physical Education and an Extracurricular Activity.Euro J Phy Ed Sp Sci 4(11):28-36(Sep,2018)

その他の出版物


  1. 田井健太郎(2006)研究入門一歩前 —7から10へ.Physical Arts(身体運動文化学会会報)20:4(平成18年7月).

  2. 田井健太郎,速水達也(2009)セーリング競技におけるジュニアセイラーの育成に関する調査研究 vol.2 -シーマンシップ・体力面を中心として- .(平成21年3月).

  3. 田井健太郎,水野哲也ほか(2009)“医歯学系学生のための教養教育のモデル形成” フィットネスマネージメント系報告書 「スポーツ実習 空手道(入門・初級)」報告及び次年度計画.(平成21年5月).

  4. 田井健太郎,水野哲也編著(2010)TFAS Guide2010(トータルフィットネス教育ツール解説書).(平成22年2月).

  5. 田井健太郎(2010)武道の文化性とは何か.会報(日本体育学会体育哲学専門分科会)14(1):5-6(平成22年5月).

  6. 田井健太郎(2010)大学体育指導者養成研修会実技指導研修報告.大学体育 37(1):119-120(平成22年6月).

  7. 田井健太郎(2011)書籍紹介『日本人の脳に主語はいらない』.会報(日本体育学会体育哲学専門分科会)14(4):3-4(平成23年2月)

  8. 田井健太郎(2011)全九州学生空手道連盟創立六十周年に寄せて.全九州学生空手道連盟創立60周年記念誌:13-14(平成23年10月)

  9. 田井健太郎(2013)完全合理主義!最大効率の成長ができる.JKFan vol.125.2013年6月号:90-91(平成25年5月)

  10. 田井健太郎(2013)長崎国際大学空手道部.長崎県空手道部創立50周年記念誌:(平成25年5月)

  11. 田井健太郎(2013)時期に応じた最適練習 勝利をつかむピリオダイゼーション.JKFan vol.129.2013年10月号:90-91(平成25年9月)

  12. 田井健太郎(2014)「体育理論」で伝える身体運動文化.Physical Arts(身体運動文化学会会報)32.(平成26年12月)

  13. 田井健太郎(2016)ここがロドスだ,ここで跳べ.日本体育学会体育哲学専門領域会報(日本体育学会体育哲学専門領域)20(1):2-3(平成28年4月).

  14. 田井健太郎(2017)日本体育・スポーツ学会第39回大会報告.日本体育学会体育哲学専門領域会報(日本体育学会体育哲学専門領域)21(3):7-8(平成28年11月)

学会発表


  1. 田井健太郎(2003)文化概念としての武道に関する研究 −哲学的文化論の立場から−.筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻研究報告会I(平成15年12月 於:筑波大学).

  2. 田井健太郎(2004)武士階級の成立と「武」概念 –武道概念の歴史的基礎.日本体育学会体育原理専門分科会夏期合宿研究会(平成16年7月 於:箱根強羅静雲荘).

  3. 田井健太郎(2004)武士階級の成立と「武」概念 –武道概念の歴史的基礎.第9回身体運動文化学会大会(平成16年9月 於:常磐大学).

  4. 田井健太郎(2005)文化概念としての武道に関する研究 −近世芸道論を方法として−.日本体育学会体育原理専門分科会夏期合宿研究会(平成17年7月 於:箱根強羅静雲荘).

  5. 田井健太郎(2005)文化概念としての武道に関する研究 −近世芸道論を方法として−.第12回Philologos研究会(平成17年8月 於:筑波大学).

  6. 田井健太郎(2005)中世における武術に関する一考察 −甲州流兵法関係書『兵法秘伝書』を中心に−.第10回身体運動文化学会大会(平成17年11月 於:つくば国際会議場).

  7. 田井健太郎(2006)甲州流兵法書にみる倫理 −『甲陽軍鑑』を中心に−.日本体育学会体育哲学専門分科会夏期合宿研究会(平成18年7月 於:箱根強羅静雲荘).

  8. 田井健太郎(2006)甲州流兵法書にみる倫理と武術 −『甲陽軍鑑』を中心に−.第39回日本武道学会大会(平成18年9月 於:国士舘大学).

  9. 田井健太郎(2007)近世における武芸概念の成立と特質.日本体育学会体育哲学専門分科会定例研究会(平成19年3月 於:順天堂大学).

  10. 田井健太郎(2007)近世武芸研究の展開 −武道の伝統性を考える−.公開研究審査会(平成19年3月 於:早稲田大学所沢キャンパス).

  11. 田井健太郎(2007)近世における武芸概念の成立と特質.早稲田大学スポーツ科学学術院スポーツ人類学定例研究合宿(平成19年6月 於:早稲田大学川奈セミナーハウス).

  12. 田井健太郎(2007)近世における武芸概念の成立と特質.日本スポーツ人類学会研究会 スポ人サロン(平成19年7月 於:早稲田大学人間総合研究センター分室).

  13. 田井健太郎(2007)『士鑑用法』における北条氏長の兵法思想.日本体育学会体育哲学専門分科会夏期合宿研究会(平成19年7月 於:箱根強羅静雲荘).

  14. 田井健太郎(2007)『士鑑用法』にみられる北条氏長の武士観.第40回日本武道学会大会(平成19年8月 於:東海大学).

  15. 田井健太郎(2008)近世における武芸概念の成立と特質.筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学専攻研究報告会Ⅱ(平成20年1月 於:筑波大学).

  16. 田井健太郎(2008)近世兵法書にみる士分性 −『修身受用抄』から『治平要録』へ−.第12回身体運動文化学会大会(平成20年11月 於:筑波大学).

  17. 田井健太郎(2009)「身心の教育実践に関する一事例 −スポーツ実習 空手道(入門・初級)を例として−」報告および次年度計画.東京医科歯科大学フィットネスマネージメントカリキュラム検討委員会(平成21年3月 於:東京医科歯科大学国府台キャンパス).

  18. 田井健太郎(2010)「身心の教育実践に関する一事例 −人的環境,生活環境を教材とした『S・フィットネスデザインⅡ』を例として−」報告および次年度計画.東京医科歯科大学フィットネスマネージメントカリキュラム検討委員会(平成22年2月 於:東京医科歯科大学国府台キャンパス).

  19. 田井健太郎(2010)山鹿流兵法における武士教育.身体運動文化学会創立15周年記念国際大会(平成22年7月 於:神戸学院大学).

  20. 田井健太郎(2010)山鹿流兵法における武士教育 -『武教小学』を中心に-.日本体育学会体育哲学専門分科会夏期合宿研究会(平成22年7月 於:箱根強羅静雲荘).

  21. 水野哲也,田井健太郎ほか(2010)大学におけるフィットネス教育のためのシステム開発 −試行版教育システムTFAS2009の試用経験−.第52回日本体育学会大会.(平成22年8月 於:中京大学)

  22. 水野哲也,田井健太郎ほか(2011)大学におけるフィットネス教育のための転地合宿(フィットネスキャンプ)の効果.第53回日本体育学会大会.(平成23年9月 於:鹿屋体育大学)

  23. 志々田文明,田井健太郎ほか(2011)近代柔術の理論と展開.第53回日本体育学会大会.(平成23年9月 於:鹿屋体育大学)

  24. 田井健太郎,熊谷賢哉ほか(2011)大学における野外実習が気分および人間関係に与える効果についての一考察−高等教育における身体教育あるいはフィットネス教育の基礎として−.第11回長崎国際大学国際観光学会大会.(平成23年10月 於:長崎国際大学)

  25. 金相勳,田井健太郎ほか(2011)アーチェリー選手の上肢ペダル駆動運動における多関節等速性筋力の特徴.第11回長崎国際大学国際観光学会大会.(平成23年10月 於:長崎国際大学).

  26. Kentaro TAI(2012)How Japanese Budo is a physical arts? : The Conceptual Establishment of Martial Arts in Early Modern Japan.1st IMACSSS International Conference(Genova, June 8-10, 2012).

  27. 田井健太郎(2012)シンポジウム提案趣旨「体育哲学を再考する −「体育原理論」のこれまでとこれから−」.第34回日本体育・スポーツ哲学会大会.(平成24年8月 於:大阪大学中之島センター)

  28. 水野哲也,谷木龍男,田井健太郎(2012)フィットネス教育用システムTFAS(ver.01)の健康教育効果-医療系大学生を対象とした調査結果から-.第54回日本体育学会大会.(平成24年8月 於:東海大学)

  29. 谷木龍男,水野哲也,田井健太郎(2012)大学における転地合宿による心身のフィットネス向上-医療系大学生を対象として-.第64回日本体育学会大会.(平成24年8月 於:東海大学)

  30. 麓正樹,谷木龍男,田井健太郎,鷹見由紀子(2012)武道競技者の踏み込み動作における大腿部筋電図活動の測定.第45回日本武道学会大会(平成24年9月 於:東京農工大学).

  31. 谷木龍男,麓正樹,田井健太郎(2012)リラクセーショントレーニングが武道競技者の身心の気づきに及ぼす効果.第45回日本武道学会大会(平成24年9月 於:東京農工大学).

  32. 田井健太郎,熊谷賢哉,宮良俊行,金相勳,谷木龍男,水野哲也(2013)野外実習が体力・メンタルに及ぼす効果に関する研究.第4回大学体育連合指導者養成研修会実践報告(平成25年3月 於:立教大学)

  33. 谷木龍男,麓正樹,田井健太郎(2013)空手道の可能性について:大学授業の実践.日本武道学会空手道専門分科会ワークショップ(平成25年3月 於:京都大学)

  34. 水野秀一,宮原恵子,小島菜実絵,小田和人,松尾嘉代子,田井健太郎,今村裕行(2013)大学女子スポーツ選手の骨密度.日本食生活学会第46回大会(平成25年5月 於:淑徳大学)

  35. 小田和人,田井健太郎,飯出一秀,吉村良孝,宮原恵子,小島菜実絵,松尾嘉代子,川崎督也,新嘉喜洋介,今村裕行(2013)大学男女空手道選手の栄養素等摂取状況および身体的特徴.日本食生活学会第46回大会(平成25年5月 於:淑徳大学)

  36. 小島菜実絵,小田和人,宮原恵子,松尾嘉代子,水野秀一,田井健太郎,今村裕行(2013)食事バランスと血中貧血検査項目との関係.日本食生活学会第46回大会(平成25年5月 於:淑徳大学)

  37. 宮原恵子,小島菜実絵,小田和人,松尾嘉代子,水野秀一,田井健太郎,今村裕行(2013)大学女子バレーボール選手の栄養素等摂取状況および身体的特徴に対する栄養教育の効果.日本食生活学会第46回大会(平成25年5月 於:淑徳大学)

  38. 田井健太郎(2013)「武道をゆく 〜形・型を通して武道に触れる〜」筑波大学付属駒場中学校総合学習講演、(平成25年7月 於:筑波大学付属駒場中学校)

  39. 田井健太郎,佐々木究(2013)シンポジウム提案趣旨「体育哲学を再考する –体育原理論の応用可能性」.第35回日本体育・スポーツ哲学会大会.(平成25年8月 於:明治大学)

  40. 田井健太郎,佐々木究(2013)シンポジウムA.提案趣旨「スポーツ実践の思想 実践思想の現在」.第65回日本体育学会大会(平成25年8月 於:立命館大学)

  41. Kentaro TAI(2013)The Formation of the warrior’s status through physical techniques in the early modern period −based on the review of Review of the  Yamaga-ryu Heiho series−.2013 International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO(Tsukuba,Sep 10-12, 2013)

  42. Masaki FUMOTO,Kentaro TAI,Yukiko TAKAMI,Tatsuo YAGI(2013)An electromyographic study of the lower limb muscles during Fumikomi movement in Kendo and Karate athletes . 2013 International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO(Tsukuba,Sep 10-12, 2013)

  43. Tatsuo YAGI,Kentaro TAI,Masaki FUMOTO(2013)Improvement of flow state during practice of Kyudo through autogenic training. 2013 International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO(Tsukuba,Sep 10-12, 2013)

  44. 田井健太郎,熊谷賢哉ほか(2013)大学における野外実習の効果について−キャンプ実習,スキー実習,マリンスポーツ実習を対象として−.第9回長崎国際大学国際観光学会大会.(平成25年10月 於:長崎国際大学)

  45. 金相勳,元嶋菜美香,田井健太郎ほか(2013)本学学生の体組成・体力の現状および年次変化に関する研究.第9回長崎国際大学国際観光学会大会.(平成25年10月 於:長崎国際大学)

  46. 田井健太郎,熊谷賢哉,宮良俊行,金相勳,元嶋菜美香,宮原恵子,谷木龍男,水野哲也(2014)野外実習が大学生に与える効果について−キャンプ実習,スキー実習,マリンスポーツ実習を対象として−.第5回大学体育連合指導者養成研修会(平成26年3月 於:立教大学)

  47. 田井健太郎,熊谷賢哉,宮良俊行,金相勳,元嶋菜美香,宮原恵子,谷木龍男,水野哲也(2014)大学野外実習が体力・メンタルに及ぼす効果に関する研究.Camp Meeting in Japan 2014(平成26年5月 於:オリンピック青少年センター)

  48. 田井健太郎,佐々木究(2014)シンポジウム提案趣旨「体育哲学を再考する」.第36回日本体育・スポーツ哲学会大会.(平成26年8月 於:筑波大学)

  49. 田井健太郎,佐々木究(2014)シンポジウムA.提案趣旨「スポーツ実践の思想−実践思想のパフォーマンス」.第66回日本体育学会大会(平成26年8月 於:岩手大学)

  50. 麓正樹,鷹見由紀子,田井健太郎,谷木龍男(2014)武道競技者の踏み込み動作における大腿部筋電図活動パターンの解析.第46回日本武道学会大会(平成26年9月 於:福山市立大学).

  51. 谷木龍男,田井健太郎,麓正樹(2014)自律訓練法による柔道稽古におけるフローの向上.第46回日本武道学会大会(平成26年9月 於:福山市立大学).

  52. 元嶋菜美香,熊谷賢哉,宮良俊行,金相勳,田井健太郎,坂入洋右(2014)大学を拠点としたジュニアスポーツ教室が参加者の心理に及ぼす効果.第63回九州体育学会大会(平成26年9月 於:別府大学)

  53. Kentaro TAI, Kenya KUMAGAI, Toshiyuki MIYARA, Sanghoon KIM, Namika MOTOSHIMA, Tatsuo YAGI, Tetsuya MIZUNO(2014)Effects of Outdoor Programs on Mental Fitness of College Students.International Camp Congress 2014 (ANTALYA 23-27 Oct,2014)

  54. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,金相勳,田井健太郎(2014)「チャレンジスポーツ」が地域に果たす役割 -参加者の心理的変化に着目して-.第10回長崎国際大学国際観光学会大会.(平成26年10月 於:長崎国際大学)

  55. 小田和人,宮原恵子,小島菜実絵,松尾嘉代子,田井健太郎,飯出一秀,吉村良孝,今村裕行(2014)減量期の大学空手道選手に対する栄養教育の効果.日本食生活学会第49回大会(平成26年11月 於:ITビジネスプラザ武蔵)

  56. 宮原恵子,小田和人,松尾嘉代子,田井健太郎,飯出一秀,小島菜実絵,今村裕行(2014)全日本空手道連盟ナショナルチーム所属選手の栄養素摂取状況に対する栄養教育の効果.日本食生活学会第46回大会(平成26年11月 於:ITビジネスプラザ武蔵)

  57. 金相勳,熊谷賢哉,宮良俊行,田井健太郎,元嶋菜美香(2015)運動部に所属している女子大学生の体力に関する研究.九州大学体育連合春季研修会(平成27年3月 於:別府亀の井ホテル)

  58. 田井健太郎,熊谷賢哉,宮良俊行,金相勳,元嶋菜美香,谷木龍男,水野哲也(2015)大学におけるマリンスポーツ実習の効果について.日本野外教育学会第18回大会(平成27年6月 於:国立阿蘇青少年交流の家)

  59. 熊谷賢哉,元嶋菜美香,田井健太郎,宮良俊行,金相勳,谷木龍男,水野哲也(2015)スノースポーツ実習の心理的効果 –転地・プログラム参加効果および効果の持続性に着目して−.日本野外教育学会第18回大会(平成27年6月 於:国立阿蘇青少年交流の家)

  60. 金相勳,元嶋菜美香,田井健太郎,宮良俊行,熊谷賢哉(2015)上肢筋活動からみたArchery行射時における上級者と初心者の相違.日本運動生理学会第23回大会(平成27年7月 於:日本体育大学世田谷キャンパス)

  61. 水野哲也,林久仁則,麓正樹,谷木龍男,田井健太郎(2015)雪上スポーツ実習を含む冬季転地合宿のフィットネス向上効果.第67回日本体育学会大会(平成27年8月 於:国士舘大学)

  62. 谷木龍男,水野哲也,林久仁則,高岡英氣,田井健太郎(2015)コミュニケーション実習を含む下記転地合宿のフィットネス向上効果.第67回日本体育学会大会(平成27年8月 於:国士舘大学)

  63. 谷木龍男,田井健太郎,麓正樹(2015)空手道選手の心理的競技能力と首尾一貫感覚の関係.第47回日本武道学会大会(平成27年9月 於:日本体育大学).

  64. 麓正樹,田井健太郎,谷木龍男(2015)武道競技者の踏み込み動作における下肢筋電図活動パターンの解析.第47回日本武道学会大会(平成27年9月 於:日本体育大学).

  65. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,金相勳,田井健太郎,坂入洋右(2015)スポーツ教室での体験が児童生徒の気分に及ぼす影響.第64回九州体育学会大会(平成27年9月 於:西九州大学)

  66. Kentaro TAI(2015)The study on educational property of Japanese budo − Based on the formation of the Bushi status in the early modern period.1st World Congress Health and Martial Arts in Interdisciplinary Approach(Czestpchowa,Sep 17-19, 2015)

  67. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,金相勳,田井健太郎(2015)スポーツボランティア体験が気分に及ぼす影響 –ボランティアスタッフの気分状態と満足感に着目して−.第11回長崎国際大学国際観光学会大会.(平成27年10月 於:長崎国際大学)

  68. Paulina Przepióra, Kentaro TAI(2016)Selected elements of intercultural communication in the context of the meeting between science and practice in the field of rehabilitation and martial arts.Quantitative and qualitative nutrients of young athletes.Aktywnosc Fizyczna i Zdrowie w ujeciu interdyscyplinarnym(Czestpchowa,May 20, 2016)

  69. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,金相勳,田井健太郎(2016)親子スポーツ教室に参加した児童生徒および保護者の気分状態の変化.第65回九州・体育スポーツ学会大会.(平成28年9月 於:長崎国際大学)

  70. 田井健太郎,元嶋菜美香,金相勳,熊谷賢哉,宮良俊行(2016)大学キャンプ実習の心理的効果−転地・プログラム参加効果および効果の持続性に着目して−.第65回九州・体育スポーツ学会大会.(平成28年9月 於:長崎国際大学)

  71. 金相勳,熊谷賢哉,宮良俊行,田井健太郎,元嶋菜美香(2016)女子大学生の体力に関する研究― 中学・高校・大学時における運動部の参加有無による体力の相違 -.第65回九州・体育スポーツ学会大会.(平成28年9月 於:長崎国際大学)

  72. Kentaro TAI, Tatsuo YAGI, Masaki FUMOTO,Kohki KINIWA,Hiroyuki IMAMURA(2016)The Formation of the Warrior’s Status −Based on a Review of the Hojyo-Ryu Heiho Series−.5st IMACSSS International Conference(Rio Maior,Oct, 2016).

  73. Shuhei KITAGAWA,Kentaro TAI,Kohki KINIWA(2016)A Study on Theory of Body in Maurice Merleau-Ponty’s Phenomenology.―From the viewpoint of ‘Waza’ in Japanese High School Baseball ―5st IMACSSS International Conference(Rio Maior,Oct, 2016).

  74. 元嶋菜美香,田井健太郎,坂入洋右(2016)親子スポーツ教室に参加した児童生徒および保護者の継続意思に影響を与える要因.第43回日本スポーツ心理学会大会.(平成28年11月 於:北星学園大学)

  75. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,金相勳,田井健太郎(2017)地域スポーツ教室の参加継続に関わる要因の検討.平成28年度九州地区大学体育連合春季研修会.(平成29年3月 於:沖縄県青年会館)

  76. Kentaro TAI(2017)The Peculiarity of the Budo as part of the Physical Arts culture : Focusing on the historical evolution of Budo.The 22nd Annual Congress of the the European College of Sport Science.(Essen,Jul 5-9, 2017)

  77. 志々田文明,田井健太郎(2017)武術・武道研究の根本問題:技の分類(科学的方法)の意義と意味.日本体育・スポーツ哲学会第39回大会.(平成29年8月 於:長崎国際大学)

  78. 元嶋菜美香,宮良俊行,熊谷賢哉,田井健太郎(2017)親子スポーツ教室での親子・指導者・参加者との交流が保護者の満足感に与える影響.第66回九州・体育スポーツ学会大会.(平成29年8月 於:福岡大学)

  79. 熊谷賢哉,元嶋菜美香,田井健太郎,宮良俊行(2017)大学スノースポーツ実習参加による心理的効果の性差.第66回九州・体育スポーツ学会大会.(平成29年8月 於:福岡大学)

  80. 小田和人,宮原恵子,松尾嘉代子,田井健太郎,川野香織,菊池亮子,飯出一秀,吉村良孝、今村裕行(2017)エリート空手道選手と大学空手道選手の比較による体組成および栄養素等摂取状況の検討. 第4回日本スポーツ栄養学会大会.(平成29年8月 於:大妻女子大学)

  81. Masaki FUMOTO,Kentaro TAI,Hiroya DAITOKU,Tatsuo YAGI(2017)Analysis of electromyographic activity of the lower limb muscles and motion during Fumikomi movement in Budo athletes . 2nd International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO(Osaka,Sep 6-8, 2017)

  82. Tatsuo YAGI ,Masaki FUMOTO,Kentaro TAI(2017)Relationship between Sense of Coherence and Flow among Japanese Karate Athletes. 2nd International BUDO Conference by the Japanese Academy of BUDO(Osaka,Sep 6-8, 2017)

  83. Kenya KUMAGAI, Kentaro TAI, Toshiyuki MIYARA, Namika MOTOSHIMA(2017)Changes in Mental Fitness of College Students  During and After a 5-day Snow Sports Camp. International Camp Congress 2017 (Sochi 10-13 Oct,2017)

  84. 向後和典,田井健太郎,高橋和将,正見こずえ,向後佑香(2018)ヨーロッパスキーリゾートの特徴- フランスシャモニーを事例として -. 第28回日本スキー学会大会.(平成30年3月 於:白馬村)

  85. 谷木龍男,田井健太郎,麓正樹(2018)空手道競技者のグリット,フロー,SOCの関係.第51回日本武道学会大会(平成30年9月 於:東京学芸大学)

  86. 麓正樹,田井健太郎,大徳紘也,谷木龍男(2018)空手道競技者の踏み込み動作における下肢筋電図活動と動作の解析.第51回日本武道学会大会.(平成30年9月 於:東京学芸大学)

  87. 田井健太郎,熊谷賢哉,宮良俊行,元嶋菜美香,宮本彩(2018)大学における野外活動実習の展開と効果の検証 −キャンプ実習、マリンスポーツ実習、スノースポーツ実習を対象として−.第67回九州地区大学教育研究協議会.(平成30年9月 於:長崎国際大学)

  88. 田井健太郎,緒方知徳(2018)大学での体育を生涯スポーツにつなげるためには−スポーツフィッシング開講などの広島修道大学の取り組み−.第67回九州地区大学教育研究協議会.(平成30年9月 於:長崎国際大学)

  89. 元嶋菜美香,熊谷賢哉,宮良俊行,田井健太郎,宮本彩(2018)形成的授業評価票を用いた地域スポーツ教室の満足度評価.第67回九州・体育スポーツ学会大会.(平成30年9月 於:熊本学園大学)

  90. 熊谷賢哉,宮良俊行,田井健太郎,元嶋菜美香,宮本彩(2018)大学キャンプ実習の心理的効果およびその持続性.第67回九州・体育スポーツ学会大会.(平成30年9月 於:熊本学園大学)

科研費・競争的資金


  1. 早稲田大学特定課題研究助成費,「近世兵法にみる武芸概念成立過程の研究」(2007年度,160千円),研究代表者.

  2. 平成20年度科学研究費補助金若手研究(B),「山鹿流兵法書の分析をもとにした武道概念形成についての研究」(課題番号:20700486)(2008年度,1,040千円),研究代表者.所属研究機関:東京医科歯科大学.

  3. 財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団「マリンスポーツの能力向上プログラムに関する調査(子どもの体力測定,子どもの徳育を中心に)」(2008年度)

  4. 平成21年度科学研究費補助金若手研究(B),「山鹿流兵法書の分析をもとにした武道概念形成についての研究」(課題番号:20700486)(2009年度,650千円),研究代表者.所属研究機関:東京医科歯科大学.

  5. 平成21年度科学研究費補助金若手研究(B),「山鹿流兵法書の分析をもとにした武道概念形成についての研究」(課題番号:20700486)(2009年度,650千円),研究代表者.所属研究機関:東京医科歯科大学.

  6. 平成21年度東京医科歯科大学教養部部長裁量経費研究,「心理的スキルが各種フィットネスに及ぼす影響」(2009年度,800千円),研究分担者:東京医科歯科大学.

  7. 日本学術振興会事業 「ひらめき☆ときめきサイエンス」、「知っていますか?スポーツと違う武道の魅力!!」(2010年度,330千円),実施代表者.所属研究機関:東京医科歯科大学.

  8. ヨネックススポーツ振興財団青少年スポーツに関する助成「ジュニアスポーツ教室」(2010年度,950千円)実施分担者.所属研究機関:東京医科歯科大学.

  9. 総務省ICTふるさと元気事業(情報通信技術地域人材育成・活用事業交付金)「医科大学で開発した健康指導ツールを活用したサポーターの養成と健康支援事業」(2011年度),研究機関担当者.

  10. 平成23年(社)全国大学体育連合大学体育研究助成,「大学生向けフィットネス教育用システムTFASの開発とその検証」(2011年度,180千円),研究分担者.所属研究機関:東京医科歯科大学.

  11. 平成23年度笹川科学研究助成〈学術研究部門〉,「近世兵法書をもとにした武芸の成立過程についての研究 −武道概念の明確化に向けて−」(2011年度,500千円),研究代表者.所属研究機関:長崎国際大学.

  12. ヨネックススポーツ振興財団青少年スポーツに関する助成「ジュニアスポーツ教室」(2011年度)実施分担者.所属研究機関:長崎国際大学.

  13. 平成23年度科学研究費補助金若手研究(B),「近世武芸概念の形成過程についての研究 —近世兵法書、近世思想書を中心に—」(2011年度,1,000千円),研究代表者.所属研究機関:長崎国際大学. 

  14. 平成24年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「本学学生の体組成・体力の現状およびその年次変化に関する研究」(2012年度,244千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  15. 平成24年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「野外実習における体力・メンタルの変化に関する研究」(2012年度,384千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  16. 平成24年度科学研究費補助金若手研究(B),「近世武芸概念の形成過程についての研究 —近世兵法書,近世思想書を中心に—」(2012年度,600千円),研究代表者.所属研究機関:長崎国際大学.

  17. 平成24年度科学研究費補助金基盤研究(C),「近代柔術の理論と展開:嘉納治五郎の「武術としての柔道」の思想」2012年度),連携研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  18. 平成24年度科学研究費補助金若手研究(B),「十八世紀仏語文献における「身体教育」に関する研究」(2012年度),連携研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  19. 平成24年度科学研究費補助金若手研究(B),「サッカーのゲーム構造論にもとづくコーチング理論の実践的展開と映像化に関する研究」(2012年度),連携研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  20. 平成25年度科学研究費補助金若手研究(B),「近世武芸概念の形成過程についての研究 —近世兵法書,近世思想書を中心に—」(2013年度,500千円),研究代表者.所属研究機関:長崎国際大学.

  21. 平成25年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「本学学生の体組成・体力の現状およびその年次変化に関する研究」(2013年度,260千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  22. 平成25年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「野外実習における体力・メンタルの変化に関する研究」(2013年度,372千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  23. 平成26年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「大学生における形態および体力に関する研究」(2014年度,306千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  24. 平成26年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「野外実習における体力・メンタルの変化に関する研究」(2014年度,615千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  25. 平成26年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「『チャレンジスポーツ』への参加が参加者の気分に与える影響」(2014年度,269千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  26. 平成26年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「冬季観光におけるアクティビティの多様性に関する研究」(2014年度,328千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  27. 平成27年度科学研究費補助金基盤研究(C),「近世武芸の教育的特性についての研究 −近世初期兵法書を資料として−」(2015年度,1283千円),研究代表者.所属研究機関:長崎国際大学.

  28. 平成27年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「冬季観光におけるアクティビティの多様性に関する研究」(2015年度,328千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  29. 平成27年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「『チャレンジスポーツ』への参加が参加者の気分に与える影響」(2015年度,269千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  30. 平成27年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「野外実習における体力・メンタルの変化に関する研究」(2015年度,615千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  31. 平成27年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「大学生における形態および体力に関する研究」(2015年度,306千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  32. 平成28年度科学研究費補助金基盤研究(C),「近世武芸の教育的特性についての研究 −近世初期兵法書を資料として−」(2016年度,800千円),研究代表者.所属研究機関:長崎国際大学.

  33. 平成28年度科学研究費補助金基盤研究(C),「スポーツ実践思想に関する研究:PTの解明、理論と実践の統合とその応用可能性」(2016年度,370千円),研究分担者.所属研究機関:長崎国際大学.

  34. 平成28年度科学研究費補助金基盤研究(C),「体育授業における対話能力向上のための教育プログラムの構築:身体知の現象学と社会学」(2016年度,170千円),研究分担者.所属研究機関:長崎国際大学.

  35. 平成28年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「冬季観光におけるアクティビティの多様性に関する研究」(2016年度,328千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  36. 平成28年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「『チャレンジスポーツ』への参加が参加者の気分に与える影響」(2016年度,269千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  37. 平成28年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「野外実習における体力・メンタルの変化に関する研究」(2016年度,615千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

  38. 平成28年度長崎国際大学国際観光学科共同研究,「大学生における形態および体力に関する研究」(2016年度,306千円),共同研究者.所属研究機関:長崎国際大学.

社会活動

各種委員・役員等


  • 2005年5月 関東学生空手道連盟 審判員 および 全日本大学空手道選手権大会 大会運営委員

  • 2006年9月 筑波大学体育会空手道部コーチ

  • 2008年4月 東京医科歯科大学フィットネスマネージメントカリキュラム検討委員会委員

  • 2008年9月 第59回日本体育学会大会実行委員会委員

  • 2010年7月 日本学術振興会事業 「ひらめき☆ときめきサイエンス」開催 実施責任者

  • 2011年2月 NPO千葉まちづくりサポートセンター いきいきサポーター育成事業 講師

  • 2011年4月 長崎国際大学体育会空手道部監督

  • 2011年9月 長崎県空手道連盟 長崎がんばらんば国体競技役員

  • 2012年4月 佐世保市空手道連盟 理事

  • 2012年8月 長崎県空手道連盟 事務局次長  長崎県空手道連盟 理事

  • 2013年7月 長崎県地域スポーツコミュニティ活性化推進専門部会委員

  • 2014年1月 日本体育学会体罰・暴力根絶特別委員会委員

賞罰


  1. 平成27年度NIUベストティーチャー賞

  2. 平成28年度NIUベストティーチャー賞

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
PAGE TOP
...loading