menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

藤井 佑樹(ふじい ゆうき)講師

藤井 佑樹

所属

薬学部 薬学科

専門分野

機能形態学、糖鎖生物学、生化学

研究テーマ

・海洋生物由来糖鎖結合性タンパク質レクチンを用いた細胞制御機構の研究
・ポスト分子標的薬の開発を目指した人工レクチンの創製と機能解析
・ムール貝レクチンの生理的機能の研究
・メラノソーム機能阻害に関する研究(美白の科学)

担当科目

機能形態学I、生物学演習、薬学英語、基礎の生物学(栄養学科)、コンピューター基礎演習IA,機能形態学演習、機能形態学実習、薬剤学実習、総合演習Ⅰ・Ⅱ・ⅢA・ⅢB、卒業研究

所属学会

日本糖質学会、日本生化学会、日本薬学会、日本色素細胞学会

研究室

薬学棟P106号室(機能形態学)

連絡先

TEL:0956-20-5642(内線3720, P106)

E-mail
yfujii★niu.ac.jp (★を@に変えてください)

URL

https://researchmap.jp/yfujii/

プロフィール

2005年3月 成蹊大学工学部応用化学科卒業
2006年6月 パシフィックノースウエスト糖尿病財団研究所(Pacific Northwest Diabetes Research Institute)米国ワシントン州シアトル市 NIH招聘研究者としてがん細胞特異的な複合糖質の単離を研究(~2006年12月) 
2007年3月 横浜市立大学大学院国際総合科学科博士前期課程理学専攻修了 修士(理学)
2010年3月 横浜市立大学大学院国際総合科学科博士後期課程バイオ科学専攻修了 博士(理学)
2010年4月 東北薬科大学分子生体膜研究所 学術フロンティア博士研究員(~2011年3月)
2011年4月 米国ミネソタ大学遺伝発生学部博士研究員(~2011年8月)
2011年9月 横浜市立大学客員研究員(~現在)
2012年4月 長崎国際大学薬学部 助教(~2016年3月)
2017年4月 同上 講師

研究紹介

研究紹介

 糖鎖はDNAやタンパク質に次ぐ、第三の生命鎖と呼ばれ、細胞機能に重要な役割を果たすとして、注目されている分子です。細胞の「顔」とも言われる糖鎖は細胞表面に存在し、生体分子との相互作用により、シグナル伝達を調節し、細胞死、分化、細胞増殖などの生命現象を起こします。糖鎖結合性タンパク質レクチンはその一つで、癌細胞に特異的に発現する糖鎖を介しアポトーシスを起こすことが報告されています。
 特に遺伝子の多様性である海洋動物からは新規構造、抗癌作用を有するレクチンが見つかっています。一方で、糖鎖-タンパク質の相互作用によって起こる生命現象のメカニズムは不明なものが多いです。形態学を専門とする研究室として糖鎖を介して起こる細胞機能調節を免疫電子顕微鏡、生化学、細胞生物学的手法などを駆使して、ビジュアライズ(視覚化)し、歴史に新たなるストーリーを描けたら、本望です。海洋資源が豊かな九州の地で、魅力的な糖鎖関連分子の発見を通じ、研究者を目指す若者が増え、大学に活気が出ればなおうれしいです。

研究活動

科研費・競争的資金


  • 杉山産業化学研究所研究助成「二枚貝レクチンを用いた免疫細胞の増殖制御と創薬に関する研究」2019年5月-2020年3月

  • 基盤研究C(分担)「イガイ科の生体防御に関するβ-トレフォイル構造レクチン群の作用とその比較 」2019年4月-2022年3月

  • 長崎国際大学 学長裁量経費科(科研費チャレンジ) 「アシアロGM1結合レクチンを用いた自己免疫疾患治療薬の開発」2018年6月-2017年6月

  • 基盤研究C(分担)「冬虫夏草菌シアル酸結合性レクチンを用いた糖尿病性インスリンレセプターの回復技術」2018年4月-2021年3月

  • 若手研究(B)(代表)「精子形成細胞の分化研究を明らかにする免疫電顕クロマトイドミクス解析」2013年4月 - 2016年3月

受賞・表彰・その他


  1. 長崎国際大学学長裁量経費-表彰制度「あすなろ大賞」(薬学科推薦)(2020年9月)

  2. 長崎国際大学令和元年度ベストティーチャー賞ベストプラクティス部門(研究部門)(2020年6月)

  3. 日本薬学会九州支部2019(令和元)年度学術奨励賞(2019年11月)

  4. 長崎国際大学2017年度ベストティーチャー賞ベストプラクティス部門(研究部門)(2017年5月)

社会活動

社会貢献・地域連携


  • ひらど市民大学講演(一般市民講座)演題:糖は甘いだけじゃない!糖鎖が関わる病気と健康(2019年1月26日)

  • 佐世保まちなか大学講演(一般市民講座)演題:糖は甘いだけじゃない!糖鎖が関わる病気と健康(2019年12月8日)

  • 夏休み高校生薬学体験 (2012-17年8月)

  • 学内公開講座司会業担当(2017年~)

教育活動

客員・兼任・非常勤講師等

佐世保市医師会看護専門学校 非常勤講師(担当科目:形態機能学 2018年~現在に至る)

教育内容

薬物はヒトの体に運ばれるので、細胞、臓器や神経の機能や形態について学ぶことは重要です。これらを発見してきた科学者のエピソードについても話し、薬学の基礎である機能形態学に興味を持ってもらうことを考えています。細胞観察の手法が十分確立していなかった19世紀、イタリアの組織学者カミロ・ゴルジがたまたま化学薬品を細胞切片にこぼしたことをきっかけに化学反応による細胞の染色が見出されました。今日の細胞染色の基礎ができたエピソードを聞けば、実習で何を考えて取り組めば良いかのポイントが知れ、学ぶ楽しさも格段に増えることでしょう。

研究実績

著書


  1. Fujii Y*, Kawsar S.M.A, Hasan I, Fujita H, Gerdol M, Ozeki Y.  Lectin Purification and Analysis, Methods and Protocols (Jun Hirabayashi ed), Chap 21, “Purification and functional characterization of the effects on cell signaling of mytilectin, a novel β-trefoil lectin from marine mussels.” p.201-213, Humana Press (Springer US) 2020, ISBN: 978-1-07160-430-4. (*corresponding author)

  2. Kawsar S.M.A., Fujii Y, Ozeki Y. Current Perspectives on Chemical Sciences Vol.3, Chap 6, New Carbohydrate Derivatives: Synthesis, Characterization and Antimicrobial Screening Studies against Human and Plant Pathogens. Book Publisher International, 2020, ISBN: 978-93-90431-73-1.

  3. Hasan I., Asaduzzaman AKM, Swarna RR, Fujii Y, Ozeki Y. Marine Glycobiology, Glycomics and Lectins, Section 3 Marine Lectins, MytiLec-1 shows glycan-dependent toxicity against brine shrimp artemia and induces apoptotic death of Ehrlich ascites carcinoma cells In vivo., MDPI, 17, 502, 2019, ISBN:978-3-03921-820-2.

  4. Hasan I, Fujii Y, Rajia S, Kawsar SMA, Sugawara S, Ogawa Y, Hosono M, Koide Y, Kanaly RA, Ozeki Y.Marine Glycobiology: Principles and Applications, Chapter 33 Structural glycobiology for lectin to promote advanced biomedical research., CRC press, 443-458, 2016, ISBN:149-87096-13.

  5. Koide Y, Hasan I, Fujii Y, Kawsar SMA, Rajia S, Sugawara S, Ogawa Y, Hosono M, Kanaly RA, Ozeki Y., Marine Omics, Principles and Applications, Chapter 21 SUEL/RBL-Lectins and their biomedical applications., CRC press, 407-418, 2016, ISBN:148-2258-20.


論文


  1. Bulbul MZH, Chowdhury TS, Misbah MMH, Ferdous J, Dey S, Hasan I, Fujii Y, Ozeki Y, Kawsar SMA. Synthesis of new series of pyrimidine nucleoside derivatives bearing the acyl moieties as potential antimicrobial agents . Pharmacia 68, 23-34, 2021

  2. Kamata K, Mizutani K, Takahashi K, Marchetti R, Silipo A, Addy C, Park SY, Fujii Y, Fujita H, Konuma T, Ikegami T, Ozeki Y, Tame JRH. The structure of SeviL, a GM1b/asialo-GM1 binding R-type lectin from the mussel Mytilisepta virgata. Sci Rep, 10, 22102, 2020

  3. Fujii Y*, Gerdol M, Kawsar SMA, Hasan I, Spazzali F, Yoshida T, Ogawa Y, Rajia S, Kamata K, Koide Y, Sugawara S, Hosono M, Tame JRH, Fujita H, Pallavicini A, Ozeki Y. A GM1b/asialo-GM1 oligosaccharide-binding R-type lectin from purplish bifurcate mussels Mytilisepta virgata and its effect on MAP kinases. FEBS J, 287, 2612-2630, 2020 (*corresponding author)

  4. Kawsar SMA, Hosen MA, Fujii Y, Ozeki Y. Thermochemical, DFT, Molecular docking and pharmacokinetic studies of methyl b-D-galactopyranoside esters. J. Comput. Chem. Mol. Model., 4, 452-462, 2020

  5. Sugawara S, Takayanagi M, Honda S, Tatsuta T, Fujii Y, Ozeki Y, Ito J, Sato M, Hosono M. Catfish egg lectin affects influx and efflux rates of sunitinib in human cervical carcinoma HeLa cells. Glycobiology, 30, 802-816, 2020

  6. Hasan I., Asaduzzaman AKM, Swarna RR, Fujii Y, Ozeki Y, Uddin MB, Kabir SR. MytiLec-1 shows glycan-dependent toxicity against brine shrimp artemia and induces apoptotic death of Ehrlich ascites carcinoma cells In vivo. Mar Drugs, 17, E502, 2019

  7. Hasan I, Gerdol M, Fujii Y, Ozeki Y. Functional characterization of OXYL, a SghC1qDC LacNAc-specific lectin from the crinoid feather star Anneissia Japonica. Mar Drugs, 17, E136, 2019

  8. Devi SR, Jesmin S, Rahman M, Manchur MA, Fujii Y, Ozeki Y, Kawsar SMA. Microbial efficacy and two step synthesis of uridine derivatives with spectral characterization. Acta Pharm Sci. 57, 47-68, 2019

  9. Gerdol M, Fujii Y, Pallavicini A, Ozeki Y. Response to the editorial “Fake news” (Feb. 2018) by Prof. Brian Morton. Mar Pollut Bull, 141, 363-365, 2019

  10. Fujii Y*, Gerdol M, Hasan I, Koide Y, Matsuzaki R, Ikeda M, Rajia S, Ogawa Y, Kawsar SMA, Ozeki Y. Phylogeny and properties of a novel lectin family with β-trefoil folding in mussels. (Review) Trends Glycotech Glycosci, 30, 177 p.E195-E208, 2018 (*corresponding author)

  11. 藤井佑樹*、マルコ・ジェルドル、イムティアジ・ハサン、小出康裕、松崎理佐、池田茉由、スルタナ・ラジャ、小川由起子、SMアベ・カウサル、大関泰裕「二枚貝イガイ科にみるβ-トレフォイル骨格レクチンの新系図」(総説)Trends Glycotech Glycosci, 30, 177  p 155-168, 2018 (*corresponding author)

  12. Gerdol M, Fujii Y, Hasan I, Koike T, Shimojo S, Spazzali F, Yamamoto K, Ozeki Y, Pallavicini A, Fujita H. The purplish bifurcate mussel Mytilisepta virgata gene expression atlas reveals a remarkable tissue functional specialization. BMC Genomics, 18, 590, 2017

  13. Sanjida J, Sumi R. Devi, Rahman M, Mariam Islam, Kanaly A. R, Fujii Y, Hayashi N, Ozeki Y, Kawsar SMA. An efficient synthesis and spectroscopic characterization of some uridine derivatives. J Bangladesh Chem Soci, 29, 12-20, 2017

  14. Rahman M, Sanjida J, Sumi R Devi, Rahman M, Mariam Islam, Hossain M. K, Kanaly A. R, Fujii Y, Hayashi N, Ozeki Y, Kawsar SMA. Selective acylation of some carbohydrate derivatives using the direct method. J Bangladesh Chem Soci, 29, 21-28, 2017

  15. Terada D., Voet RDA, Noguchi H, Kamata K, Ohki M, Addy C, Fujii Y, Yamamoto D, Ozeki Y, Tame JRH, Zhang KYJ. Computational design of a symmetricalβ-trefoil lectin with cancer cell binding acitivity. Sci Rep, 7, 5943, 2017

  16. Fujii Y, Fujita H, Yokota S. Synthesis of beta-tubulin occurs within chromatoid body of round spermatids. CytoskeletonHoboken, 74, 197-204. 2017

  17. Fujii Y*, Fujiwara T, Koide Y, Hasan I, Sugawara S, Rajia S, Kawsar SM, Yamamoto D, Araki D, Kanaly RA, Ogawa Y, Fujita H, Ozeki Y. Internalization of a novel, huge lectin from Ibacus novemdentatus (slipper lobster) induces apoptosis of mammalian cancer cells. Glycoconj J, 34, 85-94, 2016 (*corresponding author)

  18. Terada D, Kawai F, Noguchi H, Unzai S, Hasan I, Fujii Y, Park SY, Ozeki Y, Tame JRH. Crystal structure of MytiLec, a galactose-binding lectin from the mussel Mytilus galloprovincialis with cytotoxicity against certain cancer cell types. Sci Rep, 6, 1-11, 2016

  19. Hasan I, Gerdol M, Fujii Y, Rajia S, Koide Y, Yamamoto D, Kawsar SMA, Ozeki Y. cDNA and gene structure of MytiLec-1, a bacteriostatic R-Type lectin from the Mediterranean mussel (Mytilus galloprovincialis). Mar Drugs, 14, E92, 2016

  20. Fujii Y, Onohara Y, Fujita H, Yokota S. Argonaute2 protein in rat spermatogenic cells is localized to nuage structures and LAMP2-positive vesicles surrounding chromatoid bodies. J Histochem Cytochem, 64, 268-279, 2016

学会発表・シンポジウム・講演


  1. 藤井佑樹、イムティアジ・ハサン、安西 佳鈴、スルタナ・ラジャ、マルコ・ジェルドル、エス・エム・アベ・カウサル、小川 由紀子、藤田 英明、大関 泰裕「OXYL: 2型ラクトサミンと結合するニッポンウミシダC1q型レクチン」2020年11月、第39回日本糖質学会年会 (東京都)

  2. Fujii Y, Gerdol M, Kamata K, Hasan I, Terada D, Marchetti R, Kawsar SMA, Matsumoto R, Konuma T, Takahashi K, Yoshida T, Rajia S, Koide Y, Silipo A, Mizutani K, Pallavicini A, Ogawa Y, Park S-Y, Ikegami T, Fujita H, Tame J, Ozeki Y “The structural and functional diversities of D-galactoside-binding lectins in marine invertebrates. World Conference on Protein Science 6-10 July, 2020 Sapporo Japan (An invited lecture for the symposium Structural Glycobiology)

  3. 藤井佑樹「二枚貝イガイ科のβ-トレフォイル構造レクチンを応じた細胞機能解析」2019年11月、第36回日本薬学会九州支部大会 2019年度学術奨励賞受賞講演(長崎県長崎市)

  4. 藤井佑樹、マルコ・ジェルドル、小川由起子、吉田達貞、大関泰裕、藤田英明「スフィンゴ糖脂質結合性レクチンセヴィルの糖鎖結合プロファイル解析」2019年11月、第36回日本薬学会九州支部大会(長崎県長崎市)

  5. 藤井佑樹、マルコ・ジェルドル、小川由起子、松﨑理佐、藤田英明、大関泰裕「イガイ科R型レクチンの発見とスフィンゴ糖脂質を介した細胞増殖の制御」2019年9月、日本生化学会(神奈川県横浜市)

  6. 藤井佑樹、マルコ・ジェルドル、小川由起子、吉田達貞、大関泰裕、藤田英明「β‐トレフォイル(三つ葉)構造を有するイガイ科レクチンの構造と機能に関する研究」2018年11月、第35回日本薬学会九州支部大会(福岡県福岡市)

  7. 有富由紀、姫野紘政、ジョセ・シー・ジェイ・エム・ディー・エス・メネゼス、宇都拓洋、正山征洋、藤井佑樹、本川智紀、徳永研三、藤田英明「Cell-based ELISA法によるチロシナーゼ発現制御化合物のスクリーニング」2018年10月、第28回日本色素細胞学会(兵庫県神戸市)

  8. 藤井佑樹、マルコ・ジェルドル、小川由起子、ジェレミー・テイム、藤田英明、大関泰裕「イガイ科R-型レクチン家系の発見とアシアロGM1を介す新たな糖鎖シグナル」2018年8月、第37回日本糖質学会(宮城県仙台市)

  9. 藤井佑樹、松崎理佐、大関泰裕「二枚貝イガイ科にみるβ-トレフォイル骨格レクチンの新系図」2018年6月、比較グライコーム研究会(香川県高松市)

  10. 藤井佑樹、マルコ・ジェルドル、小川由起子、ジェレミー・テイム、大関泰裕、藤田英明「ムール貝由来アシアロGM1結合性レクチンセヴィルの構造と機能に関する研究」2017年11月、第34回日本薬学会九州支部大会(熊本県熊本市)

  11. 藤井佑樹、マルコ・ジェルドル、小川由起子、藤田英明、ジェレミー・テイム、大関泰裕「二枚貝由来R型レクチンの構造と糖鎖に依存した細胞死誘導能に関する研究」2017月8月、第41回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム(熊本県阿蘇郡)

  12. 下條俊介、山本要、小池徹、藤原俊幸、小川由起子、エス・エム・アベ・カウサル、イムティアジ・ハサン、小出康裕、大関泰裕、藤井佑樹、藤田英明「新規海洋生物レクチンの生化学的分子特性と糖鎖依存的細胞死誘導の分子機構に関する研究」2016年3月、日本薬学会第136年会(神奈川県横浜市)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
PAGE TOP
...loading