menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

中村 龍文(なかむら たつふみ)教授

中村 龍文

所属

人間社会学部 社会福祉学科

専門分野

神経内科学

研究テーマ

免疫性神経疾患の病態解明と治療法の開発

担当科目

〔学部〕
認知症の理解I、障害の理解I、医学概論、発達と老化の理解I、加齢と障害に関する理解、専門基礎演習AB、専門演習AB、卒業研究
〔大学院修士課程〕
地域医療・保健特講、事例研究(地域医療・保健)、特別研究
〔大学院博士後期課程〕
福祉と医療特別演習、特別研究指導I-III

所属学会

日本神経学会、日本神経免疫学会(名誉会員)、日本内科学会、日本老年医学会(代議員)、日本神経感染症学会(功労会員)

研究室

研究棟204号室

連絡先

TEL:0956-20-5508

E-mail

tatsu

URL

プロフィール

昭和53年3月 長崎大学医学部卒業
昭和56年4月 米国NIH、NINCDS留学
昭和62年1月 長崎大学医学部第一内科助手
平成 6年4月 同上講師
平成12年4月 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科感染免疫学 准教授
平成26年4月 長崎国際大学人間社会学部・社会福祉学科 教授
平成30年4月 長崎国際大学人間社会学部・社会福祉学科 学科長


〔受賞〕
平成 2年9月 第7回角尾学術賞
平成 3年4月 第4回日本内科学会奨励賞

研究紹介

研究紹介

 生体内の免疫異常によって引き起こされる神経難病、免疫性神経疾患に関する研究を行っています。その中でも成人T細胞白血病の原因ウイルスとして知られているヒトレトロウイルスhuman T cell leukemia virus-1 (HTLV-I) 感染によって生じるHTLV-I関連脊髄症 (HAM) の研究に力を注いでいます。日本、とりわけ我々の住む九州地区は世界の中でも有数のHTLV-1の高浸淫地域であり、長崎県ではHAMの患者さん方が多数おられます。その病態は脊髄の慢性炎症によって惹起される痙性対麻痺による両下肢の運動機能障害と膀胱機能障害によって特徴付けられます。本疾患はHTLV-1キャリアーの極一部の方にしか発症しませんが、一旦発症すればこれらの症状はほぼ確実に緩徐進行性に悪化し、そのADL・QOLは著しく障害されていきます。私は長崎県で診療を行っている神経内科医の重大な責務として本疾患の診療・研究に携わってきました。世界に眼を向けますと、本疾患はカリブ海周辺、ブラジルなどといった熱帯地域を中心に多発している疾患でもあります。現在、本疾患の新しい視点からの病態解明と治療法の開発に向けて日々取り組んでいます。

研究活動

科研費・競争的資金


  1. 文部科学省科学研究費助成事業(基盤C)「HTLV-I関連脊髄症発症に関与する細胞内骨格再構成シグナル伝達機構の解明」(平成24-26年度)(代表)

  2. 厚生労働省難治性疾患政策研究事業 「HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築をめざした政策研究」(平成26-27年度)(分担)

  3. 日本医療研究開発機構 医療分野研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 「HTLV-1 関連脊髄症およびムコ多糖症の市販用製剤の開発」(平成26-27年度)(代表)

  4. 日本医療研究開発機構「HAMに対する日本発の革新的な治療法となる抗CCR4抗体の実用化研究」(平成27-29年度)(分担)

  5. 厚生労働省難治性疾患克服研究事業「HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究」(平成27-29年度)(分担)

  6. 厚生労働省難治性疾患等政策研究事業「HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成」(平成28-30年度)(分担)

社会活動

社会貢献・地域連携

長崎県特定疾患対策協議会委員、社会保険診療報酬請求審査委員会委員

教育活動

非常勤講師

長崎大学医学部

講演会


  1. HTLV-I関連脊髄症 (HAM)―その病態と最近の話題について-. 徳島県難病総合アドバイザー事業、H29年度第1回難病医療講演会、徳島 2017.6.

  2. 日常で遭遇する神経症状について.平成26年度長崎国際大学後期公開講座、2014. 10.

  3. 難病、その症状と対応についてー治療薬の話を中心としてー. Reaching out to People 2014. 長崎 2014.11.

  4. HTLV-I関連脊髄症 (HAM) に対する新規治療戦略. 関西医科大学大学院セミナー. 大阪 2013.3.

  5. HAM治療のこれから.「新しい展開・HTLV-I関連脊髄症」~解明されつつあるHAMの病態と新しい治療法について~. 市民公開講演会. 鹿児島 2012.11.

研究実績

著書


  1. 中村龍文. 痙性対麻痺(HAMを含む). 今日の治療指針. P897-899. 医学書院, 2015.

  2. 中村龍文:HTLV-I関連脊髄症. 今日の神経疾患治療指針(第2版). p415-418,医学書院, 2013.

  3. Nakamura T, Nishiura Y, Fukushima N, Furuya T. The role of HTLV-I-infected CD4+ T cells as activated Th1 cells in the immunopathogenesis of HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. In Neuroimmunology Research Focus. Nova Science Publishers, 2007. p.43-84.

総説


  1. Nakamura T, Satoh K, Nakamura H, Fukushima N, Nishiura Y, Furuya T, Ichinose K. Role of integrin signaling activation on the development of human T cell leukemia virus-1 (HTLV-1)-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis: Its relationship to HTLV-1-infected CD4+ T cell transmigrating activity into the tissues.  AIDS Res Hum Retroviruses 2018; doi: 10.1089 / AID.2017.0261.

  2. 中村龍, 中嶋秀樹. HTLV-I関連脊髄症. 免疫性神経疾患 病態と治療のすべて2016;264-269.

  3. 中村龍文. HTLV-I関連脊髄症に対する新しい治療戦略の開発に向けて. Neuroinfection 2015;20:13-17.

  4. 中村龍文, 松尾朋博. HTLV-I関連脊髄症. Brain and Nerve 2015;67:845-858.

  5. 中村龍, 佐藤克也. HTLV-I関連脊髄症/熱帯性痙性不全対麻痺症 (HAM/TSP).
    免疫症候群 (第2版)―その他の免疫疾患を含めて― 日本臨床2015;34-93-97.

  6. 中村龍文,福田 卓,西浦義博. HAMの治療法の概略と進歩. 神経内科 75:380-386, 2011.

  7. Nakamura T. HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis (HAM/TSP): the role of HTLV-I-infected Th1 cells in the pathogenesis, and therapeutic strategy. Folia Neuropathol 2009; 47:182-194.

  8. Nakamura T, Nishiura Y, Eguchi K. Therapeutic strategies in HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis (HAM/TSP). Cent Nerv Syst Agents Med Chem 2009;9:137-149.

  9. 中村龍文. 特集:免疫性神経疾患 Update 総論 発症・進展機序トピックス 発症要因  Triggerとしての感染症.    日本臨床 66:1056-1064, 2008.

  10. Nakamura T. Immunopathogenesis of HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. Ann Med 2000;32:600-607.

原著論文


  1. Nakamura H, Hasegawa H, Sasaki D, Takatani A, Shimizu T, Kurushima S, Horai Y, Nakashima Y, Nakamura T, Fukuoka J, Kawakami A. Detection of human T lymphotropic virus type-I bZIP factor and tax in the salivary glands of Sjögren's syndrome patients. Clin Exp Rheumatol. 2018;Suppl 112:51-60.

  2. Coler -Reilly A.L.G, Sato T, Matsuzaki T, Nakagawa M, Niino M, Nagai M, Nakamura T, Takenouchi N, Araya N, Yagishita N, Inoue E, Yamano Y. Effectiveness of daily prednisolone to slow progression of HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis: A multi-center retrospective cohort study. Neurotherapeutics. 2017;doi: 10.1007/s13311-017-0533-z.

  3. Matsuo T, Miyata Y, Nakamura T, Satoh K, Sakai H. Prosultiamine for treatment of lower urinary tract dysfunction accompanied by human T lymphotropic virus type1-associated myelopathy / tropical spastic paraparesis. Int J Urol. 2017;doi:10.1111/iju.13468.

  4. Sakai Y, Mizuta S, Kumagai A, Tagod M SO, Senju H, Nakamura T, Morita C T, Tanaka Y. Live cell labeling with novel terpyridine derivative proligands to measure cytotoxicity mediated by immune cells. ChemMedChem. 2017;12:1–9 DOI: 10.1002/cmdc.201700626.

  5. Saito M, Sejima H, Naito T, Ushirogawa H, Matsuzaki T, Matsuura E, Tanaka Y, Nakamura T, Takashima H. The CC chemokine ligand (CCL) 1, upregulated by the viral transactivator Tax, can be downregulated by minocycline: possible implications for long-term treatment of HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. Virol J. 2017;14:234 DOI 10.1186/s12985-017-0902-6.

  6. Nakamura T, Satoh K, Fukushima N. Involvement of C-X-C chemokine receptor type-4 signaling in the efficiency of intercellular transmission of human T-lymphotropic virus type I. Clin Exp Neuroimmunol. 2016;7:69-74.

  7. Nakamura H, Takahashi Y, Yamamoto-Fukuda T, Horai Y, Nakashima Y, Arima K, Nakamura T, Koji T, Kawakami A. Direct infection of primary salivary gland epithelial cells by human T lymphotropic virus type I in patients with Sjögren’s syndrome. Arthritis Rheumatol. 2015;67:1096-1106.

  8. Nakamura T, Satoh K, Fukuda T, Kinoshita I, Nishiura Y, Nagasato K, Yamauchi A, Kataoka Y, Nakamura T, Sasaki H, Kumagai K, Niwa M, Noguchi M, Nakamura H, Nishida N, Kawakami A. Pentosan polysulfate treatment ameliorates motor function with increased serum soluble vascular cell adhesion molecule-1 in HTLV-1 associated neurologic disease. J Neurovirol. 2014; DOI 10.1007 / s13365-014-0244-8.

  9. Nakamura T, Matsuo T, Fukuda T, Yamato S, Yamaguchi K, Kinoshita I, Matsuzaki T, Nishiura Y, Nagasato K, Narita-Masuda T, Nakamura H, Satoh K, Sasaki H, Sakai H, Kawakami A. Efficacy of prosultiamine treatment in patients with HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis: results from an open-label clinical trial. BMC Med. 2013;11:182.

  10. Takamori M, Nakamura T, Motomura M. Antibodies against Wnt receptor of muscle-specific tyrosine kinase in myasthenia gravis. J Neuroimmunol. 2013;254:183-186.

学会発表

(シンポジウム等)


  1. 中村龍文.長崎県に多い神経難病HTLV-1関連脊髄症について. フォーラム2018:衛生薬学・環境トキシコロジー―教育講演―、長崎. 2018. 9.

  2. Nakamura T. Perspectives of HAM/TSP treatment. XII International Symposium of HTLV-I in Brazil, São Paulo. 2014. 12.

  3. 中村龍文. HTLV-I関連脊髄症に対する新しい治療戦略の開発に向けて. 第19回日本神経感染症学会総会/第26回日本神経免疫学会合同学術集会、金沢. 2014. 9.

  4. 中村龍文、松尾朋博、福田 卓、山口健太郎、佐々木 均、酒井英樹、川上 純:HAMに対する新規治療法ー経口プロスルチアミン療法の有効性ー. 第24回日本神経免疫学会学術集会、長野. 2012. 9.

  5. 中村龍文. HTLV-I関連脊髄症の治療剤の開発. 先端創薬シンポジウムin 長崎大学~挑戦:長崎から世界へ~、長崎. 2012. 7.

取得特許


  1. HTLV-Ⅰ関連脊髄症の予防または治療剤
    特許登録番号:特許第6024006号、EPC 2767287

  2. 排尿障害の予防・治療剤
    特許登録番号:特許第6032681号

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
PAGE TOP
...loading