menu

大学総合

教員・研究者教員・研究紹介

高崎 伸也(たかざき しんや)講師

高崎 伸也

所属

薬学部 薬学科

専門分野

生化学、細胞生物学

研究テーマ

出芽酵母を用いた細胞内液–液相分離現象の解明および治療への応用

担当科目

臨床医学概論、臨床検査学、臨床生理学実習、物理数学演習、学際連携研究、基礎の数学、調剤学II、コンピュータ基礎演習IB、教養セミナーA、教養セミナーB、総合演習I、総合演習II、総合演習IIIA、総合演習IIIB、卒業研究、感染制御学特論、Advanced Preventive、臨床病態検査学特論

所属学会

日本生化学会、日本分子生物学会、日本薬学会

研究室

分子病態学研究室

連絡先

TEL:0956-20-5662

E-mail

takazaki

URL

プロフィール

2002年3月 九州大学薬学部薬学科卒業
2004年3月 九州大学大学院薬学府医療薬科学専攻(修士課程)修了
2006年3月 九州大学大学院薬学府医療薬科学専攻(博士後期課程)退学(助手就任のため)
2006年4月 崇城大学薬学部薬学科助手
2008年4月 九州大学大学院医学研究院助教
2009年4月 九州大学病院検査部助教
2014年4月 長崎国際大学薬学部講師(現職)

研究紹介

私の研究

液–液相分離現象により、膜による仕切りを用いずに、特定の成分を濃縮した液相である膜のないオルガネラなどが形成される。これにより、細胞内のいたる所で、好ましくない反応を抑えながら特定の反応を効率よく行うことを可能にしている。しかし、この異常が様々な疾患の原因となっている。そこで、出芽酵母を用いて、液–液相分離現象に重要な成分や調節薬の探索などを行っている。

研究活動

科研費・競争的資金

・若手研究(B) 代表 平成23年度~平成26年度 TFAMを中心としたヒトミトコンドリアヌクレオイドの構造および機能の解明
・基盤研究(A) 分担 平成22年度~平成24年度 癌、糖尿病、老化の病体解析と診断に向けた先端的ミトコンドリア機能解析法の開発
・新学術領域研究(研究領域提案型) 分担 平成21年度~平成22年度 ミトコンドリア蛋白質の翻訳異常に伴う活性酸素の産生と細胞周期連関 
・基盤研究(C) 分担 平成18年度~平成19年度 ハブ毒成分の毒腺組織特異的発現調節機構の解明

社会活動

各種委員

薬学部国家試験対策委員
薬学部入試募集委員
薬学部学生委員
全学男女共同参画推進委員
全学国際交流委員
薬学部同窓会薬学部問設立委員
同窓会薬学部門支援委員
薬学部ネットワーク委員
薬学部教育支援センター運営委員会委員

教育活動

出張講義

口加高校(2019年2月)
佐世保市進学説明会(2019年6月)
久留米高校(2019年11月)
佐賀清和高校(2020年3月)
佐賀清和高校(2021年3月)
佐賀清和高校(2021年7月)
佐賀学園高校(2021年10月)
壱岐高校(2021年11月)

研究実績

原著論文

1.Fang, J., Uchiumi, T., Yagi, M., Matsumoto, S., Amamoto, R., Takazaki, S., Yamaza, H., Nonaka, K., and Kang, D. (2013) Dihydro-orotate dehydrogenase is physically associated with the respiratory complex and its loss leads to mitochondrial dysfunction, Bioscience reports 33, e00021.
2.Yagi, M., Uchiumi, T., Takazaki, S., Okuno, B., Nomura, M., Yoshida, S., Kanki, T., and Kang, D. (2012) p32/gC1qR is indispensable for fetal development and mitochondrial translation: importance of its RNA-binding ability, Nucleic acids research 40, 9717-9737.
3.Takazaki, S., Abe, Y., Yamaguchi, T., Yagi, M., Ueda, T., Kang, D., and Hamasaki, N. (2012) Arg 901 in the AE1 C-terminal tail is involved in conformational change but not in substrate binding, Biochimica et biophysica acta 1818, 658-665.
4.Nakata, Y., Taniguchi, G., Takazaki, S., Oda-Ueda, N., Miyahara, K., and Ohshima, Y. (2012) Comparative analysis of cells and proteins of pumpkin plants for the control of fruit size, Journal of bioscience and bioengineering 114, 334-341.
5.Matsumoto, S., Uchiumi, T., Tanamachi, H., Saito, T., Yagi, M., Takazaki, S., Kanki, T., and Kang, D. (2012) Ribonucleoprotein Y-box-binding protein-1 regulates mitochondrial oxidative phosphorylation (OXPHOS) protein expression after serum stimulation through binding to OXPHOS mRNA, The Biochemical journal 443, 573-584.
6.Matsumoto, S., Uchiumi, T., Saito, T., Yagi, M., Takazaki, S., Kanki, T., and Kang, D. (2012) Localization of mRNAs encoding human mitochondrial oxidative phosphorylation proteins, Mitochondrion 12, 391-398.
7.Fujino, T., Ide, T., Yoshida, M., Onitsuka, K., Tanaka, A., Hata, Y., Nishida, M., Takehara, T., Kanemaru, T., Kitajima, N., Takazaki, S., Kurose, H., Kang, D., and Sunagawa, K. (2012) Recombinant mitochondrial transcription factor A protein inhibits nuclear factor of activated T cells signaling and attenuates pathological hypertrophy of cardiac myocytes, Mitochondrion 12, 449-458.
8.Fang, J., Uchiumi, T., Yagi, M., Matsumoto, S., Amamoto, R., Saito, T., Takazaki, S., Kanki, T., Yamaza, H., Nonaka, K., and Kang, D. (2012) Protein instability and functional defects caused by mutations of dihydro-orotate dehydrogenase in Miller syndrome patients, Bioscience reports 32, 631-639.
9.Takazaki, S., Abe, Y., Yamaguchi, T., Yagi, M., Ueda, T., Kang, D., and Hamasaki, N. (2010) Mutation of His 834 in human anion exchanger 1 affects substrate binding, Biochimica et biophysica acta 1798, 903-908.
10.Murakami, T., Kariu, T., Takazaki, S., Hattori, S., Chijiwa, T., Ohno, M., and Oda-Ueda, N. (2009) Island specific expression of a novel [Lys(49)]phospholipase A(2) (BPIII) in Protobothrops flavoviridis venom in Amami-Oshima, Japan, Toxicon : official journal of the International Society on Toxinology 54, 399-407.
11.Takazaki, S., Abe, Y., Kang, D., Li, C., Jin, X., Ueda, T., and Hamasaki, N. (2006) The functional role of arginine 901 at the C-terminus of the human anion transporter band 3 protein, Journal of biochemistry 139, 903-912.
12.Li, C., Takazaki, S., Jin, X., Kang, D., Abe, Y., and Hamasaki, N. (2006) Identification of oxidized methionine sites in erythrocyte membrane protein by liquid chromatography/electrospray ionization mass spectrometry peptide mapping, Biochemistry 45, 12117-12124.
13.Abe, Y., Hamasaki, T., Turusaki, S., Takazaki, S., Jin, X., Kang, D., and Hamasaki, N. (2006) A simple search of TM segments in polytopic membrane protein using matrix-assisted laser desorption ionization time-of-flight mass spectrometry, Protein and peptide letters 13, 761-767.

学会発表


  • Proximity labeling and imaging of components of cytoplasmic membraneless organelles in Saccharomyces cerevisiae
    高崎 伸也、太田 一寿
    日本分子生物学会第44回年会(2021年12月)

  • 出芽酵母のストレス顆粒の会合状態および構成成分を変化させるポリペプチドの調製
    高崎 伸也、松本 綾、福田 乃綾、太田 一寿
    日本薬学会第124年会(2022年3月)

PRコンテンツ
  • フォトギャラリー
  • 催事イベント情報
  • 学びの特色「茶道文化による教育」
  • 長崎国際大学ボランティアセンター
  • NIU教員DB
  • AED設置場所
  • JIHEE認証評価
  • 薬学教育第三者評価
  • 長崎国際大学同窓会
  • ibo2020
  • Dr.安東のシネマ回診
  • 古本募金
PAGE TOP
...loading